キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
JCB CARD W

JCB CARD Wの完全ガイド!ポイント還元率やメリットを徹底解説

JCB CARD W
基本還元率 1%
貯まるポイント Oki Dokiポイント(1pt=5円)
ポイント交換先 キャッシュバック、Amazon利用、ギフトカード、dポイントなど
還元率UP条件 セブンイレブンやスタバなどのJCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店での利用
入会後3ヶ月間はポイント4倍
年会費 無料
ポイントのカウント方法 1,000円利用ごとに2ポイント
申し込み資格 18歳~39歳
国際ブランド JCB
おすすめ度 5.0
特典・サービス
  • 入会後3ヶ月間ポイント4倍
  • ポイント還元率が常に2倍(1%)
  • Oki Doki ランド経由の買い物で還元率最大20倍
付帯保険 海外旅行保険:最高補償額2,000万円
ETCカード 年会費・発行手数料無料
電子マネー QUICPay
追加カード 家族カード
カードランク 一般
利用限度額 10~100万円
注目ポイント
  • 39歳以下限定のクレジットカード
  • ポイント還元率が常に2倍!JCBカードの中では特にお得
  • JCB CARDが発行する信頼のおけるカード

JCB CARD Wは、JCBが発行するプロパーカードで、39歳以下限定で申し込みが可能なクレジットカードです。

年会費が永年無料・1%の高還元率で、JCBで最もお得なカードの1つになっています。

セブンイレブンやスタバなど提携店でのポイントアップ、Oki Dokiランドでのネットショッピングの還元率UPなど、お得な特典も豊富です。

目次

JCB CARD Wをおすすめできる人・できない人

おすすめできる人
  • 人気の定番カードを選びたい人
  • 39歳以下・年会費無料のお得なカードが欲しい人
  • セブンイレブンやスタバをよく利用する人
  • ETCカード・家族カードを年会費無料で持ちたい人
  • 信頼できるカード会社を選びたい人
おすすめできない人
  • 海外利用専用にしたい人
  • 40歳以上の人(申し込み不可)
  • 紙ベースの利用明細を使いたい人

JCB CARD Wは39歳以下の人、主に国内利用を想定している人であれば、ほとんどの人におすすめできるクレジットカードです。

また、セブンイレブンやスターバックスなどのJCB ORIGINAL SERIESパートナーを頻繁に利用する人なら特におすすめです。

年会費無料で損をすることはないので、気になったら申し込んでおいても損はありませんよ!

JCB CARD Wの7つのメリットを解説!

39歳以下限定!年会費無料・ポイント還元率1%で利用できる

JCB CARD Wは39歳以下が申し込みできる、年会費無料・ポイント還元率1%のクレジットカードです。

JCBが発行するクレジットカードは基本的に還元率が0.5%なので、JCB CARD Wは他のクレジットカードよりもポイント的にお得ですね!

申し込みは39歳以下限定と、比較的若い人向けのクレジットカードになっています。

タナカ
39歳以下の時に申し込み、その後40歳~になっても、そのままJCB CARD Wを使い続けることは可能です。「申し込むときに39歳以下ならOK」と頭に入れておきましょう!

JCB ORIGINAL SERIESパートナーでの利用ならポイント還元率UP

「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」という、JCB CARD Wの提携店でカードを利用すると、ポイント還元率がUPします。

提携店にはセブンイレブン、スターバックス、昭和シェル石油、AOKI、ビックカメラなど、多種多様な店舗が揃っています。

これらの提携店をよく利用する人であれば、より効率的にポイントを貯められるようになりますよ!

入会から3ヶ月間はいつでもポイント4倍

JCB CARD Wは、入会から3ヶ月間はポイント還元率は通常の4倍、つまりトータル2%還元になります。(0.5%×4)

1%でも十分お得な部類ですが、入会後は特にお得ですね。

海外旅行や引っ越しなど、直近で大きな決済をする予定がある方は、この機会に申し込んでみても良いかもしれませんね。

最高補償額2,000万円の海外旅行保険が付帯

傷害 死亡
後遺障害
最高2,000万円
治療費用 1回の事故につき
100万円限度
疾病 治療費用 1回の病気につき
100万円限度
賠償責任 1回の事故につき
2,000万円限度
携行品損害 1旅行中20万円限度
保険期間中100万円限度
救援者費用等 100万円限度
補償対象旅行期間 3ヵ月

JCB CARD Wには最高補償額2,000万円の海外旅行保険が付帯しています。

海外旅行に出かける際に少しでも保険加入の負担を減らせるのは嬉しいですよね。

海外旅行の際は、JCB CARD Wを利用してお得に海外旅行保険を適用させましょう!

