キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト

楽天ペイの決済手数料は高い?安い?導入費用&全ての決済手段を比較!

みいこ
政府のキャッシュレス推進を受け、「自分のお店でもクレジットカードを使えるようにしたい」「スマホ決済を導入したい」と思っている経営者の方へ、今回は、楽天ペイの決済手数料について詳しくご紹介します。

クレジットカード決済というと、月額利用料がかかったり決済の手数料が高かったりと、あまりメリットを感じられず、導入に二の足を踏んできた人も多いのではないでしょうか?

実は、私も店舗を持っていて、どのクレジットカード決済を導入しようかかなり迷ったんです。

いろいろと検討を重ねた結果、最終的に楽天ペイを導入することに決定し、今はお客様にも喜んで使ってもらっています◎

私の経験から、楽天ペイの導入にかかる費用や入金手数料などもすべてひっくるめてご紹介していきますので、是非最後までお読みくださいね♪

楽天ペイを実店舗やネットショップに導入するとどれくらい手数料がかかるの?

決済の種類 対象ブランド 手数料
①アプリ決済 VISA、Master、楽天カード(ブランド問わず) 3.24%
②クレジットカード決済 VISA、Master、アメリカンエクスプレス 3.24%
JCB、ダイナース、ディスカバー 3.74%
③電子マネー決済 楽天Edy、交通系電子マネー、nanaco 3.24%
ApplePay、QuickPay、iD 3.74%
④オンライン決済 物販 4.0% + 楽天スーパーポイント原資負担分 1.0%
非物販 8.0%~(商材による) + 楽天スーパーポイント原資負担分 1.0%

ユーザーから見た時に「楽天ペイ」というと、スマホアプリでQRコード決済するイメージが強いと思います。

しかし、導入する店舗側から見ると、上の表のとおり、クレジットカード決済や電子マネー決済、そして、ネットショップに導入するオンライン決済もひっくるめて「楽天ペイ」と呼ばれているんです。

4つの種類ごとに、それぞれこまかく決済手数料が決められていますので、次のところで、それぞれの決済種別ごとに詳しく説明していきますね。

楽天ペイの手数料①アプリ決済(QRコード決済)

1つ目は、アプリ決済です。

こちらは、お店専用のQRコードを、お客様に楽天ペイのスマホアプリで読み取ってもらい、決済する方法です。

アプリ決済の手数料は3.24%と業界最低水準です。

対象のカードブランドは、お客様が楽天ペイのスマホアプリに登録できるクレジットカードになるので、VISA、Master、楽天カードのいずれかです。

楽天カードについては、カードブランドを問わないので、JCBの楽天カードも手数料は3.24%ですよ。

PayPayやLINEPayの手数料は?

楽天ペイアプリ決済と同じように、スマホ決済ができる2つの有名なサービスが、PayPayとLINEPayです。この2つの決済手数料は以下のとおりです。

PayPay:決済手数料0円(2021年9月30日まで)
LinePay:決済手数料0円(2021年7月31日まで)

上記のとおり、決済手数料が期間限定で0円となっています。こうなると、楽天ペイより、PayPayやLinePayを導入してみようかなと思ってしまいますよね。ただ、振込手数料やその他の経費、また、知名度などを考えると、手数料の安さだけで決済サービスを選ぶのではなく、総合的な費用やお客様の利便性をトータルで考えて選ぶことをおすすめしますよ。

楽天ペイの手数料②クレジットカード決済

2つ目は、クレジットカード決済です。

こちらは、専用のカードリーダー(※有料)を使ってお客様のクレジットカードを読み込み、決済する方法です。

もっともオーソドックスなクレジットカード決済ですね。

カードブランドが、VISA、Master、アメリカンエクスプレスの場合は手数料が3.24%で、JCB、ダイナース、ディスカバーの場合は手数料が3.74%です。

多くの決済サービスで、後者の3ブランドは決済手数料が高くなっているので、楽天ペイもそれと同様の設定になっているようですね。

AirPayやSquareの手数料は?

