キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
JCBゴールドカード

JCBゴールドの完全ガイド!ポイント還元率やメリットを徹底解説

JCBゴールドカード
基本還元率 0.5%
貯まるポイント Oki Dokiポイント(1pt=5円)
ポイント交換先 キャッシュバック、Amazon利用、ギフトカード、dポイントなど
還元率UP条件 セブンイレブンやスタバなどのJCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店での利用
JCB海外加盟店の利用
年会費 11,000円(ネット入会で初年度無料)
ポイントのカウント方法 1,000円利用ごとに1ポイント
申し込み資格 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方(学生除く)
国際ブランド JCB
おすすめ度 5.0
特典・サービス
  • JCB海外加盟店でいつでもポイント2倍
  • 国内・ハワイの空港ラウンジ無料
  • Oki Doki ランド経由の買い物で還元率最大20倍
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高補償額1億円
  • 国内旅行保険:最高補償額5,000万円
  • ショッピング保険:最高500万円
ETCカード 年会費・発行手数料無料
電子マネー QUICPay
ApplePay
GooglePay
追加カード 家族カード
カードランク ゴールド
利用限度額 300万円(一時増額500万円)
注目ポイント
  • 海外旅行保険が最高1億円の高額補償
  • 国内主要空港・ハワイの空港ラウンジ利用無料
  • 海外旅行・ゴルフを楽しむ人におすすめのカード

JCBゴールドは、ネット申込みで初年度年会費が無料になり、旅行やグルメなどの特典が豊富なゴールドカードです。

通常還元率は0.5%ですが、海外での決済やOki Dokiランド利用で還元率が上がります。

高額補償の旅行保険やゴルフ優待、グルメ優待などがあり、充実した生活を楽しめるクレジットカードです。

目次

JCBゴールドをおすすめできる人・できない人

おすすめできる人
  • すぐにゴールドカードを作りたい人
  • 海外・国内旅行によく行く人
  • 空港ラウンジをお得に使いたい人
  • 有名ゴルフコースを楽しみたい人
  • 充実した保険で安心したい人
  • ETCカード・家族カードを年会費無料で持ちたい人
  • 信頼できるカード会社を選びたい人
おすすめできない人
  • ポイント還元率の高いカードを選びたい人
  • ずっと年会費無料で使いたい人
  • 旅行に全く行かない人

JCBゴールドは、収入の安定した20歳以上が対象で、旅行やグルメを楽しむ大人向けのクレジットカードです。

ポイント還元率や年会費無料にこだわる人には向きませんが、ワンランク上のサービスや高額補償を求める人にはおすすめできます。

安心して海外旅行やショッピングを楽しみたいなら、JCBゴールドが適していますよ!

JCBゴールドの7つのメリットを解説!

インターネット申込みで初年度年会費無料

JCBゴールドは、インターネット申込みで初年度の年会費が無料になります。

郵送や窓口では初年度から11,000円かかるので、お得に発行するならネット申込み必須です!

ネットなら支払い口座の設定もすぐにできるので、JCBゴールドを早く受け取ってすぐに使えますよ。

タナカ
本会員が初年度無料のとき、2枚目以降の家族カードの年会費(1,100円)も無料になりますよ。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーでの利用ならポイント還元率UP

JCBゴールドは、JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗でポイント還元率がUPします。

パートナー店舗とは、JCB ORIGINAL SERIESカードのポイント優待店です。

セブンイレブンやスターバックス、Amazonなど人気店舗がたくさんあり、ポイント2倍~10倍獲得できます。

普段使うお店でJCBゴールドを使うだけなので、ポイントを効率的に貯められますね。

最高補償額1億円の海外旅行保険が自動付帯

海外旅行 傷害死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療補償 300万円/1事故
賠償責任補償 1億円/1事故
携行品損害 50万円/1旅行中
国内旅行 傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院治療 5,000円/1日
通院費用 2,000円/1日

JCBゴールドは、旅行保険やショッピング保険が手厚い補償で自動付帯となっています。

海外旅行傷害保険では最高1億円も補償されるので、安心して海外旅行を楽しめますね。

ショッピングガード保険の補償も最高500万円なので、大きな買い物はJCBゴールドで決済しておくのがおすすめです。

航空機遅延保険も手厚い

JCBゴールドなら、出航遅延や乗継遅延、手荷物遅延などでかかった食事代や衣類代なども補償されます。保険金額は2万円〜4万円です。

国内・ハワイの空港ラウンジが無料

JCBゴールドは、国内の主要空港とハワイホノルル空港のラウンジを無料で利用できます。

利用するには、航空券とJCBゴールドを提示するだけでOKです。

空港で快適に過ごせるラウンジが無料で使えるのは、JCBゴールドの大きなメリットですね。

利用できる国内空港については、公式サイトで確認できます。

ハワイ以外の海外ラウンジはラウンジ・キーで使える

JCBゴールド会員が使えるラウンジ・キーは、世界1,100カ所以上のラウンジをUS32ドル(約3,500円)で利用できます。対象ラウンジは公式サイトで検索できますよ。

