キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト

セディナOMCカードの特徴を全まとめ!イオン・ダイエーなどポイント3倍!

項目 内容
基本還元率 0.50%~1.50%
貯まるポイント わくわくポイント
ポイントの交換先
  • nanacoポイント
  • ドトールポイント
  • dポイント
  • WALLET ポイント
  • Gポイント
  • JALのマイル
還元率がアップする条件
  • 全国のセブンイレブン・イオン系列の対象店舗・ダイエーでのカードショッピング利用でポイント3倍
  • 年間ご請求金額に応じて、翌年のポイント倍率がアップ
年会費 1,000円(税抜)
キャッシュレス・消費者還元制度 対応
ポイントのカウント方法 毎月の利用合計額の0.50%
申し込み資格 高校生を除く18歳以上
国際ブランド
  • VISA
  • master
  • JCB
おすすめ度 3.0
特典サービス
  • 三井住友銀行キャッシュカードのATM手数料が無料
  • ハローキティの券面デザインを選べる
  • ダイエー系列のショッピングでポイント3倍
海外旅行・国内旅行付帯保険
  • 海外 1,000万円まで(自動付帯)
  • 国内 1,000万円まで(利用条件)
  • 買い物 50万円まで(購入日から180日間)
ETCカード 年会費無料(発行手数料 1,000円)
電子マネー
  • iD利用
  • QUICPay利用
  • 楽天Edy
カードランク 通常
利用限度額 1万円~200万円(新規申込は上限50万円まで)
注目ポイント
  1. 全国のセブンイレブン・イオン系列の対象店舗・ダイエーでのカードショッピング利用でポイント3倍
  2. 月間5万円以上(税込)でカードショッピングご利用でわくわくポイント2倍
  3. キティちゃんデザインのカードを選ぶことができる
  4. 年間60万円以上(税込)でカードショッピングご利用で次年度年会費無料

株式会社セディナが発行する「OMCカード」は全国のセブンイレブン・イオン系列の対象店舗・ダイエーのショッピングにおすすめのクレジットカードです。

対象店舗ではポイントが通常の3倍になり、海外旅行保険、国内旅行保険、ショッピング保険が付帯していることもOMCカードの特長です

1,000万円までの海外保険も自動付帯なので海外旅行にもおすすめです。

斎藤
クレジットカードを利用して貯まったわくわくポイントは、nanacodポイントに交換が可能ですのでキャッシュレスでお買い物することができますよ。

目次

OMCカードの5つのメリットは

では、上記のポイントを一つづつ解説していきます。

全国のセブンイレブン・イオン系列の対象店舗・ダイエーのショッピングでポイントが3倍

ポイント3倍の対象店舗
ダイエー グルメシティ フーディアム イオン
マックスバリュ イオンスーパーセンター ボンベルタ成田 ホームワイド
光洋 マルナカ 山陽マルナカ ピーコックストア
サンデー ジョイ ザ・ビッグ 全国のセブンイレブン

通常200円で還元率では1ポイント(還元率0.5%)貯まります。しかし、上記の店舗だとポイントが3倍貯まり還元率が最大1.5%になることが、このカードの最大の特徴です。

そして、貯まったポイントはnanacoポイントに変換が可能です。近所の全国のセブンイレブン・イオン系列の対象店舗・ダイエーでの利用もポイント3倍の対象となります。

斎藤
頻繁に利用するようでしたら、高還元率なのでとてもおすすめですね。

月間50,000円以上のカードショッピングでポイント2倍

月間のカード利用額が50,000円を超えると、通常0.5%の還元率が1%までアップします。これは、50,000円を超えた分に適用されるのではなく、使用した分全ての額に適用となります。

例えば、1ヶ月に50,000円の利用があった場合、0.5%であれば250ポイントですよね。

しかし、50,000円の利用があった場合は還元率が1%までにアップするので500ポイントが付与されることになります。

斎藤
全国のセブンイレブン・イオン系列の対象店舗・ダイエーで利用した分は初めから3倍のポイントとなります。

カードショッピング年間60万円以上(税込)利用で次年度年会費無料

OMCカードは、月間の利用60万円以上で次年度の年会費1,000円が無料になります。

60万円は、月間で計算する50,000円です。ショッピングだけでなく、毎月の光熱費などをOMCカードの支払いにすることで無理なく達成することができそうですよね。

斎藤
もしショッピングで月額50,000円を超えるとくわくわくポイントも2倍になりますので一石二鳥ですね。

セディナポイントモールではポイントが最大20倍

セディナポイントモールというポイントサイトを利用することで、通常0.5%のポイントが2倍〜20倍になります。

ショップのカテゴリーとしては総合通販から旅行のチケットまであらゆるショップが出店されているので通常に購入する前に、まずはこのポイントモールをチェックするのがおすすめです。

