キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト

ANA VISAワイドカードのメリット・デメリット!賢くマイルを貯める全知識!

項目 内容
基本還元率 0.5%~2.0%
貯まるポイント Vポイント
還元率がアップする条件
  • ポイントUPモールの利用:楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングがポイント2倍(ショップによっては最大20倍)
  • ココイコ!の利用:1,000円につき1ポイント付与
ポイントの有効期限 獲得から2年間
ポイントからマイルへの移行レート
  • 200円=1ポイント=2マイル(通常コース:移行手数料不要)
  • 200円=1ポイント=4マイル(2倍コース:移行手数料6,000円-税抜

ANAワイドゴールドカードにすると手数料なしで、常に2倍コースが適応される。

搭乗ボーナスマイル 25%
年会費 初年度無料
7,250円(税抜)
6,750円(税抜:WEB明細利用の場合)
キャッシュレス・消費者還元制度 対応
ポイントのカウント方法 本会員およびご家族会員のご利用金額を合計の上、所定のポイント還元率で計算し本会員にポイントを付与
申し込み資格 満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)
国際ブランド
特典サービス
  • 家族のマイルを合算して使用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • 空港ショップの割引
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:100万円(自動付帯)
電子マネー  
スマホ決済   
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
  • ANA銀聯(ぎんれん)カード
ETCカード 年会費:500円(税抜:年1回利用すれば無料)
利用限度額 20~80万円
おすすめ度 2.5
ANA VISAワイドカードのおすすめのポイント!
  • 飛行機搭乗ボーナスマイルが25%も貯まる♪
  • VISAカードのお買い物で貯まったVポイントがマイルに移行できる
  • 空港施設が便利に使える!
  • 旅行保険が自動付帯されている♪
  • ANAの関連ショップが割引になる!

ANA VISAワイドカードは、飛行機に搭乗した時にもらえる「搭乗ボーナスマイル」が、ANA VISA の一般カードよりも2.5倍の25%も貯まるカードです。

ただ、正直に言うとVISAカードの「Vポイント」からのマイル移行も利用してマイルを貯めるなら、「ANA VISAワイドゴールドカード」の方がおすすめです。

それは、「ワイドゴールドカード」は「手数料なし」に2倍のマイルに交換できるからです。

「ワイドカード」で2倍のマイルに交換する場合には、年間6,000円(税抜)の手数料がかかります。

クレカちゃん
マイルをお得に貯めたいなら「ゴールド」カードの方がお得なのね!
ANA VISAワイドカードキャンペーン情報
新規入会で最大30,500マイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドカードの公式サイトを見る!

目次

ANA VISAワイドカードをおすすめできる人&できない人

ANA VISAワイドカードをおすすめできる人
  • マイルを効率よく貯めたい人
  • 自動付帯で海外&国内旅行保険の額を大きく増やしたい人
  • ANAグループの飛行機で快適に過ごしたい人
  • 空港を便利に使いたい人
  • ANAのホテルなどを安く利用したい人
  • ANAグループのショップを安く利用したい人
ANA VISAワイドカードをおすすめできない人
  • 飛行機にあまり乗らない人
  • 空港にあまり行かない人
  • カードであまり買い物をしない人

ANAのカードは、マイルをお得に貯めて、空港や飛行機を便利に利用できるカードです。

マイルは「飛行機に乗る」ことや、「VISAカードでお買い物したポイント」から貯めることができます。

また、貯めたマイルは「航空券の購入」「アップグレード」などに利用することができます。

カードを持つことで、空港や飛行機、旅行がとてもお手軽になります。

ANA VISAワイドカードキャンペーン情報
新規入会で最大30,500マイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドカードの公式サイトを見る!

ANA VISAワイドゴールドカードの驚きの7つのメリットは!

ANA VISAワイドゴールドカードの特徴的なメリットと言えるのが以下の7つです。

ANA VISAワイドゴールドカードの7つのメリット
  1. 初年度は年会費が無料!
  2. 入会・継続するだけで2,000マイルが自動的にプレゼントされる!
  3. 飛行機の搭乗ボーナスマイルが25%も貯まる♪
  4. ショッピングでVポイントが貯まる!
  5. Vポイントがマイルに移行できる♪
  6. 飛行機や空港施設を便利に利用できて快適♪
  7. ANA VISAワイドカードは旅行保険が自動付帯されている♪

それでは、もう少し詳しくANA VISAワイドゴールドカードのメリットを見てみましょう。

初年度は年会費が無料!

ANA VISAワイドゴールドカードは入会した年度の年会費は無料です。年会費は毎年入会月の翌月に引き落とされるので、何月に入っても必ず1年無料になるので損はありません。

2年目からは年会費が必要になりますが、毎月のカードの利用明細を「紙の郵送」ではなく「WEB明細」にすることで年会費が7,250円→6,750円(税抜)になります。

WEB明細にするだけなので、紙の明細書が必要でなければ、是非WEB明細も活用してくださいね。請求額が決定するとWEB明細が見れる旨をメールで教えてくれるので安心ですよ♪

入会・継続するだけで2,000マイルが自動的にプレゼントされる!

ANA VISAワイドゴールドカードは入会・継続だけで、2,000マイルが自動的にプレゼントされます。

また、定期的に開催されているキャンペーンでは

  1. ANA便ご搭乗で、もれなくマイルをプレゼント
  2. カードご利用金額に応じて、もれなくマイルプレゼント
  3. 「ANAカードファミリーマイル」登録で、もれなくマイルプレゼント

などもあり、ANA VISAワイドカードは最大で30,500マイルもプレゼントされるので、マイルを効率的に貯めたいという方にはとてもおすすめです。

飛行機の搭乗ボーナスマイルが25%も貯まる♪

ANA VISAワイドカードは、飛行機の搭乗でボーナスマイルが25%も貯まるんです。

ANAマイレージの積算率は飛行機の「搭乗距離」「購入したチケットの種類」「搭乗した座席のクラス」などで変わります。

上の表は、マイレージ積算率が100%の座席を利用して、成田からパリまで搭乗した際の「ワイドカード」と「一般カード」のマイレージです。

乗った距離はどちらのカードでも「6,194マイル」となっていますが、ボーナスマイルが異なっています。

ヨーロッパ片道で付与される搭乗ボーナスマイルの例
  • ワイドカード:6,194マイル × 25% = 1,548マイル
  • 一般カード:6,194マイル × 10% = 619マイル

つまり、ワイドカードを持つだけで、ヨーロッパの片道のマイルが、1,548 – 619 = 929。往復なら1,858マイルもの差がついてしまうんです!

そのため、ワイドカードなら、とても早くマイルが貯まっていく実感が得られますよ。

【参考】座席のクラスによるマイルの積算率を見る
クラス 座席のクラス 区間基本マイレージに対する積算率
ファースト F・A 150%
ビジネス J 150%
C・D・Z 125%
P 70%
プレミアムエコノミー G・E 100%
N 70%
エコノミー Y・B・M 100%
U・H・Q 70%
V・W・S・T 50%
L・K 30%

ショッピングでVポイントが貯まる!

