キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の特徴やメリット・デメリットを完全解説!

項目
基本還元率 0.5%~1.5%
貯まるポイント LIFEサンクスポイント
ポイントのカウント方法
  • 1,000円につき1ポイント
  • 1ポイント=5円相当
ポイントの交換先
  • 楽天ポイント
  • Pontaポイント
  • dポイント
  • ANA SKYコイン
  • ベルメゾンポイント
  • Gポイント
還元率がアップする条件
  • 新規入会&利用でポイント還元率1.5%以上
  • 「L-Mall」の利用でポイント最大25倍獲得
ポイントの有効期限 2年間
※毎年繰り越し手続きをすると最大5年間有効になる
年会費
  • 初年度無料
  • 次年度以降1,250円(税抜)
キャッシュレス・消費者還元制度
申込資格
  • 18歳以上(高校生を除く)
  • 電話連絡が可能な方
国際ブランド mastercard、JCB、VISA
おすすめ度 5.0
特典サービス
  • ポイントサービス「サンクスプレゼント」
  • 海外旅行をサポーツする「LIFE DESK(日本語サービス)」
  • 会員専用インターネットサービス「LIFE-Web Desk」
付帯保険
  • 海外旅行損害保険
  • 国内旅行損害保険
  • シートベルト損害保険
  • カード会員補償制度(カード紛失・盗難による不正利用の損害を補償)
ETCカード 年会費無料
電子マネー iD
追加カード ETCカード、家族カード
カードランク スタンダード
利用限度額 0万円〜200万円
ライフカード〈旅行損害保険付き〉の注目ポイント
  • 業界最高レベルのポイント還元率
  • 充実した付帯保険
  • 年会費は税別1,250円(初年度は無料)と非常にお手頃
  • 世界中のVISA、MasterCard、JCBの加盟店で使用可能
  • 会員用のサービスや特典が豊富にある

ライフカード<旅行損害保険付き>は、最高で2,000万円の海外旅行損害保険が自動付帯するクレジットカードです。

国内旅行では最高1,000万円の旅行損害保険がある他、最高200万円のシートベルト損害保険も付帯しています。

お買い物やキャッシング利用だけでなく国内外を問わずに、旅の安心保証があるのが嬉しい所ですね♪

初年度年会費無料(次年度から税抜1,250円)で充実の会員特典やサービスを受ける事ができるんです。

その他、高い水準のポイントサービスや様々な優待、そして便利なお支払い方法など、とても心強いカードと言えるでしょう。

\新規入会で最大10,000円相当のポイントプレゼント/

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の公式HPへ

目次

ライフカード〈旅行損害保険付き〉をおすすめできる人&できない人

ライフカード〈旅行損害保険付き〉をおすすめできる人
  • 海外・国内旅行を頻繁にする方
  • ドライブをよくされる方
  • 毎年、買い物をまとめてする人
  • 有効期限の長いポイントを利用したい人
  • 充実した保険のついたカードを気楽に持ちたい人
ライフカード〈旅行損害保険付き〉をおすすめできない人
  • 学生の方(学生専用ライフカードがおすすめです)
  • ステータスのあるカードが欲しい人

ライフカード<旅行損害保険付き>は、比較的安価な年会費にもかかわらず海外・国内旅行損害保険が付帯するカードです。

なので、海外や国内の旅行を頻繁にされている方におすすめのクレジットカードと言えるでしょう。

シートベルト損害保険もあるので、ドライブが好きな方にも重宝されています。

シートベルト損害保険とは?
補償内容 最高保険金額 条件
死亡 200万円
  • シートベルト着用中の事故
  • 事故当日を含む180日以内
重度後遺障害 200万円
  • 両眼の失明
  • 咀嚼や言語機能を全く廃したもの
  • その他、身体に著しい障害を負い、終身、常に介護が必要になったもの

シートベルト損害保険は、家族会員を除くカード会員に自動で付帯されます。

日本国内で自動車に乗車中、シートベルトを着用している場合の事故を補償しています。

補償内容は上記のテーブルにまとめましたので、是非参考にしてみてください。

※シートベルト損害保険の適用は、急激で偶発的な、外的要因による事故で被った傷害に限られています。

ただ、学生に限っては後ほど紹介する旅行損害保険付帯で年会費無料の学生専用ライフカードの方がおすすめと言えるでしょう。

また、旅行損害保険の補償額をとても高くしてステータスに重きをおきたい方はライフカードゴールドをおすすめします。

こちらのライフカード ゴールドについても、後ほど紹介しますので、是非参考にして見てくださいね♪

\新規入会で最大10,000円相当のポイントプレゼント/

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の公式HPへ

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の7つのメリットは!

それではライフカード<旅行損害保険付き>のメリットについて、1つづつ解説していきますね!