ポイントは2倍〜20倍とそれぞれのショップによって還元率が変わってきます。

  • ファッション
  • 暮らし
  • 美容・健康
  • 家電・パソコン
  • グルメ・ギフト
  • 趣味・おもちゃ・ゲーム
  • 旅行・チケット
  • 本・CD
  • クーポン・ウエブサービス

など全般に渡ります。

斎藤
ショップによって還元率は変わりますが、何かショッピングする際はまずはこちらのモールを覗いてみることをおすすめします♪

ハローキティデザインのカードが選べる

OMCカードは2種類のデザインを好みで選ぶことができます。

  • 通常カード
  • キティちゃんカード
斎藤
キティちゃんのデザインのカードは他のクレジットカードにはないですし、とても可愛いのでお財布からカードを出すのが楽しくなりそうですね。。

OMCカードの2つのデメリット

それでは、OMCカードのデメリットを解説してまいります。

通常のポイントの還元率が平均的

ある一定の条件によって、還元率は2倍〜20倍にはなりますがOMCカードの通常の還元率は0.5%となり、一般のクレジットカードの平均となります。

全国のセブンイレブン・イオン系列の対象店舗・ダイエーでのお買い物をあまり使用しないようでしたら他のカードと大差はないでしょう。

年会費が1,000円発生する

年間60万円の以内の利用だと、年会費が1,000円発生します。もし年会費無料のカードをお探しであれば、他のカードも検討に入れた方がいいかもしれません。

セディナOMCカードをおすすめできる人&できない人

セディナOMCカードをおすすめできる人
  • セブンイレブンをよく利用する人
  • イオン系列の対象店舗やダイエーをよく利用する人
  • 月50,000円以上利用する人(ポイントが2倍になる)
  • 自動付帯保険のカードをお探しの方
  • ハローキティが好きな人
セディナOMCカードをおすすめできない人
  • セブンイレブンを利用しない
  • イオンやダイエーをほぼ利用しない
  • 毎月クレジットの利用額が少ない
  • 海外に行くことはあまりない

やはりOMCカードの最大の特徴である全国のセブンイレブン・イオン系列の対象店舗・ダイエーでのポイント3倍ですよね。

そのため、これらの店舗での利用がほぼないようであれば特に特筆するような特徴はないので、他のクレジットカードの利用を検討してみても良いかもしれません。

OMCカードで貯めたわくわくポイントの上手な活用方法は!

わくわくポイントを上手のため方、おすすめの活用方法はの上記の4つのステップがあります。それでは、それぞれについて詳しく解説していきます。

ポイント還元率が高い先でクレジットカードを利用する

全国のセブンイレブン・イオン系列の対象店舗・ダイエーでポイントが3倍になることは、OMCカードのメリットやおすすめできる人の項目でもご説明していますね。

ここでは意外に知られていない「セディナポイントモール」「セディナポイントモールの活用法をお伝えしていきます。

「セディナポイントモール」とはセディナ系列が発行するカードのご利用でたまる通常ポイントに加えて、特別加算ポイントが貯まります!

なんと、通常ポイントに加えて加算ポイントはなんと最大で20倍となります。

このポイントモールは様々なショップのカテゴリーが出店されています

ファッション 暮らしと生活 美容・健康 家電・パソコン
グルメ・ギフト 趣味・おもちゃ・ゲーム 旅行・チケット 本・CD・DVD

上記のカテゴリーの中で特におすすめなのは「旅行・チケット」です。

一例をあげると

  • 国内最大級の宿・ホテル予約サイト「じゃらん」→ポイント3倍で還元率1.5%
  • JTB【国内】→ポイント4倍で還元率2%
  • JRで行く国内ツアー「えきねっと びゅう」→ポイント7倍で還元率3.5%

となります。旅行では一度に利用する金額も大きくなりますので、この時にOMCカードを利用してセディナモールでお買い物するのがおすすめです!