ANA VISAワイドカードを使って買い物をすると、VISAカードのオリジナルポイント「Vポイント」が貯まるんです。

ポイント還元率は0.5〜2.0%で、この還元率はカードの合計利用金額によっても変わるので、お買い物をすればするほどポイントが貯まりやすくなりますよ。

そのため、カードで支払えるお買い物は、できるだけカードで支払うとVポイントがどんどん貯まるのでおすすめです♪

Vポイントがマイルに移行できる♪

ANA VISAワイドカードで貯まった「Vポイント」は「ANAマイル」に移行できるんです。

ただ、このサービスを活用しようと考えるなら「ANA VISAワイドゴールドカード」の方がおすすめなんです。

「Vポイント」から「ANAマイル」への移行は、2020年6月1日から運用が新しくなりました。

「ANA VISAワイドカード」のマイル移行には2つのコースがあります。

  1. 【通常コース】200円=1ポイント=2マイル:手数料無料
  2. 【2倍コース】200円=1ポイント=4マイル:年間移行手数料6,000円(税抜)

※このポイントは、ANAマイル移行ポイントとなります。

「ANA VISAワイドカード」の場合、基本は「通常コース」になり、「2倍コース」にすると手数料6,000円(税抜)が必要となります。

「ANA VISAワイドゴールドカード」の場合には手数料なしで「2倍コース」が利用できるんです。

例えば、毎月50,000円のカード使用した場合、ポイント還元率0.5%とすると毎月250ポイントが貯まります。

1年間で貯まる3,000ポイントをマイルに置き換えてみましょう。マイルは1マイル=10円で換算するとこちらのようになります。

マイル移行コースによる金額換算シミュレーション
  • 【通常コース】3000ポイント×2マイル=6,000マイル×10円=60,000円
  • 【2倍コース】3000ポイント×4マイル=12,000マイル×10円=120,000円

「ANA VISAワイドゴールドカード」にすると手数料不要で、60,000円分も余計にマイルが貯められます。

※なお、マイルの金額換算は航空券購入時の料金から求めていますが、閑散期や繁忙期、飛行距離によっても換算レートが変わります。

飛行機や空港施設を便利に利用できて快適♪

ANA VISAワイドカードを持っていると空港施設を快適に利用できるんですよ。

特に、ANA VISAワイドカードは、「ビジネスクラス専用チェックイン」ができます。

また、事前に航空券の予約・購入・座席指定を済ませておけば、直接保安検査場まで進むことのできる「SKIPサービス」が使えるので、空港での面倒な手続きも不要です。

ANA VISAワイドカードは旅行保険が自動付帯されている♪

ANA VISAワイドカードには旅行保険が自動付帯されています。

海外傷害保険が5,000万円・国内航空保険が5,000万円と100万円のショッピング保険が自動付帯されています。

そのため、旅行代理店で購入したツアーなどで旅行に出かける場合や出張の時でも、その都度、旅行保険に入る必要はありません!

旅行の時に「ANA VISAワイドカード」を1枚持っていれば、もしもの時にも保険でカバーされるので空港や飛行機だけでなく、旅先の街でも安心して過ごせるんです♪

ANA VISAワイドカードの3つのデメリットは!

ANA VISAワイドカードにはデメリットはないのでしょうか?こちらではANA VISAワイドカードのデメリットと思われる点を紹介したいと思います。

ANA VISAワイドカードの3つのデメリット
  1. 2年目以降から年会費がかかる
  2. Vポイントの2倍コースのマイル移行に手数料がかかる
  3. 特典が飛行機や空港を利用する場合が中心

そrでは、ANA VISAワイドカードのデメリットを順番に見てみましょう。

ANA VISAワイドカードは2年目以降から年会費がかかる

ANA VISAワイドカードは2年目以降から年会費がかかります。

最近では年会費無料のクレジットカードもありますが、ANA VISAワイドカードは2年目から7,250円の年会費がかかります。

ただし、2年目の年会費は入会月の翌月に引き落とされるため、全ての会員がかならず初年度の1年間がきっちり無料になります。

なお、年会費は「WEB明細利用」や「マイペイすリボ(VISAのリボ払い名称)」などで年会費割引がある他、前年度のカードご利用金額に応じて「翌年度年会費割引」もあります。

Vポイントの2倍コースのマイル移行に6,000円の手数料が必要

ポイントのマイル移行レート グレード ポイントのマイル移行手数料 搭乗ボーナスマイル 年会費
かなりお得!
【2倍コース】
1ポイント=4マイル
ワイドゴールド 無料 25% 14,000円
ワイド 6,000円 25% 7,250円
一般 6,000円 10% 2,000円
【通常コース】
1ポイント=2マイル
ワイド 無料 25% 7,250円
一般 無料 10% 2,000円

ANA VISAワイドカードはVポイントから2倍コースでのマイル移行には手数料が必要です。

お買い物で貯めたポイントをマイルに移行する時に年間手数料6,000円(税別)を支払うと2倍のレートでマイルを移行できます。

つまり、Vポイントから2倍コースでマイル移行する場合の年間の支払いはANA VISAワイドカードの場合、年会費7,250円+手数料6,000=13,250円になるんです。

ANA VISAワイドゴールドカードの年会費14,000円+手数料0円=14,000円とほぼ同額になってしまいますね。

そのため、Vポイントから賢くマイル移行したい場合には、ANA VISAワイドゴールドカードの方がおすすめです。

ANA VISAワイドゴールドカードには、「空港ラウンジ利用」や「ドクターコール24」のサービスもついていますよ。

ANA VISAワイドカードの場合は景品や他のポイントに手数料不要で交換する方がおすすめです。

ANA VISAワイドカードは特典が飛行機や空港を利用する場合が中心

ANA VISAワイドカードのメリットは、飛行機や空港を利用する場合が中心です。でも、これは「ANAカード」ですから、とても当たり前だけど重要なことですよね。

飛行機では搭乗ボーナスマイルがもらえたり、空港ではANAやVISAと提携しているコンビニやオンラインショップなどで割引やポイントアップがあります。

さらに、旅が快適になるサービスとして、「ビジネスクラスチェックイン」や「SKIPサービス」などもあるんです。

そのため、空港や飛行機を利用しない場合のメリットはあまり大きくありません。でも、出張や旅行の多い場合には、空港で快適に過ごせるという大きなメリットが得られますよ。

ANA VISAワイドカードで貯めたVポイントとANAマイルの賢い活用方法は!

ANA VISAワイドカードは、「ANAマイレージクラブ」にVISAのクレジット機能が付いたカードなので、「マイルを貯める」のに適しています。

とはいえ、VISAカードの利用で貯まる「Vポイント」も幅広く使うことができますので、ポイントやマイルの貯め方や使い方を見ていきましょう。

それでは、ANA VISAワイドカードで貯めたVポイントとANAマイルの賢い活用方法を順番に見ていきましょう♪

Vポイントの貯め方

Vポイントは「カードの利用」と、「他からのポイント移行」の2つの方法で効率にVポイントを貯めることができます!