海外利用でいつでもポイント2倍

JCBゴールドで海外利用するとポイントが2倍貯まります。

通常還元率は0.5%なので、2倍だと1.0%還元です。

決済するだけで自動的に2倍ポイントですが、事前に「MyJチェック」に登録が必要なので忘れずに済ませておいてくださいね。

MyJチェックとはWEB明細のこと

MyJチェックとは、カード明細を紙で郵送するのではなく、WEBでチェックするサービスです。登録は無料で、MyJCBにログインすれば簡単に設定できます。公式サイトも参考にしてくださいね。

名門ゴルフコースの優待サービス

JCBゴールドでは、会員でないと予約できないような名門ゴルフコースなど、全国約1,200カ所のゴルフ場の予約が可能です。

有名コースのゴルフイベントや、JCBゴルファーズ倶楽部への入会もできます。

ゴルフ好きなら、JCBゴールドで存分にゴルフを楽しめますね。

グルメ優待サービスで飲食代20%OFF

JCBゴールドでは、全国約250店舗のレストランで飲食代が20%OFFになります。

割引を受けるには、事前予約・クーポンの提示・JCBゴールドでの支払いが必要です。

ホテルレストランやデパートの飲食店街など、多くのお店が対象なので全国でお得に外食を楽しめますね。

JCBゴールドの3つのデメリット!

JCBゴールドなら優待サービスなどでワンランク上のサービスを楽しめますが、人によってはデメリットもあります。

ここでは、JCBゴールドの3つのデメリットについてまとめているので、ぜひ目を通してくださいね。

使い方や料金面であまりおすすめできない人もいるので、重視ポイントがないかチェックしておきましょう。

基本ポイント還元率が低い

JCBゴールドの基本還元率は0.5%なので低いほうです。

パートナー店舗なら1.0%以上になりますが、それ以外のお店ではポイントを貯めにくいといえます。

同じコンビニや飲食店で還元率に差が出てくるのはデメリットですね。

還元率を重視するなら、楽天ゴールドAmazon Mastercardクラシックもおすすめですよ。

選べるのはJCBブランドのみ

JCBゴールドで選択できるのは当たり前ですがJCBブランドのみです。

日本ではシェアが高いので問題ないですが、海外となるとVisaやMasterCardなどのカードブランドが多く扱われています。

そのため、海外決済するときにJCB加盟店か確認する必要があり不便です。

海外で利用するときは、Visaなどの海外シェアが高いクレジットカードを持っておくと安心できますね。

年会費が必ずかかる

JCBゴールドの年会費11,000円は、毎年必ずかかります。

ネット申込みなら初年度無料ですが、それ以降は自動的に請求されます。

年会費分のポイント還元などがあるゴールドカードも他社ではありますが、JCBゴールドはこのようなサービスはありません。

その分、優待サービスなどでお得に楽しめるので損ではないですよ。

JCBゴールドで貯めたポイントの上手な活用方法を解説!

JCBゴールドでは、カード利用額1,000円に対してOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。

1ポイントは5円相当として使えますよ。

ここでは、貯まったOki Dokiポイントをお得に使えるおすすめな活用方法を紹介します。

使いやすい交換先を選んで、Oki Dokiポイントを賢く消費してくださいね。

【お得にポイントを使いたい人】nanacoやdポイントなど他ポイントへ移行がおすすめ

ポイント 交換率
nanacoポイント 1.0%
ベルメゾンポイント 1.0%
dポイント 0.8%
楽天ポイント 0.8%
Pontaポイント 0.8%
WAONポイント 0.8%
スターバックスカード 0.8%

上の表では、JCBゴールドで貯まったOki Dokiポイントのおすすめ交換先をいくつかまとめています。

還元率が高いnanacoポイントやベルメゾンポイントなら、Oki Dokiポイントを1ポイント=5円として最大活用できますよ。

nanacoポイントは、セブンイレブンだけでなくスーパーや家電量販店、ドラッグストアなど多くのお店で使えるので、移行先としては一番おすすめです。

dポイントや楽天ポイントなどの人気ポイントへも、1ポイント=4円として移行できるので、使える幅が広いですね。

クレカちゃん
Oki Dokiポイントの交換は、200ポイント以上から移行できる場合が多いので交換ハードルもそんなに高くないよ!その他の移行先ポイントについて公式サイトもチェックしてね。

【遊びを楽しみたい人】パークチケットへ交換がおすすめ

JCBゴールドで貯めたOki Dokiポイントは、ディズニーリゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどのパークチケットと交換できます。

ポイント交換率は、1ポイント=4.9~5.3円程度なのでお得です。

JCBならではの交換先なので、遊びを楽しむならOki Dokiポイントをパークチケットへお得に交換してくださいね!

