キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト

ANA VISAカードのメリット・デメリットは?賢いマイルの貯め方や使い方は!

項目 内容
基本還元率 0.5~2.0%
貯まるポイント Vポイント
還元率がアップする条件
  • ポイントUPモールの利用:楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングがポイント2倍(ショップによっては最大20倍)
  • ココイコ!の利用:1,000円につき1ポイント付与
ポイントの有効期限 獲得から2年間
ポイントからマイルへの移行レート
  • 200円=1ポイント=1マイル(通常コース:移行手数料不要)
  • 200円=1ポイント=2マイル(2倍コース:移行手数料6,000円-税抜)
搭乗ボーナスマイル 10%
年会費 初年度無料
2,000円(税抜)
1,500円(税抜:WEB明細利用の場合)
ポイントのカウント方法 本会員およびご家族会員のご利用金額を合計の上、所定のポイント還元率で計算し本会員にポイントを付与
申し込み資格 満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)
国際ブランド
特典サービス
  • 初年度年会費無料
  • SKIPサービス
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行保険の自動付帯
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:1,000万円
  • 国内旅行傷害保険:1,000万円
  • ショッピング:100万円
電子マネー
スマホ決済
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
  • ANA銀聯カード
ETCカード 年会費:500円(税抜:年1回利用すれば無料)
利用限度額 20~80万円
ANA VISAカードのおすすめのポイント!
  • 飛行機の搭乗やショッピングでマイルが貯まる♪
  • 空港施設がお得に使える!
  • 旅行保険が自動付帯されている♪

ANA VISAカードは、航空会社の「ANA」と世界で使えるクレジットカードの「VISA」の提携カードなので出張や旅行に強いカードです!

ANAをはじめとしたスターアライアンスグループの飛行機に乗ったりサービスを利用することでお得にマイルを貯めることができます。

さらにカードには旅行傷害保険やショッピング保険もついているので、出張や旅行の度に保険に入らなくても自動で保険に入れて便利なんですよ♪

ANA VISAカードキャンペーン情報
新規入会・継続でお得なマイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAカードの公式サイトを見る!

目次

ANA VISAカードをおすすめできる人&できない人

こちらでは、ANA VISAカードをおすすめできる人&できない人をご紹介します。

ANA VISAカードをおすすめできない人
  • カードであまり買い物をしない人
  • マイルの使い道がない人
  • 出張や旅行に行かない人
ANA VISAカードをおすすめできる人
  • ANAの飛行機によく乗る人
  • ANAのホテルをよく利用する人
  • 空港をよく利用する人

ANA VISAカードは、出張・旅行が多くANAをよく使う場合にはとてもおすすめです♪

飛行機に乗ることで、ANAマイレージクラブのマイルにプラスして「搭乗ボーナスマイル」が貯まったり、お買い物で貯めたクレジットカードのポイントをマイルに移行することもできます。

また、ANAの系列ホテルやショップの割引きや、カードのグレードによっては空港ラウンジを利用したり、ビジネスクラスのチェックインカウンターを利用できる特典もあります♪

ANA VISAカードキャンペーン情報
新規入会・継続でお得なマイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAカードの公式サイトを見る!

ANA VISAカードの驚きの7つのメリットは!

ANAのマイルを貯めたい場合や旅行などに使うカードは、ANA VISAカードが最もおすすめです。

ANAカードですからANAのマイルが貯まるなど、飛行機や空港でお得に使えるのはもちろん想像できますよね。

そこに、世界中で一番使われているVISAを合わせることで、世界中の空港や街の中でも使いやすいカードになっています。

特に、ANA VISAカードの特徴的なメリットと言えるのが以下です。もう少し詳しくANA VISAカードのメリットを見てみましょう。

初年度は年会費が無料!

会費
初年度 無料
2年目以降 2,000円(税抜)
WEB明細利用(2年目以降) 1,500円(税抜)
リボ払い利用(2年目以降) 1,025円(税抜)

ANA VISAカードは入会した年度の年会費は無料です。年会費は毎年入会月の翌月に引き落とされるので、何月に入っても必ず1年無料になるので損はありません。

2年目からは年会費が必要になりますが、毎月のカードの利用明細を「紙を郵送」ではなく「WEB明細」にすることで年会費が1,500円(税抜)まで割引になるんです。

また、「マイ・ペイすリボ」というリボ払いを利用することで、年会費は1,025円(税抜)まで割引になります。

クレカちゃん
年会費は安めの設定なのに、割引の方法もあるのね♪

飛行機の搭乗でマイルが貯まる♪

貯まるマイル 算出方法
フライトマイル 区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率
搭乗ボーナスマイル フライトマイル × 10%

ANA VISAカードは飛行機の搭乗でマイルが貯まるんです。

ANA VISA一般カードでは、飛行機に搭乗すると「フライトマイル」と「搭乗ボーナスマイル」が貯まります。

フライトマイルに利用される「クラス・運賃倍率」は、チケットによってことなりますので、詳しくは以下をご覧ください。

フライトマイル:クラス・運賃倍率
積算率(倍率) 該当運賃例
150% プレミアム運賃、プレミアム小児運賃、プレミアム障がい者割引運賃、ANA VALUE PREMIUM(Child)/ANA SUPER VALUE PREMIUM(Child)、プレミアム@Biz、プレミアムビジネスきっぷ、国際航空券(国内区間 プレミアムクラス)ブッキングクラス F/A
125% ANA VALUE PREMIUM 3、ANA SUPER VALUE PREMIUM 28、プレミアム株主優待割引運賃、プレミアム小児株主優待割引運賃
100% ANA FLEX、ビジネスきっぷ、小児運賃、障がい者割引運賃、介護割引、ANA VALUE(Child)/ANA SUPER VALUE(Child)、ANA SUPER VALUE EARLY(Child)、@Biz、各種アイきっぷ、プレミアム包括旅行割引運賃、海外乗継割引スペシャル、
国際航空券(国内区間)、国際航空券(国内区間 普通席)ブッキングクラス Y/B/M
75% ANA VALUE 1、ANA VALUE 3、株主優待割引運賃、小児株主優待割引運賃、ANA VALUE TRANSIT、ANA VALUE TRANSIT 7、ANA VALUE TRANSIT 28、ANA SUPER VALUE 21、ANA SUPER VALUE 28、ANA SUPER VALUE 45、ANA SUPER VALUE 55、ANA SUPER VALUE 75、ANA SUPERVALUE EARLY、いっしょにマイル割(同行者)、ANA SUPER VALUE 75 & JR きっぷなど
70% 国際航空券(国内区間 普通席)ブッキングクラス U/H/Q
50% 個人包括旅行割引運賃、包括旅行DP割引運賃、訪日包括旅行DP割引運賃、DP限定旅行用特割運賃(包括旅行MDP割引)、スマートU25、スマートシニア空割、ANA SUPER VALUE SALE、国際航空券(国内区間 普通席)ブッキングクラス V/W/S
30% 国際航空券(国内区間 普通席)ブッキングクラス L/K

フライトマイルで付与マイル数を決める「クラス・運賃倍率」は購入したチケットの種類によって変わる「倍率」です。

ショッピングでポイントが貯まる!

