キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト

ApplePayはPASMO(パスモ)に使えない!対応はいつ?定期券は利用可能?

take
この記事ではApplePayのPASMO利用について解説します。

ApplePayでPASMO(パスモ)を使いたい人は多いと思いますが、結論から言うと、2019年7月時点ではApplePayはPASMOに対応していません…。

ApplePayがいつPASMOに対応するのか、iPhoneでPASMOを使う方法があるのかなどをそれぞれお伝えしていきますので、ぜひ参考にしていって下さいね!

Apple PayはPASMO(パスモ)に対応していません…。

電子マネーの名称 Apple Payへの対応状況 使われている通信規格
PASMO(パスモ) FeliCa
Suica(スイカ) FeliCa
ICOCA(イコカ) FeliCa
Kitaca(キタカ) FeliCa
SUGOCA(スゴカ) FeliCa

まずは結論から言いますが、こちらの表を見れば分かる通り、Apple PayはPASMOに対応していません…。

PASMOだけでなく、ICOCA、Kitaca、SUGOCAなどもApple Payで使うことは出来ないのでご注意下さい。

2019年7月時点では、Apple Payに対応している交通系電子マネーはSuicaだけなのです。

これは、日本国内ではSuicaが圧倒的なシェアを誇っていることが原因であると考えられます。

単一のアプリケーション上にSuicaとPASMOを共存させることは技術的に難しいと言われており、PASMOや他の交通系電子マネーがApple Payで使えるようになるまでには、まだまだ時間がかかりそうです…。

現状Apple PayではSuica以外の交通系電子マネーは利用できませんが、この記事の後半ではiPhoneでPASMOを使う方法についてもお伝えしていきますね!

クレカちゃん
Apple PayでPASMOは使えないんだ…。
take
おサイフケータイの感覚でPASMOを使う方法について知りたい人はこちらをチェックしてみてね!>>スマホでPASMOを使う方法

Apple PayのPASMO対応はいつ?定期券も利用できるモバイルPASMOに期待…!

Apple PayにPASMOがいつ対応するのかは明らかになっていません。

PASMOは複数の鉄道会社に対応しており、それぞれの会社によってポイントの還元率なども変わってきます。

そのため、技術面でクリアしなければならない障害が多数存在するのです。

また、鉄道会社によって資金力には大きな違いがあるので、Apple PayにPASMOを導入するとなると、資金面でも問題が発生することでしょう。

2017年にはスマホ向けのモバイルサービスとして『モバイルPASMO』が商標出願されましたが、こちらについてもいつ実用化されるのかは不明です。

モバイルPASMOが実用化されればスマホからPASMO定期券が利用できるようになるはずなので、今後の動きにしっかり注目しておきましょう!

クレカちゃん
『モバイルPASMO』実用化の動きをしっかりチェックしておこう!

どうしてもiPhoneでPASMOを使いたいならICカード収納ケースを!

どうしてもiPhoneでPASMOを使いたいなら、ICカード収納ケースを使いましょう。

iPhoneのケースにPASMOを格納することで、おサイフケータイのように手軽にPASMOを使うことが出来ます。

ただし、iPhoneからの磁気が読み取りを邪魔してしまう可能性があるので、『電波干渉防止シート』を使うことを忘れないようにして下さい。

『電波干渉防止シート』を使うことで、iPhoneのアプリではなく、PASMOが反応してくれるはずです。

『電波干渉防止シート』を使っていてもSuicaアプリが反応してしまうという場合には、アプリ内の『エクスプレスカード設置』をオフにしましょう。

以上の設定を行うことで、おサイフケータイのようにPASMOを使うことが出来るはずですよ!

Apple PayのPASMO対応についてまとめ

2019年7月時点ではApple PayでPASMOを使うことは出来ません。また、今後いつPASMOが使えるようになるかも分かりません…。

どうしてもPASMOを使わざるを得ない場合には、この記事で紹介した方法を活用して、改札でのストレスを少しでも減らすようにしましょう!

この記事のURLをコピーする