キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト

ANA VISAワイドゴールドカード!賢くお得にマイルを貯めたいならコレ一択!

項目 内容
基本還元率 1.0~2.0%
貯まるポイント Vポイント
還元率がアップする条件
  • ポイントUPモールの利用:楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングがポイント2倍(ショップによっては最大20倍)
  • ココイコ!の利用:ポイント3倍・キャッシュバック1%
ポイントの有効期限 獲得から2年間
ポイントからマイルへの移行レート 200円=1ポイント=2マイル(2倍コース:手数料不要)
搭乗ボーナスマイル 25%
年会費 初年度無料
14,000円(税抜)
13,000円(税抜:WEB明細利用の場合)
ポイントのカウント方法 本会員およびご家族会員のご利用金額を合計の上、所定のポイント還元率で計算し本会員にポイントを付与
申し込み資格 満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
国際ブランド
特典サービス
  • ドクターコール24
  • 空港ラウンジの利用
  • SKIPサービス
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行傷害保険の自動付帯
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:300万円(自動付帯)
電子マネー  
スマホ決済   
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
  • ANA銀聯(ぎんれん)カード
ETCカード 年会費:500円(税抜:年1回利用すれば無料)
利用限度額 50〜200万円
おすすめ度 5.0
ANA VISAワイドゴールドカードのおすすめのポイント!
  • 飛行機搭乗ボーナスマイルが25%も貯まる♪
  • Vポイントが手数料無料で2倍(1ポイント=2マイル)で移行できる
  • ラウンジなど空港施設が手軽に使える!
  • 旅行傷害保険が自動付帯されている♪
  • 出張先でも安心!24時間いつでも健康相談ができる!

ANA VISAワイドゴールドカードは、航空会社の「ANA」と世界で使えるクレジットカードの「VISA」の提携カードなので出張や旅行に強いカードです!

その中でもANAのマイルを賢く貯めるなら「ANA VISAワイドゴールドカード一択」と言っても過言ではありません。

とにかくマイルを貯めるためのサービスが充実しています。

ANA VISAワイドゴールドカードキャンペーン情報
新規入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドゴールドカードの公式サイトを見る!

目次

ANA VISAワイドゴールドカードをおすすめできる人&できない人

ANA VISAワイドゴールドカードをおすすめできる人
  • マイルを効率よく貯めたい人
  • 自動付帯で海外&国内旅行傷害保険の額を大きく増やしたい人
  • もしもの時の健康相談サービスが欲しい人
  • ANAグループの飛行機で快適に過ごしたい人
  • 空港を便利に使いたい人
  • ANAのホテルなどを安く利用したい人
  • ANAグループのショップを安く利用したい人
ANA VISAワイドゴールドカードをおすすめできない人
  • ANAグループの飛行機にあまり乗らない人
  • 空港にあまり行かない人
  • カードであまり買い物をしない人

ANAのマイルを貯めて航空券をお得に購入したり、ANAに乗る時にアップグレードしたり、空港でラウンジが利用できる空港や飛行機が快適になるカードです。

また、国内外の旅行傷害保険が自動で付帯しているので、旅行傷害保険に加入する必要なくなります。これなら、とても手軽に出張や旅行に行くことができますね。

では、具体的に「どのようなメリットがあるのか」また、「デメリットはないのか」次の項目で見ていきましょう!

ANA VISAワイドゴールドカードキャンペーン情報
新規入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドゴールドカードの公式サイトを見る!

ANA VISAワイドゴールドカードの驚きの7つのメリットは!

ANA VISAワイドゴールドカードの7つのメリット
  1. 年会費が割引になる!
  2. 入会・継続するだけで2,000マイルが自動的にプレゼントされる!
  3. 飛行機の搭乗ボーナスマイルが25%も貯まる♪
  4. Vポイントからマイル移行が手数料無料で2倍になる♪
  5. 空港施設や旅を便利に利用できて快適♪
  6. 旅行傷害保険が自動付帯されている♪
  7. ドクターコール24が使える!

ANA VISAワイドゴールドカードにはたくさんのメリットがあります。特に注目して欲しいのが「マイルを貯めるため」のサービスです。

もちろん、旅を快適にするためのサービスや、旅の途中に起こったもしもの時にも備えられるサービスなどもありますよ!

それでは、詳しくANA VISAワイドゴールドカードのメリットを見てみましょう。

年会費が割引になる!

年会費
通常年会費 14,000円(税抜)
WEB明細利用 13,000円(税抜)
マイ・ペイすリボ利用 10,500円(税抜)

ANA VISAワイドゴールドカードの年会費は14,000円(税抜)ですが、割引になる手立てがあります。

毎月のカードの利用明細を「紙の郵送」ではなく「WEB明細」にすることで年会費が14,000円→13,000円(税抜)に割引されます。

また、マイ・ペイすリボの利用で、10,500円(税抜)まで割引されます。

入会・継続するだけで2,000マイルが自動的にプレゼントされる!

タイミング プレゼントマイル
入会時 2,000マイル
継続時 2,000マイル

ANA VISAワイドゴールドカードは入会・継続で、 自動的に2,000マイルがプレゼントされます。

ANAマイルは、特典航空券に利用すると1マイル3円以上となりますので、毎年6,000円相当のマイルがプレゼントされることになります。

クレカちゃん
継続のマイルは、年会費が引き落とされた翌月にプレゼントされるのよ!

飛行機の搭乗ボーナスマイルが25%も貯まる♪

ANA VISAワイドゴールドカードは、飛行機の搭乗でボーナスマイルが25%も貯まるんです。

ANAマイレージの積算率は飛行機の「搭乗距離」「購入したチケットの種類」「搭乗した座席のクラス」などで変わります。

上の表は、マイレージ積算率が100%の座席を利用して、成田からパリまで搭乗した際の「ワイドゴールドカード」と「一般カード」のマイレージです。

どちらのカードも、乗った距離は「6,194マイル」となっていますが、ボーナスマイルが異なるのは一般とワイドゴールドでは「搭乗ボーナスマイルの付与率」が異なるからです。

ヨーロッパ片道で付与される搭乗ボーナスマイルの例
  • ワイドゴールドカード:6,194マイル × 25% = 1,548マイル
  • 一般カード:6,194マイル × 10% = 619マイル

つまり、ワイドゴールドカードを持つだけで、ヨーロッパの片道のマイルが、1,548 – 619 = 929。往復なら一般とワイドゴールドでは「1,858マイル」もの差がついてしまうんです!