Vポイントの貯め方①:カード利用の場合

VISA利用 内容 獲得ポイント
通常ポイント 通常のカード使用で 200円=1ポイント
マイ・ペイすリボ リボ払い利用で 200円=2ポイント
電子マネー「iD」 電子マネーの利用で 200円=1ポイント(月次で少額利用を合算してポイント還元される)
他社連携 内容 お得
コンビニ3社とマクドナルド セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン ポイント5倍
3つのお店 あなたが選んだ3店舗 ポイント2倍
ココイコ! ココイコ! 経由で利用したネットショップ ポイントアップまたはキャッシュバック
ポイントUPモール ポイントUPモール経由で利用したネットショップ ポイント2〜20倍
他社ポイントから交換 SMBCポイント・Gポイント・PeXポイント・カテエネポイント・RealPay・ポイントタウンポイント 各ポイントによりレートが異なる

VISAカードの利用で貯まる「Vポイント」は、通常ショッピング200円でおよそ1ポイントが貯まります。

また、「マイ・ペイすリボ」は、リボ手数料が発生する時のみ、その月の利用総額で得たポイントと同額のVポイントを獲得することができます。

「iD」は電子マネーのため、少額の支払いが多くなりがちですが、月間に利用した金額の総額でポイントが付与されます。

ただし、「カードローン」ではポイントは貯まりませんので注意してくださいね♪

Vポイントの貯め方②:他社からVポイントへの移行の場合

他社ポイント ポイント移行 交換レート
Gポイント 500G ⇒ 500ポイント 100%
カテエネポイント 100ポイント ⇒ 100ポイント 100%
RealPayポイン 100ポイント ⇒ 100ポイント 100%
PeXポイント 1000ポイント ⇒ 100ポイント 10%
ポイントタウンポイント 100ポイント ⇒ 5ポイント 5%

交換ポイントサイトなどで貯めたポイントを、Vポイントに移行することもできます。

VISAカードを使用しなくても、Vポイントを貯めることができるんですよ。

Vポイントの使い方

景品交換 交換
ワールドプレゼント 所有ポイント数に応じた景品に交換
1ポイント=1円相当
キャッシュバック 交換
キャッシュバック 1ポイント=0.6円
iDバリュー 1ポイント=1円
オンラインギフトカード 交換
Amazonギフト券 1ポイント=1円
Google Play ギフトコード 1ポイント=1円
App Store & iTunesギフトカード 1ポイント=1円
ポイント移行 交換
楽天スーパーポイント 1ポイント=1ポイント
Tポイント 1ポイント=0.8ポイント
dポイントクラブ 1ポイント=5ポイント
ふるさと納税 交換
佐賀県玄海町 出品内容によって変わります
長崎県平戸市 出品内容によって変わります
島根県浜田市 出品内容によって変わります
マイレージ 交換
ANAマイレージクラブ
  • 一般:1ポイント=2マイル
  • ワイド:1ポイント=2マイル
  • ゴールド:1ポイント=4マイル
  • プラチナ:1ポイント=6マイル
アリタリア航空 クラブ・ミッレミリア 1ポイント=0.6マイル
シンガポール航空 クリスフライヤー 1ポイント=0.6マイル

Vポイントは、「景品交換」などの他、「キャッシュバック」「オンラインギフトカード」「ポイント移行」「ふるさと納税」「マイル」などへ移行することができます。

マイルは、国内線から国際線の航空券支払いに利用できます。繁忙期や閑散期などによって航空券の価格は変わります。

国内線航空券だとおよそ1マイル=5円が平均値になりますが、国際線航空券だと1マイル=15円以上になることもあります。

仮に1マイルを10円としてVポイントの価値を見ると、マイルに移行するのがずば抜けて賢いのがわかりますよ。

  • マイル以外の場合:1ポイント=1円
  • マイル移行【通常コース】の場合:1ポイント=2マイル=20円
  • マイル移行【2倍コース】の場合:1ポイント=4マイル=40円(※ただし、ワイドカードの場合には6,000円税抜の手数料が必要)

となるわけです。

しかし、ANA VISAワイドカードでは、2倍コースのマイル移行に6,000円(税抜)の手数料が必要です。

そのため、マイルへの移行を多く利用する場合には、手数料なしに2倍コースになる「ANA VISAワイドゴールドカード」がおすすめです。

マイルの貯め方

貯め方 内容
飛行機に乗ってマイルを貯める 搭乗距離(マイル)の30〜150%
ANAマイレージモール経由のオンラインショッピング 店舗により異なる
搭乗ボーナスマイル
  • 一般:10%
  • ワイド:25%
  • ゴールド:25%
  • プラチナ:50%
VISAカードのVポイントから移行
  • 一般:1ポイント=2マイル
  • ワイド:1ポイント=2マイル
  • ゴールド:1ポイント=4マイル
  • プラチナ:1ポイント=6マイル

「ANAマイレージクラブ」の場合には飛行機に乗った際の飛行距離が「マイル」換算され貯まり、ANAマイレージモール経由のオンラインショッピングでもマイルが貯まります。

「ANA VISAワイドカード」は、「ANAマイレージクラブ」に加えて「搭乗ボーナスマイル」が25%と効率的に貯めることができるんです。

「ANA VISAワイドカード」は、「一般カード」ではありますが、効率的に「搭乗ボーナスマイル」が貯まります。

マイルの使い方

項目 内容
ANA国内線特典航空券への交換 片道5,000マイルから
ANA国際線特典航空券への交換 往復12,000マイルから
ANA国際線アップグレード特典
  • エコノミー → プレミアムエコノミー
  • プレミアムエコノミー・エコノミークラス → ビジネスクラス
  • ビジネスクラス → ファーストクラス
ANA国際線超過手荷物料金支払い 1マイル=1円

航空券やアップグレードの特典交換に必要なマイル数は、利用するシーズンや区間によって異なります。

また、この他にも「マイル」は、こんなことにも利用ができるんですよ。

  • ANAご利用券(1マイル=1円で、航空券やツアー、ホテル料金へ利用可能)
  • ANAショッピング(1マイル=1円で、ANAショッピング A-styleでのお買物で利用可能)
  • ANAセレクション(10,000マイルからANAおすすめの商品に交換可能)
  • ホテル
  • レストラン
  • レンタカー
  • 提携ポイントへの交換(楽天ポイント、Tポイントなど)
  • イベントへの参加(ANAカード会員限定)

貯まったマイルは、航空券の購入やショッピングの支払いにも充てることができるんです。

その中で、一番効率よく利用されて人気なのは「航空券の購入」や「飛行機の座席のアップグレード」「ANA国際線超過手荷物料金の支払い」になります。

実際に何マイルでどんな航空券が購入できるのかは、飛行距離や季節(閑散期・繁忙期)などによって変わるのですが、とてもお得に利用することができるんですよ♪

ANA VISAワイドカードキャンペーン情報
新規入会で最大30,500マイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドカードの公式サイトを見る!