斎藤
例えば、「えきねっと びゅう」で10万円の旅行を購入したとしたらポイントが3.5%つくので3,500円分が還元されますよ。かなりの高還元率ですよね。

光熱費などの毎月の支払いをOMCカードにまとめる

OMCカードは月の利用額に応じてポイントの還元率がアップします。月額50,000円以上でポイントは2倍の還元率1%となります。

これは使用した額全てに適用されるので50,000円→500円がポイントとして還元されます。

そして一年間、50,000円を利用し続けて60万円を超えると翌年の年会費が無料になる上に、さらにポイントの翌年の還元率が最大1.3%までアップします

これは、年間(1月~12月)のカードショッピングご請求金額によって翌年のポイント倍率が決まります。

  • 50万円〜100万円未満→1.1倍
  • 100万円〜200万円未満→1.15倍
  • 200万円以上→1.3倍

例えば、年間利用額が60万円だった場合、翌年のポイント還元率は1.1倍になります。クレジットカード額が多ければ多いほどどんどんお得になっていくということです。

斎藤
大きなお買い物や、旅行などまとまった出費がある際にOMCカードがおすすめです。

ポイントを電子マネーに交換する

ここからは、ポイントの上手な活用方法です。貯まったポイントは様々な活用方法がありますが、電子マネーへの交換でキャッシュとして利用することができます。

特におすすめなのがnanacoポイントです。なぜならOMCカードをお持ちの方なら、セブンイレブンなどnanaco加盟店を利用される方も多いかと思います。

nanacoポイントは「1ポイント=1円」として電子マネーに交換後、セブン-イレブン、イトーヨーカドーをはじめとした全国のnanaco加盟店でのお買物に利用できますよ。

ポイントの交換は
1,000 わくわくポイント→1,000 nanacoポイント
1,000ポイント以上(500ポイント単位)で交換が可能です。

Amazonギフト券に交換する

もう一つのポイント利用としておすすめなのが「Amazonギフト券」です。

なぜなら、わくわくポイントは、各種ギフトカードや商品券とポイントを交換する際に500ポイントの交換手数料が発生します。しかしAmazonギフト券への交換は交換手数料としてかかるポイントが無料です。

斎藤
Amazonなら欲しいものはほぼ見つかりますし、せっかく貯めたポイントを余すことなく使うことができるのでAmazonギフト券がおすすめです。

セディナOMCカードの審査に落ちる人ってどんな人?審査基準はこれ!

審査基準に満たない条件
  • 勤続年数1年未満で、継続した安定収入がない(主婦や学生はこの限りではない)
  • 6ヶ月以内に3枚以上のクレジットカードを申し込んでいる
  • 携帯(スマートフォン)本体代や他カードの支払いを延滞、滞納したことがある
  • 申し込みの段階で、「記入漏れ」や「虚偽の年収」を記入している
  • 高いキャッシング枠を設定した

セディナカードへの申し込み条件は、18歳以上(高校生を除く)で電話連絡が可能な方です。

OMCカードで審査基準に満たない条件として上記が挙げられます。

斎藤
高校を卒業した学生の方や自分に収入が無い専業主婦の方でも申し込みが可能ですよ!

セディナOMCカード入手までの流れ

この章では、OMCカード入手までの流れやポイントを解説して行きますね。流れを簡単にまとめると以下のようになります。それぞれについて詳しく説明していきます。

まずはオンラインから申し込む

入会審査に必要な情報
  • 本人個人情報
  • 勤務先情報
  • 引き落とし口座番号

以下の公式サイトから、申し込みに情報入力まで進みます。

申し込み画面に進むと、デザインの選択画面が表示されます。

  • 通常デザイン
  • ハローキティデザイン

から選択し、オンラインで申し込みをしていきます

まずは本人の個人情報を入力します。

入力する情報は下記の項目となります。

  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 配偶者
  • 生計を同一とするご家族
  • 郵便番号
  • 住所
  • 住まいについて(持ち家・賃貸など)
  • 性別
  • 居住年数
  • 住宅ローン・家賃支払
  • 電話
  • ご職業
  • 年収

個人情報の次は「勤務先」について入力を進めます。

入力の項目については

  • 会社名
  • 電話
  • 郵便番号
  • 所在地
  • 業種
  • 勤続年数
  • 従業員数
  • 住まいについて(持ち家・賃貸など)
  • 性別
  • 居住年数
  • 住宅ローン・家賃支払
  • 電話
  • ご職業
  • 年収