クレカちゃん
ちなみにJCBプラチナカードならUSJ内のJCBラウンジが使えるよ!JCBプラチナについてはこちらをチェックしてね。

【旅行をお得にしたい人】JCBトラベルで旅行代金として使うのがおすすめ

JCBゴールドで貯めたOki Dokiポイントを、JCBトラベルの旅行代金に充当できます。

交換率としては、Oki Dokiポイント1ポイント=4円分として使えるので悪くないですね。

JCBトラベルでは、海外・国内旅行のほかにも、海外ホテル・国際航空券などもあるので用途に合わせて選べます。

JCBゴールドの審査に落ちる人ってどんな人?審査基準はこれ!

JCBゴールドは、決して安くない年会費がかかるゴールドカードなので、審査基準も一般カードより厳しいです。

ここでは、JCBゴールドの審査基準・落ちる原因を解説するので、心配な人はチェックしてくださいね。

過去に支払滞納していたり、特典目当ての入会を繰り返したりする人は要注意ですよ!

20歳以上で安定継続収入がある人が対象

JCBゴールドの申込対象者は、20歳以上で安定継続収入がある人です。

年会費や利用枠分の支払い能力があるのか厳しく審査されます。

収入が少ない・安定しない人、勤続年数が短い人などは審査に落ちる可能性があるので、若い人やフリーターなどは難しいです。

キャリアを積んで安定している人が持てるカードだと認識しておきましょう!

クレカちゃん
学生は、20歳以上で安定収入があっても申込みできません。

信用情報に問題があると落ちる可能性大

JCBゴールドは一般カードより審査が厳しいので、信用情報に問題があれば審査に落ちる可能性は高いです。

過去に未払いや延滞、債務整理などの経験があると、信用情報機関に事故情報が残ります。

信用機関の情報は、審査時にカード会社が必ず確認するので、もしブラックリスト入りしているなら審査落ちは必須です。

そのような経験がなければ問題ありませんよ。

逆にスーパーホワイトでも審査落ちする可能性

クレジットカードやローンなどを一切利用したことがない人を「スーパーホワイト」といいます。信用情報機関に全く情報がないので、カード会社は信用力の判断ができません。年齢を重ねているのにスーパーホワイトだと、審査落ちする可能性があります。

短期間に複数カードの申込みはNG

JCBゴールド含め、複数のクレジットカードを短期間に申込み・解約していると審査落ちの可能性があります。

カードの申込み状況も信用情報機関で確認できるので、貸し倒れなどのリスクがあると判断されてしまいます。

審査が厳しいJCBゴールドなら特に引っかかりやすいですね。

カードの特典やポイントサイトの稼ぎを得るために、複数カードに申込みしている人は注意が必要です。

カード申込み情報は6ヶ月保存される

クレジットカードの申込み情報は、信用情報機関に6ヶ月間保存されます。複数カードの申込み履歴がある人は6ヶ月以上空けてからJCBゴールドの申込みをしてくださいね。

JCBゴールドの入手までの4つの流れを解説!

JCBゴールドの申込みは、初年度年会費無料になるネット申込みがおすすめです。

口座登録もネットで済ませると、カード発送までがスムーズですよ。

ここでは、JCBゴールドの申込み手順を解説するので、完了までの流れをイメージしてみてくださいね。

インターネットから申し込む

JCBゴールドは、手続きがスムーズなネット申込みがおすすめです。

対象口座を持っていれば、郵送などのやり取りもなくネットで完結できますよ。

ネット申込みで必要な情報・書類には、以下のようなものがあります。

  • 住所、電話番号などの個人情報
  • 勤務先、年収やローンなどの経済状況の情報
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 支払口座の情報

支払口座をオンラインで設定する場合は、本人確認書類がなくてもOKです。

郵送で支払口座を設定するなら、本人確認書類をアップロードまたはコピーの郵送が必要となります。

特別な書類や操作は必要ないので、ネット申込みは簡単ですよ。

急ぎなら最短翌日お届けも可能

平日11時までにネット申込み・口座登録が完了して、12時までに審査が完了した場合は、最短で翌日にJCBゴールドが届きます。ゴールドカードなのにこの速さはめったにありませんね。