ANA VISAワイドカードの審査に落ちる人ってどんな人?審査基準はこれ!

ANA VISAワイドカードの審査基準は公表されていないのですが、審査に落ちる原因として考えられるものをご紹介します。

以下のようなことがないように注意しておきましょう。

6か月以内に3枚以上のクレジットカードを申し込んでいる

6か月以内に3枚以上のクレジットカードを申し込んでいる場合には、クレジットカードの審査に落ちることがあります。

信用調査会社にカードの申し込み履歴は6ヶ月間残ります。は6ヶ月間に複数枚申し込むのはやめましょう!

カードローンやリボ払いなどですでに多くの借入れがある

カードローンやリボ払いなどですでに多くの借入れがある場合には、新しいカードを持つのがリスクと判断され審査に落ちる場合があります。

クレカちゃん
だから、借入金が多いと新しいカードの審査に通らないことがあるのね。

カード支払いやローンで5年以内に3か月以上延滞したことがある

カードの延滞履歴は3か月以上延滞したものが5年残るので、その履歴が残っていると落ちる可能性が高くなります。

無職または十分な収入がない

学生や主婦ではない「無職」または「十分な収入がない」場合には、支払い能力がないと判断されて審査に落ちることがあります。

このような場合には、ご家族のANA VISAワイドカードの「家族カード」を追加してもらいましょう。

クレカちゃん
「家族カード」なら作れるのね♪

債務整理や任意整理から5年経過していない

債務整理や任意整理をすると5年間は信用調査会社に情報が残ります。

返済が残っていたり完済から5年を経過していない場合には、クレジットカードは作れません。

ANA VISAワイドカードの入手までの流れ

ANA VISAワイドカードの入手までの流れを、順番に見ていきましょう。

❶ オンラインで申込みを行います

ANA VISAワイドカードはオンラインで手軽に申し込むことができます。申し込み方を簡単に見てみましょう。

【1】公式サイトから「ワイドカードの申し込み」をタップ!

公式サイトから「ワイドカードの申し込み」のボタンをタップします。

【2】会員規約を確認する

最初に会員規約を確認しましょう。

【3】必要書類を確認し揃える

次に、申し込みに必要な書類が紹介されています。「免許証」「銀行の通帳」を用意してください。

【4】流れを確認し入力画面に進む

こちらで、全体の流れとかかる日数が紹介されていますので、確認したら「同意のうえ、入力画面に進む」をタップして入力画面に進みましょう。

【5】入力画面に必要事項を入力し申し込む

こちらのような、入力画面が表示されますので、必要事項を入力してください。

  1. ご本人ついての入力
  2. 職業(学校)についての入力
  3. その他事項についての入力
  4. 希望のカードなどについての入力
  5. 入力内容の確認
  6. 申し込み番号の案内

申し込みは上記の6つのステップになっています。

❷ 引き落とし口座を設定します

カードの引き落とし口座の設定は、オンライン申し込みの流れできる場合もあります。

しかし、金融機関によりインターネットで申し込みができない場合があり、その場合には郵便で必要書類が届きます。

❸ 審査が通ったらカードが発行前に本人確認の電話がある

審査に通ったら入会申込の2〜5営業日後を目安に、本人確認の電話が自宅か勤務先に入ります。

電話がくれば審査に通ったということですので、あとはカードが届くのを待ちましょう。

❹ ANA VISAワイドカードが届きます

ANA VISAワイドカードは1週間程度で書留でお手元に届きます。

カードが届いた時に不在だと、期限内に再配達や郵便局に受け取りに行かないと、返送されてしまうので注意が必要です。

ANA VISAワイドカードの基礎知識

ANA VISAワイドカードの締め日・確定日・支払い日

項目 内容
締め日 毎月15日
確定 毎月25日
支払い日 翌月10日

実際の日付イメージとしては以下のようになります。

  • 1月16日〜2月15日利用分⇒2月25日請求確定⇒3月10日支払い
  • 7月16日〜8月15日利用分⇒8月25日請求確定⇒9月10日支払い

ANA VISAワイドカードの年会費の引き落とし時期

項目 内容
加入日が1〜15日の場合 加入月の翌月10日
加入日が16〜31日の場合 加入月の翌々月10日

年会費は年に一回引き落とされます。なお、加入月日は、Vpassの会員情報で調べることができます。

  • 4月16日加入⇒毎年6月10日支払い
  • 10月1日加入⇒毎年11月10日支払い

ANA VISAワイドカードのボーナス払い

項目 内容 手数料
ボーナス
一括払い
夏:12月16日から6月15日の利用金額を、8月の支払い日に支払う。
冬:7月16日から11月15日の利用金額を、翌年1月の支払い日に支払う。
不要

買い物ごとに、夏または冬のボーナス月に一括支払いを選べます。

ANA VISAワイドカードのリボ払い・分割払い

項目 内容 手数料
リボ払い 利用件数や金額にかかわらず毎月一定額に分割して、毎月の支払い日に支払う。
分割払い 利用金額と手数料の合計をご指定の回数に分けて毎月の支払い日に支払う。

