キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト

【短期滞在・海外赴任向け】アメリカでおすすめのクレジットカード!

田中
アメリカと言えば現金はあまり使わず、クレジットカードばかりを使っているイメージがありませんか?

実際に、アメリカはカード社会と言われるほど、クレジットカードを使用する人が多く、現金はあまり使われることがありません。

私の主人は年間2回以上アメリカをはじめ各国に短期で出張に行くのですが、ほとんど現金は持ち歩かずクレジットカードを2枚以上は持って行きます。

これから海外に行かれる方で、

  • クレジットカードはどんなものが良いのか?
  • おすすめはあるのか?
  • 海外赴任者はどんなクレジットカードがよいのか?

このような疑問に答えるために、短期出張や留学、長期滞在となる海外赴任者向けのクレジットカードのおすすめをこれから紹介していきますね。

アメリカは現金よりもカード社会

アメリカは日本と違ってクレジットカードを利用できるお店が多く、コーヒー1杯でもクレジットカードで払うのがアメリカスタイルになっています。

アメリカでは、店舗などで高額の偽札で買い物をしてお釣りを本物の現金でもらうという詐欺が流行っていたため、現金の取引を嫌ったりします

また、アメリカでは盗難の被害も多く、万が一の時でもクレジットカードなら電話一本でストップすることが出来ます。

そんな盗難の被害を防ぐためには、現金を少額にし、後は種類の違う国際ブランドのクレカを1枚ずつ合計2枚は持っていくと良いでしょう。
(VISA、Mastercardの2種類を持っていたら安心、AMEXは高級店舗の利用にはあったほうが良い)

クレカちゃん
クレジットカードを日本から持っていったほうがよさそうなのはわかったわ。でもどんなものを選んだらいいのかポイントを教えてもらえると助かるわ。
田中
ポイントは、アメリカに短期で行くのか?それとも長期の滞在になるのか?によっておすすめのクレジットカードは変わってきます。

なので、ここからはそれぞれの場合に合わせたクレジットカードについてお伝えしてきますね!

短期の滞在や旅行者向けのクレジットカードとは?


旅行など短期間アメリカに渡る場合に持っていきたいクレジットカードは、海外でも使える国際ブランド(VISA、Mastercard、AMEX、JCB)が付いているものが必要です。

また、クレジットカードには自動で海外旅行傷害保険が付帯しているものもあります。

このような自動付帯のカードを持っていれば、わざわざ海外旅行保険に加入しなくても短期の旅行ではクレジットカードの保険でカバーすることも可能です。

さらに、クレジットカードによっては海外で対応してくれるデスクやアシスタントサービスがあるものもあり、何かあった時には日本語で対応してくれるのは安心できるポイントです。

また、国際空港でラウンジが無料で使えるクレジットカードもあるので、空港でも快適に過ごしたい方にはチェックしておきたいポイントです。

【短期滞在】アメリカに持っていきたいクレジットカードランキング

長期で滞在する駐在員さん達向けのクレジットカードとは?


駐在員となるとアメリカでの滞在期間が3年から5年など長期にわたることがありますよね。

その間日本で作ったクレジットカードを利用するとなると、海外手数料が1.6~3%取られることになり、金額がかなりかかってしまいます。

だったらアメリカでクレジットカードを申請したらいい!と考えがちですが、アメリカに渡ってすぐにクレジットカードを申請しても作れないケースが多いんです。

その理由は、アメリカがクレジットカードの利用履歴などで得点をつけていて、その得点(クレジットスコア)が少ないと申請が下りないんです。

そんな駐在員さんにおすすめなのが、日本で申請して米国で受け取れるクレジットカードを申請しておくと、アメリカに渡った後に海外手数料が取られないクレジットカード使うことが出来ます。

