キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
高還元率のクレジットカード

【2020年5月最新】高還元率のクレジットカードランキングTOP5を紹介!

高還元率のクレジットカード
岡村ちゃん
こんにちは「Exciteクレジットカード比較」ライターの岡村ちゃんです。

高還元率のクレジットカードを使って得したいけど、実は還元率のことがよくわかっていない…。

  • そもそも、還元率って何?
  • 高還元率のカードって還元率何%から?
  • 結局どのカードを選べばお得なの?

…などなど、クレジットカードの還元率は複雑に見えるので頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回こちらでは「これだけおさえておけば安心!」といった、クレジットカード還元率の基礎知識と高還元率のカードについてお伝えしていきます。

おすすめの高還元率クレジットカード5枚も紹介していますので、還元率の高いカードを使って得したい!というなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

クレジットカードの還元率(かんげんりつ)とは?

クレジットカードの還元率
まずは、クレジットカードの還元率とは何か?を確認しておきましょう!

還元率がわかっていないと、どのクレジットカードがお得なのか?判別することが難しくなってしまうからです。

クレジットカードの還元率は、カードの利用額に対して何円分の価値があるポイントがもらえるのか?の割合です。

ちょっとわかりにくいと思うので、3つ例をあげてみますね。

カード利用額 ポイント付与 1ポイントの価値 還元率
100円利用 1pt 1円 1.0%
200円利用 1pt 1円 0.5%
1,000円利用 1pt 5円 0.5%

上記の例にあるように「1ポイントの価値=1円」ではないクレジットカードもあります。

なので、還元率を調べるときは、1ポイントあたり何円分の価値があるのか?を確認しましょう。

クレカちゃん
そっか〜!利用額に対して付くポイントの割合じゃないんだね。
岡村ちゃん
1ポイントあたり何円分の価値があるのか?ってところが大事なんだ。

覚えておくと便利!クレジットカードのポイント還元率を求める計算式

クレジットカードを持ち計算機をたたく女性

クレジットカードの還元率を求める計算式は以下のとおりです。

ポイントの価値÷カード利用額×100=還元率
クレカちゃん
どうやって計算式にあてはめていくの?
岡村ちゃん
それでは、楽天カード・エポスカード・三井住友VISAクラシック、3枚のカードを例にあげていこう!

楽天カードのポイント還元率を求める計算

  • 100円に付き1ポイントもらえる
  • 1ポイントの価値は1円
1円(価値)÷100円(利用額)×100=還元率1.0%

エポスカードのポイント還元率を求める計算

エポスカード

  • 200円に付き1ポイントもらえる
  • 1ポイントの価値は1円
1円(価値)÷200円(利用額)×100=還元率0.5%

三井住友カードのポイント還元率を求める計算

三井住友カード

  • 1000円に付き1ポイントもらえる
  • 1ポイントの価値は5円
5円(価値)÷1000円(利用額)×100=還元率0.5%

 

クレカちゃん
還元率の計算はわかったけど、カードによっては還元率「1.0%〜3.0%」みたいに幅があるよね?あれって何なの?
岡村ちゃん
カードの利用条件によって、還元率がアップすることがあるからなんだ。これについては次で説明していくよ!

クレジットカードは、基本還元率と特定の条件下でアップする還元率がある!

クレジットカード基本還元率
岡村ちゃん
還元率「◯%〜◯%」という表示を見て「どういうこと…???」と思ったことはないでしょうか。

実はクレジットカードの還元率は、基本となる還元率と特定の条件下でアップする還元率があります。

  • 還元率「◯%〜」の前半部分が基本還元率
  • 還元率「〜◯%」の後半部分が特定の条件下でアップする還元率

それでは、基本還元率と特定の条件でアップする還元率について説明していきましょう!

基本還元率

基本還元率はカードの利用場所や利用方法などの条件なしに、支払いに使うだけで得られるポイントの還元率です。

標準還元率と言われることもあります。

複数のクレジットカードの還元率を比較するときは、この基本還元率をもとにするのが一般的です。

特定の条件でアップする還元率

クレジットカードの利用に関して、ある条件を満たしたときにアップする還元率のことです。

還元率がアップする条件はカードによってさまざまです。

ポイントを多く貯めるなら、還元率がアップする条件を満たせるカードを選ぶのがコツです。

 

岡村ちゃん
では、どのような条件で還元率がアップするのか?次に5つ例をあげていきますね。!

条件によってアップする!クレジットカード還元率の例を5つ紹介!

カードの利用場所・利用方法など、条件を満たすことで還元率がアップする5つ例をあげてみますね。

利用条件による還元率アップの例①:指定日の利用でポイント還元率がアップ!