そのため、ワイドゴールドカードなら、とても早くマイルが貯まっていく実感が得られます。

【参考】座席のクラスによるマイルの積算率を見る
クラス 座席のクラス 区間基本マイレージに対する積算率
ファースト F・A 150%
ビジネス J 150%
C・D・Z 125%
P 70%
プレミアムエコノミー G・E 100%
N 70%
エコノミー Y・B・M 100%
U・H・Q 70%
V・W・S・T 50%
L・K 30%

Vポイントからマイル移行が手数料無料で2倍になる

ANA VISA ワイドゴールドカード ANA VISA ワイドカード
カードイメージ
【参考】カード年会費 14,000円(税別) 7,250円(税別)
Vポイント還元率 1.0% 0.5%
月間獲得Vポイント
(月10万円使用した場合)
500ポイント 250ポイント
年間獲得Vポイント
(月10万円使用した場合)
6,000ポイント 3,000ポイント
上記で獲得したポイントをマイル移行した場合
マイル移行 2倍コース
(1ポイント=2マイル)
2倍コース
(1ポイント=2マイル)
通常コース
(1ポイント=1マイル)
年間マイル移行手数料 手数料:無料 手数料:6,000円(税抜) 手数料:無料
年間獲得マイル 24,000マイル 12,000マイル 6,000マイル
ゴールドがお得!
1マイル=3円換算
(ゴールドとの差額)
72,000円
(基準値)
36,000円
(-36,000円)
18,000円
(-54,000円)

「Vポイント」からの「ANAマイル」移行も利用するなら、マイルをためるのにはダントツで「ANA VISAワイドゴールドカード」がおすすめです。

上記の表は、毎月50,000円のカード使用した場合の「ANA VISA ワイドゴールドカード」と「ANA VISA ワイドカード」のマイル移行をした際のシミュレーションです。

1年間で貯まるVポイントをマイルに置き換えて、1マイル=3円で換算すると上の表のようになります。

クレカちゃん
つまり、マイルを賢く貯めるならワイドカードよりもゴールドがお得なのね!

※「Vポイント」から「ANAマイル」への移行は、2020年6月1日から運用が新しくなり上の表のようになっています。

※マイルの金額換算「3円」は航空券購入時の料金から計算して求めていますが、閑散期や繁忙期、飛行距離によって換算レートは変わります。

空港施設や旅を便利に利用できて快適♪

サービス 一般 ゴールド プラチナ
SKIPサービス
ビジネス専用チェックインカウンター
空港ラウンジ
プライオリティパス
ドクターコール24

ANA VISAワイドゴールドカードを持っていると空港施設や旅を快適にするサービスがたくさん利用できるようになります。

空港チェックインが簡単になるだけでなく飛行機を待つ時間もラウンジで快適になり、旅先での体調不良にも対応できるのは魅力的ですよね。

旅行傷害保険が自動付帯されている♪

国内 海外
補償内容
  • 傷害による死亡:5,000万円
  • 傷害による後遺症:5,000万円
  • 傷害入院日額(最高180日):1万円
  • 手術/1回:入院中の手術:10万円
  • 手術/1回:入院中以外の手術:5万円
  • 傷害通院日額(最高90日):2,000円
  • 傷害による死亡:5,000万円
  • 傷害による後遺症:5,000万円
  • 傷害・疾病治療費用:150万円
  • 賠償責任:2,000万円
  • 携行品損害:50万円
  • 救護者費用(年間限度額):100万円

ANA VISAワイドゴールドカードには旅行傷害保険が自動付帯されています。

補償上限5,000万円だけでなく、300万円のショッピング保険も自動付帯されているんです。

そのため、旅行代理店で購入したツアーなどで旅行に出かける場合や出張の時でも、旅行の都度、旅行傷害保険に入る必要はありません!

ドクターコール24が使える!

ANA VISAワイドゴールドカードには「ドクターコール24」が付帯しています。

ドクターコール24というのは、無料で24時間365日、医師に電話で相談ができるサービスです。

他のカードだとプラチナカードでも、なかなか付帯されないワンランク上のサービスになります。個別の相談料は無料で回数制限もありません。

クレカちゃん
出張先での体調不良の時には嬉しいサービスね!

ANA VISAワイドゴールドカードの3つのデメリットは!

ANA VISAワイドゴールドカードにはデメリットはないのでしょうか?こちらではANA VISAワイドゴールドカードのデメリットと思われる点を紹介したいと思います。

ANA VISAワイドゴールドカードはデメリットがほとんどないカードですが、無理やり捻り出してなんとか2つ見つけ出しましたので順番に見てみましょう。

初年度から年会費がかかる

ANA VISAワイドゴールドカードには年会費の初年度無料のサービスはありません。

最近では年会費無料のクレジットカードもありますが、ANA VISAワイドゴールドカードは2年目から14,000円(13,000円:WEB明細利用の場合)の年会費がかかるんです。

なお、「WEB明細利用」+「マイ・ペイすリボ申し込み」+「マイ・ペイすリボ年1回以上リボ払い手数料発生」で、年会費は9,500円まで割引になります。

ゴールドカードなので年会費は少し高額にも感じますが、ポイントやマイルの還元率や手数料、そして割引を考慮するととてもお得感があります。

クレカちゃん
利用の仕方によっては年会費を抑えることもできるのね。

24時間日本語サポートサービスはない

ドクターサポート24 24時間日本語サポート 年会費
ANA VISAワイドゴールドカード 14,000円(税抜)
ANA JCBワイドゴールドカード 14,000円(税抜)
ANA AMEXゴールドカード 31,000円(税抜)

ANA VISAワイドゴールドカードには、ドクターコール24という24時間体制の医療相談のサービスがつきます。

しかし、ANA AMEXゴールドカードのように、海外での24時間日本語サポートはつきません。

ANA AMEXゴールドカードの24時間日本語サポートには医療相談などのサービスはありませんので、年会費やサポート内容をよく吟味して、利用しやすいカードを選びましょう。

飛行機や空港を利用しないと特典を活かしきれない

ANA VISAワイドゴールドカードはメリットが飛行機や空港を利用する場合に限られます。でも、これは「ANAカード」ですから、とても当たり前だけど重要なことですよね。

飛行機では搭乗ボーナスマイルがもらえたり、空港ではANAやVISAと提携しているコンビニやオンラインショップなどで割引やポイントアップがあります。

空港では、「空港ラウンジの利用」や「ビジネスクラスチェックイン」「SKIPサービス」などが可能になます。

出張や旅行の多い場合には、空港の長い待ち時間も快適に過ごせるので移動の疲れが減ります。

ANA VISAワイドゴールドカードキャンペーン情報
新規入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドゴールドカードの公式サイトを見る!