適用条件「利用付帯」に注意

JCB CARD Wの海外旅行保険は「利用付帯」となっています。旅行に関する決済をJCB CARD Wで行なった場合に、保険適用となります。

クレカちゃん
一般カードでは保険が付帯していないカードも多いことからも、JCB CARD Wのお得さがよくわかるね!

ETCカードも家族カードも発行手数料・年会費無料

発行手数料 年会費
ETCカード 無料 無料
家族カード 無料 無料

JCB CARD Wでは、家族カードやETCカードを発行手数料・年会費無料で発行することができます。

発行手数料や年会費がかかるクレジットカードも多いので、JCB CARD Wのお得さがよくわかりますね。

特にETCは利用頻度が低い人も多いと思うので、年会費無料のものを選ぶのがおすすめですよ!

QUICPayやApple Payも利用可能

JCB CARD WではQUICPayやApple Payでの支払いにも対応しています。

タッチでスマートに決済ができるのは便利ですよね。

JCB CARD Wはコンビニなどで素早く決済したい場合でも重宝するクレジットカードになっています!

発行元のJCBカードはセキュリティ・信頼性バッチリ

JCB CARD Wは名前からもわかるように、JCBが発行するクレジットカード(プロパーカード)です。

JCBが直接発行しているものなので、セキュリティはもちろん、個人情報の管理なども安心ですよね。

信頼性が高いクレジットカードなので、どこで使っても恥ずかしくありませんよ!

JCB CARD Wの3つのデメリット!

たくさんのメリットがあるJCB CARD Wですが、デメリットがないわけではありません。

申し込んだ後に後悔しないためにも、デメリットについてもよく確認しておきましょう。

ただ、先に結論を述べておくと、そこまで致命的なデメリットというわけではありません。一応、確認のために一通り目を通しておきましょう!

JCBブランドしか選べない

JCB CARD Wでは、JCBブランドのカードしか発行できません。

つまり、VISAやMasterCardは選べないわけですね。

国内利用であれば全く問題ありませんが、もし海外でも利用したい場合はVISAなどの方が有利な場合も。

海外利用も考えているのであれば、JCB CARD W以外にもVISAなどのカードを持っておくことをおすすめします。

利用明細はWEBでしか確認できない

JCB CARD Wの利用明細はWEBでのみ確認することができます。

郵送・紙ベースでの明細発行には対応していないので注意が必要です。

紙として残したい場合は、MyJCBの明細を、PDF化して印刷しておきましょう。

JCBスターメンバーズは対象外

「JCBスターメンバーズ」とは
「JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)」は、年間でJCBカードを一定金額以上利用された方だけに、特別にご提供するメンバーシップサービスです(登録不要)。

JCB CARD Wは、ある一定利用額を超えると受けられるボーナス特典「JCBスターメンバーズ」の対象外になっています。

そのため、たくさん決済して特典を獲得したい方には向いていないカードと言えるかもしれません。

とはいえ、普通に1%還元率で利用しているだけでもかなりお得なので、そこまで気にする必要はありません。

JCB CARD Wで貯めたポイントの上手な活用方法を解説!

JCB CARD Wではカード利用額1,000円に対して、1ポイント=5円相当のOki Dokiポイントが2ポイント貯まります。

JCB CARD Wは高還元率でお得なクレジットカードですが、Oki Dokiポイントの使い方もマスターしておくことで、さらにお得に使いこなすことができるようになります。

JCB CARD Wを120%使い倒すためにも、ポイントの使い道についてよく確認しておきましょう!