引き落とし口座を登録する

JCBゴールドでは、引き落とし口座のオンライン登録が便利でおすすめです。

金融機関の預金通帳・キャッシュカードまたはネットバンキング契約カードがあれば設定できます。

公式サイトの対象金融機関一覧をチェックして、対象の口座があればオンライン設定してみてくださいね。

審査に通過するまで待機

JCBゴールドのネット申込みをすると、当日~数日中に審査結果がメールで届くのでそれまで待機します。

「カードオンライン入会判定結果のお知らせ」というメールが届くので、そこで結果を確認してくださいね。

審査に通過していれば、ログイン情報の案内やカード発送目安などがメールに記載されています。

郵送(本人限定)でカードが送られてくる

審査通過メールが届いてから、1~3週間でJCBゴールドが郵送で自宅まで送られてきます。

受け取りは本人限定なので、自宅・実家・単身赴任先などいくつか住所がある場合は注意してくださいね。

口座設定・本人確認を郵送で行うとカード発送まで3週間程度かかるので、JCBゴールドの申込みはすべてオンラインがおすすめです!

クレカちゃん
基本的に本人確認書類と同じ住所にカードが発送されるよ!

JCBゴールドの基礎知識を9つ解説!

ここでは、JCBゴールドの基礎知識を詳しく解説します。

基本的な内容をしっかり把握しておけば、JCBゴールドを上手に使いこなせますよ!

後から困らないように、一通り確認してくださいね。

締め日・支払日

JCBゴールドの締め日は毎月15日、支払日が翌月10日です。

10日が土日祝の場合は翌営業日に支払いとなります。

支払い日前に、請求金額分が口座にあるか確認しておきましょう。

請求金額はMyJCBで確認しよう

カード請求金額は、15日に締めて24日ごろに確定します。確定金額は、MyJCBにログインして確認してくださいね。

請求書発行される時期

JCBゴールドの請求金額が確定するのは毎月24日ごろなので、請求書は毎月24日~月末までに郵送されます。

請求書が届いたら、必ず利用明細やポイントなどを確認しましょう。

また、JCBでは自然環境保護のため紙の削減に取り組んでいるので、郵送ではなくWEB明細も検討してみてくださいね。

WEB明細「MyJチェック」への移行

MyJCBにログインして、「WEB明細の設定(MyJチェック)」を登録すれば請求明細は郵送されず、WEBで確認できるようになります。

年会費の引き落とし時期

JCBゴールドの年会費は11,000円です。

年会費の引き落とし時期は、カードの有効期限月から3か月後の10日となります。

例えば、カードの有効期限が「20XX年6月」の場合、3か月後の10日である9月10日が毎年の年会費引き落とし日です。

初年度の引き落とし時期だけ違う

JCBカードは、初年度の年会費引き落とし日だけ違います。カードの有効期限月から1か月後の10日です。ただし、JCBゴールドをネット申込みすれば初年度無料なのでそんなに気にしなくて大丈夫ですよ。

ボーナス払い

利用期間 支払い日
夏のボーナス1回払い 12/16~6/15 8/10
冬のボーナス1回払い 7/16~11/15 1/10

JCBゴールドはボーナス1回払いに対応しています。

上の表のように、夏期間・冬期間に利用した分が、8月と1月に引き落としされるスケジュールです。

一部利用できない店舗もあるので、支払うお店で確認してからボーナス払いを利用してくださいね。

ちなみに、ボーナス払いの手数料は無料です。

リボ払い

JCBゴールドはリボ払いに対応しています。

手数料は実質年利8.04~18.0%かかるので、返済期間が長くならないよう計画的に行ってくださいね。

JCBではショッピングリボ払いのシミュレーションもできるので、リボ払いをする前に期間や手数料をイメージしておくのがおすすめです。

増枠

JCBゴールドは、限度額300万円の範囲で増額申請が可能です。

審査が必要なので、必ず増額されるとは限りません。

逆に、今までのカード利用実績が良ければ増枠できる可能性が上がりますよ。

一時増額は500万円まで可能

一時的に増額する場合は、MyJCBから500万円まで申請可能です。それ以上増額するときはJCBオーソリセンターへ電話する必要があります。

ETCカード

JCBゴールドでは、ETCカードを年会費無料で発行可能です。

利用料金は、JCBゴールドの請求と合わせて支払いとなります。

MyJCBや電話・書面で申込み手続してから、1~2週間で届きますよ。

口座変更

JCBゴールドの支払口座の変更は、MyJCBで手続きできます。

MyJCBにログインして「お客様情報の照会・変更」から変更してくださいね。

毎月20日までに手続き完了すれば、翌月10日支払い分から新口座に変更されます。

クレカちゃん
口座以外にも、名前変更・住所変更・勤務先変更・郵送物送付先などもMyJCBで変更できるよ!

