キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
車検代をクレジットカードで支払う男

車検代はクレジットカードで支払える?全6カ所の対応や注意点まとめ!

車検代をクレジットカードで支払う男
岡村ちゃん
こんにちは「Exciteクレジットカード比較」ライターの岡村ちゃんです。

もうすぐ車検なんだけど、現金の持ち合わせがない…。
クレジットカードで車検代を支払えないだろうか?どうなのだろうか?

このようなことでお悩みの方に、まず結論を言います。

車検代はクレジットカードで支払えます。
ただ、全額支払える店舗は少ないです。

そこでこの記事では、車検代のクレジットカード払いについて全6カ所の対応や注意点について解説していきます。

目次

車検代はクレジットカードで支払える!ただ、全額支払えるのは一部の店舗

車検を受けている車

車検代はクレジットカードで支払えます。ただ、すべての店舗ではありません。

また、車検代のうち一部の費用のみクレジットカード払いOKという店舗が多いです。

車検代はこのくらいかかる!車種別の目安料金

車種 法定費用の合計額
軽自動車
ミライース・タントなど
45,000円〜100,000円
小型クラス
1t以下
ヴィッツ・パッソなど
55,000円〜120,000円
中型クラス
1t~1.5t
フィット・シエンタなど
65,000円〜130,000円
中大型クラス
1.5t~2t
セレナ・ヴォクシーなど
75,000円〜150,000円
大型クラス
2t超
アルファード、エルグランドなど
85,000円〜160,000円

車検代は最安でも45,000円〜、多ければ160,000円以上かかります。

車検代に金額の幅があるのは、車の大きさと車検をうける場所によって料金設定が違うためです。

上記の料金の中で、クレジットカードで支払えるのは一部の料金のみという店舗が多いです。

車検代のうちクレジットカード払いできるのは、車検基本料のみの店舗が多い

車検費用 内訳 クレジットカード支払い
法定費用
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険
  • 印紙代

一部の店舗のみ支払い可
車検基本料
  • 点検整備代
  • 代行手数料
  • 検査代

多くの店舗で支払い可

車検代は「法定費用」と「車検基本料」の2つの費用に分かれています。

このうち、法定費用は現金払い。車検基本料はクレジットカードOKという店舗が多いです。

クレカちゃん
どうして、法定費用を現金払いにする店舗が多いの?
岡村ちゃん
法定費用は「自動車重量税」「自賠責保険」など、国や保険会社へ支払う店舗の利益とは関係のない費用だからだよ。

法定費用をクレジットカード払いOKにしてしまうと、カード会社に支払う手数料3%〜5%分が赤字になってしまうのです。

だから「法定費用は現金払いしてくださいね。」という店舗が多いのです。

法定費用はいくらする?(車種別に掲載)

車種 法定費用の合計額
軽自動車
ミライース・タントなど
32,770円
小型クラス
1t以下
ヴィッツ・パッソなど
43,330円
中型クラス
1t~1.5t
フィット・シエンタなど
51,530円
中大型クラス
1.5t~2t
セレナ・ヴォクシーなど
59,730円
大型クラス
2t超
アルファード、エルグランドなど
67,930円

法定費用は、自動車重量税・自賠責保険・印紙代です。

車種によって支払う金額が固定されています。

クレカちゃん
どの店舗に車検を頼んでも、法定費用の金額は一緒だよ。

車検基本料はどのくらい?(車種別に掲載)

車種 車検基本料(目安)
軽自動車
ミライース・タントなど
1.2万〜3.0万円+部品交換費用
中型クラス~1.5t
ヴィッツ・シエンタなど
1.2万〜3.5万円+部品交換費用
中大型クラス
1.5t~2t
セレナ・ヴォクシーなど
1.2万〜3.8万円+部品交換費用
大型クラス
2t超
アルファード、エルグランドなど
1.2万〜4.1万円+部品交換費用

車検基本料は、車の点検や整備をする代金・車検手続きの代行手数料・車検の検査にかかる代金です。

その他、劣化した部品交換費用がプラスされます。劣化した部品が多いと、それだけ車検代も高くなります。

そしてこちらは、車検を受ける店舗によって金額が変わります。

クレカちゃん
精度の高い点検・整備を行うディーラーは高く、必要最低限で行う車検専門業者は安い傾向にあるよ。

車検を受けられる6つの場所と車検代のクレジットカード対応について解説!