【海外赴任】日本で申請して米国で受け取れるクレジットカード

ただし、そのクレジットカードも渡米した日に受け取ることは出来ない場合もあります。

そんなときの為に、日本から異なった国際ブランドのクレジットカードを2枚ほど持っていくことをお勧めします。

【短期滞在】アメリカに持っていきたいクレジットカードランキング

田中
ここまでで、短期滞在と長期滞在(海外赴任など)に適したクレジットカードのポイントが分かったところで、これから順番にそれぞれのクレジットカードをランキングで紹介していきたいと思います。

【短期滞在】アメリカに持っていきたいクレジットカードランキング

アメリカに持っていきたいクレジットカードに、付いていて欲しいものが自動付帯の海外旅行保険や手荷物宅配サービスや空港ラウンジサービスなどがあります。

中でも、旅行中に突然のケガや病気になった場合に持っていると便利な自動付帯の海外旅行保険付きクレジットカードは必須ですね。

アメリカでは病院を利用すると日本では信じられないくらい高額の医療費を請求される場合があります。

そんな時の為に備えて、500万~800万円の保障がついていると安心だといわれています。

  • 傷害治療・・・ケガの治療にかかった診療費や入院費を補償
  • 疾病治療・・・病気の治療にかかった診療費や入院費を補償

クレジットカードに付帯している海外旅行保険は、複数枚合わせることで、補償額をいくらでも増やすことができるんです。

今お持ちのクレジットカードの海外旅行保険の保障金額をチェックしてみて、合計金額を800万くらいにするのがベストかと思います。

海外旅行傷害保険には自動付帯と利用付帯の2種類がある!

  • 自動付帯・・・カードを持っているだけで傷害保険が適用される
  • 利用付帯・・・カードを利用することで初めて傷害保険が適用される

ここで注意してほしいのが、海外旅行傷害保険には自動付帯と利用付帯があることです。

利用付帯はそのクレジットカードを使うことで初めて保障が始まりますので、旅行代金などを利用付帯のクレジットカードで支払いをしておきましょう。

さらに2枚目以降は、海外旅行傷害保険が自動付帯のクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

【1位】アメリカンエキスプレス

 

項目 内容
年会費
  • 本会員:13,200円(税込)
  • 家族会員:6,600円(税込)
入会資格
  • 20歳以上
  • 日本国内に定住所がある
  • 定収入がある
還元率 1%
空港ラウンジサービス 無料
手荷物宅配サービス スーツケース1個無料
海外傷害保険(利用付帯) 死亡後遺障害 5,000万円
傷害治療 100万円
疾病治療 100万円
携行品損害 30万円
賠償責任 3,000万円
救援者費用 200万円

アメリカンエキスプレスカードで得られるサービス

サービス
  • 空港ラウンジ無料サービス(国内28空港、海外1空港)
  • プライオリティ・パスが無料でついてくる。
  • スーツケース1個が無料で宅配<手荷物無料宅配サービス>
  • 国内のエアポート送迎サービス・空港パーキングが割安価格
  • 無料ポーターサービス(成田国際空港、関西国際空港)
    ※出発や帰国時のバス停や改札口からチェックインカウンターや到着ロビーまで専任スタッフが無料で運んでくれます。
  • 身に覚えのない不正利用を電話一本で取消できる
  • 海外旅行先で24時間サポート<グローバル・ホットライン>

アメリカンエキスプレスカードの特徴

アメリカでももちろん知名度抜群のクレジットカードで、特に高級レストランやホテルではAMEXが信用度をアップしてくれます。

さらに、サービスもゴールドカード並みの特典が盛りだくさんです。

特に年会費が99ドル(約1万円)もかかるプライオリティパスが無料でついてきます。これだけでも年会費のもとは取れたとも言えるくらいですね。

プライオリティパスとは、主にビジネスクラス以上の搭乗者向けに飲み物や食べ物を提供しながら、ソファでゆっくりくつろぐことができるラウンジを利用できるパスになります。