最後にカード内容について入力を進めます。

  • VISA・master・JCBから選択する
  • カード入会目的を選択する
  • 暗証番号の入力
  • キャッシング枠の設定
  • ETCカード発行の有無
  • セディナiD(カード)発行の有無
  • 家族カード申込の有無
  • 他からの借入残高合計 ※住宅ローンは含まない
  • その他の職業 (入力済みの職業以外に複数ご職業のある方)
  • インターネット口座振替受付サービス希望有無
  • セディナビパスワードの設定
  • メールアドレス
  • メール配信希望の有無(お知らせ情報など)
  • メールアドレス
  • ご利用代金明細書登録 書面がwebかを選択

入会審査〜カードのお届け

審査の結果は上記の入力した情報を元に、審査が行われて審査が行われます。審査の結果はメールで届き、最短1週間でカードがお届けされます。

斎藤
カードの受け取りの際に、身分証明書の提示が求められるので準備しておきましょう。

必要な場合は返送書類を送る

WEBでの申し込み時に、引き落とし口座を登録しなかった場合は書面にて提出が必要となります。

同封されている口座引き落とし依頼書の該当箇所に記入と捺印をし、速やかに返送します。WEBで口座引き落とし先を登録した場合は、必要ありません。

OMCカードの基礎知識

OMCカードの基礎知識
締め日
  • 引落とし日が毎月26日→前月1日から前月末日までの利用分
  • 引落とし日が毎月6日→前々月11日から前月10日までの利用分
支払い日 6日と26日の2パターン
請求額確認 会員専用Webサービス「セディナビ」のご利用代金明細照会より、毎月11日21:00より照会が可能
コンビニ払いを設定している場合は毎月19日0:00(原則)より照会が可能
年会費の引き落とし時期 契約月により異なる
通常契約月の翌月もしくは翌々月の27日に指定先口座より引き落とし
ボーナス払い
  • 夏(12/1~6/30利用):6・7・8月より選択
  • 冬(7/1~11/30利用):12・1月より選択
増額 会員専用Webサービス「セディナビ」から申し込みする
平日9:00~15:00のお申し込みなら、スピード審査(最短30分~)が可能
ETCカード 新規発行手数料1,100円(税込)
口座変更 会員専用Webサービス「セディナビ」から変更可能
セディナビへログイン後、サービスメニュー「お客様情報」→「カードご登録内容照会・変更」より手続き
解約&退会 カード名義本人よりアンサーセンターまで連絡

【アンサーセンター】
0120-086-315
052-300-1515(携帯電話から)
営業時間 9:30~17:00(1月1日休)

会員専用Webサービス「セディナビ」とは?ログイン方法など

会員専用Webサービス「セディナビ」とはパソコン・スマートフォンから利用できるインターネットサービスです

登録(無料)することで、利用代金明細の照会や登録内容の変更ができます。

具体的には「キャンペーンへの応募」「わくわくポイントの照会・交換」「インターネットキャッシング」など、様々な申し込みサービスが簡単に申し込みができますよ。

斎藤
貯まったわくわくポイントの交換も、簡単ですね!

OMCカードを使っている人の良い&悪い口コミ評判!

それでは、次にOMCカードで多かった口コミをご紹介していきます。

OMCカードの悪い口コミ評判

電話が繋がらない

OMCカードの使用頻度が下がり、退会をすることにしました。
ところがアンサーセンターに電話してかなり待たされたうえ、つながらず。
おまけに対応時間は9:30 ~ 17:00と短すぎ。
退会をさせたくない為だと思うので、退会を考えている方は早めの手続きをお勧めします。
あれよあれよと時間が過ぎてしまい、気づいた時は年会費引き落としになっている時もあるので。

なかなか解約できない

OMCカードの使用頻度が下がり、退会をすることにしました。
ところがアンサーセンターに電話してかなり待たされたうえ、つながらず。
おまけに対応時間は9:30 ~ 17:00と短すぎ。
退会をさせたくない為だと思うので、退会を考えている方は早めの手続きをお勧めします。
あれよあれよと時間が過ぎてしまい、気づいた時は年会費引き落としになっている時もあるので。

OMCカードの良い口コミ評判

高還元率でおすすめ!