解約&退会

JCBゴールドの解約・退会は電話で行うことができます。

カード裏面に記載されている発行会社まで連絡してくださいね。

ポイント残高や年会費の支払い時期などを確認してから解約手続きしましょう。

JCBゴールドの独自の知識

JCBゴールド 独自知識

JCBゴールドでしか利用できない独自の知識について解説します。

難しい内容ではないので、実際に使う前にぜひチェックしてくださいね。

旅行傷害保険の使い方

JCBゴールドには高額の旅行傷害保険が付帯しています。

実際に海外・国内の旅行先で怪我などを負ったとき、手続きすれば保険金がおります。

パスポートや医師の診断書・事故証明書などの必要書類を提出して保険金を請求してくださいね。

海外旅行中なら24時間対応デスクがあるので、医療機関の紹介やキャッシュレス治療などの案内を受けられます。

無料ラウンジの利用方法

JCBゴールドは、国内主要空港・ハワイの空港でラウンジを無料で使えます。

使い方は、当日の搭乗券とJCBゴールドを提示するだけです。

家族会員も利用できるので、家族みんなでラウンジを使えます。

もし、JCBゴールドを忘れたらラウンジは利用できないので、注意してくださいね。

JCBゴールドを使っている人の良い&悪い口コミ評判!

JCBゴールド 口コミ

JCBゴールドでは、ワンランク上のさまざまなサービス・優待が利用できるとわかりましたね。

次に、実際にJCBゴールドを使っている人の良い口コミ・悪い口コミを紹介していきます。

利用者が感じている使い勝手や感想をチェックして、JCBゴールドについてもっと知っておきましょう!

JCBゴールドの悪い口コミ評判

JCBゴールドの良い口コミ評判

JCBゴールドの口コミ評判まとめ

JCBゴールドの悪い・良い評判口コミについてまとめました。

全体的に良い評判が多くて、JCBゴールドに満足している人が多いとわかりますね!

それぞれの口コミ内容を簡単にまとめるので、もう一度チェックしてみましょう。

悪い評判まとめ
  • 毎月届く冊子がいらない
  • メリットがない
  • 使えない空港ラウンジもある
良い評判まとめ
  • 海外出張・旅行が多くても安心
  • ディズニー目的ならおすすめ
  • 空港ラウンジを使えるのが良い

JCBゴールドの口コミ・評判をまとめるとこれらの意見が目立ちました。

やはり空港や海外渡航が多い人・ディズニー好きの人にはメリットが多くて満足している様子ですね。

人によっては年会費以上の還元を期待できるおすすめのゴールドカードです!

【グレード別】JCBゴールドとは別に4種類のカードも比較!

← 横にスクロールできます →
年会費 還元率 付帯保険 特典・サービス
JCB CARD WJCB CARD W 無料 1% 海外旅行保険:最高補償額2,000万円
  • 入会後3ヶ月間ポイント4倍
  • ポイント還元率が常に2倍(1%)
  • Oki Doki ランド経由の買い物で還元率最大20倍
JCB CARD plus LJCB CARD W plus L 無料 1% 海外旅行保険:最高補償額2,000万円
  • 女性向け保険などが充実
  • 入会後3ヶ月間ポイント4倍
  • ポイント還元率が常に2倍(1%)
  • Oki Doki ランド経由の買い物で還元率最大20倍
JCB一般カードJCB一般カード 1,375円 0.5%
  • 海外旅行保険:最高補償額3,000万円
  • 国内旅行保険:最高補償額3,000万円
  • ショッピング保険:最高補償額100万円(海外)
  • Oki Doki ランド経由の買い物で還元率最大20倍
  • ネット申し込みで初年度無料
JCBゴールドJCBゴールドカード 11,000円 0.5%
  • 海外旅行保険:最高補償額1億円
  • 国内旅行保険:最高補償額5,000万円
  • ショッピング保険:最高補償額500万円
  • 空港ラウンジサービス
  • グルメ優待サービス
  • Oki Doki ランド経由の買い物で還元率最大20倍
JCBプラチナJCBプラチナカード 27,500円 0.5%
  • 海外旅行保険:最高補償額1億円
  • 国内旅行保険:最高補償額1億円
  • ショッピング保険:最高500万円
  • プライオリティ・パス付帯
  • グルメ・ベネフィットやコンシェルジュデスクなどの優待
  • Oki Doki ランド経由の買い物で還元率最大20倍