利用限度枠内でお買い物を分割で支払うことが可能です。リボ払いの手数料が発生する時にはVポイントが、全ての買い物の2倍貯まります。

ANA VISAワイドカードの増額

項目 内容
継続的増額 会員ページより申し込み後、1〜2週間で決定
一時的増額 会員ページより申し込み後、条件が合えば即時決定

毎日の買い物にカードを利用したい場合には「継続的増額」が申し込めます。

また、大きな買い物を予定している場合や、海外旅行で一時的に限度額が足りなくなる場合には「一時的増額」もあります。

ANA VISAワイドカードのETCカード

項目 内容
年会費 500円(税抜)
※初年度無料
※前年度に1回以上ETCを利用すれば年会費無料
ご利用枠 クレジットカードの利用枠範囲内で利用可能

ETCカードは、入会金無料・初年度年会費無料で作成できます。なお、前年度に1回でも使用していれば翌年の年会費は無料となります。

ANA VISAワイドカードの口座変更

項目 内容
口座変更 会員ページより変更可能

カードの引落し口座の変更は、Vpassの会員ページから申請できます。

ANA VISAワイドカードの解約&退会方法

項目 内容
解約&退会方法 クレジットカード会社の会員サイトまたは電話にて申請「生年月日」「自宅電話番号」「暗証番号」が必要になります。

カードの解約と退会はVpassの会員ページか、電話でできます。

ANAカードも、VISAカードも両方退会になります。

引き続きANAマイルを貯めたい場合は、クレジットカード機能のないVISAカードを作っておいて引き継ぎましょう。

ANA VISAワイドカードの独自の知識

ANA VISAワイドカードについて、順番にもう少し見ていきましょう。

① ポイントのマイル移行は手動と自動がある

店舗

ANA VISAワイドカードで貯めたカードのポイントをマイルに移行する方式は2つです。

「応募方式」という手動の方式と、もうひとつは「自動移行方式」という自動の方式です。どちらの方式にするかはVISAカードのVpassから設定ができます。

「応募方式」は、申し込みをしてから1週間ほどでポイントがマイルに移行されるので、自分のペースで申し込んでマイル移行ができるんです。

「自動移行方式」は、毎月15日前後に保有しているポイントが、当月末日頃に自動的にANAマイレージへ移行します。

ANA VISAワイドカードの場合ポイントの保有期限が2年、マイルの保有期限が3年となりますので、手動で移行する場合には最長で5年保有することができます。

そのため、長く貯めて大きく使いたい場合には「応募方式」、比較的こまめにマイルを使用する場合には「自動方式」にするのが便利です。

② マイ・ペイすリボでVポイント還元率を上げる

Vポイントからマイル移行する場合、ANA VISAワイドカードでより多くのVポイントを獲得することが、マイルを貯めることにもつながります。

ポイントを多く貯めるために「マイ・ペイすリボ」を活用するという手があります。「マイ・ペイすリボ」というのはVISAカードの「リボ払い」の名称です。

「マイ・ペイすリボ」で購入した商品代金と、その9.8%の手数料が毎月分割で引き落とされ返済していく形になります。

この「マイ・ペイすリボ」の手数料の引き落としが発生した月には、その月で引き落とされる総額で獲得した「Vポイント」と同額の「通常ポイント(ボーナスポイント)」が獲得できます。

つまり、ある月の引き落とし総額で1,000ポイント獲得すると、リボ手数料の支払いがあるだけで、あと1,000ポイントの通常ポイントがもらえるのです。

「通常ポイント」は「200円=1ポイント=0.6マイル」でマイルに移行することができます。

ポイント名 移行レート 還元率
Vポイント 200円=1ポイント=2マイル 1.0%
通常ポイント 200円=1ポイント=0.6マイル 0.3%
合計 200円=1ポイント=2.6マイル 1.3%

つまり、上記のような計算になり、ポイントからマイルへの還元率が0.3%アップすることになります。

ボーナスポイントがもらえるのは、リボ払い手数料が発生する時のみなので、100円以上の残高を残すのがポイントです。

③ マイルからANA SKY コインへ移行してお得に買い物できる

項目 内容
移行手数料 無料
換算率 1.2〜1.7倍
単位 1マイル
移行方法 都度移行

ANA SKY コインは、ANAウェブサイトで航空券や旅行商品(国内ツアー・海外ツアー)のお支払いにご利用できる電子クーポンです。

10コインを10円分としてお買い物に使用することができます。

④ 利用できるサービス各種一覧

項目 一般
ワイド
ゴールド
プラチナ
カードマイルプラス
カードラウンジ
国内線ANAラウンジ
ビジネスクラス専用チェックイン
プライオリティ・パス
SKIPサービス
提携ホテル宿泊割引
レンタカー割引
提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
ドクターコール24

ANA VISAカードはグレードに応じて空港施設など様々な利用権を持つことができます。

ANA VISAワイドカードは、「ビジネス専用チェックインカウンター」や「SKIPサービス」が使えるので、搭乗前の慌ただしさから開放されます♪

⑤ ANA VISAカード会員ご優待割引一覧

項目 一般
ワイド
ゴールド
プラチナ
機内販売 10%OFF 10%OFF 10%OFF 10%OFF
ANA FESTA 5%OFF 5%OFF 5%OFF 5%OFF
A-style 5%OFF 5%OFF 5%OFF 5%OFF
旅行商品 5%OFF 5%OFF 5%OFF 5%OFF
ビジネス公開講座 15%OFF 15%OFF 15%OFF 15%OFF
空港免税店 5%OFF 10%OFF 10%OFF 10%OFF
高島屋 SHIELLA&ANA 5%OFF 10%OFF 10%OFF 10%OFF

会員優待サービスでは、ANAの関連ショップなどで割引のサービスを受けることができます。

ANA VISAカードキャンペーン情報
新規入会で最大30,500マイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドカードの公式サイトを見る!

ANA VISAワイドカードを使っている人の良い&悪い口コミ評判!

実際に、ANA VISAワイドカードを使っている人は使い心地は良いのでしょうか?実際の口コミを見てみましょう。

ANA VISAワイドカードを使っている人の悪い口コミ評判!

edyへのチャージではポイントが貯まらない

メインカードとして使っていますが、edyにチャージしてもポイントが貯まらないのを改善して欲しいです。

Edyチャージでポイントが付かないのはつらい

クレジットカードでEdyにチャージして支払うより直接クレジットカード払いしたほうがポイント的には得なので
Edyを使う人いないんじゃないかな?

コロナ期間の緩和措置がなかった

マイルを貯める修行中にコロナ禍に巻き込まれたのに、緩和措置がなかった。

ANA VISAワイドカードを使っている人の良い口コミ評判!

マイルがよく貯まる

搭乗ボーナスマイルが25%貯まるので、一気に結構貯まる感じがする。

家族皆で持ってマイルを獲得中

家族全員で一生懸命マイルを貯めているので、かなり貯まります。

マイルが貯まるのに維持コストが安い!

搭乗ボーナスマイルが、たくさん貯まるのに維持コスト的には良いカードと思います。

お得感のあるANAカード

カード自体は、どこでも使えて、マイルも貯まるので、お得感のあるANAカードだと思います。

年会費分は確実に元がとれる

家族カードで所有しています。
出張が多いので、マイルがたくさん貯まります。

また、全日空ホテルでは朝食やウェルカムドリンクが付いて、とても快適です。

全日空ホテルはアクセスが良いし、アクセスが悪くてもタクシーの運転手が必ず知っているので出張にも便利ですよ。

ANA VISAワイドカードを使っている人の口コミ評判まとめ

ANA VISAワイドカードの悪いクチコミまとめ
  • Edyチャージでポイントがたまらない
  • 会員対応がイマイチ

ANA VISAワイドカードを使っている人の悪い口コミ評判は、あまりありませんでしたが、「Edyチャージでポイントがたまらない」というものがいくつかありました。

クレジットカードから電子マネーへのチャージというのは、クレジットカードの支払い金額と電子マネーの利用可能金額が同額になってしまいます。

そのため、クレジットカード会社への手数料分が赤字になることもあり、ポイントを発生させるのはかなりハードルは高いことと言えるでしょう。

ANA VISAワイドカードの良いクチコミまとめ
  • マイル修行に使える
  • ANAのデスクの対応が良い
  • お得感があるカード

ANAをよく利用するメンバーのマイルを貯めるためのカードとして利用されている方もいるようですね。

ANA VISAワイドカードでは、搭乗ボーナスマイルがとても効率的に貯められるのでこうしたことにも使えるのですね。

また、困った時に連絡をする「ANAのデスクの対応が良い」という口コミもあります。「上質のコンシェルジュデスク並み」って素敵な言葉ですね。

何か困った時にもしっかりと対応してもらえると不安も払拭できますよね。こうしたことも総じて評価すると「お得感があるカード」といえます。

ANA VISAワイドカードキャンペーン情報
新規入会で最大30,500マイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドカードの公式サイトを見る!

