キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
楽天Edyクレジットカード

楽天Edyチャージでポイントがお得に付くクレジットカードおすすめBEST5!

楽天Edyクレジットカード
nagasawa
こんにちは。Exciteクレジットカード比較ライターの長澤です。

楽天Edyにチャージをすることができるクレジットカードはたくさんありますが、ポイントが同時に貯まるクレジットカードは意外と少ないのをご存知ない方も多いと思います。

そこで、楽天Edyのチャージでポイントが貯まるクレジットカードを、お得さ・使いやすさの観点からまとめてみました。

楽天Edyをお得に手軽に利用したい方は、ぜひ参考にしてみて下さいね♪

楽天Edyチャージでポイントが付くクレジットカードの選び方3つのポイント!


実際に楽天Edyにクレジットカードでチャージしながら使ってみて、選び方として重要と思った3つのポイントについてまとめてみました。

還元率が高いクレジットカードを選ぶ

楽天Edyチャージ時の還元率が高いクレジットカードを選びましょう。

ただし、還元率だけでクレジットカードを選んでしまうと、実は自分の生活パターンと合っていないせいで一番オトクではなかったり、毎日使用するうえでストレスが溜まってしまうこともあります。

以下のポイントを参考にして下さい。

自分がよく使うサービスがお得になるクレジットカードを選ぶ!

楽天Edyチャージでポイントが付くクレジットカードの中には、特定店舗で利用すると還元率がUPするクレジットカードがあります。

自分がよく利用する実店舗やネット通販サービスがお得になるクレジットカードを選びましょう!

楽天Edyのチャージが簡単なクレジットカードを選ぶ!

楽天カード以外のクレジットカードで楽天Edyをチャージする場合には、Edy Viewerというパソコンアプリシステムの利用と、「楽天Edyリーダー」または「FeliCaポート/パソリ」が必要でチャージが面倒くさいです。

楽天Edyをチャージするのに新しく対応機器をそろえるのが嫌な場合は、チャージが簡単な楽天カードを選ぶと良いでしょう!

楽天edyチャージでポイントが貯まる人気7つのクレジットカードを3つの項目で徹底比較!

カード名 edyチャージ還元率 チャージのしやすさ 年会費
リクルートカード 1.2% 無料
タカシマヤセゾンカード 1% 無料
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO 1% 初年度無料
翌年度以降 1,000円(税抜き)
楽天カード 0.5% 無料
JMBローソンPontaカードVisa 0.5% 無料
エポスカード 0.5% 無料
大丸松坂屋カード 0.5% 初年度無料
翌年度以降 1,000円(税抜き)

上記の表は、楽天Edyのチャージでポイントが貯まるクレジットカードを還元率が高い順にまとめたものです。

ただ、それぞれのカードには還元率以外にも様々な特典があるので、還元率だけてクレジットカードを選ぶのはあまりおすすめできません。

そこで、総合的におすすめできる順にクレジットカードをまとめてみました。

楽天edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードおすすめ5選!

楽天edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードを比較し、おすすめの5枚を選びました。

1位 楽天カード【チャージのしやすさNO.1オートチャージにも対応!】

項目 内容
カードブランド アメリカン・エキスプレス、VISA、Mastercard、JCB
貯まるポイント 楽天スーパーポイント
年会費 無料
還元率 通常 1%
同時申込み可能サービス
  • ETCカード(年会費無料)
  • 電子マネー:楽天Edy
保険
  • 海外旅行:最高2,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行:なし
その他の特典
  • 楽天市場の利用で3~14%ポイントが貯まる
  • 街の楽天ポイント加盟店でクレジットカード提示+楽天edy使用で最大1.5%ポイントが貯まる

楽天Edyの発行元というだけあってクレジットカードと楽天Edyの一体型カードがあり、クレジットカードから楽天Edyへのチャージが一番簡単です。

他のクレジットカードから楽天Edyにチャージする際には、Edy Viewerというパソコンアプリシステムの利用と「楽天Edyリーダー」または「FeliCaポート/パソリ」が必要ですが、楽天カードの場合は必要ありません。

楽天Edyオートチャージ機能にも対応で、還元率も楽天Edyチャージでは0.5%であるものの、通常使用時には1%で楽天市場の使用時には3~14%還元率となります。

2位 リクルートカード

項目 内容
カードブランド VISA、Mastercard
貯まるポイント リクルートポイント
Pontaポイント
年会費 無料
還元率 通常 1.2%
同時申込み可能サービス
  • ETCカード(年会費無料)
  • 電子マネー:楽天Edy
保険
  • 海外旅行:最高2,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行:最高1,000万円(利用付帯)
その他の特典
  • リクルートが運営するホンパレモールの利用で4.2%ポイントが貯まる
  • リクルートが運営するじゃらんの利用で3.2%ポイントが貯まる

楽天Edyにチャージできるクレジットカードでは、一番高い還元率です。

ただし、電子マネーチャージ利用金額の合算で、月間30,000円までしか還元対象とならないJCBブランドはEdyチャージでポイント還元がないという2つの点には注意が必要です。

カード決済で貯まるリクルートポイントは交換先が少ないのが欠点ではありますが、Pontaポイントに交換できるので、コンビニチェーンのローソンをよく使う人におすすめのカードです。

3位 TOKYU CARD ClubQ JMB

項目 内容
カードブランド VISA、Mastercard
貯まるポイント TOKYU POINT
JALマイル
年会費 初年度無料
翌年度以降1,000円(税抜き)
還元率 通常 1.0%(Web明細サービス利用時)
同時申込み可能サービス
  • JALマイレージバンク機能
  • 電子マネー:PASMO機能
保険
  • 海外旅行:最高2,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行:最高1,000万円 (利用付帯)
その他の特典
  • 東急グループでの利用で還元率が最大10%
  • 電子マネーPASMOのオートチャージで1%還元