保険・補償内容が充実している

海外旅行損害保険
傷害死亡・後遺障害 2,000万円(自動付帯)
傷害治療保険 200万円(自動付帯)
疾病治療費用 200万円(自動付帯)
救援者費用 200万円(自動付帯)
個人賠償責任保険 2,000万円(免責金額なし/自動付帯)
携行品傷害 20万円(免責1事故3,000円/自動付帯)
国内旅行保険
傷害死亡 1,000万円
傷害後後遺障害治療費用 1,000万円
国内旅行保険注記 国内旅行中の下記のような怪我による死亡・後遺障害を補償

  • 鉄道・バス・タクシー・航空機・船舶などへの乗客としての搭乗中の事故によるケガ
  • ホテル・旅館など宿泊施設に宿泊中の火災や爆発事故などによるケガ
  • 宿泊を伴った募集型の旅行企画に参加中の事故によるケガ
その他付帯保険
シートベルト保険 最高200万円

ライフカード<旅行損害保険付き>には充実した海外・国内旅行損害保険が付帯しています。

旅行中の事故や病気で、しっかりとした補償を受ける事ができるのが嬉しい所。

海外旅行では最高2,000万円の補償額になるので、事故や入院の費用だけでなくカメラ等の所持品の損害にも適用できるんです。

国内旅行では鉄道・飛行機の事故や宿の火災といったトラブルに巻き込まれた場合も最高1,000万円の保証が受けらるので安心です。

国内旅行損害保険は利用付帯なので、補償が適用されるのは本会員がツアー料金や鉄道乗車券などをライフカードで支払う場合になります。

海外旅行損害保険に関しては、自動付帯となっています♪

最短3営業日でカード発行!

カードの申し込みから発行までのスピードが速い事が、ライフカードの特徴となっています。

インターネットで手続きを進めると、最短3営業日でカード発行となるので、手っ取り早くカードが欲しい人にもおすすめなんです。

書類の記入なしにオンラインで支払方法の設定まで可能なので、Web上で全ての申し込みを完了できるのが便利ですね♪

インターネットからの申し込みは、気楽にカード発行まで進める事ができるので、おすすめと言えるでしょう。

旅行損害保険がついているのに年会費が安い

ライフカード<旅行損害保険付き>は、充実した旅行損害保険が付帯しますが、年会費は1,250円(税抜)なのでとても安価です。

しかも、初年度は年会費無料なのでコストの負担がほとんどありません。

ライフカードはポイントを貯めやすいカードなので、上手にポイントを貯めると次年度以降も年会費の元を取る事が可能になります。

誕生日月にはポイント3倍になる

ライフカードには、カード会員の誕生月にはポイントが3倍になるという特徴があります。

例えば誕生日が12月17日の人は、12月1日〜12月31日の1ヶ月間は回数無制限でポイント3倍になるんです♪

誕生月のポイント3倍は自動適用なので、高価な買い物をする際は誕生月のタイミングでライフカードで購入するのがお得ですね。

ANAマイルを貯める事ができる

ライフカードで貯めたポイントはANAマイルに交換する事ができます。

ANAマイルに交換する方法は簡単で、「LIFE-Web Desk」にログインしてポイント交換の申し込みをするだけです♫

300ポイント以上から100ポイント単位で、マイルへの交換が何度でも可能となっています。

なので、貯めたポイントの全部をANAマイルに交換するという利用方法もおすすめと言えるでしょう。

入会後1年間はポイントが1.5倍

ライフカード<旅行損害保険付き>は、発行初年度はポイントが1.5倍となります。

なので、カードを発行の最初の年はカードを使えば使うほど、通常よりも沢山のポイントを貯める事ができるメリットがあります。

ポイント有効期限が最大で5年間

毎年、繰り越し手続きをする事でポイントの有効期間が最大5年間になります。

他の通常のクレジットカードと比べても、ライフカードのポイント有効期限5年間は、とても長いと言えます。

L-Mallの利用でポイントが最大25倍に!

L-Mall(エルモール)は、入会金や年会費が無料で使えるライフカード会員専用の通販サイトです。

L-Mallでは日用品から家電、グルメ、アパレルなどあらゆるジャンルが網羅されています。

そして楽天市場やヤフーショッピング、じゃらんなどのメジャーなショッピングサイトも利用できるのが嬉しいところ♪

これらのショッピングサイトをL-Mallを経由して利用するだけで、通常ポイントに加えてL-Mallでのポイントの獲得もできるんです。

ショップによって2倍になったり7倍になったりと還元率は変わりますが、最大で25倍のポイントが入るメリットは大きいですよね。

500を超えるショップをL-Mall経由でお得に利用できますので、是非活用してみてください。

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の3つのデメリットは!