条件 付与
通常のショッピング 200円=1ポイント
ANAグループでのショッピング 200円=1.5ポイント
ANAカードマイルプラス加盟店でのショッピング 200円=1ポイント+1マイル

ANA VISA一般カードを使って買い物をすると、VISAカードのオリジナルポイント「Vポイント」が貯まるんです。

ANA VISA一般カードのポイント還元率は0.5〜2.0%となります。

また、カードの利用実績によっても変わるので、お買い物をすればするほどポイントが貯まりやすくなるんです。

クレカちゃん
カードで支払えるお買い物は、全てカードで支払うとポイントが貯まりやすくなっちゃうのね♪

ポイントがマイルに移行できる♪

コース 移行レート 手数料
通常コース 200円=1ポイント=1マイル 無料
2倍コース 200円=1ポイント=2マイル 6,000円(税抜)

ANA VISA一般カードで貯まった「Vポイント」は「ANAマイル」に移行できます。

ANA VISA一般カードのマイル移行は「通常コース」になりますが、年間で6,000円(税抜)の手数料で「2倍コース」を利用することもできます。

提携ショップで割引価格でお買い物ができる!

割引
10% 機内販売
5% ANA FESTA、A-style、旅行商品、空港免税店、高島屋 SHIELLA&ANA

ANA VISA一般カードは空港施設やANAの関連施設でのお買い物がお得に使えるんです。例えば、ANAのショップでのお買い物が10%割引になります。

もちろん、ANA系列の免税店や売店・機内販売は5%割引価格で利用できるんです。

他の方に差し上げるお土産も、ご自身のお土産も安く買えるので、思う存分お買い物ができますね。

空港施設を快適に利用できる♪

一般 ワイド プラチナ
カード
ANAラウンジ
空港ラウンジ
SKIPサービス
ビジネスクラス専用チェックイン
プライオリティ・パス

ANAカードを持っていると空港施設を快適に利用できるんですよ。

ANA VISA一般カードだと利用できる空港施設は、あまり多くありません。でも、SKIPサービスが利用できます。

SKIPサービスは、事前に予約・購入・座席指定を済ませておけば、直接保安検査場まで進むことのできるので、空港での面倒な手続きが入りません。

お休みの時期だと、空港のチェックインカウンターはとても混み合っていて、空港に着いたとたんに疲れちゃうので、これはとても便利ですよ♪

旅行傷害保険が自動付帯されている♪

区分 保険内容
国内
  • 傷害による死亡:1,000万円
  • 傷害による後遺症:1,000万円
海外
  • 傷害による死亡:1,000万円
  • 傷害による後遺症:1,000万円
  • 救護者費用(年間限度額):100万円

ANA VISA一般カードには旅行傷害保険が自動付帯されています。一般カードの場合には海外傷害保険が1,000万円・国内航空保険が1,000万円が自動付帯されています。

旅行代理店で購入したツアーなどで旅行に出かける場合や出張の時でも、その都度、旅行保険に入る必要はありません!

旅行の時に「ANA VISAカード」を1枚持っていれば、傷害保険が付帯しているので空港や飛行機だけでなく街でも安心して過ごせるんです♪

クレカちゃん
旅行時にカードを利用しなくても、適用されるというのはとても安心です!

ANA VISAカードの3つのデメリットは!

ANA VISAカードにはデメリットはないのでしょうか?こちらではANA VISAカードのデメリットと思われる点を紹介したいと思います。

それでは、以下にANA VISAカードのデメリットを見てみましょう。

ANA VISAカードは2年目以降から年会費がかかる

内容
初年度 無料
2年目移行 2,000円(税抜)
WEB明細 1,500円(税抜)
マイ・ペイすリボ 1,027円(税抜)
ANAマイルプレゼント 1,000マイル≒1,000円

ANA VISAカードは、2年目以降から2,000円(税抜)の年会費がかかるんです。

ただし、WEB明細にすることで1,500円(税抜)まで割引され、さらにVISAのリボ払い「マイ・ペイすリボ」にすることで1,027円(税抜)まで割引になりますよ。

その上に、継続のプレゼントマイルが毎年、1,000マイル(≒1,000円)がプレゼントされるので、1,000円のマイナスとなり実質年会費は数百円となります。

クレカちゃん
でも、全く割引がなくても、年間で2,000円で旅行傷害保険まで付帯しているのはお得ですよね♪

マイル移行を2倍コースにするには手数料が必要

コース 移行レート 手数料
通常コース 200円=1ポイント=1マイル 無料
2倍コース 200円=1ポイント=2マイル 6,000円(税抜)

ANA VISA一般カードの一般カードはポイントからマイルへの移行を「2倍コース」にすると6,000円(税抜)の手数料が必要となります。

ANA VISA一般カードは「通常コース」であれば手数料無料で、マイル移行が可能です。

毎年、ショッピング50万円分のポイントをマイル移行するなら、「2倍コース」がおすすめです。

ANA VISAカードは特典が飛行機や空港を利用する場合が中心

ANA VISA一般カードはメリットが飛行機や空港を利用する場合が中心です。でも、これは「ANAカード」ですから、とても当たり前だけど重要なことですよね。

飛行機では搭乗ボーナスマイルがもらえたり、空港ではANAやVISAと提携しているコンビニやオンラインショップなどで割引などたくさんのサービスがあります。

空港の長い待ち時間を感じさせず、旅の疲れがぐんっと減るので出張や旅行の多い方におすすめです♪

\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAカードの公式サイトを見る!