ANAマイルの活用方法!賢い貯め方とおすすめの使い方を紹介

ANAカードを利用するということは、ANAのマイルをたくさん貯めたい人も多いと思います。

特に、ANA VISAワイドゴールドカードはマイルを一番賢く貯められるカードです。このカードを選ぶからにはカードを貯める方法を熟知しましょう。

また、マイルは特典航空券と引き換えるのがお得ですが、利用方法はそれだけではありません!航空券が必要ない時期でもしっかりとお得をゲットしましょう。

ANAマイルの賢い貯め方

おすすめ度 解説
ANAの飛行機に乗って貯める
5.0
ANAの飛行機に乗ると搭乗距離に合わせた「フライトマイル」とフライトマイル×25%の「搭乗ボーナスマイル」が貯まります。
日常の買い物は全てANA VISAワイドゴールドカードで支払う 4.0 200円買い物に1ポイントが貯まり、1ポイント=2マイルに移行できます。なお、これはANA VISA一般カードの2倍のレートなんですよ。
他のサービスで貯めたポイントをANAマイルに交換する
3.5
他のサービスで貯めたポイントをマイルに交換することが出来ます。
Edyを利用してマイルを貯める
3.0
ANA VISAワイドゴールドカードで「Edyを利用」すると200円ごとに1マイルが積算されます。
「Apple Pay」「Google Pay」「iD」を利用する
3.0
ANAカードマイルプラスのショップを利用するとVポイントにプラスして、100円または200円に1マイルがプレゼントされます。

ANA VISAワイドゴールドカードを持つのであれば、ANAマイルを賢く貯めたいものですよね。

実は、ANAマイルは飛行機に乗るだけでなく、たくさんの効率的な貯め方があります。

そこで、こちらではANAマイルの賢い貯め方をおすすめ順にご紹介していきます。

ANAの飛行機に乗って貯める  5.0

貯まるマイル 計算
フライトマイル 区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率
搭乗ボーナスマイル フライトマイル × 25%

ANA VISAワイドゴールドカードで一番マイルが貯まりやすいのが、飛行機に乗って搭乗マイルを貯めることです。

ANA VISAワイドゴールドカードを持っていると、ANAグループの飛行機に搭乗することで「フライトマイル」とフライトマイルの25%が「搭乗ボーナスマイル」として積算されます。

例:日本→ヨーロッパ片道で貯まるマイル
  • フライトマイル:6,214マイル
  • 搭乗ボーナスマイル:621マイル
  • 片道で付与されるマイル合計:6,835マイル

もちろん、国内線でもマイルが貯まるので、出張や旅行の多い方にはとてもマイルが貯めやすくなっています。

日常の買い物は全てANA VISAワイドゴールドカードで支払う  4.0

コース 移行レート 手数料
2倍コース 200円=1ポイント=2マイル 無料

ANA VISAワイドゴールドカードを使ってお買い物をすると、200円ごとに1ポイントの「Vポイント」が貯まります。

貯まった「Vポイント」は、1ポイントごとに2マイルに手数料無料で移行することができるんです。

1ヶ月50,000円利用で貯めた250ポイントからマイル移行した場合
  • 通常コース:250マイル/月⇨3,000マイル/年
  • 2倍コース:500マイル/月⇨6,000マイル/年

他のサービスで貯めたポイントをANAマイルに交換する  3.0

ポイント例 交換レート例
Tポイント、TOKYU POINT、nanacoポイント、楽天ポイント、よんでんポイント、大和証券ポイント、りそな銀行・埼玉りそな銀行・関西みらい銀行ポイント、出光カード(プラスポイント)ポイント、JQ SUGOCA ANA(JRキューポ)ポイント、セブンカードポイント 2ポイント=1マイル
Gポイント、ホテリスタアップルポイント、Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)ポイント、JRタワースクエアカード ANA Kitacaポイント 3ポイント=1マイル
Sポイント、ヤマダ電機、セシールオンラインショップ、ビームポイント、gooポイント、CLUB Panasonicコイン、ちょびポイント、マネックスポイント、エムアイポイント、TOYOTA TS CUBIC CARDポイント 4ポイント=1マイル
スギ薬局、マツモトキヨシ、株式会社ライトアップショッピングクラブ、IHGリワーズクラブポイント、NTTグループカードポイント 5ポイント=1マイル
関西電力「はぴeポイントクラブ」、フォートラベルポイント、OKB大垣共立銀行サンクスポイント 20ポイント=1マイル
ソネットポイント、PiTaPaショップdeポイント 25ポイント=1マイル
ポイントタウン 70ポイント=1マイル

他のサービスで貯めたポイントを、ANAマイルに移行することができます。ただし、移行単位はポイントによって異なります。

ポイントやマイルは集中させることで、メリットを実感しやすくなります。ご利用のポイントがマイルに移行できるようならマイルに集中させるとお得ですよ。

Edyを利用してマイルを貯める  3.0

タイミング 積算マイル
Edyを利用 1回のお支払い200円につき = 1マイル
(税込/200円未満切り捨て)

クレジットカードが利用できない場合でも、「Edy」なら利用できるお店もあります。そんな時は現金ではなく「Edy」を使いましょう。

ANA VISAワイドゴールドカードから「Edy」にチャージし利用するとマイルが貯まります。

電子マネーであまり大きな金額の支払いをすることは少ないと思いますが、「利用」するだけでマイルが貯まるなんてお得ですね。

ANAカードマイルプラスのショップを利用する  3.0

レート
ANAカードマイルプラスのショップで「Apple Pay」「Google Pay」「iD」を利用する 100〜200円=2マイル(付与マイル1+ポイント移行マイル)

ANA VISAワイドゴールドカードから「Apple Pay」「Google Pay」「iD」にチャージして利用しても、マイルが積算されます。

利用できる店舗は少ないのですが、対象ショップが近くにあってよく利用する場合には、たくさんマイルが貯められそうですね。

ANAマイルのおすすめの使い方

おすすめ度 解説
イチオシ!
特典航空券と交換する

5.0
ANAの航空券や座席のアップグレードにも利用できます。1マイル=3円ほどですが、お得に使えば1マイル18円ほどで利用できる場合もあります。
ANAご利用券に交換する
2.5
10,000ポイントを10,000円分の利用券(5,000円券×2枚)に交換することができます。利用券はANAの関連のショップで利用できます。
A-styleでショッピングする
2.5
ANAのショッピングサイト「A-style」では、移行なしにそのまま支払いにマイルが利用できます。1マイル=1円で利用でき、ANAカードの支払いなら5%の割引対象になります。
現金化する
1.5
マイルは「Tポイント」を経由してYahoo!JAPANを利用してジャパンネット銀行に「口座振り込み」で現金化することができます。1マイル=0.85円程度とちょっと減ってしまいますが現金化が可能です。
提携ポイントや電子マネーへの交換
1.0
提携ポイントや電子マネーに移行することができます。ほとんどの場合は10,000ポイント単位になりますが、1マイル=1円程度で移行することができます。