海外旅行傷害保険はアメリカンエキスプレスカードで旅行代金を支払うことで海外旅行保険が適用される利用付帯になっています。

アメリカンエキスプレスカードの旅行保険には家族も補償の対象となる家族特約付きなので、家族の旅行保険も対象となります。

特に18歳未満の家族カードが作れないお子様をお持ちの方には、このカードで家族全員に保険を付帯させることができるんです。

\今なら18,000ポイントもらえるチャンス!/

アメリカンエキスプレス公式HPを見る

【2位】楽天プレミアムカード

項目 内容
年会費
  • 本会員:11,000円
  • 家族会員:550円
入会資格 20歳以上の安定収入のある方
還元率 1%
空港ラウンジサービス 無料
手荷物宅配サービス 割引価格
海外傷害保険(自動付帯) 死亡後遺障害 5,000万円(自動付帯4,000万、利用付帯1,000万)
傷害治療 300万円
疾病治療 300万円
携行品損害 50万円
賠償責任 3,000万円
救援者費用 200万円

楽天プレミアムカードのサービス

特典
  • プライオリティパスを無料で付帯
  • 国内ラウンジも使用可能
  • 世界38箇所に設置されたトラベルデスクを利用
    ※アメリカでは主要都市6ヵ所→詳しくはこちら
  • Wi-Fiレンタル割引
  • 海外レンタカー割引
  • 空港手荷物宅配割引
  • 海外お土産宅配サービス優待割引

楽天プレミアムカードの特徴

年会費が11,000円かかりますが、なんと家族カードは1人500円で発行できるという家族で作りたい方には年会費がセーブできるクレジットカードになります。

楽天プレミアムカードは、国際ブランド4つ(VISA、Mastercard、JCB、アメリカンエキスプレス)から好きなブランドを選ぶことが出来ます。

特典は、プライオリティパスが無料で付帯しており、海外旅行保険も充実しています。

【3位】エスポカード

項目 内容
年会費 無料
入会資格 20歳以上の安定収入のある方
還元率 0.5%
空港ラウンジサービス
手荷物宅配サービス
海外傷害保険 死亡後遺障害 5,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 270万円
携行品損害 20万円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 100万円

エスポカードのサービス

特典
  • 海外旅行傷害保険が充実
  • 世界38都市に現地デスク(日本語サポート)
  • 海外のATMでキャッシングが可能
  • 紛失・盗難時の不正使用61日前まで全額補償
  • 空港パーキングが割引価格

エスポカードの特徴

エスポカードは何といっても無料なのに海外旅行傷害保険が充実しているという点です。

海外では病気やけがをした場合に必要な医療費が信じられないくらい日本よりも高額です。もしもの時の為にエスポカードを持っているだけで、傷害治療費200万、疾病治療で270万の保証が受けられます。

さらに、24時間日本語対応してくれる「緊急医療アシスタントサービス」もついているので知らない土地でも安心ですね。これはゴールドカード級のサービスとも言えます。

もちろん、携行品損害も付いており1旅行20万円までの保証です。

クレジットカードですので、不正使用の防止もしっかり対応しています。不正利用検知システムで第三者が利用した可能性があると判断した場合にはカード利用時に取引を保留にして本人確認を行うシステムがある。

日本でクレジットカードを申請して米国で受け取るクレジットカード

続いて海外赴任される方におすすめのカードがこちらの2枚になります。

海外赴任が決まっていて、なおかつ90日以内に渡米することが決まっている方が申請できて、アメリカでカードを受けとることが出来るクレジットカードです。

ANA CARD U.S.A.

入会基準
  • ANAマイレージクラブの本会員
  • 年齢18歳以上の方
  • アメリカに定住所をお持ちの方、あるいは90日以内にアメリカに赴任予定の方
  • アメリカにて、定収入をお持ちの方
年会費 70ドル
ショッピングマイル 1ドル=1マイル
初回国際線搭乗ボーナス ここが凄い!5,000マイル
搭乗ごとのボーナスマイル チェック!搭乗のたびに区間マイルの25%
特典
  • ANA機内販売品10%割引
  • 空港内免税店10%割引
  • 優先チェックイン
  • 空港内ANAグループ販売店5%割引
  • ANAホテルおよびIHG・ANA共同ブランドホテルにて割引
オンライン口座管理 無料でFICO スコアをご確認
※FICOスコアとは個人の資金状況を点数で表すもの。

