キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト

ライフカードビジネス(法人)の特徴やメリット・デメリットを解説!

項目 内容
基本還元率 0.5%
貯まるポイント LIFEサンクスポイント
ポイントの交換先
  • dポイント
  • ベルメゾン・ポイント
  • 楽天ポイント
  • ANAマイレージクラブ
  • WALLET ポイント
  • Gポイント
  • Vプリカ
  • ANA SKY コイン
  • Amazonギフト券
還元率がアップする条件 特になし
ポイントの有効期限 最大2年
年会費 年会費無料
キャッシュレス・消費者還元制度 対応
ポイントカウント方法 利用金額1000円につき1ポイント
申込み資格 法人または個人事業主
国際ブランド
  • JCB
  • VISA
  • MasterCard
おすすめ度 4.0
特典・サービス
  • 会計ソフトfreee(フリー)2000円クーポン
  • 弁護士無料相談サービス
  • LIFE CARD GOLD会員専用ラウンジ

など

付帯保険
  • 海外旅行傷害保険2000万円
  • 国内旅行傷害保険1000万円
  • シートベルト障害保険200万円
ETCカード 無料
電子マネー
  • 楽天Edy
  • nanaco
  • モバイルSuica
追加カード あり
カードランク 通常のライフカードビジネスもあり
利用限度額 ~500万円
ライフカードビジネスの注目ポイント
  • 無料でプライベートとビジネスのお金の管理を分けられる
  • 無料で複数枚カードが作れる
  • ETCカードが年会費無料で手に入る

ライフカードビジネスは、お金をかけずにビジネスカードを持ちたい法人や個人事業主の方におすすめのクレジットカードです。

ライフカードビジネスは年会費はずっと無料無料で何枚でも発行できるので、余計なお金をかけずに社員に配ることができます。

年会費無料のETCカードが発行できるので、社用車や個人事業主の方の車に取り付けて使えます。

鈴木
仕事の経費はプライベートのクレカでは落ちないので、個人事業主の方はビジネスカードを持っておくようにしてくださいね。
\年会費・ETC無料で何枚でも発行できる法人カード!/

ライフカードビジネスの公式HPへ

目次

ライフカードビジネスをおすすめできる人&できない人

ライフカードビジネスをおすすめできる人
  1. ビジネスカードを持ちたい個人事業主
  2. ビジネスカードを持ちたい法人
  3. 無料でETCカードが欲しい方
  4. 会社の社員複数人にクレジットカードを持たせたい方
  5. 会社の経費を削減したい方
  6. 年会費無料のビジネスカードを作りたい方
ライフカードビジネスをおすすめできない人
  1. ポイントを貯めたい人
  2. キャッシングを利用したい人
  3. 傷害保険のあるカードを使いたい人
  4. 空港ラウンジサービスを利用したい人

ライフカードビジネスは、年会費やETCカードの発行、何枚発行してもOKなので、お金をかけずに法人カードを持ちたい個人事業主や法人におすすめです。

ただし、こうしたサービスが無料な分、ポイントが付かなかったり、空港ラウンジが使えなかったりと、付帯サービスの充実度は今一つです。

「年会費が少しかかってもいいので付帯サービスを充実させたい」という人は、ワンランク上のライフカードゴールドビジネスがおすすめです。

鈴木
どのサービスが必要かを見極めて利用するようにしてくださいね。
\年会費・ETC無料で何枚でも発行できる法人カード!/

ライフカードビジネスの公式HPへ

ライフカードビジネスの4つのメリットは!