【最もお得に使いたい人】nanacoなどへのポイント移行がおすすめ

ポイント トータル還元率
nanacoポイント 1%
ベルメゾンポイント 1%
dポイント 0.8%
楽天ポイント 0.8%
Tポイント 0.8%

上の表に、JCB CARD Wで貯まるOki Dokiポイントの代表的なポイント移行先をまとめました。

この表からもわかるように、Oki Dokiポイントを1ポイント=5円の最高価値で利用できるnanacoポイントやベルメゾンポイントへの移行がおすすめです。

使い勝手の良い提携ポイントに移行することで、使い道がグッと広がり、ポイントを余すことなく活用できますよ!

クレカちゃん
ポイント移行レートが最高で、さらに使い勝手が広がるので、nanacoポイントへの移行が一番おすすめだよ!

【旅行を楽しみたい人】JCBトラベルの料金充当がおすすめ

JCB CARD Wで貯めたポイントで旅行をお得に楽しみたい人は、JCBトラベルの旅行代金の支払いにOki Dokiポイントを使うのがおすすめです。

JCBトラベルへの料金充当なら、1ポイント=5円相当(最高レート)で使うことができるので、全く損はありません!

旅行代金の負担が軽減されて、お得感も大きいですよね。

クレカちゃん
ポイント分でちょっとホテルのグレードを上げたり…みたいな使い方もおすすめだよ!

【シンプルに使いたい人】Amazon利用がおすすめ

ポイント移行などの手間なく、シンプル・簡単にJCB CARD Wのポイントを活用したい人はAmazonで利用するのがおすすめです。

1ポイント=3.5円相当として、買い物の料金に充てることができます。

ちょっとポイントの交換レートは下がってしまいますが、「ポイント移行の手間を省いてそのまま使いたい」方はAmazonで利用するのが最も手軽です。

JCB CARD Wの審査に落ちる人ってどんな人?審査基準はこれ!

ここでは、JCB CARD Wの審査基準についてまとめています。

JCB CARD Wは学生や主婦も申し込めるカードで、そこまで審査のハードルが高いわけではありません。

とはいえ、必ずしも審査に通過できるわけではないので、念のために確認しておいてくださいね!

18歳以上、39歳以下の人が申し込み対象

そもそもJCB CARD Wに申し込みが可能なのは、18歳以上39歳以下の人に限られています。

40歳以上になってしまうと申し込み自体が不可能になってしまうので注意が必要です。

まず一番最初に、年齢条件を満たしているかを確認しましょう!

18歳以上でも高校生はNG

18歳以上でも、高校生の場合は申し込みできません。18歳以上の社会人、大学生・大学院生、専門学生、高専生(4・5年)、短大生などであれば申し込み可能です。

信用情報に傷がついている(ブラックリスト入り)していると落ちることも

JCB CARD Wに限った話ではありませんが、信用情報に傷がついていると、カード発行審査に落ちることもあります。

過去にクレジットカードの支払いや家賃の支払いを滞納していると、信用機関に「ブラックリスト」として登録されてしまいます。

一旦登録されると5年~10年はリストから削除されず、その期間はJCB CARD Wの審査に落ち続けてしまうこともあるかもしれません。

クレカちゃん
延滞歴や債務整理の経験がなければ、特に心配する必要はないよ!

年収の制限はない

JCB CARD Wの申し込み条件に、年収の制限はありません。

学生から中堅社会人の方まで、幅広く利用できるクレジットカードになっています。

年収条件に不安があってクレジットカードの申し込みをためらっていた方も、安心して申し込むことができますね。

JCB CARD Wの入手までの流れを解説!

それでは、実際にJCB CARD Wの申し込み手順について解説していきます。

とはいえ、申し込み手順はそこまで複雑ではありません。

実際に申し込むことをイメージしながら、一連の流れを把握しておきましょう!

インターネットから申し込む

JCB CARD Wはインターネットからのオンライン申し込みのみになっています。

郵送での申し込みには対応していないので注意してくださいね。

このオンライン申し込みで必要な情報・書類には、以下のようなものがあります。

  • 住所、電話番号などの個人情報
  • 勤務先、年収やローンなどの経済状況の情報
  • 運転免許証などの本人確認書類

以上のような基本的な情報を入力していきます。

必要書類は、スマホから写真撮影でもOKです。あらかじめ用意しておくとスムーズですよ!