ANA USA Cardの最大の特徴はANAで使えるマイルがたまりやすい点です。

カードを作って最初にANAに搭乗するだけで5,000マイルがもらえます。さらに、搭乗のたびに区間マイルとして25%もらうことができます。

このカードを持っていると、アメリカ滞在中に無料航空券に替えれるほど貯まることが期待できますね。

JAL USAカード

入会基準
  • JALマイレージバンク会員の方
  • 年齢18歳以上の方
  • アメリカに定住所をお持ちの方、あるいは90日以内にアメリカに赴任予定の方
  • アメリカにて、定収入をお持ちの方
年会費 20ドル
ショッピングマイル
  • ベーシックコース:2ドルごとに1マイル
  • プレミアムコース:1ドルごとに1マイル

※プレミアムコースは+50ドル/年かかります。

初回国際線搭乗ボーナス 超お得!5,000マイル
搭乗ごとのボーナスマイル 搭乗のたびに区間マイルの10%が積算されます。
特典
  • JALグループ機内販売10%割引
  • 成田空港免税店5%割引
  • 「BLUE SKY」5%割引
  • JALショッピングアメリカでショッピングマイル積算or5%割引
  • JAL国際線機内Wi-Fiサービス10%割引
オンライン口座管理
  • お支払い
  • 残高照会
  • 利用履歴の確認

JALUSAカードは通常お買い物で2ドル1マイル貯まりますが、プレミアムコース(50ドル/年)に入会すると、1ドル=1マイルがたまります。

ANA USAカードと比べるとプレミアムコースに入会することで年会費がどちらも70ドルとなり、ショッピングマイルも1ドル=1マイルになり同じレートとなります。

どちらの飛行機を使用するかによって、お好みでカードを選ばれると良いかと思います。

ANA USAもJAL USAカードのお申し込みは、渡米予定日90日前より申請することができ、カード発行は渡米後のアメリカの住所に送られてきます。

基本、日本の住所への発送は出来ませんの注意してくださいね。

アメリカでクレジットスコアが貯まったら作るべきおすすめのクレジットカード

アメリカで滞在が長くなり、クレジットカードを使い初めてクレジットヒストリーができてスコアが貯まってきたら、いざアメリカのクレジットカードを申請しましょう!

アメリカのクレジットカードの最大の特徴は、何といっても入会ボーナスが日本の何倍もあるってことです。

日本は入会して5,000~7,000円のボーナスがもらえますが、アメリカは桁が違います。

15,000ポイント~80,000ポイントが入会ボーナスとしてもらえるカードが多数あります。これは作らない手はありませんよね!

さらに、クレジットカードを選ぶ時のポイントは、毎月購入することでもらえるポイントが貯まりやすいもの、さらに日本でも使えるANAやJALマイルに交換できる点でもあります。

そして、アメリカ滞在中にせっかくなら家族で旅行を楽しみたい方には、ホテルの無料宿泊券などがついているクレジットカードを選ぶと滞在中のアメリカライフがハッピーになりますね。

【1位】ユナイテッドエクスプローラーカード

入会基準 18歳以上
米国の住所
社会保障番号
年会費 95ドル
年会費初年度無料
ショッピングマイル 1ドル1マイル(通常)
ユナイテッドでの購入で1ドルにつき2マイル
入会特典 超お得!65,000ボーナスマイル
カード発行から3ヵ月以内に2,000ドル購入→40,000ボーナスマイル
カード発行から6か月で合計10,000ドル購入→追加で25,000ボーナスマイル
その他の特典
  • ユナイテッド運航便での無料プレミアアップグレード
  • 受託荷物往復無料(最大120ドル節約)
  • スターアライアンスメンバーのANAが運航する便でもマイルが利用できます。
  • マイルは無期限
  • 外国取引手数料なし(米国外)