ANAマイルの活用方法!賢い貯め方とおすすめの使い方を紹介

ANAマイルの賢い貯め方

おすすめ度 解説
ANAの飛行機に乗って貯める
5.0
ANAの飛行機に乗ると搭乗距離に合わせた「フライトマイル」とフライトマイル×10%の「搭乗ボーナスマイル」が貯まります。
日常の買い物は全てANA VISAカードで支払う
4.0
200円買い物に1ポイントが貯まり、1ポイント=1マイルに移行できます。なお、年間手数料6,000円(税抜)で1ポイント=2マイルのレートで移行できます。
他のサービスで貯めたポイントをANAマイルに交換する
3.0
他のサービスで貯めたポイントをマイルに交換することが出来ます。
Edyを利用してマイルを貯める
2.0
ANA VISA一般カードでEdyを利用すると200円ごとに1マイルが積算されます。
「Apple Pay」「Google Pay」「iD」を利用する
1.0
ANAカードマイルプラスのショップを利用するとVポイントにプラスして、100円または200円に1マイルがプレゼントされます。

ANA VISA一般カードを持つのであれば、ANAマイルを賢く貯めたいものですよね。

実は、ANAマイルは飛行機に乗るだけでなく、たくさんの効率的な貯め方があります。

そこで、こちらではANAマイルの賢い貯め方をおすすめ順にご紹介していきます。

ANAの飛行機に乗って貯める 5.0

貯まるマイル 計算
フライトマイル 区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率
搭乗ボーナスマイル フライトマイル × 10%

ANA VISA一般カードで一番マイルが貯まりやすいのが、飛行機に乗って搭乗マイルを貯めることです。

ANA VISA一般カードを持っていると、ANAグループの飛行機に搭乗することで「フライトマイル」とフライトマイルの10%が「搭乗ボーナスマイル」として積算されます。

例:日本→ヨーロッパ片道で貯まるマイル
  • フライトマイル:6,214マイル
  • 搭乗ボーナスマイル:621マイル
  • 片道で付与されるマイル合計:6,835マイル

日常の買い物は全てANA VISAカードで支払う 4.0

コース 移行レート 手数料
通常コース 200円=1ポイント=1マイル 無料
2倍コース 200円=1ポイント=2マイル 6,000円(税抜)

ANA VISA一般カードを使ってお買い物をすると、200円ごとに1ポイントの「Vポイント」が貯まります。

貯まった「Vポイント」は、1ポイントごとに1マイルに手数料無料で移行することができるんです。

手数料を年間で6,000円(税抜)を支払うことで2倍の1ポイント2マイルで移行することができます。

1ヶ月50,000円(250ポイント)から貯まるマイル
  • 通常コース:250マイル/月⇨3,000マイル/年
  • 2倍コース:500マイル/月⇨6,000マイル/年

他のサービスで貯めたポイントをANAマイルに交換する 3.0

区分 交換可能ポイント
ポイント交換 Sポイント、株式会社ヤマダ電機、株式会社ライトアップショッピングクラブ、関西電力「はぴeポイントクラブ」、CLUB Panasonicコイン、四国電力「よんでんコンシェルジュ(よんでんポイント)」、スギ薬局、セシールオンラインショップ、Tポイント、TOKYU POINT、nanacoポイント、ハートワンポイント、PiTaPa、ビーム(ポイント)、ブルーチップ、マツモトキヨシ、「Myアキュビュー」ポイント、μstar(ミュースター)ポイント、楽天ポイント
宿泊ポイント IHGリワーズクラブ ポイント、シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ「ゴールデンサークルアワードポイント」、ヒルトン・オナーズ ポイント、フォートラベル、ホテリスタ、Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)、ワールド オブ ハイアット ポイント
ネットポイント SBIポイント、gooポイント、Gポイント、So-net、ちょびリッチ、ドットマネー by Ameba、ネットマイル、PeX、Point Income、ポイントタウン
金融・保険ポイント 池田泉州銀行、OKB大垣共立銀行、十六銀行、大和証券、日本生命「ずっともっとサービス」サンクスマイル、マネックス証券、みずほ銀行、りそな銀行・埼玉りそな銀行・関西みらい銀行
交通ポイント 観光ガイドタクシー キャブステーション、貸切バス キャブステーション、KIX-ITMカード、得タク

他のサービスで貯めたポイントを、ANAマイルに移行することができます。ただし、移行レートや移行単位は各サービスによって異なります

こちらのサービスをご利用の方は、ぜひポイントを取っておいて有効期間内にマイル移行されるのがおすすです。

Edyを利用してマイルを貯める 2.0

タイミング 積算マイル
Edyを利用 1回のお支払い200円につき = 1マイル
(税込/200円未満切り捨て)

クレジットカードが利用できない場合でも、「Edy」なら利用できるお店もあります。そんな時は現金ではなく「Edy」を使いましょう。

ANA VISA一般カードから「Edy」にチャージすることでマイルが貯まり、さらに利用する時にもマイルが貯まります。

電子マネーであまり大きな金額の支払いをすることは少ないと思いますが、「チャージ」も「利用」もポイントが貯まるなんてお得ですね。

ANAカードマイルプラスのショップを利用する 1.0

ショップ名
「Apple Pay」「Google Pay」「iD」を利用する ENEOS、セブン-イレブン、紳士服コナカ、紳士服のフタタ、SUIT SELECT、DIFFERENCE、FUTATA THE FLAG、西鉄ホテルズ(一部店舗を除く)、大和自動車交通、東京無線タクシー

「Apple Pay」「Google Pay」「iD」にチャージして利用しても、マイルが積算されます。

利用できる店舗が少ないのですが、対象ショップが近くにあってよく利用する場合には、たくさんマイルが貯められそうですね。

ANAマイルのおすすめの使い方

おすすめ度 解説
特典航空券と交換する
5.0
ANAの航空券や座席のアップグレードにも利用できます。1マイル=3円ほどですが、お得に使えば1マイル18円ほどで利用できる場合もあります。
提携ポイントや電子マネーへの交換
4.0
提携ポイントや電子マネーに移行することができます。ほとんどの場合は10,000ポイント単位になりますが、1マイル=1円程度で移行することができます。
ANAご利用券に交換する
3.5
10,000ポイントを10,000円分の利用券(5,000円券×2枚)に交換することができます。利用券はANAの関連のショップで利用できます。
A-styleでショッピングする
2.5
ANAのショッピングサイト「A-style」では、移行なしにそのまま支払いにマイルが利用できます。1マイル=1円で利用でき、ANAカードの支払いなら5%の割引対象になります。
現金化する
2.0
マイルは「Tポイント」を経由してYahoo!JAPANを利用してジャパンネット銀行に「口座振り込み」で現金化することができます。1マイル=0.85円程度とちょっと減ってしまいますが現金化が可能です。

ANAマイルの使い方はいくつかありますが、できることならお得に使いたいものですよね。

こちらでは、ANAマイルのお得なおすすめの使い方をご紹介します。

特典航空券と交換する 5.0

【参考例】 ANA国内線(東京から) ANA国際線(日本から) 提携航空会社(日本から)
必要マイル 5,000〜7,000マイル 40,000〜50,000マイル 50,000〜150,000マイル
行先 秋田、庄内、仙台、新潟、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪 ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、サンノゼ、ワシントン、ニューヨーク、シカゴ、ヒューストン、バンクーバー、メキシコシティ アメリカ合衆国、アラスカ、カナダ、メキシコ