JCB CARD W

JCB CARD W

基本還元率 1%
貯まるポイント Oki Dokiポイント(1pt=5円)
ポイント交換先 キャッシュバック、Amazon利用、ギフトカード、dポイントなど
還元率UP条件 セブンイレブンやスタバなどのJCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店での利用
入会後3ヶ月間はポイント4倍
年会費 無料
ポイントのカウント方法 1,000円利用ごとに2ポイント
申し込み資格 18歳~39歳
国際ブランド JCB
おすすめ度 5.0
特典・サービス
  • 入会後3ヶ月間ポイント4倍
  • ポイント還元率が常に2倍(1%)
  • Oki Doki ランド経由の買い物で還元率最大20倍
付帯保険 海外旅行保険:最高補償額2,000万円
ETCカード 年会費・発行手数料無料
電子マネー QUICPay
追加カード 家族カード
カードランク 一般
利用限度額 10~100万円

JCB CARD Wの特徴

注目ポイント
  • 39歳以下限定のクレジットカード
  • ポイント還元率が常に2倍!JCBカードの中では特にお得
  • JCB CARDが発行する信頼のおけるカード

JCB CARD Wは39歳以下限定で申し込みが可能なクレジットカードです。

年会費が永年無料・1%の高還元率で、JCBで最もお得なカードの1つになっています。

セブンイレブンやスタバなど提携店でのポイントアップ、Oki Dokiランドでのネットショッピングの還元率UPなど、お得な特典も豊富です。

JCB CARD Wのメリット・デメリット!

JCB CARD Wのデメリット
  • 39歳以下しか申し込みができない
  • 利用明細はWEBでしか確認できない
  • JCBスターメンバーズは対象外
JCB CARD Wのメリット
  • 通常還元率が1%と高い
  • 最高補償額2,000万円の海外旅行保険が付帯
  • 年会費が永年無料

JCB CARDはJCBプラチナとは違って、より一般向けの年会費無料カードです。

ポイント還元率も高めに設定されているので、プラチナほどの特典や優待を重視しない人にはJCB CARD Wがおすすめです。

JCB CARD Wはこんな人におすすめ

JCB CARD Wは39歳以下の人、主に国内利用を想定している人であれば、ほとんどの人におすすめできるクレジットカードです。

また、セブンイレブンやスターバックスなどのJCB ORIGINAL SERIESパートナーを頻繁に利用する人なら特におすすめです。

年会費無料で損をすることはないので、気になったら申し込んでおいても損はありませんよ!

JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus L

基本還元率 1%
貯まるポイント Oki Dokiポイント(1pt=5円)
ポイント交換先 キャッシュバック、Amazon利用、ギフトカード、dポイントなど
還元率UP条件 セブンイレブンやスタバなどのJCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店での利用
入会後3ヶ月間はポイント4倍
年会費 無料
ポイントのカウント方法 1,000円利用ごとに2ポイント
申し込み資格 18歳~39歳
国際ブランド JCB
おすすめ度 5.0
特典・サービス
  • 女性向け保険などが充実
  • 入会後3ヶ月間ポイント4倍
  • ポイント還元率が常に2倍(1%)
  • Oki Doki ランド経由の買い物で還元率最大20倍
付帯保険 海外旅行保険:最高補償額2,000万円
ETCカード 年会費・発行手数料無料
電子マネー QUICPay
追加カード 家族カード
カードランク 一般
利用限度額 10~100万円

JCB CARD W plus Lの特徴

注目ポイント
  • 女性特有の疾病などの女性向け保険が充実
  • JCB CARD Wと基本的な性能は同じ
  • LINDAリーグの優待を利用可能

JCB CARD W plus Lは女性向け特典が充実したカードです。

具体的には、乳がんや子宮癌などの女性疾病への保険プラン、ストーカー被害への保険などがあります。

また、「女性向け」ではありますが、男性の申し込みも可能です。

JCB CARD W plus Lのメリット・デメリット!

JCB CARD W plus Lのデメリット
  • JCBブランドしか選べない
  • 利用明細はWEBでしか確認できない
  • JCBスターメンバーズは対象外
JCB CARD W plus Lのメリット
  • JCB CARD Wと同様の基本性能
  • 女性向け特典が充実
  • 券面デザインがピンクでかわいい