情報入力は正確に!

情報入力の時点で誤情報があると、これは審査に落ちてしまう原因になります。一つ一つの情報を正確に入力していくことを心がけましょう。

審査に通過するまで待機

JCB CARD Wのオンライン申し込みが完了したら、メールで審査通過のお知らせが来るまで待機しましょう。

審査の時間は人によって異なりますが、1週間以内には終わることがほとんどです。

この間に、個人情報の欄に入力したメールアドレスや電話番号に連絡が来ることもあります。

郵送(本人限定)でカードが送られてくる

審査に通過すると、JCB CARD Wが郵送で自宅まで送られてきます。

このとき、受け取りは本人限定になるので、実家住所などを登録した場合には注意が必要です。

一定期間受け取らないと、カードがJCBへ返送されてしまうので、申し込みは計画的に行うようにしましょう!

JCB CARD Wの基礎知識

JCB CARD Wについても、一通り確認しておきましょう。

後から疑問に思って調べなくても良いように、一通り確認しておくと安心ですよ!

締め日・支払日

JCB CARD Wの締め日は毎月15日、その翌月10日が支払日になっています。

例えば、4月16日から5月15日に利用した分を6月10日に支払うイメージです。

タナカ
支払日前には、口座残高が十分か、よく確認するようにしておきましょう!

請求書発行される時期

JCB CARD Wでは請求書の発行はされませんが、次回支払いが確定するのは毎月24日前後になります。

営業日によって多少変化がありますが、基本的には月末と覚えておけばOKです。

年会費の引き落とし時期

JCBのクレジットカードの年会費の引き落とし時期は、有効期限の3ヵ月後の10日(休日の場合は翌営業日)になっています。

ただし、JCB CARD Wは年会費無料なので、気にする必要はありません。

ボーナス払い

利用期間 支払い日
夏のボーナス1回払い 12/16~6/15
冬のボーナス1回払い 7/16~11/15

JCB CARD Wでは、ボーナス1回払いに対応しています。

ボーナス払いのスケジュールは以上の通りです。

ボーナス払いとはいえ、支払いが大きくなりすぎないように計画的に利用しましょう。なお、手数料はかかりません。

リボ払い

JCB CARD Wでもリボ払いは可能です。ただし、所定の金利・手数料がかかるので、利用は計画的に行いましょう。

リボ払いの際は、事前に公式サイトのシミュレーターを活用して、払い終わる期間を想定しておくのがおすすめです。

増額

JCB CARD Wの変更は公式サイトから可能です。

一時増額では審査不要ですが、そもそもの限度額を増やすには所定の審査が必要になります。

審査は通らないこともあるので、年収や利用状況を考えながら慎重に申し込みましょう。

ETCカード

JCB CARD WではETCカードを発行手数料無料・年会費無料で発行可能です。

申し込みは公式サイトから可能になっています。

口座変更

JCB CARD Wの支払い情報の変更は、ネットまたは郵送で可能です。

  • ネットの場合:MyJCBの「お客様情報の照会・変更」から変更
  • 郵送の場合:所定資料を請求して変更

郵送での変更には時間がかかるので、基本的にはネットから変更するのがおすすめです。

解約&退会

JCB CARD Wの解約・退会はMyJCBか電話(0120-800-962または0570-00-5552)から行うことができます。

ただし、JCB STAR MEMBERS適用中のカードなど、一部、MyJCBや自動音声で手続きができないこともあるので、この場合は電話で問い合わせをしてみましょう。

手続き自体は公式サイトQ&Aの手順に従えば完了します。

JCB CARD Wの独自の知識

JCB CARD W独自の知識についても、確認しておきましょう。

さらっと確認しておくと、使うときに便利な知識についてまとめています。

MyJCBのログイン方法

MyJCBのサイトにアクセスして、ログインIDとパスワードを入力します。

忘れてしまった場合は、秘密の合言葉を入力することでパスワードリセットも可能です。

「秘密の合言葉」は絶対に忘れないようなもの、かつ破られないものを設定しておきましょう。

スマリボ

スマリボとはJCB CARD Wの支払いを「残高スライド方式」のリボ払いにすることで特典が受けられるものです。

利用残高に合わせて、自動的に毎月の支払い額が設定されます。

スマリボを利用すると、ポイント還元率が2倍になったり、ショッピング保険がついたりなどの優遇があります。

利用には所定の金利手数料がかかるので、利用は計画的に行いましょう。

JCB CARD Wを使っている人の良い&悪い口コミ評判!