ライフカード<旅行損害保険付き>の2つのデメリット

ライフカード<旅行損害保険付き>にも当然、デメリットはあります。

1つづつ説明していきますので、参考にしてみてくださいね。

2年目以降は年会費が有料になる

ライフカード<旅行損害保険付き>の年会費は2年目移行、有料になります。

初年度は無料ですが、次年度から年会費は1,250円(税別)となるんです。

ただ、充実した旅行損害保険が付帯するので、旅行をよくする方には、この価格はとても安価だと言えるでしょう。

旅行を全くしないという方には、このクレジットカードを持つ意味はほとんどないので、年会費無料のライフカードがおすすめです。

ステータス性がない

安価でお得に旅行損害保険を受ける事ができるライフカード<旅行損害保険付き>ですが、ステータス性は特にありません。

ステータス性を重視したい場合には、ライフカードゴールドがおすすめです。

ライフカードゴールドは年会費が10,000円(税別)ですが、最高1億円の旅行損害保険が国内外で自動付帯しています。

ゴールドカードならではのステータス感に加えて、35ある国内の主要空港ラウンジが無料利用できるんです。

なので、旅行損害保険の補償額が高いカードでステータスを優先したい方は、ライフカードゴールドへの入会を検討してみて下さい。

ライフカードゴールドの詳細については、後ほど紹介しますね。

\新規入会で最大10,000円相当のポイントプレゼント/

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の公式HPへ

ライフカード〈旅行損害保険付き〉で貯めたLIFEサンクスポイントの上手な活用方法は!

ライフカード<旅行損害保険あり>で貯めたポイントの貯め方やお得な使い方を紹介しています。

それぞれ詳しく解説していきますね。

LIFEサンクスポイントのお得な貯め方

貯め方/おすすめ度 解説
ポイントアップ特典の活用
5.0
誕生日月ポイント3倍とカード発行初年度のポイント1.5倍といった特典を有効活用する事です。
L-Mallを経由したネットショッピング
4.5
ライフカード会員専用のショッピングサイト「L-Mall」を経由してお買い物をすると、ポイントが最大25倍の還元となります。楽天やYahooショッピングなどをお得に利用可能です。
ボーナスプログラムの活用
4.0
2年目移行はボーナスプログラムによって、カード利用金額に応じポイントが最大2倍にアップします。

上記がLIFEサンクスポイントを上手に貯める方法になります。
1つ1つを見ていきましょう!

ポイントアップ特典の活用  5.0

ライフカード<旅行損害保険付き>はポイントアップ特典を有効活用する事で、ポイントをお得に貯めていく事ができます。

おすすめのポイントアップ特典は、誕生月ポイント3倍とカード発行初年度のポイント1.5倍です。

誕生月は、毎年どこで何回利用しても通常の3倍のポイントを得る事ができます。

なので、この時期の1ヶ月間に積極的にライフカード を使うだけで、効率的にポイントを増やす事ができるんです。

また、ライフカード<旅行損害保険付き>発行初年度はポイント1.5倍となるので、使った分だけより多くのポイント獲得が可能です。

L-Mallを経由したネットショッピング  4.5

ライフカード会員専用の「L-Mall」を経由したネットショッピングをすると、ポイント還元が2倍〜25倍になります。

L-Mallには、Yahoo!Japan楽天市場といった有名ショップがたくさんあり、とても使いやすくなっています。

通常のポイントに加えて、それぞれのショップごとに「L-Mallボーナスポイント」も貯まるのが嬉しい所♪

普段のネット上の買い物をL-Mall経由にするだけで、ポイントを効率良く増やしていく事ができます。

ボーナスプログラムの活用  4.0

ライフカード<旅行損害保険付き>は、入会2年目以降からは「ボーナスプログラム」が用意されています。

カード利用金額に応じてポイント最大2倍になるサービスなので、利用量が多いほどポイントで得する仕組みと言えるでしょう。

ポイントを最大2倍にするには、年間200万円以上のカード利用が必要となるので、かなり難易度が高いです。

ただ、電気代やガス料金などの生活上の固定費の支払いでライフカード を利用すれば、ポイント1.8倍にする事は可能なんです。

EdyチャージやETCカードの利用分は年間利用額としては加算されないので、この点はご注意ください。

LIFEサンクスポイントのお得な使い方

交換先/おすすめ度 解説
様々な商品と交換
5.0
貯めたポイントをキッチン用品や人気の家電製品といったいろいろな品物と交換する事が可能です。
他社ポイントやマイル
5.0
貯めたポイントは、他社のポイントやマイルとの交換が可能となっています。
Vプリカ
4.5
ネット上のVISA加盟店で使えるネット専用のプリペイドカードがVプリカです。
600ポイントで3,000円分、1,000ポイントで5,000円分となっています。
ギフトカードや電子マネー
4.5
貯まったポイントは様々なギフトカードや電子マネーと交換する事ができます。
キャッシュバック
4.5
キャッシュバックで現金還元が可能です。
ポイント交換の1〜2ヶ月後に登録した引き落とし口座に振り込みがされます。
築地の食材
4.0
貯めたポイントを、築地のプロが厳選したマグロやイクラなどの食材と交換する事ができます。
全国のお米厳選コース
4.0
新潟産こしひかりや9種類のお米食べ比べセットなど、全国の選び抜かれた人気のお米と交換する事ができます。
お酒の「カクヤス」
4.0
ビールや焼酎、ワイン、日本酒といった様々なお酒とのポイント交換が可能です。

ポイントの貯め方に続いて、こちらではポイントのお得な交換先について詳しく解説していきますね!