それぞれ詳しくご案内していきますね。

年会費はずっと無料

ライフカードビジネスは年会費無料のクレジットカードです。もちろん、初年度だけでなくずっと無料です。

それでいて、MasterCard、JCB、Visaの主要ブランド3種が用意されていますし、ショッピング枠が最大500万円と高額です。

無料で何枚でもカードが作れる

ライフカードビジネスは、無料で何枚でもカードが発行できます

経理の社員に持たせたり、出先で経費を使う営業社員に持たせたり、多様な使い方ができます。

経理の処理が楽になる

利用分は月に1度まとめて引き落とされるので都度の経費精算がなくなりますし、オンラインで利用状況が分かりますので、仕事の効率化に繋がります。

社員の負担を減らした分、売り上げにつながる活動に貴重な時間や人材を向けられます。

無料でETCカードが作れる

一般的にETCカードの発行手数料は1,000円ほどですが、ライフカードビジネスでは無料で発行できます

個人事業主で車を利用する人や社用車がある企業で「少しでも経費削減をしたい」という場合は導入を検討してみてくださいね。

限度額200万円以下だと手続きが簡単

ショッピング枠の限度額が200万円以下の場合は、必要書類が少なく、手続きが簡単です。

ETCカードを作る際に必要な書類
  1. 法人の場合:登記事項証明書、代表者の本人確認書類
  2. 個人事業主の場合:事業主の本人確認書類

とくに個人事業主の方は免許証や保険証一つで申請できるので時間がかかりません。

法人の場合は登記事項証明書が必要ですが、現在ではオンラインで数日で取得できるので、それほど負担ではありません。

クレカちゃん
無料で何枚でもカード作れるっていいね!
鈴木
ビジネスカードでは追加カードの上限があるものがありますが、無制限というのは太っ腹だね。

ライフカードビジネスの4つのデメリットは!

ポイント還元がない

ライフカードにはサンクスポイントという独自のポイントサービスがあるのですが、ライフカードビジネスにはポイントサービスがありません

大きな買い物をするときは、少しもったいないですね。

付帯保険がない

ライフカードといえば、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険などの付帯保険が手厚いことで有名ですが、ライフカードビジネスには付帯保険がありません

海外出張でのトラブルに備えておきたい方には不便です。

キャッシング枠がない

ライフカードビジネスではキャッシングは利用できません

例えば出先で取引先と商談が決まり急に現金が必要になるようなビジネスの場合は向いていません。

限度額200万円超だと手続きが少し面倒

利用限度額を200万円以上に設定する際に必要な書類
  1. 法人の場合:登記事項証明書、代表者の本人確認書類、決算書2期分
  2. 個人事業主の場合:事業主の本人確認書類、確定申告書2期分

このようにショッピング枠の利用限度額を200万円超~500万円に設定したい場合には、必要書類が多くなり手続きの負担が大きくなります。

法人の場合は決算書2期分、個人事業主の場合は確定申告書2期分が追加で必要になります。

クレカちゃん
年会費無料な分、あったら便利なサービスが削られているんだね
鈴木
そうだね。だから自分に必要なサービスを見極めてコストを削りたいという人向けの法人カードだね。

ライフカードビジネスの3つの上手な活用方法は!

ライフカードビジネスの特徴を活かした上手な使い方をご紹介します。

社員複数に配って経費を一元管理

ライフカードビジネスは無料で何枚でもカードを作れるのが特徴です。経理の方や営業さんなど、複数の社員に持たせて使えます。

経費は月に1度まとめて請求されるため都度の精算が無くなりますし、明細はオンラインで分かるので、時間の有効活用に役立ちます。

社用車にETCカードを取付ける

ライフカードビジネスでは、カード1枚につき1枚無料でETCカードを発行できます

高速道路を利用する仕事の場合、社用車分のクレカとETCカードを発行する必要がありますが、ライフカードビジネスなら一切お金がかかりません。

私用と仕事用と切り分けて所有する

プライベートと仕事のクレジットカードを分けていないと確定申告の時などに仕事の利用分のみ抽出しなければいけないのでとても面倒ですよね。

ライフカードビジネスなら年会費もずっと無料でビジネスカードが手に入るので、気軽に仕事とプライベートの支出を管理することができますよ。

\年会費・ETC無料で何枚でも発行できる法人カード!/

ライフカードビジネスの公式HPへ

ライフカードビジネスの審査に落ちる人ってどんな人?2つの審査基準はこれ!