車検を受けられる場所
  • ディーラー
  • カー用品店
  • 車検専門業者
  • 民間工場
  • ガソリンスタンド
  • 車検予約サイト掲載店舗

では、上にある車検を受けられる場所のクレジットカード対応について解説していきます。

ディーラーでの車検代クレジットカード対応

ディーラー名 法定費用 車検基本料 備考
トヨタ
店舗による

店舗による
TSキュービックカードで全額カード支払い可能店舗あり
日産
店舗による

店舗による
日産カード・NISMOカードで全額カード支払い可能店舗あり
ホンダ
店舗による

店舗による
ホンダCカードで全額カード支払い可能店舗あり
マツダ
店舗による

店舗による
スバル
現金のみ

店舗による
ダイハツ
店舗による

店舗による
メンテナンスパック加入の場合TSキュービックカードで全額前払い可能
スズキ
店舗による

店舗による

ディーラーと言っても、全国各店舗で車検代のクレジットカード対応はさまざまです。

法定費用は現金。車検基本料はクレジットカード払い可という店舗が一般的。

ただ、店舗によっては法定費用を含めた全額カード払いに対応しているところもあります。

また、自社系クレジットカードなら全額クレジットカードできますよ。という店舗が多いです。

クレカちゃん
ディーラーは車検代が高いけど整備が丁寧だよ。

カー用品店での車検代クレジットカード対応

店名 法定費用 車検基本料 備考
オートバックス
現金のみ

店舗による
一部、法定費用のカード払いに対応店舗あり
イエローハット
現金のみ
ジェームス
現金のみ

全国展開する3つのカー用品店、オートバックス・イエローハット・ジェームスを調査しました。

その結果、3店舗とも法定費用は現金払い、車検基本料はクレジットカード支払い可能でした。

ただ、オートバックスのごく一部の店舗は法定費用もクレジットカードに対応しているところがあります。

クレカちゃん
カー用品店の車検は、安くも高くもない中間レベル。一定の信頼性があるので、ディーラー車検が高いと感じるなら利用を検討しよう。

車検専門業者での車検代クレジットカード対応

店名 法定費用 車検基本料 備考
コバック
現金のみ

条件あり
カード払いは、スーパーセーフティー車検(1日車検)に限る
ホリデー車検
現金のみ

店舗による
現金のみの店舗が一部ある
ニコニコ車検 法定費用のクレジットカード払いは5%の手数料が必要

車検専門業者も、車検基本料のみクレジットカード払い可能な店舗が多いです。

ニコニコ車検に限っては、法定費用もクレジットカード対応しています。ただ、法定費用の5%を手数料として支払う必要があります。

クレカちゃん
車検専門業者の車検は安いけど、整備は必要最低限になることが多いよ。

民間工場での車検代クレジットカード対応

法定費用 車検基本料 備考
街の整備工場
現金のみ

工場による
クレジットカードに対応していない工場が多い。

民間工場は、街の自動車整備・点検・板金・塗装などを行う業者のこと。

クレジットカードに対応している工場は多くありません。

クレカちゃん
民間工場の車検は、受ける場所によって技術の差があるよ。地域で評判の良い工場を選ぶようにしようね。

ガソリンスタンドでの車検代クレジットカード対応

店名 法定費用 車検基本料 備考
エネオス フロンティア
現金のみ
分割払いにも対応
コスモ石油
現金のみ
昭和シェル
現金のみ
分割払い・ボーナス払いに対応

エネオス、コスモ石油、昭和シェルのガソリンスタンドを調査してみました。

その結果、クレジットカード対応しているのは車検基本料のみでした。エネオスは分割払いに対応、昭和シェルは分割払いのほかボーナス払いにも対応していました。

クレカちゃん
ガソリンスタンドの車検は、代車の用意がない店舗が多いので注意してね。

車検予約サイトでの車検代クレジットカード対応