月間5万以上でポイントまるごと2倍(ダイエー利用など例外あり)で税込200円で2ポイント、ダイエー、イオン、セブンイレブンは常時税込200円で3ポイントと還元は高いと思います
また1年間、月間5万以上つまり年間60万以上を維持すれば翌年度年会費1100円が無料になるので申し込んだ初年度のみ年会費必要と言えます
このような特典があるためメインカードに持って来いです!電子マネー「iD」や「QUICPay」も無料追加できます!
セディナアプリを使うと明細など大変見やすいように思います!

メインカードに使ってます!

地元のダイエーで買い物をするとダイエーのポイントとカードのポイントが二重に付くのでいつも使っていた。
今はダイエーがそのままイオンになったが、OMCカードは食品売り場だけはそのままサイン無しで使える。雑貨や衣料売場では買い物のたびにサインをしないといけない。わくわくポイントは、1=1でナナコポイントに替えられるので全部ナナコに移している。おかげでセブンイレブンではお金を払ったことはない。

めちゃくちゃ便利!

最初に作ったのは、知り合いに頼まれたローソンカードだった。
その後、OMCカードに自動的に移行された。
地元のダイエーで買い物をするとダイエーのポイントとカードのポイントが二重に付くのでいつも使っていた。
今はダイエーがそのままイオンになったが、OMCカードは食品売り場だけはそのままサイン無しで使える。雑貨や衣料売場では買い物のたびにサインをしないといけない。
わくわくポイントは、1=1でナナコポイントに替えられるので全部ナナコに移している。
おかげでセブンイレブンではお金を払ったことはない。

公共料金の支払いにもおすすめ!

長いこと、メインカードとして使っています。公共料金の支払いや日々の買い物、旅行代金など、いろんな支払いをこのカードでしているので、自然とポイントが貯まります。200円につき1ポイントが基本ですが、イオン系列のお店なら3ポイントにアップすることもうれしいです。貯まったわくわくポイントは商品券に交換して、その商品券でデパ地下のちょっとお高めのスイーツを買ったりして楽しんでます。また、旅行傷害保険が付帯されているのも助かります。海外旅行の際に、他の旅行傷害保険に加入せずに済みます。

ポイントだけでなく割引も使える!
セディナカードを最初に使ったのは、百貨店や電気屋などで高額な商品を買い求めた際でしたが、今ではコンビニエンスストアやスーパーマーケットでも気軽に利用しています。
特に気に入っていることは、ポイントを貯めやすい、割引サービスがあるところです。貯めたポイントは商品券やグッズ、キャッシュバック、他のポイントとの交換などができます。
また、旅行などのキャンペーンや提携クラブ会員のサービスがとても充実しているため、キャンペーン応募など、とても楽しみです。残念なことは、キャンペーンに何度も応募しているのに当選したことがないことだけです。

OMCカードの口コミまとめ

悪い口コミ評判まとめ
  • カスタマー対応が悪い
  • 電話が繋がらない
  • 対象店舗以外の利用では特に特記できるようなメリットはない
良い口コミ評判まとめ
  • 対象店舗利用で高還元率のポイントバックがある
  • 海外保険が自動付帯でついてくる
  • nanacoにポイント交換できるのが便利

良かった口コミとは、やはりポイント3倍になる店舗で上手に利用できている方の口コミが多いようです。

一方で、悪い口コミはカードの性質というよりも「電話が繋がらない」「対応が悪い」などカスタマーサービスの不満が原因になっているものがありました。

斎藤
私個人としては、会員専用Webサービス「セディナビ」より操作することが多いので特に感じたことはなかったのです。

OMCカード2種類を比較!