ライフカードビジネスの審査基準
  1. 決算書、確定申告書が正しく作成されていること
  2. 他クレジットカード、ローンなどの支払いが円滑なこと

ライフカードビジネスの審査基準について、詳しく見ていきましょう。

決算書、確定申告書が正しく作成されていること

希望限度額が200万円を超える場合に、決算書や申告書が必要となります。正しく作成されていないと審査に通りません。

また、この書類で支払い能力も審査されます。能力がないと判断されてしまうと審査に通りません。

他クレジットカード、ローンなどの支払いが円滑なこと

他の法人カードで取引の支払いや経費の支払いが滞っている場合は、審査に通らないことがあります。

また、個人事業主の場合、プライベートのクレカの支払いが滞っていると審査に通らないことがあります。

ライフカードビジネスの入手までの4つの流れを解説

ライフカードビジネスを入手するのに必要な4ステップを順番にご紹介します。

必要情報をオンラインで入力

まずはライフカードビジネスの公式HPにアクセスし、「オンライン申し込みはこちら」ボタンから申し込みができます。

希望のカードや枚数、ETCカードを同時に発行するかなどを選択し、設立や年商、代表者情報などの必要情報を入力します。

法人の場合は、利益、資本金、決算月も必要です。

引き落とし口座をオンラインで設定

引き落としをしたい口座の金融機関サイトにアクセスしてみてください。

口座振替の受付サービスページから、ライフカードビジネスの引き落とし先に設定します。

審査結果メールを受け取る

審査が完了すると入力したメールアドレスに審査結果メールが送られてきます。

必要情報を入力してから最短1営業日後に届きます。申し込み後は頻繫にメールをチェックしておきましょう。

カードが届く

申し込み時に入力した住所に、簡易書留郵便または本人限定郵便でカードが届けられます。申し込みから最短3営業日後に手に入ります。発行されれば即時利用可能です。

利用残高や明細を簡単に確認したい場合には、会員専用サービス「LIFE-WebDesk」に登録しましょう。

LIFE-WebDeskはパソコン、スマホのアプリからいつでも確認することができる便利なサービスです。

ライフカードビジネスの10の基礎知識

法人カード検討中を検討中のあなたに、基礎知識を1つずつご案内していきますね。

締め日

ライフカードビジネスの締め日は毎月5日です。この日までに、口座に十分なお金があるか確認しておきましょう。

支払い日

ライフカードビジネスの支払い日は次の2つから選べます。

ライフカードビジネスの支払い日
  • 当月27日
  • 翌月3日

原則はこのどちらかになりますが、金融機関によっては支払い日が前後する場合があります

請求書発行日

ライフカードビジネスは支払い日によって請求書発行日が異なります。

ライフカードビジネスの請求書発行日
  • 当月27日払い→当月11日頃発行
  • 翌月3日払い→当月27日頃発行

大型連休のある1月や5月には、発行日が前後する場合があります。急ぎで明細を確認したい場合は「LIFE-WebDesk」を使いましょう。

年会費の引き落とし時期

年会費は入会した月に引き落としの手続きがされます。

年会費の引き落とし時期は個人によって違うので、問い合わせ窓口に電話で確認する必要があります。

ボーナス払い

ライフカードビジネスの夏冬のボーナス払いは以下のスケジュールで可能です。

ライフカードビジネスのボーナス払いのスケジュール
  • 夏:12月16日~7月15日利用分を8月に支払い
  • 冬:7月16日~12月15日利用分を1月に支払い