初回のボーナスポイントがなんと約65,000マイルもらえることです。

例えば、無料航空券が15,000マイルで往復できるとすると、一度に4名分(60,000マイル)の航空券が無料でついてくると考えられます。

これを現金に換算するとかなりの節約になるわけですね。

さらに、ユナイテッド航空でアップグレードが無料でできたり、荷物往復無料だったり、特典がかなり充実しています。

\最大65,000ボーナスマイルが獲得できる/

ユナイテッドエクスプローラーカードの公式HPを見る

 

【2位】AMEX Everyday preferred

入会基準 18歳以上
米国の住所
社会保障番号
年会費 95ドル
初年度無料
ショッピングマイル
  • 1ドル=1ポイント(通常)
  • 米国のスーパーマーケットでは3倍
  • 米国のガソリンスタンでは2倍

チェック!月に20回以上の利用で貯まったポイントの20%追加されます

例:1,000ポイント貯まったら1,000ポイント×20%=200ポイント追加
合計1,000+200=1,200ポイントになります。

入会特典 15,000ポイント
カード発行から3ヵ月以内に1,000ドルの利用
その他の特典
  • 貯めたポイントをANAマイルに交換できる
  • レンタカーの損失と損害保険
  • 外国取引手数料なし(米国外)
  • 緊急調整および支援サービスが無料
  • チケットセールやカードメンバー限定の情報

アメリカでポイントを貯めることが目的なら、このAMEX Everyday preferredがかなりおすすめです。

入会特典の15,000ポイントが付いてきて、さらに使えば使うほどポイントが貯まっていくのはかなりの魅力です。

【3位】ヒルトンオナーズAMEX

入会基準 18歳以上
米国の住所
社会保障番号
年会費 無料
ショッピングポイント 1ドル=1ポイント(通常)
ヒルトン内利用で1ドル=3ポイント
入会特典 超お得!80,000ボーナスポイント獲得
入会からヵ月以内に1,000ドルの利用
その他の特典
  • 外国取引手数料無料
  • アメリカンエキスプレスの座席プログラムが無料でアップグレード
  • グローバルアシスタントが無料
  • ヒルトン・オナーズシルバーの無料ステータス

通常ヒルトンに4回宿泊することでシルバー会員になれるところ、このカードに入会した時点でシルバーのステータスを受け取ることが出来ます。

ヒルトンオナーズAMEXは年会費が無料なのに、入会して3ヵ月以内に1000ドル利用することでなんと80,000ポイントももらえることです。

もう一度言いますが、年会費は無料です!

さらに、通常はヒルトンに4回以上宿泊しないとなれないシルバー会員のステータスがもらえ、ヒルトンでの待遇はめちゃめちゃ良くなります。

シルバー会員になると、レイトチェックアウトや2人目のお客様が宿泊無料だったり、ジムが無料、宿泊中ペットボトルのお水がついてきたりと様々なサービスが受けられるんです。

ヒルトンオナーズAMEXは無料のカードなのに待遇がめちゃくちゃ良いカードなので1枚持っておきたいですね。

アメリカクレジットカードおすすめのまとめ

今回のまとめ!
  • 短期滞在なら海外旅行保険が充実しているクレジットカードを2枚以上
  • 海外赴任ならまずはANAカードUSAやJALUSAカード
  • 1年ほど滞在したらアメリカのクレジットカード

今回、アメリカでおすすめのクレジットカードを短期と長期滞在の方にわけて紹介してきました。

短期滞在の方も、長期滞在の方も最初は日本で作ったカードを持っていくことをおすすめしています。

しかし、アメリカ滞在が長くなると日本で作ったクレジットカードでは、海外手数料が引かれるため手数料分だけでも結構な金額になってしまいます。

それを防ぐためには、日本からあらかじめ申請していくカードがおすすめなのはわかりましたよね。

田中
短期滞在の方も、長期滞在の方も損することなくお得なサービスを受けられるクレジットカードをぜひ選んでみてくださいね。

【短期滞在】アメリカに持っていきたいクレジットカードランキングへ

【海外赴任】日本で申請して米国で受け取れるクレジットカードへ

この記事のURLをコピーする