楽天ペイクレジットカード決済と同じように、クレカ決済ができる2つの有名なサービスが、AirPayとSquareです。この2つの決済手数料は以下のとおりです。

AirPay:VISA、Master、アメリカンエクスプレス 3.24%/JCB、ダイナース、ディスカバー 3.74%/交通系電子マネー 3.24%/ApplePay、QuickPay、iD 3.74%
Square:VISA、Mastercard、American Express、Diners Club、Discover 3.25%/JCB 3.95% ※今後電子マネーに対応予定

上記のとおり、AirPayは楽天ペイとほぼ同等で、Squareは少し手数料が高めの印象です。ただこちらも、手数料以外にかかる費用や利便性などを総合的に考慮して決済サービスを決めると良いでしょう。

楽天ペイの手数料③電子マネー

3つ目は、電子マネー決済です。

こちらも、クレジットカード決済と同じカードリーダー(※有料)を使ってお客様の電子マネーを読み込み、決済する方法です。

電子マネーブランドが、楽天Edy、交通系電子マネー、nanacoの場合は手数料が3.24%で、ApplePay、QuickPay、iDの場合は手数料が3.74%です。

楽天ペイの手数料④オンライン決済

4つ目は、オンライン決済です。

ネットショッピングサイトを持っている事業主さんが、決済に楽天ペイをオンラインで利用することができるサービスです。

上記3つの決済とは違い、売っているものの種類で手数料が変わります。

物販の場合は4.0% + 楽天スーパーポイント原資負担分1.0% で、合計5%の手数料がかかります。

非物販の場合は、8.0%~(商材による) + 楽天スーパーポイント原資負担分 1.0% で、合計9%~の手数料がかかります。

みいこ
オンライン決済はこれ以外にも利用に関する条件があるので、詳しくは下の「楽天ペイのオンライン決済は実店舗の決済とは違う!さらにデータ処理手数料がかかります!」も合わせて読んでみてね!

楽天ペイの手数料:まとめ

楽天ペイの決済手数料は、カードブランドで差異がありますが、最低で3.24%と、他社と比較しても同じか安い方の分類に入ることがわかりました。

最近は新しい決済サービスが次々とリリースされて競争が激化しているので、手数料3.24%を上回ると、正直「高いな」という印象。

3.24%の手数料は導入にあたってのハードルが低く、楽天ペイの良いところと言えるでしょう。

みいこ
決済手数料は合格ライン!これが私が導入した決め手になりました。ただ、手数料以外にも費用がかかるので、ここからはそれについて説明していきますね!

楽天ペイを導入するときに手数料以外にかかる費用は?

決済方法 カードリーダー代 銀行振込手数料 データ利用手数料
アプリ決済 楽天銀行:0円
それ以外:210円
クレジットカード決済
電子マネー決済
オンライン決済
受注:5円/件、確定:5円/件、取消:5円/件

上記のとおり、唯一、決済手数料のみで使えるのがアプリ決済です。

それ以外は、決済方法ごとに、決済手数料とは別の費用がかかってきます。

ここではその詳細をご紹介します。

楽天ペイでクレジットカード決済、電子マネー決済をしたいならカードリーダー代が必要!

楽天ペイでクレジットカード決済や電子マネー決済をしたいなら、カードリーダーが必須です。

こちらのカードリーダーは有料で、2019年5月現在18,800円(税込)です。

ただし、以下の条件を満たすとキャッシュバックされるキャンペーンも実施されています。

キャッシュバックキャンペーン

以下の①②のいずれかの条件を満たすと、カードリーダー代金がキャッシュバックされます。

  1. プラン120:登録振込先口座を楽天銀行にする + 決済金額120万円以上(審査通過月を含め4ヶ月以内)
  2. プラン180:決済金額180万円以上(審査通過月を含め4ヶ月以内)

ただ、すでに上記以上の売上がある店舗であればいいですが、スタートアップしたばかりのお店だと4カ月では達成しないところも多いのではないでしょうか。

このような場合は、カードリーダー代を投資ととらえ、キャッシュバックはあきらめる必要がありそうです。

実際に私のお店も現金派のお客様が半分以上いらっしゃるので、決済合計金額に到達しませんでした。

ただ、クレカが使えることで喜んでくださるお客様も増えたので、ある意味「投資」として考えることができましたよ。

楽天ペイの入金時、銀行振込の手数料はかかるの?