JCB CARD Wについてよくわかってきたら、気になるのは実際に使っている人の評判や口コミですよね。

ここでは、JCB CARD Wを使っている人の良い評判や悪い評判について紹介します。

利用者がどんな感想を持っているのかを一通り確認しておきましょう!

JCB CARD Wの悪い口コミ評判

JCB CARD Wの良い口コミ評判

JCB CARD Wの口コミ評判まとめ

JCB CARD Wの悪い・良い評判口コミについてまとめました。

全体の印象としては、かなり良い評判が目立っていた印象です!

簡単にまとめると、以下のような感じになっていました。

悪い評判まとめ
  • 海外利用がちょっと弱いかも
  • Oki Okiポイントの交換レートが微妙かも
  • ネットで見た写真と色合いが異なっていて微妙だった
良い評判まとめ
  • 券面デザインがかっこいい
  • セブンやスタバで還元率UPが嬉しい
  • 幅広くおすすめできる定番カード

JCB CARD Wの全体の評判をまとめると、以上のようなものが多く見られました。

実際にTwitterで友達におすすめとして紹介しているユーザーもいることから、満足度の高さがよくわかりますね!

全体的に満足度が高く、幅広くおすすめできるクレジットカードといえそうですね。

【グレード別】JCB CARD Wとは別に4種類のカードも比較!

カード 年会費 ポイント還元率
JCB CARD W 無料 1%
JCB CARD W plus L 無料 1%
JCB一般CARD 1,375円(条件付き無料) 0.5%
JCBゴールド 11,000円 0.5%
JCBプラチナ 27,500円 0.5%

ここでは、JCBが発行するJCBカードと、JCB CARD Wとを比較しています。

どのJCBカードにしようか迷うことも多いと思います。

そんな方は、ぜひこちらを参考にしてみてくださいね!

JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus L

基本還元率 1%
貯まるポイント Oki Dokiポイント(1pt=5円)
ポイント交換先 キャッシュバック、Amazon利用、ギフトカード、dポイントなど
還元率UP条件 セブンイレブンやスタバなどのJCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店での利用
入会後3ヶ月間はポイント4倍
年会費 無料
ポイントのカウント方法 1,000円利用ごとに2ポイント
申し込み資格 18歳~39歳
国際ブランド JCB
おすすめ度 5.0
特典・サービス
  • 女性向け保険などが充実
  • 入会後3ヶ月間ポイント4倍
  • ポイント還元率が常に2倍(1%)
  • Oki Doki ランド経由の買い物で還元率最大20倍
付帯保険 海外旅行保険:最高補償額2,000万円
ETCカード 年会費・発行手数料無料
電子マネー QUICPay
追加カード 家族カード
カードランク 一般
利用限度額 10~100万円

JCB CARD W plus Lの特徴

注目ポイント
  • 女性特有の疾病などの女性向け保険が充実
  • JCB CARD Wと基本的な性能は同じ
  • LINDAリーグの優待を利用可能

JCB CARD W plus Lは女性向け特典が充実したカードです。

具体的には、乳がんや子宮癌などの女性疾病への保険プラン、ストーカー被害への保険などがあります。

また、「女性向け」ではありますが、男性の申し込みも可能です。

JCB CARD W plus Lのメリット・デメリット!