クレジットカードと電子マネーPASMO、JALのマイレージクラブカードの機能が一枚に詰っています。

東急グループのお店をはじめ、ホテルやレジャー、レストランなどのTOKYU POINT加盟店でポイントが10%貯まります。

また、いつもの電車、バスの定期券購入やオートチャージで1%TOKYU POINTが貯まります。

TOKYU POINTは、1ポイント1円として東急線各駅の券売機(一部駅を除く)で10円単位でPASMOにチャージして、電子マネーとして利用することができます。

4位 JMBローソンPontaカードVisa

項目 内容
カードブランド VISA
貯まるポイント Pontaポイント
JALマイル
年会費 無料
還元率 通常 0.5%
同時申込み可能サービス
  • ETCカード(年会費無料)
    JALマイレージバンク機能
    電子マネー:ローソンPonta iD
保険
  • 海外旅行:なし
  • 国内旅行:なし
その他の特典
  • ローソンでの利用は還元率UP(PontaポイントとJALマイルがダブルで貯まる)
  • 「Pontaポイント」をローソンの「お試し引換券」に交換することで還元率がさらにUP!

JMBローソンPontaカードVisaは、普段使用では特に魅力的なクレジットカードではありませんが、ローソンをよく使う場合には大変お得なカードです!

JMBローソンPontaカードVisaは通常の還元率は0.5%ですが、ローソンで使用すると2%のPontaポイント+0.5%JALマイルが貯まるので大変お得です!

また、Pontaポイントはそのままでもローソンのレジで利用できますが、お試し引換券に交換するという裏技を使うと1ポイントの価値が2倍~3倍にUPします。

5位 エポスカード

項目 内容
カードブランド VISA
貯まるポイント エポスポイント
年会費 無料
還元率 通常 0.5%
同時申込み可能サービス
  • ETCカード(年会費無料)
  • エポスVisaプリペイドカード
保険
  • 海外旅行:最高2,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行:なし
その他の特典
  • エポスカードが運営するエポトクたまるマーケットの利用で1%~15%のポイントが貯まる
  • 全国の特定の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる
  • マルイのバーゲンで10%割引

エポスカードは年会費無料でありながら、自動付帯の海外旅行保険が付いていることで有名なクレジットカードです。

通常の還元率は0.5%と高くはありませんが、居酒屋・カフェ、アミューズメント、スパなど全国約10,000店舗で割引やポイントアップの優待があります。

また、エポスカードが運営するエポトクたまるマーケットを経由することで、楽天・Amazon・ヤフーなどのネットショップが最大15%ポイント還元されたり、年4回実施されるマルイのバーゲンセールでは10%割引になるといった特典もあります。

楽天Edyのチャージに一番オススメのクレジットカードは楽天カード!

楽天Edyのチャージに楽天カードがおすすめな3つの理由
  1. 楽天Edyのチャージが簡単
  2. 楽天市場の利用で3~14%の高還元率
  3. 街の楽天ポイント加盟店でクレジットカード提示+楽天edy使用で最大1.5%ポイントが貯まる

楽天カードは、楽天Edyのチャージが簡単なだけでなく、楽天市場の利用時には3~14%のポイントが貯まる高還元率カードでもあります。

また、あまり知られてはいませんが、街の楽天ポイント加盟店でクレジットカード提示+楽天Edy使用で最大1.5%ポイントが貯まります。

楽天edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードよくある3つの質問


楽天edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードに関してよくある質問をまとめました。

1.楽天Edyにチャージするクレジットカードの変更時の注意点は?

今までチャージしていたクレジットカードに楽天Edyの残高がある場合、楽天Edyの残高は必ず使い切ってから破棄するようにしましょう。

ただし、専用機器(楽天Edyリーダーやおサイフケータイ)がある場合には、楽天Edyの残高を新しいカードへ移行が可能です。

また、オートチャージ機能を使用していた場合には、自分でファミリーマートにある「Famiポート」などを使用してオートチャージの解除をする必要があります。

2.楽天edyクレジットチャージが面倒!コンビニで簡単にチャージできる方法はない?

楽天Edyのクレジットカードでのチャージは、パソコンでの事前登録が必要だったり、専用の機器(パソリ)が必要で面倒くさいですよね。

・・・ですが、残念ながら通常の方法ではコンビニでクレジットカードから楽天Edyをチャージする方法はありません。

コンビニで楽天Edyにクレジットカードから楽天edyにチャージできる唯一の方法は、楽天クレジットカードを使用したオートチャージです!

3.楽天edyのクレジットカードからのチャージ方法は

楽天Edyのクレジットカードからのチャージ方法は、使用する楽天Edyの形態(楽天ポイントカード・Edy一体型カード・おサイフケータイ・iphone)によって大きく違います。

それぞれの場合のチャージ方法は、コチラで確認できます。

楽天Edyのチャージでポイントが付くクレジットカードまとめ

楽天Edyのチャージでポイントが貯まるクレジットカードを選ぶ際には、還元率も大事ですがチャージのしやすさも重要です。

また、楽天Edyチャージの還元率だけに注目するのではなく、普段よく使うネットショップや実店舗などで貯まるポイントが高いカードを選ぶ方がトータルでお得になる可能性が高いです。

自分の生活パターンをよく思い出しながらご紹介したクレジットカードを選んでみてください。

この記事のURLをコピーする