【グレード別】ANA VISAワイドカードとは別に3種類のカードも比較!

← 横にスクロールできます →
グレード 年会費 入会継続プレゼントマイル 搭乗ボーナスマイル ANA航空券の購入で得られるマイル ポイント還元率 ポイントからマイルへの移行レート 自動付帯保険
ANA VISAカード一般
初年度無料
2,000円(税抜)
1,500円(税抜:WEB明細利用の場合)
1,000マイル 10% 100円=最大2.5マイル 0.5~2.0%

  • 200円=1ポイント=2マイル(通常コース:移行手数料不要)
  • 200円=1ポイント=4マイル(2倍コース:移行手数料6,000円-税抜

  • 海外旅行傷害保険:1,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:1,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:100万円(自動付帯)
ANA VISAワイドカード
初年度無料
7,250円(税抜)
6,750円(税抜:WEB明細利用の場合)
2,000マイル 25% 100円=1.5マイル 0.5~2.0%

  • 200円=1ポイント=2マイル(通常コース:移行手数料不要)
  • 200円=1ポイント=4マイル(2倍コース:移行手数料6,000円-税抜

  • 海外旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:100万円(自動付帯)
ANA VISAワイドゴールドカード
初年度無料
14,000円(税抜)
13,000円(税抜:WEB明細利用の場合)
2,000マイル 25% 100円=最大3マイル 1.0~2.0% 1ポイント=4マイル(2倍コース:移行手数料不要)

  • 海外旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:300万円(自動付帯)
ANA VISAプラチナプレミアムカードカード
80,000円(税抜) 10,000マイル 50% 100円=最大4.5マイル 1.5~3.0% 200円=1ポイント=6マイル(3倍コース:移行手数料不要)

  • 海外旅行傷害保険:10,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:10,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:500万円(自動付帯)

続いて、グレード別にカードの基本情報を順番にご紹介します。

ANA VISAカード一般 の基本情報

項目 内容
基本還元率 0.5~2.0%
貯まるポイント Vポイント
還元率がアップする条件
  • ポイントUPモールの利用:楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングがポイント2倍(ショップによっては最大20倍)
  • ココイコ!の利用:1,000円につき1ポイント付与
ポイントの有効期限 獲得から2年間
ポイントからマイルへの移行レート
  • 200円=1ポイント=2マイル(通常コース:移行手数料不要)
  • 200円=1ポイント=4マイル(2倍コース:移行手数料6,000円-税抜
搭乗ボーナスマイル 10%
年会費 初年度無料
2,000円(税抜)
1,500円(税抜:WEB明細利用の場合)
キャッシュレス・消費者還元制度 対応
ポイントのカウント方法 本会員およびご家族会員のご利用金額を合計の上、所定のポイント還元率で計算し本会員にポイントを付与
申し込み資格 満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)
国際ブランド
特典サービス
  • 家族のマイルを合算して使用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • SKIPサービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行保険が自動付帯されている
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:1,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:1,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:100万円(自動付帯)
電子マネー  
スマホ決済   
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
  • ANA銀聯(ぎんれん)カード
ETCカード 年会費:500円(税抜:年1回利用すれば無料)
利用限度額 20~80万円
おすすめ度 3.5

ANA VISAワイドカードには他に3種類のグレードのカードがあります。ANA VISAワイドカードはマイルを貯めるのに大変適したカードです。

そのお得さがを見ていただくために、まずは、ANA VISAワイドカードを含めて4種類を比較して見てみましょう。

ANA VISAカード一般の特徴

ANA VISAカード一般は、ANA VISAカードの一番シンプルなカードです。

ワイドカードに比べるとマイルの積算率はよくありませんが、ANAグループでのショッピングが割引になります。

また、空港では「SKIPサービス」が利用できる機能もついていて、国内外の旅行傷害保険も自動付帯しています。

ANA VISAカード一般のメリット・デメリット

ANA VISAカード一般のメリット
  • 搭乗ボーナスマイルがもらえる
  • Vポイントをマイルに移行できる
  • SKIPサービスで搭乗の手続きが手軽になる
  • ANAの提携ショップやホテル・レンタカーなどの割引がある
  • 旅行保険が自動付帯されている
ANA VISAカード一般のデメリット
  • 他のカードよりも搭乗ボーナスマイルの付与率が低い
  • Vポイントからマイルへの移行に手数料が必要
  • メリットが飛行機に乗る場合が中心

ANA VISAカード一般は、ANA VISAカードの基本となるカードです。年会費も2,000円と手頃なのに、搭乗ボーナスマイルも10%貯まって、旅行保険も自動付帯します。

空港のANAショップでのお買い物の割引もあるので、手頃に旅を愉しむことができますよ。

ANA VISAカード一般のはこんな人におすすめ

ANA VISカード一般はこんな人におすすめ
  • マイルを貯めたい人
  • 出張や旅行の多い人
  • 出張や旅行の度に保険申し込みするのが不便と感じている人
  • 年会費をそれほどかけたくない人

ANA VISカード一般は、ANAカードのお得感をほどよく感じられます。

旅行の時には空港や飛行機が気軽にお得に使えるようになります。VISAカードは世界中で使いやすいので、海外旅行にもおすすめです。

ANA VISAワイドゴールドカードの基本情報

項目 内容
基本還元率 1.0~2.0%
貯まるポイント Vポイント
還元率がアップする条件
  • ポイントUPモールの利用:楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングがポイント2倍(ショップによっては最大20倍)
  • ココイコ!の利用:ポイント3倍・キャッシュバック1%
ポイントの有効期限 獲得から2年間
ポイントからマイルへの移行レート 200円=1ポイント=4マイル(2倍コース:手数料不要)
搭乗ボーナスマイル 25%
年会費 初年度無料
14,000円(税抜)
13,000円(税抜:WEB明細利用の場合)
キャッシュレス・消費者還元制度 対応
ポイントのカウント方法 本会員およびご家族会員のご利用金額を合計の上、所定のポイント還元率で計算し本会員にポイントを付与
申し込み資格 満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
国際ブランド
特典サービス
  • 空港ラウンジの利用
  • ドクターコール24
  • 家族のマイルを合算して使用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • 空港ショップの割引
  • SKIPサービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行保険の自動付帯
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:300万円(自動付帯)
電子マネー  
スマホ決済   
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
  • ANA銀聯(ぎんれん)カード
ETCカード 年会費:500円(税抜:年1回利用すれば無料)
利用限度額 50〜200万円
おすすめ度 5.0

ANA VISAワイドゴールドカードの特徴

ANA VISAワイドゴールドカードは、「ANA VISAワイドカード」のゴールドです。「搭乗ボーナスマイル」の貯まる条件は「ANA VISAワイドカード」と同等の25%になります。