ANAマイルが一番使われてお得なのが「特典航空券」と交換する方法です。1マイル2〜18円程度となります。

「特典航空券」というのは、現金を支払わずにマイルと交換する航空券で、「ANA国内線」「ANA国際線」「提携航空会社」の3種類の特典航空券です。

特典航空券に必要なマイル数は、「搭乗日のシーズン」「搭乗区間のマイル数」で決まります。詳しくはANAの会員サイトですぐに確認できます。

提携ポイントや電子マネーへの交換 4.0

区分 内容
ポイントに交換 地域経済応援ポイント(留保ポイント)、TOKYU POINT(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード会員限定)、Tokyo Metro To Me CARD、nimocaポイント(ANA VISA nimocaカード会員限定)、楽天ポイント、Tポイント、nanacoポイント、JRタワースクエアポイント、JRキューポ(JQ SUGOCA ANA)、ヤマダポイント、セブンカード、タカシマヤカード《ゴールド》、マツモトキヨシ現金ポイント、カエトクカード、PiTaPa ショップ de ポイント、μstar(ミュースター)ポイント、はやかけんポイント(ANAはやかけんをお持ちの会員限定)、伊予鉄ICい~カード電子マネー(伊予鉄グループ)、京成カード(京成グループポイント)、エムアイポイント、京急プレミアポイント、Sポイント、トラノコポイント
ギフト券(電子マネー)に交換 スターバックス カード、iTunesギフトコード、電子マネー「Edy」、「iD バリュー」(ANA VISA/マスターカード会員限定)、Suica(ANA VISA Suicaカード会員限定)

提携ポイントや電子マネーに交換することもできます。1マイル=1円程度となります。(一部、0.5円のものもあります。)

ポイントに交換しても現金に近い使い方ができるものがありますし、電子マネーにも交換ができてお得です。

ただし、交換の単位が10,000マイル単位と、ちょっと単位が大きくなります。でお買い物ができます。

ANAご利用券に交換する 3.5

ANAご利用券利用対象商品一覧
国内線航空券、 国際線航空券、旅行商品、IHG・ANA・ホテルズグループジャパン、機内販売、ANA FESTA商品、空港免税商品、早来カントリー倶楽部、武蔵の杜カントリークラブ

ANAご利用券に交換することもできます。1マイル1円となります。

利用券への交換単位は10,000マイルで、交換されるのは利用券5,000円券×2枚です

利用券の有効期限は12ヶ月なのでマイルの期限が切れそうな時に、利用券に交換すれば12ヶ月利用期間が延ばせますよ。

A-styleでショッピングする 2.5

ANAのショッピングサイト「A-style」でショッピングをすると1マイル1円で利用できます。

利用したいマイルを1マイルから指定できるので、欲しいものがあった時にマイルで現金を補って購入することもできるんです。

また、マイル消費のためにマイル数にあった商品を購入(交換)することもできます。「A-style」にANAカードを登録しておくと、全商品が5%割引です。

現金化する 2.0

こちらは、手続きが少し面倒な上に1マイルが0.85円になってしまいますが、Yahoo!JAPAN経由でジャパンネット銀行に現金として入金することができます。

Tポイントからジャパンネット銀行口座へ現金移行する前に、以下のことを済ませておいてください。

  1. TポイントとYahoo!IDを紐付ける
  2. ジャパンネット銀行を開設する
  3. ジャパンネット銀行口座をYahoo!ウォレット受取口座情報に登録する

1,000ポイント以上、100ポイント単位、100ポイント=85円のレートで現金として、申し込みから7日間ほどで口座に入金されます。

ANA VISAカードキャンペーン情報
新規入会・継続でお得なマイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAカードの公式サイトを見る!

ANA VISAカードを使っている人の良い&悪い口コミ評判!

実際に、ANA VISAカードを使っている人は使い心地は良いのでしょうか?実際のクチコミを見てみましょう。

ANA VISAカードを使っている人の悪い口コミ評判!

思ったよりもマイルがたまらなかった

このカードを作ったきっかけは、飛行機の中でもANAを利用する機会が多かったので、一枚は持っておきたいと思ったからです。

また、年会費を抑えられたため、ANAの中でこちらのカードを選びました。感想としては、メインのカードとしてがんがん使わないと、思ったよりもマイルがたまらないという印象です。

スタート時の特典は他のカードに比べると見栄えしない

ちょうど飛行機旅行にハマり始めたときに作ったカードです。このカードは使えば使うほど得というカードだと思うので、スタート時の特典は他のカードに比べると見栄えしません。

でもANAカードってステイタス感が強いし、持ってて一流な雰囲気があります。それで一枚くらいと思ったのも、作った理由です。やっぱりANAに乗るときは、いい待遇を受けられます。

いっぱい飛行機に乗ったり数十万円以上の大きな買い物をすれば、ドーンとポイントがかえってきます。

サービスセンターの対応が曖昧だった

使いやすいカードだと思います。ANAポイントが100円ごとに1ポイントというのが貯まりやすくマイル交換も1,000ポイント単位と分かりやすいです。

アプリからポイント交換手続きが出来るのはいいと思います。私は使っていませんでしたが、家族カードもあります。

ただ、サービスセンターに問い合わせをした時に対応が曖昧だったのが気になります。サービスセンターの対応はいまいちですが、

ポイントに魅力を感じている方でANAマイルがつく場所専用でカードを利用したい方にはよいカードではないでしょうか。

ANA VISAカードを使っている人の良い口コミ評判!

日常の買い物のポイントのマイルに移行で旅行ができた

ポイントは普通のクレカと同じように貯まります。
さらに、1年間スーパーの買い物で福岡まで往復旅行ができました。けっこうマイルが貯まるのが快感です。

年会費はかかるのですが、1年ごとに1000マイルもらえるので、それだけでもけっこう割りがいい気がします。

ANAマイルも高還元率で溜まりやすい

長い休みが取れた時や出張で海外に行くことが多いため、旅行保険が自動付帯のカードを探していたところ、このカードを見つけました。

最初は、年会費7700円で保険付きの言葉に惹かれて選びましたが、ANAマイルも高還元率で溜まりやすく、とても満足しており、メインカードとして使っています。

マイルやポイントが貯まりやすい

私は帰省や出張でよくANAを利用していたので、マイルが貯まりやすいというところも魅力の一つ。

ANAの航空券を購入したときはポイントがたまりやすくなるだけでなく、ANAのサイトを通じて、旅行サイトやふるさと納税をした際もマイルやポイントが貯まりやすくなります。