サービス名 法定費用 車検基本料 備考
楽天車検
店舗による

98%以上の店舗が対応
お近くの車検店舗を検索できるサービス
EPARK車検
店舗による

店舗による
お近くの車検店舗を検索できるサービス

楽天車検・EPARK車検は、お近くの車検店舗をネットから検索できるサービスです。

クレジットカード対応は店舗によって異なりますが、多くの店舗が車検基本料のカード払いに対応しています。

クレカちゃん
車検予約サイトの車検は、クレジットカードが使える店舗がすぐわかるから便利!ただ、店舗によって対応の差があるので慎重に選ぼう。

車検代のクレジットカード払いは分割・リボ払い・ボーナス払いも可能!

クレジットカードの分割払い

車検代のクレジットカード払いは、分割・リボ払い・ボーナス払いが可能です。

車検代を一括で支払うと生活が厳しくなってしまう…。そんなときは、分割・リボ・ボーナス払いを利用するとピンチをしのげます。

ただし、分割・リボ払い・ボーナス払いを利用するためには、いくつかの条件があります。

車検代をクレジットカードで、分割払い・リボ払い・ボーナス払いできる条件

分割払い・リボ払い・ボーナス払いできる条件
  • 車検を受ける店舗がクレジットカードに対応している
  • 利用するクレジットカードが分割・リボ・ボーナス払いに対応している
  • クレジットカードの限度額を超えていない

お持ちのクレジットカードが、分割払い・リボ払い・ボーナス払いに対応しているかどうか確認してください。

対応していれば、上記の支払い方法が利用できます。ただし、一部の店舗では一括払い以外を断られることもあります。

なので、必ず車検代の見積りをお願いするときに支払い方法を確認しておきましょう。

クレカちゃん
でも、分割払い・リボ払い・ボーナス払いって何が違うの?

クレジットカードの分割払い・リボ払い・ボーナス払いは、何が違うの?

支払い方法 手数料 詳細
分割払い 支払い回数に応じて手数料がかかる 利用料金の支払い回数を指定できる支払い方法
リボ払い 残高に対して手数料がかかる 利用料金に関係なく、月々の支払いを一定額にできる支払い方法。
ボーナス払い なし(2回払いのときは手数料あり) 夏と冬のボーナス時に一括返済をする方法。

手数料の少ない順でいくと、ボーナス払い・分割払い・リボ払いになります。

ただし、分割払いは支払い回数が多くなると手数料もその分かかるので注意です。3回〜6回払いにしておくと良いでしょう。

岡村ちゃん
それでは、実際に車検でクレジットカードの分割払い・リボ払い・ボーナス払いを利用した人の口コミを見ていきましょう。

車検代を分割払いした人の口コミ

車検代を分割払いにして、ピンチをしのいでる人は結構いますね。

車検代をリボ払いした人の口コミ

残高に対して手数料のかかるリボ払い。手数料の多さが気になるところですが、計画的に支払えるなら使っても良し!ですね。

車検代をボーナス払いした人の口コミ

会社勤めでボーナスの支給がある人は、手数料なしのボーナス払いがあると助かりますね。

車検代をクレジットカードで支払うメリットとデメリットを解説!

車検代をクレカで支払うメリット・デメリット

車検代をクレジットカードで支払うと、どのようなメリットがあるのか?またデメリットは何か?解説していきます!

車検代をクレジットカードで支払うメリット

  • クレジットカードのポイントがたくさん貯まる
  • 金欠のピンチをしのげる
  • 一括払いなら手数料なしで後払いできる
  • ローンのように申請する手間がない
  • クレジットカードの利用実績が貯まる

最も大きなメリットは、やっぱりクレジットカードのポイントがたくさん貯まることでしょう。

  • ポイント還元率1.0%
  • 1ポイント=1円

このようなクレジットカードで車検代5万円を支払うと、500ポイント(500円分)が貯まります!