楽天のポイントアップ

出典:楽天カード

毎月5と0の付く日にエントリー&楽天カードを利用することで、楽天市場の買い物がポイント5倍になるという楽天カードの還元率アップ例です。

利用条件による還元率アップの例②:ポイント優待サイト経由で買い物をするとポイントが数倍に!

ポイントモールサイト

出典:JCB OkiDokiランド

JCBが運営するOkiDokiというポイント優待サイトを経由し、カードを使って買い物をするとポイントが2倍〜20倍貯まるという、JCBの還元率アップの例です。

利用条件による還元率アップの例③:特定のショップで利用するとポイントが数倍に!

特定のショップで利用

出典:リクルートカード

ポンパレモールの利用でポイント還元4.2%。じゃらんの利用でポイント還元3.2%という、リクルートカードの還元率アップの例です。

利用条件による還元率アップの例④:特定の電子マネーにチャージするとポイントが数倍に!

改札を通過する女性

出典:Viewカード

定期券購入やSuicaへチャージするたびにJRE POINTが3倍貯まるという、ビックカメラSuicaカードの還元率アップの例です。

利用条件による還元率アップの例⑤:期間限定で還元率が2%にアップ!

オリコの期間限定還元率アップ

出典:オリコカード THE POINT

入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%になるという、オリコカード THE POINTの還元率アップの例です。

 

クレカちゃん
…ということは、条件によって還元率がアップするカードが高還元率と言われるカードなの?
岡村ちゃん
いや、高還元率のカードは基本還元率の高いカードのことを言うんだ。

高還元率のクレジットカードとは?還元率何%からのこと?

基本還元率 還元率の高さ判定
0.5% 標準
1.0% 高還元率
1.2%以上 かなり高い還元率

高還元率のクレジットカードは、基本還元率1.0%以上のカードのことを指します。

基本還元率とは何か?というとこですが、これは特定の利用条件による還元率アップを含まないポイント還元率のことです。

それでは、高還元率のカードで年間100万円を支払った場合、還元率の差でどのくらいポイント獲得の差がでるのか?

こちらを見ていきましょう!

  • 還元率0.5%:5,000円分のポイント獲得
  • 還元率1.0%:10,000円分のポイント獲得
  • 還元率1.2%:12,000円分のポイント獲得

クレジットカードの還元率の違いで、これだけの差が生まれます。5年、10年で考えると非常に大きな金額になりますよね。

クレカちゃん
「うわぁ〜」それじゃあ、高還元率のクレジットカードを選ばないと損しちゃうね。
岡村ちゃん
基本的にはね…。ただし高還元率のクレジットカードすべてが良いわけではないんだよ。

高還元率というだけで、クレジットカードを選ぶのはNG!

高還元率クレジットカードで悩む男性

高還元率というだけで、クレジットカードを選ぶのはNGです!

ポイントを多く貯めるより、ポイントを使うことが大事だからです。そのために注意しておきたいことを3つ紹介していきます。

貯まるポイントの種類と使いやすさを確認しておく

クレジットカードによって、貯まるポイントが異なります。

  • どういったポイントが貯まるのか?
  • そのポイントは使いやすいか?

上記2つは必ず確認しておきましょう。

ポイントの有効期限に注意

クレジットカードの利用で貯めたポイントは、例外を除き有効期限があります。

せっかく貯めたのにポイントが失効してしまっては大損です。ポイントの有効期限は、主に3つのタイプがあるので確認しておきましょう。

  • ポイント獲得日から1年間
  • ポイント獲得日から2年間
  • 最後のポイントを獲得日から1年間

年会費無料のカードを選ぶ

ポイントを貯めて家計費を節約するなら、年会費無料のカードを選びましょう。

ポイント還元率の高いカードだったとしても、年会費があるとマイナスからのスタートとなってしまうからです。

たとえば、還元率1.0%・年会費2,000円のカードの場合、年会費のもとを取るには20万円のカード利用が必要になります。

年会費無料の高還元率カードは複数あるので、まずは年会費無料のカードから作成しましょう。

【2020年4月】高還元率のクレジットカードランキングTOP5を紹介!

ここから紹介する5枚のカードは年会費無料なので、すべて作っておくことをおすすめします。5枚のカードを利用シーンに合わせて使えば、効率よくポイントを貯めることができるからです。ただ、半年以内に3枚以上のカードを申し込むと審査がおりないことがあるので、まずは3枚を選んでみましょう!