旅行の際は、宿泊先・飛行機はANAで予約をし、ANA FESTA(こちらでもカードで支払うとマイルが貯まります)でおみやげを買って、マイルもポイントも貯めています。

無条件で海外旅行傷害保険がついているのが魅力

無条件で海外旅行傷害保険がついているのが魅力です。

コストパフォーマンスは非常に高いと思います。海外でも駅の切符販売機や街中の小さなお店など、意外なところで使えました。

現在クレジットカードの断捨離中なのですが、古稀を過ぎた母とイタリアへ行った際、高齢な故に旅行保険に入るのに面倒な手続きが必要だった母を見て、このカードだけは手放せないと思いました。

十分な付帯サービスがある

ANAをよく利用するので作ったクレジットカードです。普段のショッピングや光熱費の支払いなどでポイントを貯めて、ANAのサービスでそのポイントを利用すると、非常にお得になると感じました。

入会するだけでもボーナスマイルが貰えるし、キャンペーンも頻繁に行われているのでマイルやポイントが溜まりやすく感じます。

航空機遅延保険や旅行傷害保険などもついているので、よく飛行機を利用する人にとってもメリットの多いカードだと思います。

空港内で申込みを受け付けていて、担当の方が丁寧に内容を説明してくれるので安心して入会することができました。

ANA VISAカードを使っている人の口コミ評判まとめ

ANA VISAカードの悪いクチコミまとめ
  • 思ったよりマイルが貯まらなかった
  • スタート時の特典が少ない
  • サービスセンターの対応が曖昧だった
ANA VISAカードの良いクチコミまとめ
  • ポイントやマイルが貯めやすい
  • 自動で旅行保険が付いている
  • スタッフの説明が丁寧だった

ANA VISAカードの口コミには、思ったよりマイルが貯まらなかったという人がいる一方で「ポイントやマイルが貯めやすい」というのも多いんです。

日常の買い物に使うことでポイントを貯めて1年で旅行に行けるほどマイルが貯まるという人もいました。このように気楽にマイルを貯めるのは良いですね。

現金でのお買い物をANA VISAカードに変えるだけで、「1年に1回旅行に行ける」なら、これは是非、メインカードとして日常使いにしたいものです。

ANA VISAカードキャンペーン情報
新規入会・継続でお得なマイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAカードの公式サイトを見る!

【グレード別】ANA VISAカードとは別に3種類のカードも比較!

ANA VISAカードには一般カードの他に3種類のカードがあります。そちらの情報も見てみましょう。

← 横にスクロールできます →
グレード 年会費 入会継続プレゼントマイル 搭乗ボーナスマイル ANA航空券の購入で得られるマイル ポイント還元率 ポイントからマイルへの移行レート 付帯保険
ANA VISA一般カード
初年度無料
2,000円(税抜)
1,500円(税抜:WEB明細利用の場合)
1,000マイル 10% 100円=最大2.5マイル 0.50~2.00%

  • 200円=1ポイント=1マイル(通常コース:移行手数料不要)
  • 200円=1ポイント=2マイル(2倍コース:移行手数料6,000円-税抜)

  • 海外旅行傷害保険:1,000万円
  • 国内旅行傷害保険:1,000万円
  • ショッピング:100万円
ANA VISAワイドカード
7,250円(税抜)
6,750円(税抜:WEB明細利用の場合)
2,000マイル 25% 100円=1.5マイル 0.50~2.00%

  • 200円=1ポイント=1マイル(通常コース:移行手数料不要)
  • 200円=1ポイント=2マイル(2倍コース:移行手数料6,000円-税抜)

  • 海外旅行傷害保険:5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:5,000万円
  • ショッピング:100万円
ANA VISAワイドゴールドカード
14,000円(税抜)
13,000円(税抜:WEB明細利用の場合)
2,000マイル 25% 100円=最大3マイル 1.00~2.00% 1ポイント=2マイル(2倍コース:移行手数料不要

  • 海外旅行傷害保険:5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:5,000万円
  • ショッピング:300万円
ANA VISAプラチナプレミアムカード
80,000円(税抜) 10,000マイル 50% 100円=最大4.5マイル 1.50~3.00% 200円=1ポイント=3マイル(3倍コース:移行手数料不要)

  • 海外旅行傷害保険:10,000万円
  • 国内旅行傷害保険:10,000万円
  • ショッピング:500万円

続いてANA VISAカードの別のグレードのカードの基本情報もご紹介しますね。順番に見ていきましょう。。

ANA VISAワイドカードの基本情報


項目 内容
基本還元率 0.50%~2.00%
貯まるポイント Vポイント
還元率がアップする条件
  • ポイントUPモールの利用:楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングがポイント2倍(ショップによっては最大20倍)
  • ココイコ!の利用:1,000円につき1ポイント付与
ポイントの有効期限 獲得から2年間
ポイントからマイルへの移行レート 1ポイント=1マイル
搭乗ボーナスマイル 25%
年会費 7,250円(税抜)
6,750円(税抜:WEB明細利用の場合)
ポイントのカウント方法 本会員およびご家族会員のご利用金額を合計の上、所定のポイント還元率で計算し本会員にポイントを付与
申し込み資格 満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)
国際ブランド
特典サービス
  • SKIPサービス
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行保険の自動付帯
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:5,000万円
  • ショッピング:100万円
電子マネー  
スマホ決済   
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
  • ANA銀聯カード
ETCカード 年会費:500円(税抜:年1回利用すれば無料)
利用限度額 20~80万円

ANA VISAワイドカードの特徴

ANA VISAワイドカードは、一般カードより2.5倍の25%もマイルが貯まるカードとなります。

Vポイントからマイルへの移行には、「通常コース:1ポイント=1マイル」だと移行手数料無料です。

年間6,000円(税抜)の移行手数料を支払うと「2倍コース:1ポイント=2マイル」でマイルへ移行することができます。

もちろん旅行傷害保険は自動付帯されているんです。

ANAワイドのデメリット
  • 一般カードよりも年会費が高い
  • お買い物ポイントからマイルへの移行に手数料が必要
  • メリットが飛行機に乗る場合が中心
ANAワイドのメリット
  • 搭乗ボーナスマイルの還元率が高い
  • 空港施設がお得に使える!
  • 旅行保険が自動付帯されている♪
ANA VISAワイドカードはこんな人におすすめ
  • マイルを効率的に貯めたい人
  • 出張や旅行の多い人
  • 出張や旅行の度に保険申し込みが大変な人