ANAマイルの使い方はいくつかありますが、できることならお得に使いたいものですよね。

こちらでは、ANAマイルのお得なおすすめの使い方をご紹介します。

特典航空券と交換する  5.0

イチオシ! 参考レート
ANA国内線 1マイル = 2〜3.5円
ANA国際線 1マイル = 2〜18円

ANAマイルが圧倒的にお得に利用できるのが「特典航空券」と交換する方法です。1マイル2〜18円程度となります。

「特典航空券」というのは、現金を支払わずにマイルと交換する航空券で、「ANA国内線」「ANA国際線」「提携航空会社」の3種類の特典航空券です。

特典航空券に必要なマイル数は、「搭乗日のシーズン」「搭乗区間のマイル数」で決まるのでマイルがいくらに換算されるのかは一定ではありません。

でも、安くても2円で高ければ18円になることもあります。通常のマイル換算額は1円以下になるので圧倒的にお得な利用方法です。

クレカちゃん
マイルは特典航空券と交換するのが一番おとくなのね♪

ANAご利用券に交換する  2.5

参考レート
ANAご利用券に交換 1マイル = 1円

ANAマイルは「ANAご利用券」に交換することもできます。この時は、1マイル1円となります。

利用券への交換単位は10,000マイルで、交換されるのは利用券5,000円券×2枚です。

利用券の有効期限は12ヶ月なのでマイルの期限が切れそうな時に、利用券に交換すれば12ヶ月利用期間が延ばせてお得です。

A-styleでショッピングする  2.5

参考レート
A-styleでショッピング 1マイル = 1円

ANAのショッピングサイト「A-style」でショッピングをすると1マイル1円で利用できます。

利用したいマイルを1マイルから指定できるので、欲しいものがあった時にマイルで現金を補って購入することもできるんです。

また、マイル消費のためにマイル数にあった商品を購入(交換)することもできます。「A-style」にANAカードを登録しておくと、全商品が5%割引でお買い物ができるのもお得です。

現金化する  1.5

参考レート
現金化する 1マイル = 0.85円

こちらは、手続きが少し面倒な上に1マイルが0.85円になってしまいますが、Yahoo!JAPAN経由でジャパンネット銀行に現金として入金することができます。

Tポイントからジャパンネット銀行口座へ現金移行する前に、以下のことを済ませておいてください。

  1. TポイントとYahoo!IDを紐付ける
  2. ジャパンネット銀行を開設する
  3. ジャパンネット銀行口座をYahoo!ウォレット受取口座情報に登録する
  4. ポイント通帳にYahoo!IDでログインし申請する

1,000ポイント以上、100ポイント単位、100ポイント=85円のレートで現金として、申し込みから7日間ほどで口座に入金されます。

クレカちゃん
どうしても、特典航空券に交換ができない時には、現金化もいいかも。

提携ポイントや電子マネーへの交換  1.0

参考レート
提携ポイントや電子マネーへの交換 1マイル = 0.5〜1円

提携ポイントや電子マネーに交換することもできます。基本は1マイル=0.5〜1円程度となります。

ポイントに交換しても現金に近い使い方ができるものがありますし、電子マネーにも交換ができるんです。

交換の単位が10,000マイル単位なので、交換のハードルは少し高くなっちゃいますね。

ANA VISAワイドゴールドカードキャンペーン情報
新規入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドゴールドカードの公式サイトを見る!

ANA VISAワイドゴールドカードを使っている人の良い&悪い口コミ評判!

実際に、ANA VISAワイドゴールドカードを使っている人は、使い心地にどのような印象をもっているのでしょうか?実際の口コミを見てみましょう。

ANA VISAワイドゴールドカードを使っている人の悪い口コミ評判!

スタート時の特典は他のカードに比べると見栄えしない

ちょうど飛行機旅行にハマり始めたときに作ったカードです。このカードは使えば使うほど得というカードだと思うので、スタート時の特典は他のカードに比べると見栄えしません。

でもANAカードってステイタス感が強いし、持ってて一流な雰囲気があります。それで一枚くらいと思ったのも、作った理由です。やっぱりANAに乗るときは、いい待遇を受けられます。

いっぱい飛行機に乗ったり数十万円以上の大きな買い物をすれば、ドーンとポイントがかえってきます。

サービスセンターの対応がイマイチだった

サービスセンターに問い合わせをした時に対応が曖昧だったのが気になります。サービスセンターの対応はいまいちでした。

ポイントに魅力を感じている方でANAマイルがつく場所専用でカードを利用したい方にはよいカードではないでしょうか。

ANA VISAワイドゴールドカードを使っている人の良い口コミ評判!

コストパフォーマンスは非常に高い

年会費は税別14,000円と決して安くありませんが、無条件で、つまり持っているだけで海外旅行傷害保険がついているのが魅力です。

それに加え、マイルへの換算率が高く移行手数料も無料なのでマイルが貯まりやすく、コストパフォーマンスは非常に良いと思います。

でも駅の切符販売機や街中の小さなお店など、意外なところで使えました。

現在クレジットカードの断捨離中なのですが、海外旅行の保険入る必要がないというこの1点だけでも持っている価値があると思います。

家族全員が会員になりマイルを貯めています

ゴールドカードだと通常のカードよりもマイルを貯めやすいです。

年間にカードで支払う金額にも寄りますが、頻繁にANAを使う我が家では、年会費を差し引いてもお得と判断したので、ゴールドカードを申し込みました。

家族カードは年会費が安いので、家族全員が会員になり、マイルを貯めています。

ANAでは家族のマイルも合算出来るので、全員で同じカードを使うとかなりのマイルが貯まります。

旅行傷害保険の金額も十分ですし、ビジネスクラスに搭乗しなくても空港のラウンジを使えるので、旅行前にはちょっと贅沢な気分を味わっています。

出張や旅行が多い人にはとても嬉しい

最初は正直年会費がちょっと高めかなと感じてしまいましたが、ANAのマイルが貯まりやすいカードなので空港での出張や旅行が多い人にはとても嬉しいと感じました。

空港を利用する場合に専用カウンターが使用できたり、免税店などで割引制度が活用できるのは単にカードの利用目的に加えてサポートも充実していて、ありがたいポイントでした。

Edyやスマホ決済サービスなどにも対応していて、普段ネットショッピングを利用していることも多いので使い勝手がいいカードだなと思います。

ワンランク上の雰囲気を味わいたい人にはおすすめ

もともとこのカードの一般クラスを長年使ってました。でも仕事で海外へ出かけることが多いから、ゴールドに切り替えたんです。

旅行傷害保険が最高5千万円も付くから安心なので。実際に使ってみたら、ラウンジにも入れるし、何だか得した気分。

出発前に落ち着いた場所で過ごせるのはいい。

それに全国にあるスポーツクラブやファミレスとかで、優待サービスが受けられるのは便利だし嬉しいです。ワンランク上の雰囲気を味わいたい人にはおすすめ。

お得にマイルをためることができる

飛行機に乗る機会が増えてマイルをためるのが楽しくなり、日常の買い物でもマイルがためることができるこのカードを選びました。

旅行が大好きなので、マイルでいろんなところに行けるのは嬉しい!