JCB CARD W plus Lのデメリット
  • JCBブランドしか選べない
  • 利用明細はWEBでしか確認できない
  • JCBスターメンバーズは対象外
JCB CARD W plus Lのメリット
  • JCB CARD Wと同様の基本性能
  • 女性向け特典が充実
  • 券面デザインがピンクでかわいい

JCB CARD W plus Lの年会費や還元率、追加カードなどの基本的な性能はJCB CARD Wと全く変わりません。

それにプラスアルファして女性向け特典が付帯しているイメージです。

JCB CARD W plus Lはこんな人におすすめ

JCB CARD W plus Lは、

  • 女性らしいデザインのカードを選びたい人
  • 女性疾病などの保険を活用したい人
  • JCB CARD Wのようなお得なカードが欲しい人

このような人におすすめです。

年会費無料で利用できるので、気軽に申し込んでも損はありませんね。

JCB一般カード

JCB一般カード

基本還元率 0.5%
貯まるポイント Oki Dokiポイント(1pt=5円)
ポイント交換先 キャッシュバック、Amazon利用、ギフトカード、dポイントなど
還元率UP条件 セブンイレブンやスタバなどのJCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店での利用
年会費 1,375円(条件付き無料)
ポイントのカウント方法 1,000円利用ごとに1ポイント
申し込み資格 18歳以上
国際ブランド JCB
おすすめ度 3.0
特典・サービス
  • Oki Doki ランド経由の買い物で還元率最大20倍
  • ネット申し込みで初年度無料
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高補償額3,000万円
  • 国内旅行保険:最高補償額3,000万円
  • ショッピング保険:最高補償額100万円(海外)
ETCカード 年会費・発行手数料無料
電子マネー QUICPay
追加カード 家族カード
カードランク 一般
利用限度額 10~100万円

JCB一般カードの特徴

注目ポイント
  • JCBの最も基本的なカード
  • 申し込みの年収制限・年齢制限なし
  • JCBスターメンバーズで利用額に応じて還元率UP

JCB一般カードは、JCBカードの中でも最も基本的なグレードのカードになります。

還元率や年会費ではJCB CARD Wに劣りますが、定番カードとして人気は根強いです。

JCB一般カードのメリット・デメリット!

JCB一般カードのデメリット
  • 還元率が0.5%と低め
  • 年会費がかかる
  • 海外利用はしづらいかも
JCB一般カードのメリット
  • JCBスターメンバーズでポイント還元率UP
  • セブンやスタバなどの提携店で還元率UP
  • 人気の根強い定番カード

JCB一般カードは、性能の面では同じ一般カードであるJCB CARD Wには若干劣ります。

そのため、39歳以下であれば基本的にはJCB CARD Wがおすすめです。

JCB一般カードはこんな人におすすめ

JCB一般カードがおすすめなのは、40歳以上でJCBの一般グレードのカードを持ちたい人です。

39歳以下であれば、同じグレードのJCB CARD Wの方が年会費無料で還元率が高いので、そちらがおすすめになります。

とはいえ、JCBの定番カードなので、持っていても恥ずかしくない・普段使いには困らないカードです。

JCBゴールド

JCBゴールドカード

基本還元率 1%
貯まるポイント Oki Dokiポイント(1pt=5円)
ポイント交換先 キャッシュバック、Amazon利用、ギフトカード、dポイントなど
還元率UP条件 セブンイレブンやスタバなどのJCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店での利用
JCBスターメンバーズの利用額に応じてポイントUP
年会費 11,000円
ポイントのカウント方法 1,000円利用ごとに1ポイント
申し込み資格 20歳以上、安定した継続収入
国際ブランド JCB
おすすめ度 4.0
特典・サービス
  • 空港ラウンジサービス
  • グルメ優待サービス
  • Oki Doki ランド経由の買い物で還元率最大20倍
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高補償額1億円
  • 国内旅行保険:最高補償額5,000万円
  • ショッピング保険:最高補償額500万円
ETCカード 年会費・発行手数料無料
電子マネー QUICPay
追加カード 家族カード
カードランク ゴールド
利用限度額 ~500万円

JCBゴールドの特徴

注目ポイント
  • 国内の主要空港のラウンジを無料で利用可能
  • 海外旅行保険が充実(最高補償額1億円)
  • 優待レストランの割引など優待が充実

JCBゴールドの特徴として、一般カードとは違って、旅行やグルメ関連の特典が充実しているということがあります。

通常のJCBカードの特典に加えて、ゴールドカードの特典が付随したものと認識しておくとわかりやすいですよ。

JCBゴールドのメリット・デメリット!