ライフカード加盟店、国内のVisa、MasterCard、JCB加盟店で利用できます。

上記加盟店でも、商品やサービスによってはボーナス払いが適用できないものもあるので、支払いの時に確認しましょう。

また、加盟店によって、支払い月が異なる場合もあります。

リボ払い

ライフカードビジネスは、毎月の支払い額を一定にするリボ払いが可能です。

月々の支払い額は請求額確定日の利用残高によって異なります。

ただし、ライフカードビジネスは、「あとからリボ払い」と「あとから分割払い」には対応していません。

増額

ライフカードビジネスの増額方法
  • オンライン日
  • 電話
  • 郵送

オンラインでの増額申し込みは、「LIFE-WebDesk」から行えます。

電話はライフカードインフォメーションセンター(045-914-7003)から。

郵送の場合は資料を請求し、届いた資料に必要事項を記入、返送して完了です。

最大500万円まで増額することができますが、500万円以上の利用枠の相談も受け付けています。

増額の場合も、申し込み時同様、審査があります。

ETCカード

ライフカードビジネス1枚につき1枚、ETCカードが無料で発行できます。

申し込み時にETCカードを同時に申し込むかの選択があるので、社用車などで利用したい場合はチェックしておきましょう。

ETCの利用料は、ライフカードビジネスの利用額に合算されます。

口座変更

ライフカードビジネスの引き落とし口座の変更は、オンラインが便利です。「LIFE-WebDesk」にログインして簡単に変更ができます。

解約&退会

ライフカードビジネスの解約は電話から行います。利用残高があると解約できないので、支払いをすべて済ませてから解約しましょう。

解約するとETCカードの利用もできなくなります。導入しているETCカードが必要な場合は、ショッピング枠は使わず、ETCの支払い用として置いておくのも良いでしょう。

ライフカードビジネスの独自知識

ライフカードビジネスにはLIFE-WebDeskというライフカードの会員専用の管理システムがあります。

ライフカードビジネスを使う上で、様々な機能が使えます。

LIFE-WebDeskでできること
  • 利用額、明細の確認
  • 各種設定変更
  • 追加サービスの申し込み

パソコンからLIFE-WebDeskのページにアクセスしたり、スマホにアプリをダウンロードして利用できます。

ライフカードビジネスを持っている各社員の利用明細を確認したい時などにも便利です。

クレカちゃん
いつでも手軽に確認できるのがいいよね。
鈴木
明細がオンラインで確認できるから、経理の人の強い味方になってくれますよ。
\年会費・ETC無料で何枚でも発行できる法人カード!/

ライフカードビジネスの公式HPへ

ライフカードビジネスを使っている人の良い&悪い口コミ評判!

ライフカードビジネスの口コミ・評判を紹介します。

ライフカードビジネスの良い口コミ評判

今まで立て替えなどを行っていたのですが、社員がカードを持つようになってからは1つの口座ですべての支払いができるようになったので、非常に管理がしやすいです。高速代や出張費を清算する手間もなくなり、負担が減りました。/blockquote>

法人カードなのに必要書類が少なくて、面倒くささもなく、審査に時間もかからなかったので助かりました。

年会費が嫌でずっと法人カードを持たずにいましたが、ライフカードビジネスは年会費がかからないので良かったです。リボ払い、ボーナス払いもできるので、使い方の自由度が高く気に入っています。

ライフカードビジネスの悪い口コミ評判

ポイント還元がないので、このカードを持っているからといって何かがお得になるわけではない

旅行の傷害保険がついていないので、旅行に持っていくには向かないと思います。

年会費無料のスタンダードカードなので、社会的信用が低いと感じていて、クライアントの前ではあまり目につかないように使っています。

ライフカードビジネスの口コミ評判まとめ

経費精算の効率化につながったことや年会費が無料なことにメリットを感じた人が多いです。

反対にポイント還元や付帯保険など、利用できないサービスについては不満がありました。

クレカちゃん
無料なのにメリットがあることに満足している人が多いね!
鈴木
そうだね。年会費やETCカードが無料だし、何枚でも発行できるので、「とりあえず法人カードを持ちたい」という個人事業主や法人におすすめです。
\年会費・ETC無料で何枚でも発行できる法人カード!/

ライフカードビジネスの公式HPへ

4つのライフカードビジネス法人カードを徹底比較!