様々な商品と交換  5.0

ヘアードライヤー ナノケア/パナソニック 4,600ポイント
アラジン グラファイトトースター 2,600ポイント
Dyson hot+cool 10,550ポイント
シボレー 折畳自転車 4,700ポイント

ライフカードで貯めたポイントは、いろいろな商品と交換する事が可能です。

上記の表に交換可能な人気商品の一例をまとめてみましたので、是非参考にしてみて下さい。

他社ポイントやマイル  5.0

必要ポイント
(1pt=5円)
移行先ポイント
ANA 300 750
楽天スーパーポイント 300 1,500
dポイント 300 1,500
Pontaポイント 300 1,500
Gポイント 300 1,200
ベルメゾンポイント 300 1,500

ライフカードを利用することで貯まったポイントは上記の他社ポイントやマイルと交換する事が可能です♪

Vプリカ  4.5

デザイン 必要ポイント
(1pt=5円)
交換後の金額
ベーシックデザイン 600 3,000円分
ベーシックデザイン 1,000 5,000円分
プレゼントデザイン 1,000 5,000円分
リボンデザイン 1,000 5,000円分
花束デザイン 1,000 5,000円分
ベーシックデザイン 2,000 10,000円分
プレゼントデザイン 2,000 10,000円分
リボンデザイン 2,000 10,000円分
花束デザイン 2,000 10,000円分

「Vプリカ」は、インターネット上のVISA加盟店で使用可能なネット専用プリペイドカードです。

Vプリカには2つの発光コードタイプがあります。

  • 600ポイント:3,000円分
  • 1,000ポイント:5,000円分

カードタイプは上記の表にまとめましたので、是非参考にしてみて下さいね。

ギフトカードや電子マネー  4.5

交換先 必要ポイント
(1pt=5円)
交換後の金額
ANA SKYコイン 200 900コイン
Amazonギフト券 1,000 5,000円分
JCBギフトカード 1,000 5,000円分
図書カードNEXT 1,000 5,000円分
QUOカード 1,000 5,000円分
こども商品券 1,000 5,000円分
全国共通すし券 1,000 5,000円分
JTB旅行券(ナイトストリップ) 1,000 5,000円分
三光マーケティングフーズお食事券 1,000 7,000円分
AOYAMAギフトカードセット 600 6,000円分
AOYAMAギフトカードセット 1,000 10,000円分

上記が、LIFEサンクスポイントと交換可能なギフトカードや電子マネーとなります。

キャッシュバック  4.5

ポイント数 キャッシュバック金額 交換レート(1Pあたり)
1,200 5,000円 4.17円
2,200 10,000円 4.55円
4,300 20,000円 4.65円
6,400 30,000円 4.68円
10,600 50,000円 4.72円

貯まったポイントの現金還元を受けたい人におすすめなのがキャッシュバックです。

登録した引き落とし口座に、現金が振り込まれるのは、ポイント交換後の約1〜2ヶ月後となります。

ポイント数ごとのキャッシュバックの金額と1ポイントあたりの交換レートを上記の表にまとめましたので、参考にしてみて下さい。

築地の食材  4.0

まぐろ缶詰「希缶」6個セット 630ポイント
築地「グロッケ」 630ポイント
山出し昆布セット 1,050ポイント
天然本鮪セット 2,100ポイント

上記の例のように、築地のプロによって厳選されたマグロやイクラなどの良質な食材と交換する事が可能です。

全国のお米厳選コース  4.0

くりやの無洗米 1,600ポイント
オコメール9種セット 650ポイント
石川産夢ごこち 1,600ポイント
北海道産夢ぴりか 1,600ポイント

全国の厳選されたお米と交換する事が可能です。ポイントとの交換は250ポイントからとなっています。

お酒の「カクヤス」  4.0

アサヒスーパードライ(350ml×24本) 1,100ポイント
サッポロ黒ラベル(350ml×24本) 1,100ポイント
サッポロ エビス(350ml×24本) 1,200ポイント
ベルギービール飲み比べギフトセット 1,100ポイント

様々なお酒とポイント交換が可能となっているので、お酒が好きな人にはたまらないコースと言えます。

ビールはもちろん、日本酒や焼酎、そして世界の有名生産者による白ワインのセットやビール飲み比べギフトセットなどもあります。

\新規入会で最大10,000円相当のポイントプレゼント/

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の公式HPへ

ライフカード〈旅行損害保険付き〉を使っている人の良い&悪い口コミ評判!