JCBゴールドのデメリット
  • 年会費が11,000円かかる
  • 基本還元率は0.5%と低め
  • 一般カードよりも審査が厳しい
JCBゴールドのメリット
  • ラウンジ等の優待が充実
  • 海外旅行保険が最大1億円付帯
  • 定番のゴールドカードでステータス性も高い

JCBゴールドカードは、JCB CARD Wなどの一般カードと比べると年会費はかなり高めです。

ただ、空港ラウンジやレストラン割引などの各種優待が充実していることを考えると、納得のいく価格ではあります。

優待をフル活用できそうな人なら、コスパの良いカードになるかもしれませんね。

JCBゴールドはこんな人におすすめ

JCBゴールドは、一般ランクのJCBカードよりは年会費が高く、特典が充実しているので、

  • 空港ラウンジを利用する機会が多い人
  • レストラン優待などを積極的に活用したい人
  • 充実した海外旅行保険を使いたい人

このような人におすすめです。

ただ、これらを完全に使いこなせなそうな人は、オーバースペックで年会費に見合わないこともあります。

利用シーンをよく想定して検討してみるのがおすすめです。

JCBプラチナ

JCBプラチナカード

基本還元率 1%
貯まるポイント Oki Dokiポイント(1pt=5円)
ポイント交換先 キャッシュバック、Amazon利用、ギフトカード、dポイントなど
還元率UP条件
  • セブンイレブンやスタバなどのJCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店での利用
  • JCBスターメンバーズの利用額に応じてポイントUP
年会費 27,500円
ポイントのカウント方法 1,000円利用ごとに1ポイント
申し込み資格 20歳以上、安定した収入
国際ブランド JCB
おすすめ度 4.0
特典・サービス
  • プライオリティ・パス付帯
  • グルメ・ベネフィットやコンシェルジュデスクなどの優待
  • Oki Doki ランド経由の買い物で還元率最大20倍
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高補償額1億円
  • 国内旅行保険:最高補償額1億円
  • ショッピング保険:最高補償額500万円
ETCカード 年会費・発行手数料無料
電子マネー QUICPay
追加カード 家族カード
カードランク プラチナ
利用限度額 無制限

JCBプラチナの特徴

注目ポイント
  • プライオリティパス付帯で世界中のラウンジを使える
  • 人気レストランの優待
  • プラチナコンシェルジュデスクを利用可能

JCBプラチナはゴールドのさらに上級カードで、優待内容が超充実しています。

ラウンジサービスはもちろん、グルメ関連やホテル予約関連などの特典も付帯。

24時間365日利用できる「プラチナコンシェルジュデスク」も使えて、各種予約やお取り寄せなども電話1本で可能になっています。

JCBプラチナのメリット・デメリット!

JCBプラチナのデメリット
  • 年会費が高い(27,500円)
  • 優待内容を活用できなければコスパは悪い
  • 還元率が0.5%と低め
JCBプラチナのメリット
  • 充実した優待を利用可能
  • 世界中のラウンジを利用できる
  • ステイタスの高いクレジットカード

JCBプラチナは通常申し込みできるJCBカードの中で最も高いグレードのプラチナカードです。

ステイタスが最高峰なのはもちろん、それにふさわしいサービス内容も付帯しています。

一方、年会費は高いので、優待内容を活用できてこそ、コスパの良いクレジットカードといえますね。

JCBプラチナはこんな人におすすめ

JCBプラチナは「世界中の空港ラウンジを利用したい人」「最高峰のサービスを使いたい人」におすすめです。

年会費はJCBゴールドの約3倍と結構高めなので、優待をフル活用できなければ、割高に感じてしまうかもしれません。

世界中の空港ラウンジを利用したい人や人気グルメ・ホテルをよく活用する方であれば、とってもコスパ良く上質なサービスが受けられるのでおすすめですね!