ANA VISAワイドゴールドカードの基本情報

項目 内容
基本還元率 1.0~2.0%
貯まるポイント Vポイント
還元率がアップする条件
  • ポイントUPモールの利用:楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングがポイント2倍(ショップによっては最大20倍)
  • ココイコ!の利用:ポイント3倍・キャッシュバック1%
ポイントの有効期限 獲得から2年間
ポイントからマイルへの移行レート 1ポイント=2マイル(移行手数料:無料)
搭乗ボーナスマイル 25%
年会費 14,000円(税抜)
13,000円(税抜:WEB明細利用の場合)
ポイントのカウント方法 本会員およびご家族会員のご利用金額を合計の上、所定のポイント還元率で計算し本会員にポイントを付与
申し込み資格 満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
国際ブランド
特典サービス
  • ドクターコール24
  • 空港ラウンジの利用
  • SKIPサービス
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行保険の自動付帯
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:5,000万円
  • ショッピング:300万円
電子マネー  
スマホ決済   
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
  • ANA銀聯カード
ETCカード 年会費:500円(税抜:年1回利用すれば無料)
利用限度額 50〜200万円

ANA VISAワイドゴールドカードの特徴

ANA VISAワイドゴールドカードは、マイルを賢く貯めるのに一番おすすめのカードといえます。

搭乗ボーナスポイントが25%も貯まり、Vポイントからマイルへの移行は「2倍コース:1ポイント=2マイル」となり手数料も不要です。

そのため、「ANA VISAワイドカード」も「ANA VISAワイドゴールドカード」も「年会費+マイル移行手数料」の支払いは同程度になります。

ANA VISAワイドゴールドカードのデメリット
  • 年会費がワイドカードよりも高額に見える
  • メリットが飛行機に乗る場合が中心
  • 家族の付帯保険の上限額が低い
ANA VISAワイドゴールドカードのメリット
  • 搭乗ボーナスマイルの還元率が25%
  • ポイントからマイルへの移行も1ポイント=2マイルと高レート
  • ポイントからマイルへの移行に手数料無料
ワイドゴールドカードはこんな人におすすめ
  • 搭乗で効率的にマイルを貯めたい人
  • お買い物ポイントからマイルに移行したい人
  • 出張や旅行で空港や飛行機をよく利用する人

ANA VISAプラチナプレミアムカードの基本情報

項目 内容
基本還元率 1.5~3.0%
貯まるポイント Vポイント
還元率がアップする条件
  • ポイントUPモールの利用:楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングがポイント2倍(ショップによっては最大20倍)
  • ココイコ!の利用:ポイント3倍・キャッシュバック1%
ポイントの有効期限 獲得から4年間
ポイントからマイルへの移行レート 1ポイント=3マイル
搭乗ボーナスマイル 50%
年会費 80,000円(税抜)
ポイントのカウント方法 本会員およびご家族会員のご利用金額を合計の上、所定のポイント還元率で計算し本会員にポイントを付与
申し込み資格 満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
国際ブランド
特典サービス
  • プライオリティパス
  • ドクターコール24
  • 空港ラウンジの利用
  • SKIPサービス
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行保険の自動付帯
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:10,000万円
  • 国内旅行傷害保険:10,000万円
  • ショッピング:500万円
電子マネー  
スマホ決済   
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
  • ANA銀聯カード
ETCカード 年会費:500円(税抜:年1回利用すれば無料)
利用限度額 300万円~

ANA VISAプラチナプレミアムカードの特徴

「搭乗ボーナスポイント50%」も貯まり、Vポイントからのマイル移行も「1ポイント=3マイル」も貯まるんです。

Vポイントの有効期限が2倍の4年間な上に、マイルの有効期限が3年なので合計でマイルは最大7年間保有することができます。

空港では優雅な航空会社のラウンジを使用でき、プライオリティ・パスもあるので海外の空港でもラウンジ使用など高待遇が受けられます。

ANA VISAプラチナプレミアムカードのデメリット
  • 年会費が高い
  • ポイント還元で年会費をカバーすることは困難
  • よく使う人でないとサービスが年会費に見合わない
ANA VISAプラチナプレミアムカードのメリット
  • マイルを効率的に貯められる
  • 空港でプライオリティパスが使える
  • 自動付帯旅行保険の限度額が1億円
ANA VISAプラチナプレミアムカードはこんな人におすすめ
  • 効率的にマイルを貯めたい人
  • 出張や旅行が多く空港で快適に過ごしたい人
  • プラチナカードのステータスを感じたい人
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAカードの公式サイトを見る!

ANA VISAカードの審査に落ちる人ってどんな人?審査基準はこれ!

交通系のクレジットカードは審査基準が厳しく、ANAカードの中でもVISAカードは人気も高く、ANA VISAカードは特に審査が厳しいとも言われています。

ですから、ANA VISAカードの申し込み審査に落ちないように事前に万全の準備をしておきたいものですよね。

ただ、ANA VISAカードの審査基準は公表されていないのですが、審査に落ちる原因として考えられるものをご紹介しますので、以下のようなことがないように注意しておきましょう。

① 申し込み資格を満たしていない

ANA VISAカードには申し込み資格があります。

ANA VISAカードの申し込み資格は「満18歳以上の方」となっていますが、高校生・大学生などの学生は申し込み資格はありません。

ただし、学生の場合には親権者の方の「家族カード」または、「学生カード」であれば申し込みができますよ。

② 一度に複数のクレジットカードに申し込んだ

一度に複数のクレジットカードに申し込んだ場合には、クレジットカードの審査に落ちる場合があります。

クレジットカードは、一時的にクレジットカード会社にお金を立て替えてもらう「信用取引」になりますので、必ず信用審査があるんです。

複数のクレジットカードに申し込んだことは、信用調査会社にも情報が共有されています。

そのため、一度に複数のクレジットカードに申し込むなど、一般的でない申し込み方をすると不正利用を疑われることもあるんです!

③ クレジットカードやローンなどで延滞などをしたことがある

クレジットカードやローンなどで延滞などをしたことがある場合にも、審査に通らないことがあります。

クレジットカードでの買い物も、カードローンもどちらもクレジットカード会社への借金ですので遅延などがあると支払い能力がないと判断されてしまうんですね。

ANA VISAカードの入手までの3つの流れを解説!