それでは、1位から順番に紹介していきますね。

【1位】基本還元率1.2%:リクルートカード

リクルートカード

項目 内容
基本還元率 1.2%
貯まるポイント リクルートポイント(1pt=1円)
ポイントの交換先 Pontaポイント
還元率がアップする条件
  • ポンパレモールの利用:ポイント還元4.2%
  • じゃらんで宿泊予約する:ポイント還元3.2%
ポイントの有効期限 最後にポイントが加算された月の12か月後の月末まで
年会費 永年無料
キャッシュレス・消費者還元制度 対応
ポイントのカウント方法 毎月の利用金額合計の1.2%
申込み資格 18歳以上(高校生を除く)
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
おすすめ度 5.0

リクルートカードは年会費無料のカード中で、基本還元率が最も高いクレジットカードです!

毎月かかる公共料金の支払い、街でのお買い物、ネットショッピングなど、どこで利用しても還元率1.2%なので、ポイントがどんどん貯まっていきますよ。

ただ、貯まるポイントは使い勝手のよくないリクルートポイント…。でも、リクルートポイントはPontaポイントに「1ポイント=1円」として交換できます。

Pontaポイントは全国のローソンで利用できるので、ポイントの使い道に困ることはないでしょう。

以上のことから、とにかくポイントを貯めたい!貯めたポイントをお得に使いたい!という人に、自信をもっておすすめできます。

【2位】基本還元率1.0%:楽天カード

項目 内容
基本還元率 1.0%
貯まるポイント 楽天スーパーポイント(1pt=1円)
ポイントの交換先
  • 楽天Edy(1pt=1円分)
  • ANAマイル(2pt=1マイル)
還元率がアップする条件 楽天市場での利用(ポイント2倍)
キャッシュレス・消費者還元制度 対応
ポイントの付き方 毎月末日までの楽天カード利用代金100円につき1ポイント付与
ポイント有効期限 最後にポイントを獲得した日から1年間。期間内に1度でもポイントを獲得した場合は、 有効期限が延長されます。
年会費 永年無料
申込み資格
  • 18歳以上(高校生を除く)
  • 楽天会員であること
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
おすすめ度 4.5

楽天カードは、ポイントの貯めやすさと使いやすさの両方を兼ね備えた高還元率クレジットカードです!

カード利用で貯まるポイントは、使いやすさNo.1と言っても過言ではない楽天スーパーポイント!

楽天市場をはじめとする楽天のサービスだけでなく、街のお買い物でも利用できます。また、楽天市場の支払いにカードを使うだけでポイントが2倍になります。

楽天市場を利用しない人にはおすすめできませんが、楽天市場を普段から利用している方、楽天スーパーポイントを貯めたい方には非常におすすめのカードです。

【3位】基本還元率1.0%:ヤフーカード

Yahoo!カード

項目 内容
基本還元率 1.0%
貯まるポイント Tポイント(1pt=1円)
ポイントの交換先
  • 現金(100pt=85円分)
  • ANAマイル(500pt=250マイル)
還元率がアップする条件
  • Yahoo!ショッピングの利用(ポイント3倍)
  • LOHACOの利用(ポイント3倍)
キャッシュレス・消費者還元制度 対応
ポイントのカウント 1回の会計毎100円ごと1ポイント付与
ポイント有効期限 最後に通常のポイントを獲得、または利用した日の1年後まで。
年会費 永年無料
申込み資格
  • 18歳以上(高校生を除く)
  • 安定した継続収入がある方
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
おすすめ度 4.0

ヤフーカードは、Tポイントが貯まる基本還元率1.0%のクレジットカードです!

スマホ決済アプリのPayPayに残高チャージできる唯一のクレジットカードでもあります!

Paypay残高チャージでもポイント還元率1.0%なので、PayPayユーザーなら作っておいて損のないカードとなります。

ただ、ポイントアップするネットショッピングサイトがYahoo!ショッピングとLOHACOなので、楽天やAmazonユーザーとっては少々使いにくい面もあります。

【4位】基本還元率1.0%:オリコカード THE POINT

Orico Card THE POINT

項目 内容
基本還元率 1.0%
貯まるポイント オリコポイント(1pt=1円)
ポイントの交換先
  • Amazonギフト券(500オリコpt=500円分)
  • WAON(1000オリコpt=1000pt)
  • Tポイント(1000オリコpt=1000pt)
  • 楽天スーパーポイント(1000オリコpt=1000pt)
  • Pontaポイント(1000オリコpt=1000pt)
  • ANAマイル(1000オリコpt=600マイル)
  • JALマイル(1000オリコpt=500マイル)

»その他の交換先をみる

還元率がアップする条件
  • 入会後6ヶ月間(還元率2.0%)
  • オリコモール経由の買い物(還元率1.5%)

»オリコモールを見る

キャッシュレス・消費者還元制度 対応
ポイントの付き方 月の利用額合計に対し、100円ごと1オリコポイントが付く
ポイント有効期限 1年間。12ヶ月後の月末でポイントが失効
年会費 永年無料
申込み資格 年齢18歳以上の方(高校生は除く)
国際ブランド
  • MasterCard
  • JCB
おすすめ度 3.5

オリコカード THE POINTの基本還元率は1.0%ですが、入会後6ヶ月間は還元率が2.0%にアップします!