← 横にスクロールできます →
グレード 還元率 年会費 特典 付帯保険 おすすめのタイプ
ライフカードビジネス
0.5%~ 10,000円(税抜)
  • 海外旅行をサポートする海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」
  • 盗難、紛失の際カード会員保障制度で損害保障
  • LIFE CARD GOLD会員専用ラウンジ・ロードサービス

など

  • 海外旅行傷害保険1億円
  • 国内旅行傷害保険1億円
  • ショッピングプロテクション200万円
  • シートベルト障害保険200万円
国内外の出張が多い人におすすめ
ライフカードゴールドビジネス
0.5%~ 1万円~8万円
  • 弁護士無料相談サービス
  • LIFE CARD GOLD会員専用ラウンジ

など

  • 海外旅行傷害保険2000万円
  • 国内旅行傷害保険1000万円
  • シートベルト障害保険200万円
空港のラウンジサービスつき。出張の多い職場におすすめ
ライフカードビジネスデポジット
0.5%~ 1万円~8万円
  • 弁護士無料相談サービス
  • LIFE CARD GOLD会員専用ラウンジ

など

  • 海外旅行傷害保険2000万円
  • 国内旅行傷害保険1000万円
  • シートベルト障害保険200万円
保証人・決算書不要で開業直後でも作れるカード
ライフカードビジネスライト
なし カード1枚あたり2200円(税込)初年度無料
  • 会計ソフトfreee(フリー)2000円クーポン
  • 弁護士無料相談サービス
  • 海外旅行をサポートする海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」

など

なし ネットで簡単申込。フリーランスにもおすすめ
ライフカードビジネス各種の主な違い
  1. 年会費の有無
  2. ポイント還元サービスの有無
  3. ショッピング限度額
  4. 空港ラウンジサービス

ライフカードの4種の法人カードのうち、ライフカードビジネスだけが年会費無料で使えます。

ポイント還元や空港ラウンジサービスがなくても年会費を抑えたいという人にはおすすめです。

また、ライフカードビジネスは年会費無料ながら、ショッピング限度額が500万円と高く設定されているのも他の法人カードにはないポイントです。

\年会費・ETC無料で何枚でも発行できる法人カード!/

ライフカードビジネスの公式HPへ

ライフカードビジネスに関するQ&A

ライフカードビジネスについて、よくある質問をご紹介します。

Q.ライフカードビジネスを紛失したらどうしたらいいですか?

紛失が発覚したら、すぐに電話窓口に連絡してください。カードの利用停止と再発行の手続きを行ってくれます。24時間年中無休でつながるので安心です。

カード盗難・紛失受付デスク
  1. 電話番号:0120-225-331
  2. 受付時間:24時間 年中無休

Q.ライフカードビジネスに3dセキュアはついていますか?

はい、対応しています。ネットショッピングの際に「LIFE-WebDesk」のIDとパスワードを入力することで本人確認を行います。第三者のなりすましによる不正利用を防げます。

事前に「LIFE-WebDesk」への登録が必要です。

Q.ライフカードビジネスを不正利用されたらどうしたらいいですか?

不正利用が発覚したら、利用状況の確認と利用停止の手続きのため、すみやかに電話窓口に連絡してください。受付時間が決まっているので、注意しましょう。

ライフカード電話窓口
  • 電話番号:045-914-7003
  • 受付時間:9:30~17:30

Q.ライフカードビジネスにデポジットはある?

はい、ライフカードビジネスデポジットがあります。事前に預けたデポジット(保証金)がそのまま利用限度額となり、解約時の未使用分は返還されます。

Q.ライフカードビジネスにネット窓口はありますか?

はい、会員専用サービス「LIFE-WebDesk」があります。パソコン、スマホからいつでもアクセス可能です。

Q.ライフカードビジネスの明細を知るにはどんな方法がありますか?

明細はオンライン「LIFE-WebDesk」、メール、郵送で確認することができます。「LIFE-WebDesk」が知りたいときにすぐアクセスできるので便利です。

Q.ライフカードビジネスを退会する方法は?