それぞれを順番に見ていきましょう。

❶ オンラインで申込みを行います

ANA VISAカードはオンラインで手軽に申し込むことができます。申し込む方法を簡単に順を追って見ていきましょう。

入力内容は以下のようになります。

  1. ご本人ついての入力
  2. 職業(学校)についての入力
  3. その他事項についての入力
  4. 希望のカードなどについての入力
  5. 入力内容の確認
  6. 申し込み番号の案内

申し込みは上記の6つのステップになっています。

❷ 引き落とし口座を設定します

カードの引き落とし口座の設定は、オンライン申し込みの流れでそのまますることもできます。

しかし、金融機関によりインターネットで申し込みができない場合があり、その場合には書面を郵送でやりとりする形になります。

お支払い口座届が後日自宅あてに届くので、お名前欄にご記入、金融機関届け印を捺印し、本人確認書類のコピーを同封し返送します。

❸ 審査が通ったらカードが発行前に本人確認の電話がある

審査に通ったら入会申込の2〜5営業日後を目安に、本人確認の電話が自宅か勤務先に入ります。

電話は、「ご本人確認の電話です。」というだけで、特に難しい質問や職場の同僚へのヒヤリングなどはないので安心してくださいね。

電話がくれば審査に通ったということですので、あとはカードが届くのを待ちましょう。

ANA VISAカードの基礎知識8つ解説!

こちらでは、ANA VISAカードの基礎知識を8つに分けてご紹介します。

上の表の文字からリンクがありますので、知りたい項目があれば文字をタップしていただければ、その項目までジャンプします。

① ANA VISAカードの締め日・支払い日

項目 内容
締め日 毎月15日
支払い日 翌月10日

実際の日付イメージとしては以下のようになります。

  • 1月16日〜2月15日利用分⇒2月25日請求確定⇒3月10日支払い
  • 7月16日〜8月15日利用分⇒8月25日請求確定⇒9月10日支払い>

② ANA VISAカードの請求書発行される時期

項目 内容
請求明細確定 毎月25日

月に一回、毎月25日に発行されます。

③ ANA VISAカードの年会費の引き落とし時期

項目 内容
加入日が1〜15日の場合 加入月の翌月10日
加入日が16〜31日の場合 加入月の翌々月10日

年会費は年に一回引き落とされます。券面に印字された有効期限付きの3ヶ月後の10日に引き落としです。

④ ANA VISAカードのボーナス払い

項目 内容 手数料
ボーナス
一括払い
夏または冬のボーナス月に一括して支払う。
夏:12月16日から6月15日の利用金額を、8月の支払い日に支払う。
冬:7月16日から11月15日の利用金額を、翌年1月の支払い日に支払う。
不要

買い物ごとに、夏または冬のボーナス月に一括支払いを選べます。

⑤ ANA VISAカードのリボ払い・分割払い

項目 内容 手数料
リボ払い 利用件数や金額にかかわらず毎月一定額に分割して、毎月の支払い日に支払う。
分割払い 利用金額と手数料の合計をご指定の回数に分けて毎月の支払い日に支払う。

リボ払いの手数料が発生する時には、全ての買い物の総額のに対してポイントが2倍も貯まります。

⑥ ANA VISAカードの増額

項目 内容
継続的増額 会員ページより申し込み後、1〜2週間で決定
一時的増額 会員ページより申し込み後、条件が合えば即時決定

毎日の買い物にカードを利用したい場合には「継続的増額」が申し込めます。

また、大きな買い物を予定している場合や、海外旅行で一時的に限度額が足りなくなる場合には「一時的増額」もできます。

⑦ ANA VISAカードのETCカード

項目 内容
年会費 500円(税抜)
※初年度無料
※前年度に1回以上ETCを利用すれば年会費無料
ご利用枠 クレジットカードの利用枠範囲内で利用可能

ETCカードは、入会金無料は無料ですが、年会費は500円かかります。ただし、前年に1回でもETCを利用していれば年会費は無料になります。

⑧ ANA VISAカードの口座変更

項目 内容
口座変更 会員ページより変更可能

カードの引落し口座の変更は、会員ページの「Vpass」から申請できます。

⑨ ANA VISAカードの解約&退会方法

項目 内容
解約&退会方法 クレジットカード会社の会員サイトまたは電話にて申請「生年月日」「自宅電話番号」「暗証番号」が必要になります。

インターネットまたは電話で解約・退会ができます。解約・退会すると、ANAカードもVISAカードも両方退会になります。

引き続きANAマイルを貯めたい場合は、クレジットカード機能のないANAカードを作っておいて引き継ぎましょう。

ANA VISAカードの4つの独自の知識を解説!

Vポイントをマイルに移行できる

項目 通常コース 2倍コース
移行手数料 無料 6,000円(税抜)
※年度(4月16日~翌年3月31日)ごと
換算率 200円=1ポイント=1マイル 200円=1ポイント=2マイル
単位 1ポイント単位
移行方法 自動移行または都度移行
通常ポイント(ボーナスポイント)移行 1ポイント=0.6マイル

ANA VISA一般カードの場合、「通常コース:1ポイント=1マイル」となっています。

ですが、年間の移行手数料6,000円(税抜)を支払うと「2倍コース:1ポイント=2マイル」でVポイントからマイルへの移行が可能です。

なお、ゴールドカードは移行手数料無料で「2倍コース:1ポイント=2マイル」、プラチナカードは移行手数料無料で「3倍コース:1ポイント=3マイル」となります。

マイルからANA SKY コインへ移行してお得に買い物できる

項目 内容
移行手数料 無料
換算率 1.2〜1.7倍
単位 1マイル
移行方法 都度移行

ANA SKY コインは、ANAウェブサイトで航空券や旅行商品(国内ツアー・海外ツアー)のお支払いにご利用できる電子クーポンです。

10コインを10円分としてお買い物に使用することができます。

スマリボでポイント獲得率を上げる

ポイント名 移行レート 還元率
Oki Dokiポイント 1ポイント=5マイル 0.5%
ボーナスポイント 1ポイント=3マイル 0.3%
合計 1ポイント=8マイル 0.8%

「スマリボ 」はANA JCBワイドゴールドカードのリボ払いの名称です。

この「スマリボ」の手数料の引き落としが発生した月には、その月で引き落とされる総額で獲得した「Oki Dokiポイント」と同額の「ボーナスポイント」を獲得できます。

こちらで獲得した「ボーナスポイント」は、「1ポイント=3マイル」でマイルに移行し、さらにお得にマイルを貯めることができるんです。

なお、マイルのために「スマリボ」を利用する場合には、毎月100円程度のリボ払いを発生させましょう。

リボ払いの額を大きくすると高額の手数料が発生して損してしまいます。

旅行時に利用できるサービス各種一覧

項目 一般
ワイド
ゴールド
プラチナ
カードマイルプラス
カードラウンジ
国内線ANAラウンジ
ビジネスクラス専用チェックイン
プライオリティ・パス
SKIPサービス
提携ホテル宿泊割引
レンタカー割引
提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク

ANA VISAカードはグレードに応じて空港施設など様々な利用権を持つことができます。

ANA VISAカード会員ご優待割引一覧

項目 一般
ワイド
ゴールド
プラチナ
機内販売 10%OFF 10%OFF 10%OFF 10%OFF
ANA FESTA 5%OFF 5%OFF 5%OFF 5%OFF
A-style 5%OFF 5%OFF 5%OFF 5%OFF
旅行商品 5%OFF 5%OFF 5%OFF 5%OFF
ビジネス公開講座 15%OFF 15%OFF 15%OFF 15%OFF
空港免税店 5%OFF 10%OFF 10%OFF 10%OFF
高島屋 SHIELLA&ANA 5%OFF 10%OFF 10%OFF 10%OFF

会員優待サービスでは、ANAの関連ショップなどで割引のサービスを受けることができます。

ANA VISAカードキャンペーン情報
新規入会・継続でお得なマイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAカードの公式サイトを見る!

