キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト

au WALLETは使える?Apple Pay対応のプリペイドカードを紹介!

take
この記事ではApple Pay対応のプリペイドカードを紹介します。Apple Payで手軽に決済をしたいけど、使いすぎてしまうのが怖い…。

そんな人は、この記事で紹介しているApple Pay対応のプリペイドカードを使ってみて下さいね!

どれがおすすめ?Apple Pay対応のプリペイドカードはau WALLETなど3種類!

名称 Suica iD QUICPay
au WALLET プリペイドカード
dカードプリペイド
ソフトバンクカード

Apple Payで使えるプリペイドカードは以上の3種類です。カードの種類によって、対応している電子マネーの種類は違うのでご注意下さい…!

プリペイドカードによって貯まるポイントに違いがあり、どれがおすすめかは一概には言えませんが、使用しているキャリアに合ったプリペイドカードを使ったほうがお得です。

auユーザーならau WALLET プリペイドカードを、ドコモユーザーならdカードプリペイドを、ソフトバンクユーザーならソフトバンクカードを選んでおくのが無難でしょう。

ただし、プリペイドカードでもSuicaは使えますが、iDとQUICPayについてはどちらか一方しか利用できないので、その点にはご注意下さい。

コンビニなどであれば、基本的にはiDでもQUICPayでも支払いは可能ですが、お店によってはどちらか一方しか使えない可能性もあります。

自分がよく利用するお店は、どの電子マネーに対応しているのかをしっかり確認した上で、Apple Payで使うプリペイドカードを選ぶようにしましょう。

クレカちゃん
どのプリペイドカードを使うのが良いのかな?
take
対応している電子マネーの種類、チャージ方法、使っている携帯キャリアなどから自分にあっているプリペイドカードを選んでね!

プリペイドカードでApple Payを利用する流れを3ステップで紹介します!

続いて、プリペイドカードを使ってApple Payを利用する流れを紹介します。以上の3ステップに沿って、プリペイドカードでApple Payを利用することが出来ます。

Apple Payの使い方に慣れていない人は、この章の内容をしっかり確認しておきましょう!

ステップ①:プリペイドカードをApple Payに登録する

まずはプリペイドカードをApple Payに登録しましょう。Walletアプリを開いて、プリペイドカードの追加を行うだけなので、難しいことは無いと思います。

前の章で紹介した『au WALLET プリペイドカード』『dカードプリペイド』『ソフトバンクカード』以外のプリペイドカードはWalletアプリに登録できないのでご注意下さい。

ステップ②:プリペイドカードにチャージする

カード名 チャージ方法
au WALLET プリペイドカード 現金(auショップ)、auかんたん決済、じぶん銀行、クレジットカード、WALLETポイント、au WALLET チャージカード
dカードプリペイド 現金(ローソン、セブン銀行ATM)、電話料金合算払い、dポイント、dカード、クレジットカード、インターネットバンキング
ソフトバンクカード 現金(郵便局、コンビニ、セブン銀行ATM)、Tポイント、銀行口座、アプリ

続いて、プリペイドカードにチャージをしましょう。カードによってチャージ方法はそれぞれ異なりますが、出来るだけお得な方法を選んだ方が良いでしょう。

アプリを使ったり、携帯料金との合算でチャージをする場合には、プリペイドカードと同じ会社の携帯キャリアと契約している必要があります。

どのキャリアとも契約していない場合には、『au WALLET プリペイドカード』または『dカードプリペイド』にクレジットカードからチャージをするのが一番お得だと思いますよ。

ステップ③:Apple Payを使って決済する

プリペイドカードにチャージをしたら、早速Apple Payを使って決済を行いましょう。

チャージ金額を使い切ってしまった場合にはApple Payでの決済が出来なくなるので、ついつい使いすぎてしまう心配はありません。

Apple Payの使い方については別の記事で解説しているので、そちらも参考にしてみて下さいね!

お得にApple Payを使いたいならプリペイドカードよりもクレジットカードを利用しよう!

プリペイドカード クレジットカード
1万円買い物をした場合のポイント還元 500円程度 1,000円程度
入会特典 特になし 最大7,000ポイントプレゼントなど(楽天カード)
審査 不要 必要
代表的なカード ・au WALLET プリペイドカード
・dカードプリペイド
・ソフトバンクカード
・楽天カード
・ビックカメラSuicaカード
・dカード

Apple Payをお得に使いたい場合には、プリペイドカードではなくクレジットカードを利用しましょう。

クレジットカードはプリペイドカードよりもポイントの還元率が高いので、Apple Payを使うことが多い人はクレジットカードを使ったほうが遥かにお得です!

また、プリペイドカードを利用するためには、残高がなくなるたびにチャージをする必要があります。

クレジットカードを使ったほうがスムーズにApple Payを利用できるので、上の表で紹介したような代表的なクレジットカードを作ってみてはいかがでしょうか?

Apple Payに対応しているクレジットカードは数え切れないほどありますが、EXICITEクレジットカード比較のイチオシはポイント還元率が高い楽天カードです。

楽天での買い物ならさらにお得にポイントが貯まりますし、貯まったポイントは楽天市場などで使えるので非常に便利!

楽天カードは年会費も不要なので、カードを作っておいて損をすることは無いはずですよ。

今ならキャンペーン中で7,000ポイントももらうことが出来るので、こちらから詳細を確認してみて下さいね!

Apple Pay対応のプリペイドカードについてまとめ

Apple Pay対応のプリペイドカードや、プリペイドカードとクレジットカードのメリット・デメリットを紹介しました。

使いすぎを避けたい人にはプリペイドカードがおすすめですが、お得にApple Payを使いたい場合にはクレジットカードを使ったほうが良いでしょう。

EXICITEクレジットカード比較の記事を参考に、Apple Payをお得に利用して下さいね!

この記事のURLをコピーする