コンビニのお弁当1個分です。

もしも、車検代を現金で一括払いできたとしても、実はクレジットカードを使ったほうがお得なんです。

クレジットカードのポイントが一気に貯まるチャンスなので、高還元率のカードを使うようにしましょう。

車検前までに高還元率のカードを作成して、お得にポイントをGETしたい方は以下の記事を参考にしてください。

車検代をクレジットカードで支払うデメリット

  • 分割払い・リボ払いにすると手数料がかかる
  • 店舗によって使える・使えないがある
  • カードの限度額がいっぱいだと利用できない

それほど問題になるようなデメリットはありません。

あえて言うなら、分割払いやリボ払いで手数料がかかることくらいでしょう。

それでも、クレジットカードの分割払いの手数料は12%〜15%くらいです。5万円を10回払いにした場合、かかる手数料は3,000円ちょっと。

金欠を回避できることを考えれば、決して高くはないでしょう。

岡村ちゃん
それでは最後に、車検代をクレジットカードで支払うときの注意点をお伝えします。

3つだけなので、しっかり確認しておきましょう。

ここは注意!クレジットカードで車検代を支払うとき気をつけたい3つのこと

クレジットカードで車検代を支払うとき気をつけたい3つのこと
  • 法定費用のクレジットカードカード払いに、手数料が乗っかっていないか確認すること
  • お持ちのクレジットカードが支払いに対応しているか確認すること
  • ポイント還元率の高いクレジットカードを使うこと

では、1つずつポイントを絞ってお伝えしていきます。

法定費用をカード払いするとき、手数料を取られないか確認すること

計算機を使う女性

法定費用をクレジットカード払いするとき、手数料が乗っかっていないか?確認しましょう。

店舗によっては、法定費用の5%ほどの手数料を取るところがあります。

法定費用は軽自動車でも32,770円します。32,770円の5%は1,638円です。この分を手数料として取られるのは、ちょっともったいないですよね。

お持ちのクレジットカードが支払いに対応しているか確認すること

財布にある3枚のクレジットカード

車検を受ける店舗で、お持ちのクレジットカードが使えるのか?確認しましょう。

クレジットカード対応の店舗でも、カードの種類によっては利用できないことがあるからです。

車検代の見積りを取る前に、公式HPや電話で問い合わせておくと安心です。

ポイント還元率の高いクレジットカードを使うこと

ポイント還元率の高いクレジットカードを持つ女性

車検代をクレジットカードで支払うなら、ポイント還元率の高いカードを使いましょう。

言うまでもありませんが、還元率の高いカードを使えばポイントがたくさん貯まるからです。

  • ポイント還元率0.5%のカード
  • ポイント還元率1.0%のカード

還元率に2倍差があるカードは普通にあります。車検代は数万円以上になるので、ポイントをより多く貯めたいなら高還元率のカードで支払うことです。

車検代のクレジットカード払いまとめ

この記事のまとめ
  • 車検代はクレジットカードで支払える
  • 法定費用は現金払い。残りの車検代がクレジットカード払いOKの店舗が多い
  • 法定費用を含めた全額をクレジットカード払いできる店舗も一部ある
  • 車検代のクレジットカード払いは、分割・リボ・ボーナス払いが可能
  • 車検代をクレジットカードで支払うと、ポイントがたくさん貯まる

車検代は、クレジットカードで支払えます。

ただし、多くの店舗が法定費用を除いた代金のみクレジットカード対応であることは覚えておきましょう。

また、車検代をクレジットカードで支払えば、クレジットカードのポイントがたくさん貯まります。

ぜひ、車検代をクレジットカード払いにして金欠回避&大量ポイントGETで得しましょう。

この記事のURLをコピーする