ライフカード<旅行損害保険付き>の口コミ・評判を紹介します。

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の悪い口コミ評判

ゴールドカードへのアップグレードをスムーズにしてほしい
ショッピング限度額も高く、ポイントも貯まりやすかったのですが、ゴールドカードへ乗り換えるために連絡をしたら、現状のカードからのアップグレードがなく、一度解約をして再申し込みが必要だと言われました。
この辺の手続きがスムーズにできると嬉しいです。

還元率は良いけれど…
ライフカード<旅行損害保険付き>のポイント還元率や旅行損害保険には満足しています。ただ、カスタマーサービスの電話対応がもう少し丁寧だったら嬉しいなと、個人的には思います。これからも保険用のカードとして重宝していきたいですね。

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の良い口コミ評判

このカードがあれば旅先の面倒なことも何とかなります
海外へ渡る事が多いため、旅行保険が充実しているこのカードを選びました。このカードがあれば旅先の面倒なことも大抵はどうにかなります。

毎年の誕生月が楽しみになりました
誕生日月にこのカードを利用すると、ポイントをかなり貯める事ができるので、毎年の誕生月が楽しみになりました。

海外旅行の損害保険が最高2,000万円もあり驚きました
年会費が高くないのに海外旅行の損害保険が最高で2,000万円と聞いて驚きました。旅行が好きな私にはぴったりのカードだったので、先日こちらのライフカード<旅行損害保険付き>にクレジットカードを乗り換えました。

旅が好きになりました
ポイントが3倍になる誕生月には必ずどこかへ遠出するようになりました。このカードを持って以来、旅が好きになったので、新しいものに出会える趣味のための用途としても良いカードだと思います。

旅行前にスピード発行してもらえて助かりました
旅行でクレジットカードが必要になったのがきっかけで、このカードを申し込みました。3営業日でスピード発行してくれたので本当に助かりました。

安心して海外旅行ができるようになりました
国内より治安の不安がある海外旅行をする際に安心できるクレジットカードを探していました。このカードは補償がしっかりしており、私のように海外での滞在に不安のある人にはとてもお勧めできます。
現金を持ち歩かなくて済むだけでなく、ポイントが貯まりやすいメリットもとてもありがたいです♪

ライフカード<旅行損害保険付き>の口コミ評判まとめ

ライフカード<旅行損害保険付き>の悪い口コミ
  • ゴールドカードへのアップグレードをもっとスムーズにしてほしい
  • カスタマーサービスの対応がもっと丁寧だと嬉しい
ライフカード<旅行損害保険付き>の良い口コミ
  • 旅行保険が充実していて何かと助かる
  • 毎年の誕生月が楽しみになった
  • 旅行損害保険の保障額の大きさに驚いた
  • 旅行が好きになりました
  • 旅行前にスピード発行してくれて助かった
  • 安心して海外旅行ができる

ライフカード<旅行損害保険付き>の口コミは、良い評判が圧倒的に多く見受けられました。

特に、旅行損害保険の便利さがとても喜ばれているのが伝わってきます。

旅が好きになったり、安心して海外に行けるようになったり、旅行前にスピード発行できる点などのメリットがとても多いカードです。

なので旅行の際に便利なカードが必要な場合には、是非このカードを検討されると良いでしょう♪

\新規入会で最大10,000円相当のポイントプレゼント/

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の公式HPへ

【グレード別】ライフカード〈旅行損害保険付き〉とは別に2種類のカードも比較!

← 横にスクロールできます →
カード名 年会費 還元率 付帯保険 特典 限度額 家族カード ポイント有効期限

ライフカード旅行損害保険付き

  • 初年度無料
  • 次年度以降、1,375円(税込)
0.5%〜
  • 海外旅行傷害保険2000万円
  • 国内旅行傷害保険1000万円
  • シートベルト傷害保険200万円
  • 海外旅行をサポートする海外アシスタントサービス「LIFE DESK」
  • 盗難、紛失の際、カード会員保障制度で損害保障
10万円〜200万円 年会費440万円 最長5年

学生専用ライフカード

無料 0.5%〜 海外旅行損害保険
※最高2,000万円まで/在学中のみ
  • 海外でのショッピングで5%キャッシュバック
  • 海外旅行をサポートする海外アシスタントサービス「LIFE DESK」
  • 盗難、紛失の際、カード会員保障制度で損害保障
年会費無料 〜24ヶ月

ライフカードゴールド

11,000円(税込) 0.5%
  • 海外旅行損害保険1億円
  • 国内旅行損害保険1億円
  • ショッピングプロテクション200万円
  • シートベルト損害保険200万円
  • 海外旅行をサポートする海外アシスタントサービス「LIFE DESK」
  • 盗難、紛失の際、カード会員保障制度で損害保障
  • LIFE CARD GOLD会員専用ラウンジ・ロードサービス
200万円 年会費無料 最長5年
各種ライフカードの主な違い
  • 年会費の負担額
  • 付帯保険の内容
  • 特典の内容

上記の表で旅行損害保険の面でメリットの多いライフカード3枚を比較しました。

各種のライフカードの違いは主にこの3つになります。

他にも色々な違いはありますが、どのカードにするか迷う場合は、このような点で比較して自分に最適なものを選んでみて下さい。

旅行が好きな学生の場合は、学生専用ライフカードが、ステータス性のある旅行好きの方はライフカードゴールドがおすすめです。

それ以外の旅行をよくされる方は、基本的にはライフカード<旅行損害保険付き>を選ばれると良いでしょう。

\新規入会で最大10,000円相当のポイントプレゼント/

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の公式HPへ

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の審査に落ちる人ってどんな人?審査基準はこれ!