期間限定とはいえ、2.0%の還元率はウハウハです!

カード作成後に高額の買い物をする予定があるなら、還元率2.0%の期間を狙うのもアリです。

ただし、ポイントの有効期限が1年間なので、獲得したポイントは忘れないうちに使うようにしましょう。

【5位】基本還元率1.0%:JCB CARD W(ジェーシービー・カードダブル)

JCB CARD W

項目 内容
基本還元率 1.0%
貯まるポイント OkiDokiポイント(1pt=5円)
ポイントの交換先
  • Amazonポイント(1pt=3.5円)
  • スターバックス カード(1pt=4円)
  • 楽天スーパーポイント(1pt=4円)
  • WAONポイント(1pt=4円)
  • Tポイント(1pt=4円)
  • JCBプレモカード(1pt=5円)
  • nanacoポイント(1pt=5円)
還元率がアップする条件
  • OkiDokiランド経由の買い物(ポイント2〜20倍)
  • スターバックス・オートチャージ(ポイント10倍)
  • セブンイレブン(還元率2.0%)
  • イトーヨーカドー(還元率2.0%)
  • Amazon(還元率2.0%)
  • エッソ&モービル(還元率1.5%)

»OkiDokiランドをみる

キャッシュレス・消費者還元制度 対応
ポイントの付き方 毎月の利用金額合計1,000円(税込)ごとに1ポイント付与
ポイント有効期限 ポイント付与から2年間
年会費 永年無料
申込み資格 18歳以上~39歳以下
国際ブランド JCB
おすすめ度 3.5

JCB CARD WはJCBカードのラインアップの中で、とくに高還元率のカードです。

通常のJCBカードの還元率が0.5%なのに対し、このカードはいつでも還元率1.0%!

また「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」である、セブンイレブン・Amazon・イトーヨカドーで利用すると、優待店ボーナスが付与されポイント還元率が2.0%になります。

ただ、カード申し込み資格が39歳以下となっているため、40歳以上の方は作成できません。

もし現在の年齢が39歳以下なら、今のうちに作成しておくといいでしょう。

最大5%の還元あり!今現在キャッシュレス・消費者還元制度によりクレジットカード決済が超お得!

キャッシュレス・消費者還元事業

2019年10月1日の消費税率引上げにともない、政府によって導入されたキャッシュレス・消費者還元制度!

知らないと確実に損しますので、クレジットカードの還元率と合わせてチェックしておきましょう!

キャッシュレス・消費者還元制度とは何か?

簡単に言うと、対象店舗でクレジットカード等のキャッシュレス決済を行うと、2%または5%のポイント還元が受けられるというものです。

クレジットカードにもともとある還元率とは別に受けられる!

キャッシュレス・消費者還元制度で受けられるポイント還元は、クレジットカードにもともとある還元率とは別物です。

なので、カードの通常のポイント加算に加えて、さらに2%または5%のポイント還元が受けられます!

還元率2%の店舗と5%の店舗がある

クレジットカードを利用する店舗によって、還元率が変わってきます。

  • 中小企業・小規模事業者が運営する店舗:カード利用額の5%
  • コンビニなどフランチャイズチェーンなどの店舗:カード利用額の2%

»対象となる店舗を探す

対象期間は2020年6月30日まで!今すぐ高還元率のクレジットカードを作ろう!

リクルートカード

キャッシュレス・消費者還元制度と合わせて利用するなら、リクルートカードが一押し!

リクルートカードの基本還元率は1.2%!

どこで利用しても還元率1.2%となるので、キャッシュレス・消費者還元制度で受けられる2%または5%とポイント還元と合わせて使えば最強です。

また、リクルートカードで貯まるリクルートポイントは、Pontaポイントに1pt=1円に交換できるので、使い道にも困りません。

基本還元率1.2%と、キャッシュレス消費者還元制度での5%還元をダブルでGETしたいなら、リクルートカードをチェックしておきましょう。

クレジットカード還元率のまとめ

クレジットカードの還元率は、カードの利用額に対して何円分の価値があるポイントがもらえるのか?の割合でした。

また、特定の条件なしに還元率が1.0%以上になるカードが高還元率と言われるクレジットカードです。

現在はクレジットカードの還元率とは別に、キャッシュレス・消費者還元制度によるポイント還元も受けられるので、この機会に高還元率のカードを作成してお得にポイントをGETしましょう!

この記事のURLをコピーする