ゴールドカードだと年間費が高くかかりますが、その分お得にマイルをためることができるので不満はないです。普通カードよりも断然お得だと思います。

ANA VISAワイドゴールドカードを使っている人の口コミ評判まとめ

ANA VISAカードの悪い口コミまとめ
  • スタート時の特典が見劣りする
  • サービスセンターの対応が曖昧だった
ANA VISAワイドゴールドカードの良い口コミまとめ
  • コストパフォーマンスが良い
  • ワンランク上の雰囲気が味わえる
  • マイルが活用しやすい

ANA VISAワイドゴールドカードには、カードの使い勝手の悪い口コミはほとんどありませんでした。

特に、「ワンランク上のサービスが味わえる」と考える人も多く、やはりマイルがよく貯まることから「コストパフォーマンスが良い」カードと言えるようです。

ANA VISAワイドゴールドカードキャンペーン情報
新規入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドゴールドカードの公式サイトを見る!

【グレード別】ANA VISAワイドゴールドカードとは別に3種類のカードも比較!

← 横にスクロールできます →
グレード 年会費 入会継続プレゼントマイル 搭乗ボーナスマイル ANA航空券の購入で得られるマイル ポイント還元率 ポイントからマイルへの移行レート 自動付帯保険
ANA VISAワイドゴールドカード
14,000円(税抜)
13,000円(税抜:WEB明細利用の場合)
2,000マイル 25% 100円=最大3マイル 1.0~2.0% 1ポイント=2マイル(2倍コース:移行手数料不要)

  • 海外旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:300万円(自動付帯)
ANA VISAカード一般
初年度無料
2,000円(税抜)
1,500円(税抜:WEB明細利用の場合)
1,000マイル 10% 100円=最大2.5マイル 0.5~2.0%

  • 200円=1ポイント=1マイル(通常コース:移行手数料不要)
  • 200円=1ポイント=2マイル(2倍コース:移行手数料 税抜6,000円/年

  • 海外旅行傷害保険:1,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:1,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:100万円(自動付帯)
ANA VISAワイドカード
7,250円(税抜)
6,750円(税抜:WEB明細利用の場合)
2,000マイル 25% 100円=1.5マイル 0.5~2.0%

  • 200円=1ポイント=1マイル(通常コース:移行手数料不要)
  • 200円=1ポイント=2マイル(2倍コース:移行手数料 税抜6,000円/年

  • 海外旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:100万円(自動付帯)
ANA VISAプラチナプレミアムカード
80,000円(税抜) 10,000マイル 50% 100円=最大4.5マイル 1.5~3.0% 200円=1ポイント=3マイル(3倍コース:移行手数料不要)

  • 海外旅行傷害保険:10,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:10,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:500万円(自動付帯)

続いて別のグレードのカードの基本情報を順番にご紹介します。

ANA VISAカード一般の基本情報

項目 内容
基本還元率 0.5~2.0%
貯まるポイント Vポイント
還元率がアップする条件
  • ポイントUPモールの利用:楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングがポイント2倍(ショップによっては最大20倍)
  • ココイコ!の利用:1,000円につき1ポイント付与
ポイントの有効期限 獲得から2年間
ポイントからマイルへの移行レート
  • 200円=1ポイント=1マイル(通常コース:移行手数料不要)
  • 200円=1ポイント=2マイル(2倍コース:移行手数料 税抜6,000円/年
搭乗ボーナスマイル 10%
年会費 初年度無料
2,000円(税抜)
1,500円(税抜:WEB明細利用の場合)
ポイントのカウント方法 本会員およびご家族会員のご利用金額を合計の上、所定のポイント還元率で計算し本会員にポイントを付与
申し込み資格 満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)
国際ブランド
特典サービス
  • 初年度年会費無料
  • SKIPサービス
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行傷害保険の自動付帯
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:1,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:1,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:100万円(自動付帯)
電子マネー  
スマホ決済   
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
  • ANA銀聯(ぎんれん)カード
ETCカード 年会費:500円(税抜:年1回利用すれば無料)
利用限度額 20~80万円
おすすめ度 3.5

ANA VISAカード一般の特徴

ANA VISAカード一般は、ANA VISAカードの基本のカードです。

空港では「SKIPサービス」が利用でき、国内外の旅行傷害保険も自動付帯しています。

ANA VISAカード一般のメリット・デメリット

ANA VISAカード一般のメリット
  • 搭乗ボーナスマイルがもらえる
  • Vポイントをマイルに移行できる
  • SKIPサービスで搭乗の手続きが手軽になる
  • ANAの提携ショップやホテル・レンタカーなどの割引がある
  • 旅行傷害保険が自動付帯されている
ANA VISAカード一般のデメリット
  • 他のカードよりも搭乗ボーナスマイルの付与率が低い
  • Vポイントからマイルへの移行に手数料が必要
  • 飛行機や空港を利用しないと特典を活かしきれない

ANA VISAカード一般は、ANA VISAカードの基本となるカードです。年会費は2,000円と手頃なのに、搭乗ボーナスマイルは25%貯まって、旅行傷害保険も自動付帯します。

空港のANAショップでのお買い物の割引もあるので、手頃に旅を愉しむことができますよ。

ANA VISAカード一般のはこんな人におすすめ

ANA VISカード一般はこんな人におすすめ
  • マイルを貯めたい人
  • 出張や旅行の多い人
  • 出張や旅行の度に保険申し込みするのが不便と感じている人
  • 年会費をそれほどかけたくない人

ANA VISカード一般は、ANAカードのお得感をほどよく感じられます。

旅行の時には空港や飛行機が気軽にお得に使えるようになります。VISAカードは世界中で使いやすいので、海外旅行にもおすすめです。

ANA VISAワイドカードの基本情報

項目 内容
基本還元率 0.5%~2.0%
貯まるポイント Vポイント
還元率がアップする条件
  • ポイントUPモールの利用:楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングがポイント2倍(ショップによっては最大20倍)
  • ココイコ!の利用:1,000円につき1ポイント付与
ポイントの有効期限 獲得から2年間
ポイントからマイルへの移行レート
  • 200円=1ポイント=1マイル(通常コース:移行手数料不要)
  • 200円=1ポイント=2マイル(2倍コース:移行手数料 税抜6,000円/年