カード種別 年会費 ポイント還元率
OMCカード通常

OMCカード キティ通常
1,000(税抜) 0.5%〜1.5%
OMCカード ゴールド

OMCカード キティゴールド
6,000(税抜) 0.5%〜1.6%

OMCカードは通常とゴールドカードを入れて全部でカードは4種類となります。カードのデザインを除けば「通常」「ゴールド」の2種類となります。

次に、OMCカード ゴールドの詳細をご紹介してまいります。

OMCカード ゴールドの詳細

項目 内容
基本還元率 0.50%~1.60%
貯まるポイント わくわくポイント
ポイントの交換先
  • nanacoポイント
  • ドトールポイント
  • dポイント
  • WALLET ポイント
  • Gポイント
  • JALのマイル
還元率がアップする条件
  • セブンイレブン イオン・ダイエーでのカードショッピング利用でポイント3倍
  • 年間ご請求金額に応じて、翌年のポイント倍率がアップ
年会費 6,000円(税抜)
キャッシュレス・消費者還元制度 対応
ポイントのカウント方法 毎月の利用合計額の0.50%
申し込み資格 高校生を除く18歳以上
国際ブランド
  • VISA
  • master
  • JCB
おすすめ度 3.0
特典サービス
  • 三井住友銀行キャッシュカードのATM手数料が無料
  • ハローキティの券面デザインを選べる
  • ダイエー系列のショッピングでポイント3倍
  • 年間60,000円の利用で1000ポイントのわくわくポイントがもらえる
付帯保険
  • 海外 5,000万円まで(自動付帯)
  • 国内 5,000万円まで(利用条件)
  • 買い物 100万円まで(購入日から180日間)
ETCカード 年会費無料(発行手数料 1,000円)
電子マネー
  • iD利用
  • QUICPay利用
  • 楽天Edy
カードランク ゴールド
キャッシング利用限度額 1万円~200万円(新規申込は上限50万円まで)

OMCカード ゴールドの特徴

注目ポイント
  1. セブンイレブン・イオン・ダイエーでのカードショッピング利用でポイント3倍
  2. 月間5万円以上(税込)でカードショッピングご利用でわくわくポイント2倍
  3. キティちゃんデザインのカードを選ぶことができる
  4. 年間60万円以上(税込)でカードショッピングご利用で1000ポイント付与
  5. 利用額に応じてポイント還元率が最大1.6%
  6. 旅行保険が最大5000万まで保証

OMCカード通常と比較して違う点は、

  • 利用額によってポイント還元率が最大1.6%
  • 海外保険保証額が最大5000万

という2点でしょう。

前年の利用額によって翌年の還元率が変わるOMCカードは、最大の還元率は1.3%でした。

しかし、ゴールドカードでは前年の使用金額によって翌年からの還元率が1.6%になります。下記の表のように、OMCカード ゴールドは少しづつポイント還元率が高くなっています。

最大ポイント還元率 50万円 100万円 200万円
OMCカード通常
1.1倍 1.15倍 1.3倍
OMCカードゴールド
1.2倍 1.3倍 1.6倍

一方で、イオン系列やセブンイレブンでのショッピングでのポイント還元率の1.5%は、通常と変わりません。

そして、海外保険の補償額が通常カードとは下記のように異なります。

海外保険補償額 国内 海外 お買い物保証
OMCカード通常 1000万円 1000万円 50万円
OMCカードゴールド 5000万円 5000万円 100万円

通常カードでは「国内」「国外」共に1,000万円までの保証が、ゴールドカードでは5,000万円までに引き上げられます。その他、空港のラウンジサービスが利用できたりとするので海外旅行に行かれる方や出張が多い方にはゴールドカードの方がおすすめと言えるでしょう。

OMCカード ゴールドのメリット・デメリット

では、ここからはOMCカード ゴールドのメリット・デメリットを説明していきますね

デメリット

デメリット
  1. 年会費が6,000円かかる
  2. 通常カードでは利用額に応じて翌年の年会費が無料になるが、ゴールドは無料にならない
  3. イオン系列や、セブンイレブンの買い物も通常と同じポイント3倍

OMCカード ゴールドは年会費が6,000円かかります。しかし、イオン系列でのポイントアップも通常カードの3倍と同じで条件が変わりません。

他、通常カードでは、前年度の利用額が60万円を超えると翌年の年会費が無料になりますが、ゴールドカードに関しては1,000ポイント付与されるだけで年会費の免除はありません。

メリット

5つのメリット
  1. 利用額に応じて最大還元率が1.6%になる
  2. 旅行保険が最大5,000万円まで補償される
  3. イオン系列や、セブンイレブンの買い物でポイント3倍
  4. 空港でのラウンジが使用できる
  5. 年間利用金額が150万円(税込)以上にハローキティのオリジナルグッズのクリスマスプレゼントが送られる

OMCカード 通常では、利用額によって翌年アップされるポイント還元率は最大1.3倍ですが、ゴールドカードにおいては1.6倍になります。

さらに最大の特徴としては、旅行保険が5,000万円まで補償されます。その他、空港でのラウンジが使用できるのが最大の特徴となります。

OMCカードをおすすめできる人&できない人

おすすめできる人
  • セブンイレブンをよく利用する人
  • イオンやダイエーをよく利用する人
  • 月50,000円以上利用する人
  • 海外によく行く人
  • ハローキティが好きな人
おすすめできない人
  • セブンイレブンを利用しない
  • イオンやダイエーをほぼ利用しない
  • 毎月クレジットの利用額が少ない
  • 年会費は安く済ませたい

「OMCカード ゴールド」をおすすめできる人は、イオン系、セブンイレブンなどを頻繁に利用されていて海外旅行などに頻繁に行かれる方はゴールドがおすすめです。5,000万円と補償が手厚いので年会費の6000円も保険代と思えば決して高くはないでしょう。

一方で、イオン系、セブンイレブンをよく利用はするが、あまり海外に行くこともない場合はOMCカード通常で十分かと思われます。

OMCカードに関するQ&A

OMCカードの問い合わせ先はどこですか?