審査に落ちる原因として考えられるケース
  • 信用情報に問題がある場合
  • ライフカードで金融事故を起こした事がある
  • スーパーホワイトの状態にある
  • 虚偽の申請や入力ミスがあった

こちらでは、ライフカード<旅行損害保険付き>の審査についてまとめています。

このクレジットカードは特別審査の厳しいカードというわけではありません。

ただ、審査通過に絶対はありませんので、申し込み前には審査基準を一度、確認しておくと良いでしょう。

信用情報に問題がある場合

  • 審査では申込者の「信用情報」が参照される
  • 信用情報が登録されている期間は6ヶ月間

これまでのクレジットカードなどの利用歴は「信用情報」「クレジットヒストリー」と呼ばれ、信用情報機関に登録されています。

クレジットカードの審査ではカード会社は申込者の信用情報を参照しますので、信用情報に傷があった場合は審査が不利になります。

もし過去の事故の情報や延滞記録がまだ残っていると、審査に通過できない可能性が高くなってしまうんです。

また所有カードの数やキャッシング利用が多かったり、カード申し込みを短期間に繰り返している場合も審査通過が難しくなります。

信用情報機関に信用情報が登録される期間は6ヶ月となっています。

なので、この半年間の期間を目安に審査を受けるタイミングを図ると良いでしょう。

ライフカードで金融事故を起こした事がある

  • ライフカードでの事故情報はライフカード側が保有し続ける
  • 過去にライフカードで事故を起こしているとライフカード審査には必ず落ちる可能性が高い

ライフカードで事故を起こした事があると、信用情報の登録期間を過ぎても事故情報をライフカード側が保有し続ける可能性が高いです。

なので、過去にライフカードで金融事故を起こした事がある場合は、それ以降はライフカードの審査に必ず落ちると考えられます。

この場合は、他社のクレジットカードを検討される事をおすすめします。

スーパーホワイトの状態にある

クレジットカードやローン、携帯電話のショッピングローンなどの利用歴がない人を「スーパーホワイト」と呼びます。

また、過去にブラックリストになった後、信用情報がリセットされた状態にある人も「スーパーホワイト」に含まれています。

スーパーホワイトの人は、お金についての信用の積み上げが全くないため、カードの審査にはとても不利な立場にあるんです。

なので、スーパーホワイトが原因で審査通過が厳しい場合は、独自審査のクレカを使う事で、まずは信用実績を作ると良いでしょう。

虚偽の申請や入力ミスがあった

審査の申し込みの際に入力ミスがあったり、虚偽の申請をすると、それが審査落ちの原因になります。

申し込みで記入する内容に複雑なものはありません。

ですので、できる限りミスをしないように、しっかりと記述していく必要があります。

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の入手までの流れ

ライフカードの入手までの流れ
  1. 申し込みに必要なEメールアドレスを用意する
  2. オンラインで申し込み内容を入力
  3. オンラインでお支払い口座を設定
  4. 審査結果メールを受信する
  5. カードの発行
  6. カード到着後「LIFE-Web Desk」へログイン

こちらがライフカード<旅行損害保険付き>の申し込みから入手までの流れになります。

それぞれ、詳しくみていきましょう!

\新規入会で最大10,000円相当のポイントプレゼント/

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の公式HPへ

申し込みに必要なEメールアドレスを用意する

オンラインで入会するために、Eメールアドレスが必要になります。

申込完了後に、受付メールや入会審査結果メール、その他手続きに関するメールがカード会社から送信されます。

ですので「lifecard.co.jp」のドメインを受信できるようにしておきましょう。

オンラインで申し込み内容を入力

個人情報の取り扱いについての同意約款や各種規約に同意をした上で、Webフォームに必要事項の入力を行います。

正午12時以降にお申し込みが完了となった場合は、翌営業日の手続きとして扱われます。

オンラインでお支払い口座を設定

オンライン申込完了画面で「インターネットから手続き」を選び、各金融機関のサイトで口座振替の設定を行います。

お支払い口座内容の入力を完了すると、登録したEメールアドレスに受付完了を知らせるメールが届きます。

口座振替設定ができる対象金融機関は下記からご確認ください。

審査結果メールを受信する

ライフカードの所定の審査が完了すると、最短で1営業日後に審査結果を知らせるメールが届きます。

審査状況によってや、未成年の方の親権者の同意確認が必要な場合などは、少し時間がかかることもあります。

カードの発行

申込完了から最短で3営業日後に、ご自宅宛に簡易書留郵便もしくは本人限定郵便が発送され、カード発行となります。

カード到着後「LIFE-Web Desk」へログインする

「LIFE-Web Desk」はPCやスマホから簡単にポイント数や利用明細を確認できる便利な会員専用Webサービスです。

ログイン用のIDは、カードが到着する前後にEメールで知らされます。

とても便利なWebサービスなので、カードが発行されたら、まずは一度「LIFE-Web Desk」へログインしてみましょう。

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の基礎知識

ライフカード<旅行損害保険付き>について、基本情報を一通り確認していきましょう。

締め日と支払日

締め日 5日
支払日 当月26日〜29日
または翌月3日

ライフカード<旅行損害保険付き>の締め日は毎月5日で、支払日は当月27日か翌月3日となっています。

ただ、金融機関によっては支払日(口座振替日)が異なっている場合があるので、公式サイトで事前に確認される事をおすすめします。

請求書発行される時期

支払日が27日 支払日が翌月3日
通常の発送 当月11日頃の発送 当月17日頃の発送
1月と5月の発送
(連休がある)
当月の17日頃の発送 当月の20日頃の発送