ただし、Vポイントからマイルへの移行の際、移行手数料が無料で「2倍コース」となります。

ANA VISAワイドカードのメリット・デメリット

ANA VISAワイドゴールドカードのメリット
  • ワイドカードと同じ程度の年間支払額でゴールドが持てる
  • 搭乗ボーナスマイルが25%ももらえる
  • Vポイントを4倍でマイルに移行できる
  • ビジネスクラス専用のチェックインカウンターが利用できる
  • 空港でラウンジが無料で使える
  • ANAの提携ショップやホテル・レンタカーなどの割引がある
  • 5,000万円の旅行保険が自動付帯されている
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンクのサービスがある
  • ドクターコール24のサービスが受けられる
ANA VISAワイドゴールドカードのデメリット
  • 一見、年会費が高額に見える
  • メリットが飛行機に乗る場合が中心
  • 家族の付帯保険の上限額が低い

ANA VISAワイドゴールドカードは、搭乗ボーナスマイルが25%も貯まるので、かなり効率よくマイルがたまります。

ワイドカードの場合手数料6,000円かかる「4倍コースのVポイントからマイルへの移行」が手数料無料です。

そのため、「年会費+手数料」を比べると、ワイドカードと同程度の支払い額でゴールドカードが持てます。

ANA VISAワイドゴールドカードはこんな人におすすめ

ANA VISAワイドゴールドカードはこんな人におすすめ
  • お得に飛行機の搭乗で効率的にマイルを貯めたい人
  • お得にお買い物ポイントからマイルに移行したい人
  • お得にゴールドカードを持ちたい人
  • 出張や旅行で空港や飛行機をよく利用する人
  • 搭乗前に空港で快適に過ごしたい人
  • 旅行の傷害保険に毎回はいるのが大変な人

効率的にANAのマイルを貯めるなら「ANA VISAワイドゴールドカード」がおすすめです。

年会費以外の手数料なしに「搭乗ボーナスマイルが25%」や「ポイントのマイル移行が4倍」と、マイルを貯めるのに一番費用対効果の良いカードと言えます。

ANA VISAプラチナプレミアムカードの基本情報

項目 内容
基本還元率 1.5~3.0%
貯まるポイント Vポイント
還元率がアップする条件
  • ポイントUPモールの利用:楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングがポイント2倍(ショップによっては最大20倍)
  • ココイコ!の利用:ポイント3倍・キャッシュバック1%
ポイントの有効期限 獲得から4年間
ポイントからマイルへの移行レート 200円=1ポイント=6マイル(3倍コース:手数料不要)
搭乗ボーナスマイル 50%
年会費 80,000円(税抜)
キャッシュレス・消費者還元制度 対応
ポイントのカウント方法 本会員およびご家族会員のご利用金額を合計の上、所定のポイント還元率で計算し本会員にポイントを付与
申し込み資格 満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
国際ブランド
特典サービス
  • 空港でプライオリティサービスが受けられる
  • 空港ANAラウンジの利用
  • ドクターコール24
  • 家族のマイルを合算して使用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • 空港ショップの割引
  • SKIPサービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行保険の自動付帯
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:10,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:10,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:500万円(自動付帯)
電子マネー  
スマホ決済   
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
  • ANA銀聯(ぎんれん)カード
ETCカード 年会費:500円(税抜:年1回利用すれば無料)
利用限度額 300万円~
おすすめ度 4.0

ANA VISAプラチナプレミアムカードの特徴

「ANA VISAプラチナプレミアムカード」は、ANA VISAカードの最高峰のカードです。そのため「搭乗ボーナスポイント50%」と一般カードの「5倍」も貯まります。

Vポイントからの移行も「1ポイント=15」ポイントと一般カードの「3倍」な上に、ポイントの有効期限も2倍の4年間となります。

空港では優雅な航空会社のラウンジを使用でき、プライオリティ・パスも付与されるので海外の空港でもラウンジ使用など高待遇が受けられます。

ANA VISAプラチナプレミアムカードのメリット・デメリット

ANA VISAプラチナプレミアムカードのメリット
  • 空港でプライオリティパスが使える
  • 空港のANAラウンジが無料で使える
  • ドクターコール24のサービスが受けられる
  • 搭乗ボーナスマイルが50%も貯まる
  • Vポイントからマイルへの移行が手数料無料で6倍になる
  • ビジネスクラス専用のチェックインカウンターが利用できる
  • ANAの提携ショップやホテル・レンタカーなどの割引がある
  • 5,000万円の旅行保険が自動付帯されている
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンクのサービスがある
ANA VISAプラチナプレミアムカードのデメリット
  • 年会費が80,000円と少し高い
  • Vポイント還元で年会費をカバーすることは困難
  • 飛行機や空港をよく使う人でないと年会費分のサービスが使いきれない

ANA VISAプラチナプレミアムカードは、ANA VISAの一番良いクレジットカードになります。年会費は80,000円と高額ですが、海外でも使えるプライオリティパスが使えます。

また、ドクターコール24のサービスは24時間いつでも健康相談が可能です。たくさんのサービスの用意があるので、サービスを使いこなせる人にはとてもお得なカードと言えます。

ANA VISAプラチナプレミアムカードはこんな人におすすめ

ANA VISAプラチナプレミアムカードはこんな人におすすめ
  • 効率的にマイルを貯めたい人
  • 出張や旅行が多く空港で快適に過ごしたい人
  • プラチナカードのステータスを感じたい人

ANA VISAプラチナプレミアムカードは、ANA VISAカードで一番良いカードになります。

マイルも貯まりやすく、空港や飛行機・ホテルのサービスも一流のものが用意されています。出張や旅行が多く、快適に旅を楽しみたい方におすすめです。

\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドカードの公式サイトを見る!

ANA VISAワイドカードに関するQ&A

ANA VISAワイドカードはANA VISAワイドゴールドカードと同様にラウンジはりようできないのですか?

「ANA VISAワイドカード」では空港のラウンジの無料利用はできません。

ANA VISAワイドカードとANA Masterワイドカードはどちらが良いですか?

ANAのマイルを貯めるためにカードを作るのなら、条件は同じです。

ただし、ショッピンで利用する場合にはMasterよりもVISAの方が加盟店が多くておすすめです。

ANA VISAワイドカードもANA VISAワイドゴールドカードと同様にキャンペーンがありますか?

ANA VISAワイドカードもANA VISAワイドゴールドカードも同様のキャンペーンを実施していることがあります。

「入会」「継続」「カード利用」「ANAの飛行機への搭乗」などに対してポイントをプレゼントなどを行っていることがあります。

ANA VISAワイドカードの会社概要

項目 内容
サービス名 ANA VISAワイドカード
会社名 三井住友カード株式会社
本社住所 大阪府大阪市中央区今橋4-5-15
連絡先 0570-200-931 受付時間:9:00~17:00

ANA VISAワイドカードのまとめ!