ANAワイドゴールドカードにすると手数料なしで、常に2倍コースが適応される。

搭乗ボーナスマイル 25%
年会費 7,250円(税抜)
6,750円(税抜:WEB明細利用の場合)
ポイントのカウント方法 本会員およびご家族会員のご利用金額を合計の上、所定のポイント還元率で計算し本会員にポイントを付与
申し込み資格 満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)
国際ブランド
特典サービス
  • SKIPサービス
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行傷害保険の自動付帯
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:5,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:100万円(自動付帯)
電子マネー  
スマホ決済   
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
  • ANA銀聯(ぎんれん)カード
ETCカード 年会費:500円(税抜:年1回利用すれば無料)
利用限度額 20~80万円
おすすめ度 2.5

ANA VISAワイドカードの特徴

ANA VISAワイドカードは、マイルが貯まりやすい「一般カード」です。

ただし、Vポイントからマイルへの移行を利用する場合には「ANA VISAワイドゴールドカード」の方がおすすめです。

ANA VISAワイドカードのデメリット
  • 一般カードよりも年会費が高い
  • お買い物ポイントからマイルへの移行に手数料が必要
  • 飛行機や空港を利用しないと特典を活かしきれない
ANA VISAワイドカードのメリット
  • 搭乗ボーナスマイルの還元率が高い
  • 空港施設がお得に使える!
  • 旅行傷害保険が自動付帯されている♪
ANA VISAワイドカードはこんな人におすすめ
  • マイルを効率的に貯めたい人
  • 出張や旅行の多い人
  • 出張や旅行の度に保険申し込みが大変な人

ANA VISAプラチナプレミアムカードの基本情報

項目 内容
基本還元率 1.5~3.0%
貯まるポイント Vポイント
還元率がアップする条件
  • ポイントUPモールの利用:楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングがポイント2倍(ショップによっては最大20倍)
  • ココイコ!の利用:ポイント3倍・キャッシュバック1%
ポイントの有効期限 獲得から4年間
ポイントからマイルへの移行レート 200円=1ポイント=6マイル(3倍コース:手数料不要)
搭乗ボーナスマイル 50%
年会費 80,000円(税抜)
ポイントのカウント方法 本会員およびご家族会員のご利用金額を合計の上、所定のポイント還元率で計算し本会員にポイントを付与
申し込み資格 満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
国際ブランド
特典サービス
  • プライオリティパス
  • ドクターコール24
  • 空港ラウンジの利用
  • SKIPサービス
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行傷害保険の自動付帯
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:10,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:10,000万円(自動付帯)
  • ショッピング:500万円(自動付帯)
電子マネー  
スマホ決済   
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
  • ANA銀聯(ぎんれん)カード
ETCカード 年会費:500円(税抜:年1回利用すれば無料)
利用限度額 300万円~
おすすめ度 4.0

ANA VISAプラチナプレミアムカードの特徴

「ANA VISAプラチナプレミアムカード」は、最高峰のカードです。搭乗ボーナスポイントは50%も付与され、ポイントのマイル移行も「1ポイント=15マイル」となります。

空港では航空会社のラウンジを使用でき、プライオリティ・パスも付与されるので海外の空港でもラウンジ使用など高待遇が受けられます。

ANA VISAプラチナプレミアムカードのメリット・デメリット

ANA VISAプラチナプレミアムカードのメリット
  • 空港でプライオリティパスが使える
  • 空港のANAラウンジが無料で使える
  • ドクターコール24のサービスが受けられる
  • 搭乗ボーナスマイルが50%も貯まる
  • Vポイントからマイルへの移行が手数料無料で6倍になる
  • ビジネスクラス専用のチェックインカウンターが利用できる
  • ANAの提携ショップやホテル・レンタカーなどの割引がある
  • 5,000万円の旅行傷害保険が自動付帯されている
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンクのサービスがある
ANA VISAプラチナプレミアムカードのデメリット
  • 年会費が80,000円と少し高い
  • Vポイント還元で年会費をカバーすることは困難
  • 飛行機や空港をよく使う人でないと年会費分のサービスが使いきれない

ANA VISAプラチナプレミアムカードはこんな人におすすめ

ANA VISAプラチナプレミアムカードはこんな人におすすめ
  • 効率的にマイルを貯めたい人
  • 出張や旅行が多く空港で快適に過ごしたい人
  • プラチナカードのステータスを感じたい人

ANA VISAプラチナプレミアムカードは、年会費もそれなりの費用がかかりますので、出張が多いなど、特に旅を快適にしたい方におすすめです。

\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドゴールドカードの公式サイトを見る!

ANA VISAワイドゴールドカードの審査に落ちる人ってどんな人?審査基準はこれ!

ANA VISAワイドゴールドカードの審査基準は公表されていないのですが、審査に落ちる原因として考えられるものをご紹介します。

「ゴールドカード」なので審査基準は一般カードよりも厳しくはなりますが、まずは以下のようなことがないように注意しておきましょう。

6か月以内に3枚以上のクレジットカードを申し込んでいる

6か月以内に3枚以上のクレジットカードを申し込んでいる場合には、クレジットカードの審査に落ちることがあります。

信用調査会社にカードの申し込み履歴は6ヶ月間残ります。は6ヶ月間に複数枚申し込むのはやめましょう!

カードローンやリボ払いなどですでに多くの借入れがある

カードローンやリボ払いなどですでに多くの借入れがある場合には、新しいカードを持つのがリスクと判断され審査に落ちる場合があります。

クレカちゃん
だから、借入金が多いと新しいカードの審査に通らないことがあるのね。

カード支払いやローンで5年以内に3か月以上延滞したことがある

カード支払いやローンで5年以内に3か月以上延滞したことがある場合。

カードの延滞履歴は3か月以上延滞したものが5年残るので、その履歴が残っていると落ちる可能性が高くなります。

無職または十分な収入がない

学生や主婦ではない「無職」または「十分な収入がない」場合には、支払い能力がないと判断されて審査に落ちることがあります。

このような場合には、ご家族のANA VISAワイドゴールドカードの「家族カード」を追加してもらいましょう。

クレカちゃん
「家族カード」なら作れるのね♪

債務整理や任意整理から5年経過していない

債務整理や任意整理をすると5年間は信用調査会社に情報が残ります。

返済が残っていたり完済から5年を経過していない場合には、クレジットカードは作れません。

ANA VISAワイドゴールドカードの入手までの3つの流れ

ANA VISAワイドゴールドカードの申し込みは、ネットでできるので、とても簡単ですよ。しかもスムーズにできれば1週間ほどでカードが届きます。

それでは、入手までの手順を順番に見ていきましょう。

オンラインで申込みを行います

ANA VISAワイドゴールドカードはオンラインで手軽に申し込むことができます。申し込む方法を簡単に順を追って見ていきましょう。

こちらのサイトから申し込みページに移動して、お手続きください。

\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドゴールドカードの公式サイトへ移動する

入力画面にこちらのような情報が表示されますので、順番に入力していきましょう。

  1. ご本人ついての入力
  2. 職業(学校)についての入力
  3. その他事項についての入力
  4. 希望のカードなどについての入力
  5. 入力内容の確認
  6. 申し込み番号の案内