カードご利用代金の明細書発行は、支払日が27日の方は当月11日の発行となります。

支払日が翌月3日であれば、発行は当月17日頃です。

ただ、1月や5月など連休のある時期の発送日は、支払日が27日なら17日頃となり、支払日が3日なら当月20日となります。

年会費の引き落とし時期

年会費の引き落とし時期 お電話での確認
※個人によって異なるため

ライフカード<旅行損害保険付き>の年会費の引き落とし時期は、人によって異なっています。

「この日が引き落とし時期」とは一概に言う事ができないんです。

ですので、カード年会費が引き落としされる時期の確認は電話から行う必要があります。

下記の公式ページから電話窓口を確認する事ができますので、一度チェックしてみてください。

ボーナス払い

夏のボーナス払い 12月16日〜7月15日のご利用額を8月の支払日に支払う
冬のボーナス払い 7月16日〜12月15日のご利用額を1月の支払日に支払う

「ボーナス払い」は夏もしくは冬に、お買い物の利用料金をボーナスづきに一括払いができる仕組みです。

夏季と冬季それぞれのボーナス払いの期間を、上記の表にまとめました。

ただ、加盟店によっては取り扱い期間やお支払い月が異なっていたり、ボーナス一括払いが不可のサービス・商品もあります。

ですので、ボーナス払いを検討される場合には、お取り扱いの加盟店で一度、ボーナス払いができるのか確認をしてみてください。

リボ払い

リボ払い 対応

ライフカード<旅行損害保険付き>はリボ払いにも対応しています。

ショッピング枠と呼ばれるカード利用可能枠範囲内であれば、何回でも繰り返し利用する事が可能となっています。

増額

増額 24時間年中無休

ライフカード<旅行損害保険付き>の利用可能額の増額は、オンラインで申し込む事が可能です。

手続きはLIFE-Web Deskで行うので、LIFE-Web Deskへの登録はあらかじめ済ませておくようにしましょう。

年中無休で24時間申し込みができるので、自分のタイミングでいつでも手続きをする事ができます♪

ETCカード

ETCカード
  • 発行手数料:無料
  • 年会費:無料

ライフカード<旅行損害保険付き>のETCカードは年会費も発行手数料も無料です。

ETCの利用金額は、他の利用分と合わせて請求される仕組みになっています。

口座変更

口座変更 2つのWeb手続き方法がある

  • インターネット口座振替受付サービス
  • LIFE-Web Desk「口座振替の申込み・変更」

カード利用代金の振替口座は、Web上で簡単に変更する事ができます。

手続きは会員専用サービスの「LIFE-Web Desk」から進めてください。

解約&退会

  • 電話番号:045-914-7003
  • サービス番号:32 #脱会
  • 受付時間:8:00〜23:00

ライフカード<旅行損害保険付き>の解約・退会は電話窓口で行います。

ただ、まだ利用残高が残っている場合には解約が不可となるので、この点は注意が必要です。

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の独自の知識

ライフカード<旅行損害保険付き>の独自のサービス
  • LIFE-Web Desk
  • L-Mall

他社のカードにはない、ライフカード<旅行損害保険付き>独自のサービスを紹介します。

LIFE-Web Desk

LIFE-Web Deskの機能
  • 利用明細の確認
  • 請求金額のお知らせ
  • LIFEサンクスポイントの確認・交換
  • 届出内容の確認・変更
  • サービスの申し込み・変更

LIFE-Web Deskは、ライフカードの会員専用のオンラインサービスで、主に上記の利用が可能となっています。

ポイントの管理や移行がスムーズに行えるので、非常に重宝する便利なサービスと言えるでしょう。

L-Mall

L-MallはLIFEサンクスポイントをお得に貯めていく事が可能な、ライフカード会員専用のオンラインショッピングサイトです。

ヤフーショッピングや楽天をはじめ、様々な国内有名サイトが500店以上含まれているんです。

L-Mall経由のショッピング利用でポイントが最大25倍となるのが嬉しいところ♪

まずはLIFE-Web Deskへの登録をした上で、L-Mallのお買い物をしてみてくださいね。

\新規入会で最大10,000円相当のポイントプレゼント/

ライフカードの公式HPへ

ライフカード〈旅行損害保険付き〉に関するQ&A(構成指示書を参照)

ライフカードを紛失したらどうすれば良いですか?