JCB CARD Wに関するQ&A

ここで、JCB CARD Wに関するQ&Aについてまとめています。

一問一答形式で簡単に解説しているので、サクッと目を通してみてくださいね。

JCB CARD Wを紛失した・盗難にあった場合はどうしたらいい?

JCB CARD Wを紛失したり盗難にあった場合は、JCBのサポートデスクに連絡を入れましょう。カード利用を停止し、新しいカードを発行してもらえます。

JCB CARD Wを不正利用された場合の対処法は?

JCB CARD Wを不正利用されたときは、すぐにカード券面裏の電話番号へ連絡を入れましょう。不正利用から60日以内であれば、原則その金額をJCBが負担してくれることになります。

JCB CARD Wの有効期限が切れた時の更新手続きは?

JCB CARD Wの有効期限が切れると、新しいカードが送られてきます。特にユーザー側から手続きをする必要はありません。

JCB CARD W(JCB CARD)の会社概要

名称 株式会社ジェーシービー(JCB Co., Ltd.)
設立 1961年1月25日
資本金 106億1,610万円(2019年3月末日現在)
代表取締役会長 兼 執行役員社長 浜川 一郎
従業員数 4,290名
時給制契約社員(サポーティブ・アソシエイト職)含
(2019年3月末日現在)
事業内容 クレジットカード業務、クレジットカード業務に関する各種受託業務、融資業務、信用保証業務、集金代行業務、前払式支払手段の発行ならびに販売業およびその代行業
本社 〒107-8686
東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア地図
主要株主 ジェーシービー従業員持株会、(株)三菱UFJ銀行、太陽生命保険(株)、(株)三井住友銀行、トヨタファイナンシャルサービス(株)、オリックス(株)、TIS(株)ほか(2019年4月1日現在)
主な子会社 株式会社ジェーシービー・サービス
株式会社ジェーシービー・インターナショナル
株式会社日本カードネットワーク
株式会社ジェイエムエス
株式会社JCBエクセ

JCB CARD Wのまとめ!

JCB CARD Wの注目ポイント
  • 39歳以下限定のクレジットカード
  • ポイント還元率が常に2倍!JCBカードの中では特にお得
  • JCB CARDが発行する信頼のおけるカード

JCB CARD Wについてまとめました。

JCB CARD Wは幅広い層におすすめできる万能なJCBカードということがわかったと思います!

基本還元率が1%と高く、さらにセブンやスタバなどの提携店では還元率がアップします。

年会費無料で利用できるので、少しでも気になった方はぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

JCB CARD Wの基本情報まとめ

基本情報

国際ブランド JCB
申込資格 原則として18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方
または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方
審査・発行 最短3営業日
インターネットでの支払口座設定ができる場合。
年会費 初年度 無料
2年目以降 無料
家族カード 初年度 無料
2年目以降 無料
ETCカード 初年度 無料
2年目以降 無料
発行手数料 無料
特典
法人追加カード 年会費
引落し口座
追加カード枚数

電子マネー

電子マネー QUICPay

利用枠・支払い

利用限度枠 ショッピング 10〜100万円
キャッシング 10〜100万円
利率 ショッピングリボ 公式サイト参照
キャッシング 公式サイト参照
支払い方法 1回払い
2回払い
ボーナス払い
リボ払い
分割払い
その他
締め日 毎月15日
支払日 翌月10日

ポイントプログラム

ポイントプログラム名 Oki Dokiポイント
付与率 1,000円 = 2ポイント
有効期限 2年間
還元率 1%
最低交換条件 200ポイント
交換・還元方法 キャッシュバック、航空マイル・提携ポイントへの移行、JCBギフトなど
ポイントモール名 Oki Doki ランド
提携ネットショップ Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、、ニッセン、ベルメゾンネット、無印良品ネットストアなど

付帯保険・補償

海外旅行傷害保険 最高2,000万円 (利用付帯)
国内旅行傷害保険
ショッピング保険 年間最高100万円まで(海外)
航空便遅延保険
ネット不正利用保険
その他の保険・補償

空港サービス

空港ラウンジ利用 国内
海外
プライオリティパス

車関連ロードサービス等

ロードサービス
ガソリン代特典 スタンド
特典内容
この記事のURLをコピーする