申し込みは上記の6つのステップになっています。

引き落とし口座を設定します

カードの引き落とし口座の設定は、オンライン申し込みの流れできる場合もあります。

しかし、金融機関によりインターネットで申し込みができない場合があり、その場合には郵便で必要書類が届きます。

審査が通ったらカードが発行前に本人確認の電話がある

審査に通ったら入会申込の2〜5営業日後を目安に、本人確認の電話が自宅か勤務先に入ります。

電話がくれば審査に通ったということですので、あとはカードが届くのを待ちましょう。通常は1週間程度で書留でお手元に届きます。

カードが届いた時に不在だと、期限内に再配達や郵便局に受け取りに行かないと、返送されてしまうので注意が必要です。

ANA VISAワイドゴールドカードの8つの基礎知識を紹介

ANA VISAワイドゴールドカードを上記8つに分けてまとめました。

知りたい項目に上の表からリンクしますので、知りたい項目があればタップして見てくださいね。

締め日・確定日・支払い日

項目 内容
締め日 毎月15日
確定 毎月25日
支払い日 翌月10日

実際の日付イメージとしては以下のようになります。

  • 1月16日〜2月15日利用分⇒2月25日請求確定⇒3月10日支払い
  • 7月16日〜8月15日利用分⇒8月25日請求確定⇒9月10日支払い

年会費の引き落とし時期

項目 内容
加入日が1〜15日の場合 加入月の翌月10日
加入日が16〜31日の場合 加入月の翌々月10日

年会費は年に一回引き落とされます。なお、加入月日は、Vpassの会員情報で調べることができます。

  • 4月16日加入⇒毎年6月10日支払い
  • 10月1日加入⇒毎年11月10日支払い

ボーナス払い

項目 内容 手数料
ボーナス
一括払い
夏:12月16日から6月15日の利用金額を、8月の支払い日に支払う。
冬:7月16日から11月15日の利用金額を、翌年1月の支払い日に支払う。
不要

買い物ごとに、夏または冬のボーナス月に一括支払いを選べます。

リボ払い・分割払い

項目 内容 手数料
リボ払い 利用件数や金額にかかわらず毎月一定額に分割して、毎月の支払い日に支払う。
分割払い 利用金額と手数料の合計をご指定の回数に分けて毎月の支払い日に支払う。

利用限度枠内でお買い物を分割で支払うことが可能です。リボ払いの手数料が発生する時にはVポイントが、全ての買い物の2倍貯まります。

増額

項目 内容
継続的増額 会員ページより申し込み後、1〜2週間で決定
一時的増額 会員ページより申し込み後、条件が合えば即時決定

毎日の買い物にカードを利用したい場合には「継続的増額」が申し込めます。

また、大きな買い物を予定している場合や、海外旅行で一時的に限度額が足りなくなる場合には「一時的増額」もあります。

ETCカード

項目 内容
年会費 500円(税抜)
※初年度無料
※前年度に1回以上ETCを利用すれば年会費無料
ご利用枠 クレジットカードの利用枠範囲内で利用可能

ETCカードは、入会金無料・初年度年会費無料で作成できます。なお、前年度に1回でも使用していれば翌年の年会費は無料となります。

口座変更

項目 内容
口座変更 会員ページより変更可能

カードの引落し口座の変更は、Vpassの会員ページから申請できます。

解約&退会方法

項目 内容
解約&退会方法 クレジットカード会社の会員サイトまたは電話にて申請「生年月日」「自宅電話番号」「暗証番号」が必要になります。

カードの解約と退会はVpassの会員ページか、電話でできます。

ANAカードも、VISAカードも両方退会になります。

引き続きANAマイルを貯めたい場合は、クレジットカード機能のないVISAカードを作っておいて引き継ぎましょう。

ANA VISAワイドゴールドカードの独自の知識5つを紹介

ANA VISAワイドゴールドカードについて、順番にもう少し見ていきましょう。

ポイントのマイル移行は手動と自動がある

名称 方式 特徴
自動式 自動方式 毎月15日前後に保有しているポイントが、当月末日頃に自動的にANAマイレージへ移行します。
手動式 応募方式 申し込みをしてから1週間ほどでポイントがマイルに移行されるので、自分のペースで移行ができる。

ANA VISAワイドゴールドカードの場合、ポイントの保有期限が3年・マイルの保有期限が3年となります。

それぞれをギリギリまで保有すると、最長で6年保有することができるんです。

そのため、長く保有したい場合には「応募方式」、こまめにマイルを移行したい場合には「自動方式」にすると便利です。

マイ・ペイすリボでポイント獲得率を上げる

ポイント名 移行レート 還元率
Vポイント 200円=1ポイント=2マイル 1.0%
通常ポイント(ボーナスポイント) 200円=1ポイント=0.6マイル 0.3%
合計 200円=1ポイント=2.6マイル 1.3%

「マイ・ペイすリボ」というのはVISAの「リボ払い」の名称で「Vポイント」と同額の「通常ポイント(ボーナスポイント)」が獲得できるんです。

「通常ポイント(ボーナスポイント)」は「200円=1ポイント=0.6マイル」でマイル移行ができ、マイル移行の還元率が0.3%アップします。

ボーナスポイント付与は、リボ払い手数料が発生する時のみです。リボ手数料分損をしないよう、100円のリボの支払残高を残すのがポイントです。

マイルからANA SKY コインへ移行してお得に買い物できる

項目 内容
移行手数料 無料
換算率 1.2〜1.7倍
単位 1マイル
移行方法 都度移行

ANA SKY コインは、ANAウェブサイトで航空券や旅行商品(国内ツアー・海外ツアー)のお支払いにご利用できる電子クーポンです。

10コインを10円分としてお買い物に使用することができます。

利用できるサービス各種一覧

項目 一般
ワイド
ゴールド
プラチナ
カードマイルプラス
カードラウンジ
国内線ANAラウンジ
ビジネスクラス専用チェックイン
プライオリティ・パス
SKIPサービス
提携ホテル宿泊割引
レンタカー割引
提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
ドクターコール24

ANA VISAカードはグレードに応じて空港施設など様々な利用権を持つことができます。

ANA VISAワイドゴールドカードは、「ビジネス専用チェックインカウンター」や「SKIPサービス」「ラウンジ」が使えるので、搭乗前の慌ただしさから開放されます♪

ANA VISAカード会員ご優待割引一覧

項目 一般
ワイド
ゴールド
プラチナ
機内販売 10%OFF 10%OFF 10%OFF 10%OFF
ANA FESTA 5%OFF 5%OFF 5%OFF 5%OFF
A-style 5%OFF 5%OFF 5%OFF 5%OFF
旅行商品 5%OFF 5%OFF 5%OFF 5%OFF
ビジネス公開講座 15%OFF 15%OFF 15%OFF 15%OFF
空港免税店 5%OFF 10%OFF 10%OFF 10%OFF
高島屋 SHIELLA&ANA 5%OFF 10%OFF 10%OFF 10%OFF

会員優待サービスでは、ANAの関連ショップなどで割引のサービスを受けることができます。

ANA VISAワイドゴールドカードキャンペーン情報
新規入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドゴールドカードの公式サイトを見る!