カードの紛失に気がついた時点で、すぐにカード盗難・紛失受付デスク(24時間対応)に連絡をしてみてください。

そちらでカード利用停止とカードの再発行をしてもらう事ができます。

カード盗難・紛失受付デスク
  • 電話番号:0120-225331
  • 受付時間:24時間(年中無休)

ライフカードを不正利用されたら、どうすれば良いですか?

「不正利用されているかもしれない」と思ったら、ためらわずにライフカードの電話窓口に相談をしてください。

電話窓口では、カードの利用状況の確認とカードの利用停止を行ってくれます。

ライフカードの電話窓口
  • 電話番号:045-914-7003
  • 受付時間:9:30〜17:30

ライフカードに3Dセキュアはついていますか?

はい。3Dセキュアがついて、しっかりとしたセキュリティとなっています。3Dセキュアの利用は、会員限定サービスの「LIFE-Web Desk」にログインする事で可能になります。

ライフカードの会社概要

サービス名 ライフカード旅行損害保険付き
会社名 ライフカード株式会社 (英訳名:LIFECARD CO.,LTD.)
本社住所 〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-3-20
電話番号 045-914-7003

ライフカード〈旅行損害保険付き〉のまとめ!

今回のまとめ
  • 業界最高レベルのポイント還元率
  • 充実した付帯保険
  • 年会費は税別1,250円(初年度は無料)と非常にお手頃
  • 世界中のVISA、MasterCard、JCBの加盟店で使用可能
  • 会員用のサービスや特典が豊富にある

ライフカード<旅行損害保険付き>は、国内外の旅行をされる方やドライブが好きな方におすすめのクレジットカードです。

年会費は2年目以降、有料となりますが、充実した旅行保険、最長5年のポイント有効期限など多くのメリットがあります。

使っていて楽しい事が増えると評判のカードなので、旅行好きの方は是非一度申し込みを検討してみてください♪

\新規入会で最大10,000円相当のポイントプレゼント/

ライフカードの公式HPへ

ライフカード〈旅行損害保険付き〉の基本情報まとめ

国際ブランド JCB、VISA、MasterCard
申込資格(本人会員)
  • 18歳以上(高校生を除く)
  • 電話連絡が可能な方
  • ※未成年者は親権者の同意が必要

申込資格(家族会員) 高校生を除く18歳以上のご家族の方
審査/発行 最短3営業日
年会費 初年度無料
※2年目以降は1,250円(税抜)
家族カード 400円(税抜)
ETCカード 無料
法人追加カード

【h3:利用枠・支払い】

利用限度額 1万円~200万円
利率 公式サイト参照
支払方法
  • 国内:1回払い、2回払い、ボーナス払い、リボ払い、分割払い
  • 海外:1回払い、リボ払い
締め日 毎月5日
支払日 当月26日~29日払い または翌月3日払い

【h3:電子マネー】

電子マネー iD

【h3:ポイントプログラム】

ポイントプログラム名 LIFEサンクスプレゼント
付与レート 1,000円につき1.0ポイント
※100円単位でたまります。
有効期限 2年間
※毎年繰り越し手続をすることで最大5年間有効
還元率 0.5~1.5%
最低交換条件 100ポイント
交換・還元方法
  • 他社ポイント、マイルへの移行
  • Vプリカ、カタログギフトに交換など
ポイントモール名 L-Mall(エルモール)
提携ネットショップ Yahoo!ショッピング/ベルメゾンネット/JALショッピング/シャディ/セシール/高島屋オンライン/ニッセン/ディノスオンラインなど

【h3:キャッシュバック】

キャッシュバック機能

【h3:マイレージ】

主な交換・移行可能マイレージ ANA
交換・還元率 300ポイント= 900マイル
最低交換単位 300ポイント以上/100ポイント単位
移行手数料 無料
移行日数 約1ヶ月

【h3:付帯保険・補償】

海外旅行損害保険 最高2,000万円 (自動付帯)
国内旅行損害保険 最高1,000万円 (利用付帯)
ショッピングパートナー保険サービス
ネット不正利用保険
航空便遅延保険
その他の保険・補償 シートベルト傷害保険

【h3:引き落し対応】

電気 北海道電力/東北電力/東京電力/中部電力/北陸電力/関西電力/中国電力/四国電力/九州電力/沖縄電力
ガス 仙台市ガス局/千葉ガス/大多喜ガス/東京ガス/大阪ガス/大和ガス/西部ガス
水道 東京都水道局/横浜市水道局/浜松市上下水道部/福岡市水道局/長崎市上下水道局
新聞 朝日新聞/毎日新聞/産経新聞/北日本新聞/中国新聞/南日本新聞
携帯電話・PHS NTT docomo/au/SoftBank/Y!mobile
固定電話 KDDI/フュージョンコミュニケーションズ
インターネットプロバイダー
受信料 NHK/スカパー!/WOWOW
その他 国民年金保険料/toto購入など

【h3:空港サービス】

航空ラウンジ利用
プライオリティパス

【h3:ロードサービス・ガソリン代特典】

ロードサービス
ガソリン代特典
\新規入会で最大10,000円相当のポイントプレゼント/

ライフカードの公式HPへ

この記事のURLをコピーする