楽天ペイで支払われた代金は、楽天銀行が振込先の場合、振込手数料はかかりません。

しかも、翌日に自動的に振り込まれるので、ほぼ現金と同じように使うことができます。

一方、楽天銀行以外の銀行を振込先として指定した場合は、1回につき210円の振込手数料がかかります。

この場合、事業者が振込のタイミングを指定しないと、入金処理はされません。

みいこ
ちなみに私はこれを機に、事業用の口座として楽天銀行に口座を作りました。入金サイクルは早い方がいいですし、210円の手数料も積み重なればバカにならないので…!

楽天ペイのオンライン決済は実店舗の決済とは違う!さらにデータ処理手数料がかかります!

楽天ペイをネットショッピングの決済として使えるオンライン決済は、実店舗で導入するときよりも手続きが複雑です。

オンラインで簡単に申し込みが完了する実店舗とは異なり、各ネットショップに合わせて相談・契約をおこなう形になります。

入金も請求書の提出が必要であり、月末締めの翌月25日振込とサイクルも遅めです。

また、決済手数料の他に、データ処理手数料として「受注」「確定」「取消」1件ごとに5円ずつかかります。

実店舗で導入する楽天ペイとはいろいろな面で異なる部分が多いので、導入を本格的に検討したいのであれば、以下のURLから資料請求をしてみることをおすすめしますよ。

楽天ペイオンライン決済 資料請求フォーム
https://checkout.rakuten.co.jp/biz/contact/

楽天ペイで支払いをすると消費者にも手数料がかかるの!?

楽天ペイを使って支払う消費者(ユーザー)には一切の手数料はかかりません。

クレジットカード利用、ポイント利用いずれも、商品やサービス代金以外のものはかかりませんので安心してください。

ラクマ(旧フリル)で購入者が楽天ペイで支払ったとき、出品した側に手数料はかかるの?

では、フリマアプリのラクマで、購入者が「楽天ペイ」を使った場合、出品者は売った側なので決済手数料を支払わなければならないのでしょうか?

いえ、楽天ペイの手数料は必要ありません。

ラクマで出品者側にかかる手数料は販売手数料の3.5%のみです。それ以外の手数料は発生しませんので、購入者の支払い方法を気にすることなく、安心して売ってください。

逆に購入者側は、楽天ペイで支払いをすると支払手数料が無料になるので、登録して使うことをおすすめしますよ♪

まとめ:楽天ペイの手数料は結局高い?安い?

楽天ペイの決済手数料は、業界最低水準の3.24%と安い設定になっています。

ただし、クレジットカード決済、および、電子マネー決済を導入したいようであれば、カードリーダー代が別途必要になったり、楽天銀行以外の入金には振込手数料がかかったりと、全体でみると、決して安いとは言えないかなという印象です。

ただ、「楽天」という知名度は抜群ですし、いろんなところで使えるようになっている楽天ポイントが貯まることは、多くのユーザーにとってはかなり魅力に感じるものだと思います。

実際私のお客様も、楽天ペイのアプリ決済を使って「楽天ポイントが貯まるからうれしいわ」ととても喜んでいらっしゃいます。

みいこ
どれも同じように見える決済サービスだけど、手数料以外の違いや、お客さんにとってのメリットも考えないといけません。そういう細かいところもきちんと理解して、皆さんのお客様が笑顔になってくれる決済サービスを導入してみてくださいね!
この記事のURLをコピーする