ANA VISAワイドゴールドカードに関するQ&A

ANA VISAワイドゴールドカードではANAラウンジは無料で利用できないのですか?

「ANA VISAワイドゴールドカード」ではANAラウンジは無料では利用できません。

ANA VISAカードでは「ANA VISAプラチナプレミアムカード」が無料利用の対象となります。

なお、「ANA VISAワイドゴールドカード」利用者は、空港内にあるカード会社のラウンジを利用することができますよ。

ANA VISAワイドゴールドカードとANA Masterワイドゴールドカードはどちらが良いですか?

ANAのマイルを貯めるためにカードを作るのなら、条件は同じです。

ただし、ショッピンで利用する場合にはMasterよりもVISAの方が加盟店が多いのでおすすめです。

ANA VISAワイドゴールドカードのキャンペーンとはどのようなものですか?

ANA VISAワイドゴールドカードのキャンペーンでは、たくさんのマイルのプレゼントがあります。

「入会」「継続」「カード利用」「ANAの飛行機への搭乗」などに対してマイルがをプレゼントしてもらえます。

ANA VISAカードの会社概要

項目 内容
サービス名 ANA VISAワイドゴールドカード
会社名 三井住友カード株式会社
本社住所 大阪府大阪市中央区今橋4-5-15
連絡先 0570-200-931 受付時間:9:00~17:00

ANA VISAワイドゴールドカードのまとめ

ANA VISAワイドゴールドカードのまとめ
  • ANAのマイルを貯めるならANA VISAワイドゴールドカードがおすすめ!
  • 空港でラウンジが使える
  • 出張や旅行の際には旅行傷害保険が自動付帯されているので保険に入らなくて良い
  • ANA VISAワイドゴールドカードを持つことで飛行機内や空港で買い物がお得になる
  • ゴールドカードなのに「ドクターコール24」が使える
  • 貯まったマイルで航空券が買えたりアップグレードできる

ANAのマイルを賢く貯めたいなら「ANA VISAワイドゴールドカード一択」と言っても過言ではありません。

搭乗マイルや、ポイントのマイル移行でも賢く手軽にマイルを貯められます

空港や、ANA系列のホテルがお得に利用だけるだけでなく、「ドクターコール24」などのプラチナ級のサービスも利用できるんです。

ANA VISAワイドゴールドカードキャンペーン情報
新規入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドゴールドカードの公式サイトを見る!

ANA VISAワイドゴールドカードの基本情報まとめ

項目 内容
国際ブランド
申し込み資格 満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
年会費 14,000円(税抜)
家族カード年会費 4,000円(税抜)
ETCカード
  • 初年度:無料
  • 2年目以降:年会費:500円(税抜)
  • 発行手数料:無料
  • 特典:年1回利用すれば無料
法人追加カード
  • 年会費:使用者1名 2,750円(税抜)/ 1名追加ごとに 400円(税抜)
  • 引落し口座:法人名義口座
  • 追加カード枚数:制限なし

ANA VISAワイドゴールドカードの利用枠・支払い

項目 内容
ショッピング利用限度枠 50〜200万円
キャッシング利用限度枠 0~50万円
キャッシング利率 18.0%
ショッピングリボ利率 15.0%
支払い方法 1回払い・2回払い・ボーナス一括払い・リボ払い・分割払い
締め日 毎月15日
支払日 翌月10日

ANA VISAワイドゴールドカードの電子マネー

項目 内容
電子マネー  
スマホ決済   

ANA VISAワイドゴールドカードのポイントプログラム

項目 内容
ポイントプログラム名 Vポイント
付与率 0.5~2.0%
有効期限 ポイント獲得から2年間
最低交換条件 1ポイント以上1ポイント単位
交換・還元方法 応募方式・自動移行
ポイントモール名 ポイントUPモール
提携ネットショップ ANAショッピング「A-style」

ANA VISAワイドゴールドカードのマイルプレゼント

項目 内容
入会時 2,000 マイル
継続時 2,000 マイル

ANA VISAワイドゴールドカードのマイレージ

項目 内容
貯まるマイレージポイント ANAマイル
交換還元率 1ポイント=2マイル
最低交換単位 1ポイント以上1ポイント単位
移行日数 3日〜1週間

ANA VISAワイドゴールドカードの付帯保険・補償

項目 内容
海外旅行傷害保険 5,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 5,000万円(自動付帯)
ショッピング保険 300万円(自動付帯)

ANA VISAワイドゴールドカードの引き落とし対応

項目 内容
電気 北海道電力・東北電力・東京電力・北陸電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力
ガス 北海道ガス・いちたかガスワン・東彩ガス・東京ガス・京葉ガス・大多喜ガス・東邦ガス・北陸ガス・大阪ガス・広島ガス・四国ガス・西部ガス・九州ガス・筑紫ガス
水道 東京都水道局・多摩地区都営水道・京都市上下水道局・尼崎市水道局・大阪市水道局・神戸市水道局
新聞 朝日新聞・産経新聞・毎日新聞・読売新聞・日本経済新聞社・東京新聞・西日本新聞
携帯電話・PHS NTTドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobile
固定電話 NTTコミュニケーションズ・NTT東日本・NTT西日本・KDDI・ソフトバンク
インターネットプロバイダー @nifty・AOL・OCN・hi-ho・BIGLOBE・Yahoo! BB
受信料 NHK・スカパー・WOWOW・J:COM
その他 国民年金

ANA VISAワイドゴールドカードの空港サービス

項目 内容
ビジネスクラスカウンターチェックイン 利用可
空港カードラウンジ 利用可
空港ラウンジ なし
プライオリティバス なし
ANA VISAワイドゴールドカードキャンペーン情報
新規入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中!♪
\入会・継続でマイルプレゼントキャンペーン実施中♪/

ANA VISAワイドゴールドカードの公式サイトを見る!

この記事のURLをコピーする