  • 東京03-5638-3211
  • 大阪06-6339-4074

オペレーターによる応答 9:30~17:00(1月1日休み)

解約はどのようにすればよいでしょうか?

カード名義本人よりアンサーセンターまで連絡して手続きします
【アンサーセンター】
0120-086-315
052-300-1515(携帯電話から)
営業時間 9:30~17:00(1月1日休)

カードを紛失しました。どうすれば良いでしょうか?

国内・海外ともに、24時間年中無休で紛失・盗難の連絡を受け付けております。
すぐにお問い合わせ窓口までご連絡のうえ、最寄りの警察にお届けください。

ETCカードの利用でもポイントがつきますか?

ETCカードのご利用分もポイントが付き、本人カード会員様のポイントに合算されます。

OMCカードを発行しているセディナ株式会社の概要

概要
会社名 株式会社 セディナ
本店所在地 〒460-8670 名古屋市中区丸の内三丁目23番20号
電話番号 052-310-1500(代表)

まとめ

OMCカードまとめ
  • イオン系、セブンイレブンの利用では高還元率の1.5%
  • セディナショッピングモールでは最大20倍のポイント還元
  • 利用額が多ければ次年度の年会費も無料

OMCカードは通常の還元率は決して高くはないものの、イオン系、セブンイレブンの利用で最大3倍まで還元率がアップします。

よく利用されるようなら持つべき1枚と言えるでしょう。ゴールドカードであれば、保険の補償が5000万円となりますので、海外をよく利用するようでしたらゴールドカードがおすすめです。

\ポイント3倍!!/

セディナOMCカード公式サイト

OMCカードの基本情報まとめ

基本情報

年会費 初年度 1,000円
2年目以降 1,000円(条件によって無料)
家族カード 初年度 300円
2年目以降 無料(条件によって無料)
ETCカード 初年度 無料
2年目以降 無料
発行手数料 VISA、MasterCard:1,000円(税抜)
国際ブランド VISA、MasterCard
申込み資格 18歳以上(高校生を除く)
審査・発行 最短1週間

支払い・利用可能枠

支払い方法 1回
2回
分割
3回、5回、6回、10回、12回、15回、18回、20回、24回
ボーナス1回
ボーナス2回
リボ
手数料 実質年率 15.0%
締め日
  • 引落とし日が毎月26日→前月1日から前月末日までの利用分
  • 引落とし日が毎月6日→前々月11日から前月10日までの利用分
支払い日 6日と26日の2パターン
利用可能枠 ショッピング 10~100万円
キャッシング 10~30万円
金利 キャッシング
    実質年率15.00
リボ
    実質年率15.00%~18.00%

電子マネー

電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • 楽天Edy
  • ポイントプログラム

    ポイント名 わくわくポイント
    ポイント還元率 0.5%〜1.5%
    ポイント付与の単位 毎月のカード利用額合計に対し200円につき1ポイント
    有効期限 最後にポイントが付与された月から24ヶ月後の月末
    ポイントの使い道
    • 商品券に交換
    • 電子マネー(nanaco)に交換
    • 各種マイルなどに交換

    キャッシュバック

    キャッシュバック

    マイルプログラム

    マイル 1,000ポイントで500JALマイル

    付帯保険

    海外旅行(自動付帯) 死亡・後遺障害 1,000万円
    傷害治療 100万円
    疾病治療 100万円
    携行品損害
    賠償責任
    救援者費用 100万円
    国内旅行(利用付帯) 死亡・後遺障害 1,000万円
    ショッピング 年間50万円

    空港サービス

    空港ラウンジ

    ロードサービス・ガソリン代割引

    ロードサービス
    ガソリン代割引
    \ポイント3倍!/

    OMCカード公式サイト

    この記事のURLをコピーする