電話にて解約手続きを行うことができます。

ライフカード退会専用ダイヤル
  • 電話番号:045-914-7003
  • 受付時間:9:30~17:30

ライフカードビジネスのまとめ!

ライフカードビジネスのまとめ
  • 年会費無料で必要なサービスが手に入る
  • 追加枚数制限なし
  • 経費の一元管理で手間をなくすことができる

ライフカードビジネスは、年会費無料で手軽に作ることができる法人カードです。

ポイント還元や空港ラウンジサービスはありませんが、事業費決済に必要なサービスは十分そろっています。

複数の社員が経費精算に使えるのも良いですよね。経費の管理が楽になりるので個人事業主や法人には嬉しいクレジットカードです。

\年会費・ETC無料で何枚でも発行できる法人カード!/

ライフカードビジネスの公式HPへ

ライフカードの基本情報まとめ

基本情報

国際ブランド ブランドロゴ画像
申込資格 原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)
審査/発行 最短3営業日※ETCカードは、最短6営業日発行
年会費 初年度 無料
2年目以降 無料
家族カード 初年度 無料
2年目以降 無料
ETCカード 初年度 無料
2年目以降 500円
発行手数料 無料
特典
法人追加カード 年会費
引き落とし口座
追加カード枚数

利用枠・支払い

利用限度額 ショッピング 10万円〜200万円
キャッシング 0万円〜20万円
利率 ショッピング ※カードの種類による。公式サイト参照
キャッシング ※カードの種類による。公式サイト参照
締め日 毎月5日
支払い方法 1回払い
2回払い
ボーナス払い
リボ払い
分割払い
その他
支払日 毎月26日・27日・28日 または 翌月3日

電子マネー

電子マネー ブランドロゴ画像

ポイントプログラム

ポイントプログラム名 LIFEサンクスポイント
付与率 1000円=1.0ポイント※キャッシング利用分、カード年会費、リボ・分割手数料などは対象外
有効期限 最大5年間※自動繰越した2年目以降は、毎年1回のポイント繰越を行うことで最大3年間の繰越が可能
還元率 0.1% 最低交換条件 400ポイント
交換・還元方法 キャッシュバック、他社ポイント、商品など
ポイントモール名 L-Mall
提携ネットショップ ベルメゾンなど

キャッシュバック

キャッシュバック機能  ※手続きが必要

マイレージ

主な交換・移行マイレージ ANAブランドロゴ画像
交換・還元率 1サンクスポイント=2.5マイル 最低交換単位 300ポイント以上、100ポイント単位
移行手数料 無料 移行日数 約1ヶ月

付帯保険・補償

海外旅行傷害保険 最高2,000万円 ショピング保険 年間300万円
国内旅行傷害保険 最高1,000万円
ネット不正利用保険 航空便遅延保険
その他の保険・補償 シートベルト傷害保険

引っ越し対応

電気 北海道電力/東北電力/東京電力/中部電力/北陸電力/関西電力/中国電力/四国電力/九州電力/沖縄電力
ガス 仙台市ガス局/大多喜ガス/東京ガス/大阪ガス/大和ガス/西部ガス
水道 東京都水道局/横浜市水道局/浜松市上下水道部/福岡市水道局/長崎市上下水道局
新聞 朝日新聞/毎日新聞/産經新聞/日本経済新聞/北日本新聞/中国新聞/南日本新聞
携帯電話・通信料金 NTTドコモ/au/ソフトバンク/Y!mobile/KDDI/フュージョンコミュニケーションズ
受信料 NHK/スカパー!/WOWOW
その他 日本年金機構

空港サービス

空港ラウンジ利用 国内 プライオリティパス 国内
海外 海外

ロードサービス・ガソリン代特典

ロードサービス
ガソリン代特典 スタンド
特典内容
\年会費・ETC無料で何枚でも発行できる法人カード!/

ライフカードビジネスの公式HPへ

この記事のURLをコピーする