JCB CARD W plus Lの年会費や還元率、追加カードなどの基本的な性能はJCB CARD Wと全く変わりません。

それにプラスアルファして女性向け特典が付帯しているイメージです。

JCB CARD W plus Lはこんな人におすすめ

JCB CARD W plus Lは、

  • 女性らしいデザインのカードを選びたい人
  • 女性疾病などの保険を活用したい人
  • JCB CARD Wのようなお得なカードが欲しい人

このような人におすすめです。

年会費無料で利用できるので、気軽に申し込んでも損はありませんね。

JCB一般カード

JCB一般カード

基本還元率 0.5%
貯まるポイント Oki Dokiポイント(1pt=5円)
ポイント交換先 キャッシュバック、Amazon利用、ギフトカード、dポイントなど
還元率UP条件 セブンイレブンやスタバなどのJCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店での利用
年会費 1,375円(条件付き無料)
ポイントのカウント方法 1,000円利用ごとに1ポイント
申し込み資格 18歳以上
国際ブランド JCB
おすすめ度 3.0
特典・サービス
  • Oki Doki ランド経由の買い物で還元率最大20倍
  • ネット申し込みで初年度無料
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高補償額3,000万円
  • 国内旅行保険:最高補償額3,000万円
  • ショッピング保険:最高補償額100万円(海外)
ETCカード 年会費・発行手数料無料
電子マネー QUICPay
追加カード 家族カード
カードランク 一般
利用限度額 10~100万円

JCB一般カードの特徴

注目ポイント
  • JCBの最も基本的なカード
  • 申し込みの年収制限・年齢制限なし
  • JCBスターメンバーズで利用額に応じて還元率UP

JCB一般カードは、JCBカードの中でも最も基本的なグレードのカードになります。

還元率や年会費ではJCB CARD Wに劣りますが、定番カードとして人気は根強いです。

JCB一般カードのメリット・デメリット!

JCB一般カードのデメリット
  • 還元率が0.5%と低め
  • 年会費がかかる
  • 海外利用はしづらいかも
JCB一般カードのメリット
  • JCBスターメンバーズでポイント還元率UP
  • セブンやスタバなどの提携店で還元率UP
  • 人気の根強い定番カード

JCB一般カードは、性能の面では同じ一般カードであるJCB CARD Wには若干劣ります。

そのため、39歳以下であれば基本的にはJCB CARD Wがおすすめです。

JCB一般カードはこんな人におすすめ

JCB一般カードがおすすめなのは、40歳以上でJCBの一般グレードのカードを持ちたい人です。

39歳以下であれば、同じグレードのJCB CARD Wの方が年会費無料で還元率が高いので、そちらがおすすめになります。

とはいえ、JCBの定番カードなので、持っていても恥ずかしくない・普段使いには困らないカードです。

JCBプラチナ

JCBプラチナカード

基本還元率 1%
貯まるポイント Oki Dokiポイント(1pt=5円)
ポイント交換先 キャッシュバック、Amazon利用、ギフトカード、dポイントなど
還元率UP条件
  • セブンイレブンやスタバなどのJCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店での利用
  • JCBスターメンバーズの利用額に応じてポイントUP
年会費 27,500円
ポイントのカウント方法 1,000円利用ごとに1ポイント
申し込み資格 20歳以上、安定した収入
国際ブランド JCB
おすすめ度 4.0
特典・サービス
  • プライオリティ・パス付帯
  • グルメ・ベネフィットやコンシェルジュデスクなどの優待
  • Oki Doki ランド経由の買い物で還元率最大20倍
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高補償額1億円
  • 国内旅行保険:最高補償額1億円
  • ショッピング保険:最高補償額500万円
ETCカード 年会費・発行手数料無料
電子マネー QUICPay
追加カード 家族カード
カードランク プラチナ
利用限度額 無制限

JCBプラチナの特徴

注目ポイント
  • プライオリティパス付帯で世界中のラウンジを使える
  • 人気レストランの優待
  • プラチナコンシェルジュデスクを利用可能

JCBプラチナはゴールドのさらに上級カードで、優待内容が超充実しています。

ラウンジサービスはもちろん、グルメ関連やホテル予約関連などの特典も付帯。

24時間365日利用できる「プラチナコンシェルジュデスク」も使えて、各種予約やお取り寄せなども電話1本で可能になっています。

JCBプラチナのメリット・デメリット!

JCBプラチナのデメリット
  • 年会費が高い(27,500円)
  • 優待内容を活用できなければコスパは悪い
  • 還元率が0.5%と低め
JCBプラチナのメリット
  • 充実した優待を利用可能
  • 世界中のラウンジを利用できる
  • ステイタスの高いクレジットカード

JCBプラチナは通常申し込みできるJCBカードの中で最も高いグレードのプラチナカードです。

ステイタスが最高峰なのはもちろん、それにふさわしいサービス内容も付帯しています。

一方、年会費は高いので、優待内容を活用できてこそ、コスパの良いクレジットカードといえますね。

JCBプラチナはこんな人におすすめ

JCBプラチナは「世界中の空港ラウンジを利用したい人」「最高峰のサービスを使いたい人」におすすめです。

年会費はJCBゴールドの約3倍と結構高めなので、優待をフル活用できなければ、割高に感じてしまうかもしれません。

世界中の空港ラウンジを利用したい人や人気グルメ・ホテルをよく活用する方であれば、とってもコスパ良く上質なサービスが受けられるのでおすすめですね!