ANA VISAカードに関するQ&A

ANAカードはVISAとJCBを比較するとどっちが良いですか?

VISAがオススメです。日本国内ではどちらもよく使えますが、海外で利用される場合にはVISAの方が広く使えます。

ANA VISAカードの利用明細を見たいのでサイトにログインしたいのですが、ページが見つかりません。

ANAカード利用明細はVISAカードのページ「Vpass」にアクセスしてください。

ANA VISAカードを解約するとANAのマイレージも消えちゃうのですか?

VISAのみの解約の場合には、クレジット機能のないANAカードに移行できます。

ANA VISAカードの会社概要

項目 内容
サービス名 ANA VISAカード
会社名 三井住友カード株式会社
本社住所 大阪府大阪市中央区今橋4-5-15
連絡先 0570-200-931 受付時間:9:00~17:00

ANA VISAカードのまとめ

ANA VISAカードのまとめ
  • ANA VISAカードはANAのマイルが貯まりやすい
  • ANA VISAカードを持つことで飛行機内や空港で買い物がお得になる
  • 出張や旅行の際には旅行保険が自動付帯されているので保険に入らなくて良い
  • 貯まったマイルで航空券が買えたりアップグレードできる

搭乗距離のマイルが貯まだけでなく、さらに「搭乗ボーナスマイル」としてマイルが貯まり、お買い物で貯めたVポイントもマイルに移行できます。

貯めたマイルは航空券を購入するのに利用できる他、座席のアップグレードにも利用できるなど出張や旅行が快適になるサービスに変えられます。

また、ANA VISAカードを持っているだけで、お出かけ時の移動に関する保険に自動で入っているので、出張や旅行のたびに保険に入る必要がないのも便利で安心です♪

ANA VISAカードキャンペーン情報
新規入会・継続でお得なマイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAカードの公式サイトを見る!

ANA VISAカードのスペック情報まとめ

ANA VISAカードの基本情報

項目 内容
国際ブランド
申し込み資格 一般:満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)
年会費 2,000円(税抜)
家族カード 1,000円(税抜)
ETCカード
  • 初年度:無料
  • 2年目以降:年会費:500円(税抜)
  • 発行手数料:無料
  • 特典:年1回利用すれば無料
法人追加カード
  • 年会費:使用者1名 2,750円(税抜)/ 1名追加ごとに 400円(税抜)
  • 引落し口座:法人名義口座
  • 追加カード枚数:制限なし

ANA VISAカードの利用枠・支払い

項目 内容
ショッピング利用限度枠 20~80万円
キャッシング利用限度枠 0~50万円
キャッシング利率 18.0%
ショッピングリボ利率 15.0%
支払い方法 1回払い・2回払い・ボーナス一括払い・リボ払い・分割払い
締め日 毎月15日
支払日 翌月10日

ANA VISAカードの電子マネー

項目 内容
電子マネー  
スマホ決済   

ANA VISAカードのポイントプログラム

項目 内容
ポイントプログラム名 Vポイント
付与率 0.5~2.0%
有効期限 ポイント獲得から2年間
最低交換条件 1ポイント以上1ポイント単位
交換・還元方法 応募方式・自動移行
ポイントモール名 ポイントUPモール
提携ネットショップ ANAショッピング「A-style」

ANA VISAカードのマイルプレゼント

項目 内容
入会時 1,000 マイル
継続時 1,000 マイル

ANA VISAカードのマイレージ

項目 内容
移行元のポイント Vポイント
貯まるマイル ANAマイル
交換還元率
  • 200円=1ポイント=1マイル
  • 200円=1ポイント=2マイル(移行手数料:6,000円-税抜)
最低交換単位 1ポイント以上1ポイント単位
移行日数 3日〜1週間

ANA VISAカードの付帯保険・補償

項目 内容
海外旅行傷害保険 1,000万円
国内旅行傷害保険 1,000万円
国内航空便遅延保険 なし
ショッピング保険 100万円
ネット不正利用保険 なし(但し、損害補償制度あり)

ANA VISAカードの引き落とし対応

項目 内容
電気 北海道電力・東北電力・東京電力・北陸電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力
ガス 北海道ガス・いちたかガスワン・東彩ガス・東京ガス・京葉ガス・大多喜ガス・東邦ガス・北陸ガス・大阪ガス・広島ガス・四国ガス・西部ガス・九州ガス・筑紫ガス
水道 東京都水道局・多摩地区都営水道・京都市上下水道局・尼崎市水道局・大阪市水道局・神戸市水道局
新聞 朝日新聞・産経新聞・毎日新聞・読売新聞・日本経済新聞社・東京新聞・西日本新聞
携帯電話・PHS NTTドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobile
固定電話 NTTコミュニケーションズ・NTT東日本・NTT西日本・KDDI・ソフトバンク
インターネットプロバイダー @nifty・AOL・OCN・hi-ho・BIGLOBE・Yahoo! BB
受信料 NHK・スカパー・WOWOW・J:COM
その他 国民年金

ANA VISAカードの空港サービス

項目 内容
ビジネスクラスカウンターチェックイン
  • 国内:プラチナ会員およびゴールド、プライムゴールド会員・ワイド会員のみ
  • 海外:プラチナ会員およびゴールド、プライムゴールド会員・ワイド会員のみ
空港カードラウンジ
  • 国内:プラチナ会員およびゴールド、プライムゴールド会員のみ
  • 海外:プラチナ会員およびゴールド、プライムゴールド会員のみ
空港ラウンジ
  • 国内:プラチナ会員のみ
  • 海外:プラチナ会員会員のみ
プライオリティバス
  • 国内:プラチナ会員のみ
  • 海外:プラチナ会員のみ
ANA VISAカードキャンペーン情報
新規入会・継続でお得なマイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAカードの公式サイトを見る!

この記事のURLをコピーする