ANA VISAワイドカードのまとめ
  • 搭乗ボーナスマイルが25%も貯まる
  • 貯まったマイルで航空券が買えたりアップグレードできる
  • 機内や空港で買い物がお得になる
  • 旅行保険が自動付帯されているので旅行時に保険に入らなくて良い
  • ただし、Vポイントからのマイル移行を利用するなら「ANA VISAワイドゴールドカード」の方がお得でおすすめ!

ANA VISAワイドカードは搭乗ボーナスマイルが25%も貯まります!

ただ、Vポイントからのマイル移行でマイルを貯める場合には、手数料不要で2倍のマイルに移行できるANA VISAワイドゴールドカードの方がおすすめです。

ANA VISAワイドカードは、搭乗ボーナスマイルのみでマイルを貯めるようにしましょう。

ANA VISAワイドカードキャンペーン情報
新規入会で最大30,500マイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドカードの公式サイトを見る!

ANA VISAワイドカードの基本情報まとめ

ANA VISAワイドカードの基本情報

項目 内容
国際ブランド
申し込み資格
  • 一般:満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)
  • ワイド:満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)
  • ゴールド:満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
  • プラチナ:満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
年会費
  • 一般:2,000円(税抜)
  • ワイド:7,250円(税抜)
  • ゴールド:14,000円(税抜)
  • プラチナ:80,000円(税抜)
家族カード年会費
  • 一般:1,000円(税抜)
  • ワイド:1,500円(税抜)
  • ゴールド:4,045円(税抜)
  • プラチナ:4,000円(税抜)
ETCカード
  • 初年度:無料
  • 2年目以降:年会費:500円(税抜)
  • 発行手数料:無料
  • 特典:年1回利用すれば無料
法人追加カード
  • 年会費:使用者1名 2,750円(税抜)/ 1名追加ごとに 400円(税抜)
  • 引落し口座:法人名義口座
  • 追加カード枚数:制限なし

ANA VISAワイドカードの利用枠・支払い

項目 内容
ショッピング利用限度枠
  • 一般:20~80万円
  • ワイド:20〜80万円
  • ゴールド:50〜200万円
  • プラチナ:300万円
キャッシング利用限度枠
  • 一般:0~50万円
  • ワイド:0~50万円
  • ゴールド:0~50万円
  • プラチナ:0~100万円
キャッシング利率
  • 一般:18.0%
  • ワイド:18.0%
  • ゴールド:15.0%
  • プラチナ:15.0%
ショッピングリボ利率
  • 一般:15.0%
  • ワイド:15.0%
  • ゴールド:15.0%
  • プラチナ:15.0%
支払い方法 1回払い・2回払い・ボーナス一括払い・リボ払い・分割払い
締め日 毎月15日
支払日 翌月10日

ANA VISAワイドカードの電子マネー

項目 内容
電子マネー  
スマホ決済   

ANA VISAワイドカードのポイントプログラム

項目 内容
ポイントプログラム名 Vポイント
付与率 0.5~2.0%
有効期限
  • 一般:ポイント獲得から2年間
  • ワイド:ポイント獲得から2年間
  • ゴールド:ポイント獲得から2年間
  • プラチナ:ポイント獲得から4年間
最低交換条件 1ポイント以上1ポイント単位
交換・還元方法 応募方式・自動移行
ポイントモール名 ポイントUPモール
提携ネットショップ ANAショッピング「A-style」

ANA VISAワイドカードのマイルプレゼント

項目 内容
入会時
  • 一般:1,000 マイル
  • ワイド:2,000 マイル
  • ゴールド:2,000 マイル
  • プラチナ:10,000 マイル
継続時
  • 一般:1,000 マイル
  • ワイド:2,000 マイル
  • ゴールド:2,000 マイル
  • プラチナ:10,000 マイル

ANA VISAワイドカードのマイレージ

項目 内容
貯まるマイレージポイント ANAマイル
交換還元率
  • 一般:1ポイント=2マイル
  • ワイド:1ポイント=2マイル
  • ゴールド:1ポイント=4マイル
  • プラチナ:1ポイント=6マイル
最低交換単位 1ポイント以上1ポイント単位
移行日数 3日〜1週間
その他
  • 年間6,000円(税抜)で「1ポイント=2マイル」を「1ポイント=4マイル」に変更可能
  • 一般・ワイドカードは移行手数料6,000円(税抜)が必要

ANA VISAワイドカードの付帯保険・補償

項目 内容
海外旅行傷害保険
  • 一般:1,000万円(自動付帯)
  • ワイド:5,000万円(自動付帯)
  • ゴールド:5,000万円(自動付帯)
  • プラチナ:10,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険
  • 一般:なし
  • ワイド:5,000万円(自動付帯)
  • ゴールド:5,000万円(自動付帯)
  • プラチナ:10,000万円(自動付帯)
国内航空便遅延保険
  • 一般:1,000万円(自動付帯)
  • ワイド:5,000万円(自動付帯)
  • ゴールド:5,000万円(自動付帯)
  • プラチナ:10,000万円(自動付帯)
ショッピング保険
  • 一般:100万円(自動付帯)
  • ワイド:100万円(自動付帯)
  • ゴールド:300万円(自動付帯)
  • プラチナ:500万円(自動付帯)
ネット不正利用保険 なし(但し、損害補償制度あり)

ANA VISAワイドカードの引き落とし対応

項目 内容
電気 北海道電力・東北電力・東京電力・北陸電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力
ガス 北海道ガス・いちたかガスワン・東彩ガス・東京ガス・京葉ガス・大多喜ガス・東邦ガス・北陸ガス・大阪ガス・広島ガス・四国ガス・西部ガス・九州ガス・筑紫ガス
水道 東京都水道局・多摩地区都営水道・京都市上下水道局・尼崎市水道局・大阪市水道局・神戸市水道局
新聞 朝日新聞・産経新聞・毎日新聞・読売新聞・日本経済新聞社・東京新聞・西日本新聞
携帯電話・PHS NTTドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobile
固定電話 NTTコミュニケーションズ・NTT東日本・NTT西日本・KDDI・ソフトバンク
インターネットプロバイダー @nifty・AOL・OCN・hi-ho・BIGLOBE・Yahoo! BB
受信料 NHK・スカパー・WOWOW・J:COM
その他 国民年金

ANA VISAワイドカードの空港サービス

項目 内容
ビジネスクラスカウンターチェックイン
  • 国内:プラチナ会員およびゴールド、プライムゴールド会員・ワイド会員のみ
  • 海外:プラチナ会員およびゴールド、プライムゴールド会員・ワイド会員のみ
空港カードラウンジ
  • 国内:プラチナ会員およびゴールド、プライムゴールド会員のみ
  • 海外:プラチナ会員およびゴールド、プライムゴールド会員のみ
空港ラウンジ
  • 国内:プラチナ会員のみ
  • 海外:プラチナ会員会員のみ
プライオリティバス
  • 国内:プラチナ会員のみ
  • 海外:プラチナ会員のみ
ANA VISAワイドカードキャンペーン情報
新規入会で最大30,500マイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドカードの公式サイトを見る!

この記事のURLをコピーする