JCBゴールドに関するQ&A

JCBゴールド Q&A

JCBゴールドを利用するにあたって、よくある疑問・質問を解説します。

Q&A形式で見やすく回答しているので、ぜひチェックして素朴な疑問を解決してくださいね。

JCBゴールドの優待内容とは?

JCBゴールドの優待内容は、高額な旅行傷害保険や、空港ラウンジ無料、ゴルフ・グルメ優待などがあります。

JCBゴールドで使えるハワイの空港ってどこ?

JCBゴールドで使えるハワイの空港は、ダニエル・K・イノウエ国際空港です。ホノルルにあり多くの日本人が利用する空港です。

JCBゴールドは招待されないと発行できないの?

JCBゴールドは招待制ではないので、学生でなければ誰でも申込みできます。

JCBゴールド(JCB CARD)の会社概要

名称 株式会社ジェーシービー(JCB Co., Ltd.)
設立 1961年1月25日
資本金 106億1,610万円(2019年3月末日現在)
代表取締役会長 兼 執行役員社長 浜川 一郎
従業員数 4,290名
時給制契約社員(サポーティブ・アソシエイト職)含
(2019年3月末日現在)
事業内容 クレジットカード業務、クレジットカード業務に関する各種受託業務、融資業務、信用保証業務、集金代行業務、前払式支払手段の発行ならびに販売業およびその代行業
本社 〒107-8686
東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア地図
主要株主 ジェーシービー従業員持株会、(株)三菱UFJ銀行、太陽生命保険(株)、(株)三井住友銀行、トヨタファイナンシャルサービス(株)、オリックス(株)、TIS(株)ほか(2019年4月1日現在)
主な子会社 株式会社ジェーシービー・サービス
株式会社ジェーシービー・インターナショナル
株式会社日本カードネットワーク
株式会社ジェイエムエス
株式会社JCBエクセ

JCBゴールドのまとめ!

JCBゴールドの注目ポイント
  • 年会費11,000円はネット申込みで初年度無料!
  • 海外渡航が多い人は高額保険やラウンジ利用が便利
  • 日本全国のゴルフコースやレストランの優待がお得

JCBゴールドの特徴や評判などについてまとめました。

年会費はそれなりにかかりますが、その分さまざまな優待サービスで旅行・グルメ・保険などがお得に利用できるとわかりましたね。

さらに、ディズニー好きならカードデザインやチケット交換で満足できるカードですよ。

ネット申込みなら審査やカード発行までスムーズにできるので、気になった方は公式サイトをぜひチェックしてくださいね!

JCBゴールドの基本情報まとめ

基本情報

国際ブランド JCB
申込資格 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方(学生不可)
審査・発行 最短当日発行
(平日11時までにオンライン申込み・口座設定ができる場合)
年会費 初年度 11,000円
(ネット申込みなら無料)
2年目以降 11,000円
家族カード 初年度 1枚目無料
2枚目以降1,100円
2年目以降 1枚目無料
2枚目以降1,100円
ETCカード 初年度 無料
2年目以降 無料
発行手数料 無料
特典
法人追加カード 年会費
引落し口座
追加カード枚数

電子マネー

電子マネー QUICPay

利用枠・支払い

利用限度枠 ショッピング 300万円
キャッシング 300万円
利率 ショッピングリボ 公式サイト参照
キャッシング 公式サイト参照
支払い方法 1回払い
2回払い
ボーナス払い
リボ払い
分割払い
その他
締め日 毎月15日
支払日 翌月10日

ポイントプログラム

ポイントプログラム名 Oki Dokiポイント
付与率 1,000円 = 1ポイント
有効期限 3年間
還元率 0.5%
最低交換条件 1ポイント
交換・還元方法 キャッシュバック、航空マイル・提携ポイントへの移行、JCBギフトなど
ポイントモール名 Oki Doki ランド
提携ネットショップ Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、、ニッセン、ベルメゾンネット、無印良品ネットストアなど

付帯保険・補償

海外旅行傷害保険 最高1億円 (利用付帯)
自動付帯は最高5,000万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 (自動付帯)
ショッピング保険 最高500万円
航空便遅延保険 2~4万円限度
ネット不正利用保険
その他の保険・補償

空港サービス

空港ラウンジ利用 国内 国内主要空港
海外 ダニエル・K・イノウエ国際空港
プライオリティパス

車関連ロードサービス等

ロードサービス
ガソリン代特典 スタンド
特典内容
この記事のURLをコピーする