キーワード検索
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト
複数のクレジットカードを徹底比較した総合サイト

Suicaがチャージできる場所まとめ!もうチャージで困らない方法も紹介!

omata

駅や駅ビルでSuicaをチャージしたいけれど、どこでチャージが出来るのかわからなくて困ることありますよね。

特に、帰省の際や出張の時など大きな荷物を持っていると、Suicaで支払うのは便利!お財布から小銭を取り出す必要もないです♪

でも、Suicaのチャージ上限金額は2万円なので、お買い物にSuicaを使っていると意外と早くチャージがなくなりますよね。

でも、Suicaでお買い物するとポイントも貯まるし、残高不足は避けて上手に使いたいものです。

そこで、今回はSuicaにチャージできる場所をご紹介したいと思います。

Suicaのチャージができる場所はこちら

Suicaって駅でしかチャージできないと思っていたのですが、最近では色々なところでチャージできるんです!

それでは、どこでSuicaのチャージができるのか順番に見ていきましょう。

Suicaのチャージができる場所 ①: 駅の券売機・精算機

Suicaは駅の券売機でチャージが出来ます。ただ、基本的に券売機があればどこでもチャージはできるのですが、まだ未対応の券売機もあったりします。

今現在Suicaに未対応の券売機については、どんどん入れ替え作業をしているようです。なので、現在未対応の券売機に関しては今後次第ですね。

また、乗る時に券売機でチャージするだけでなく、降りる時に「のりこし精算機」でもチャージができます。

乗り越して精算機を使う時には当たり前に「のりこし精算機」でチャージしていますよね。

でも、Suicaにチャージしたいと焦っていると駅構内ののりこし精算機でチャージできるのは忘れがちなんですよね。

Suicaのチャージができる場所 ②: 駅にあるATM「VIEW ALLET(ビューアルッテ)」

駅にあるATM「VIEW ALLET(ビューアルッテ)」でもチャージが可能です。

VIEW ALLET(ビューアルッテ)は、VIEWカードの各種設定や、提携金融機関の預貯金の引出しなどができるATMです。

この「VIEW ALLET(ビューアルッテ)」でも、Suicaにチャージができるのですね。ただし、Suicaへのチャージはクレジットカードからのみの取り扱いになります。

Suicaのチャージができる場所 ③: 全国のコンビニ

Suicaにチャージできるコンビニ一覧!
  1. セブンイレブン
  2. ローソン
  3. ローソンストア100
  4. ファミリーマート
  5. ミニストップ
  6. KIOSK
  7. NewDays
  8. コミュニティストア
  9. デイリーヤマザキ
  10. ニューデイリー
  11. セイコーマート

Suicaへは大手コンビニチェーンでもチャージができるんです。

JR東日本の範囲外のコンビニでもSuicaにチャージが可能です。ですから、東京に移動する前にチャージしておくこともできます!

また、大きな駅だと駅の構内にNewDaysなどのコンビニがあるため、駅構内で残高不足に困ったらこちらでもチャージができて安心です。

Suicaのチャージができる場所 ④: クレジットカードなら家でもチャージできる

クレジットカードからSuicaにチャージすることもできます。

カードタイプのSuicaであれば、券売機やVIEW ALLET(ビューアルッテ)でチャージができますが、携帯情報端末タイプのSuicaの場合には家にいてもチャージが可能です!

なお、クレジットカードでSuicaにチャージをするとクレジットカードの利用額に応じたクレジットカードのポイントが貯まりますよね。

でも、Suicaにチャージするとポイントの還元率が、高くなる特別なクレジットカードがあります。これについては、後ほどご紹介しますので、是非ご確認ください。

Suicaのチャージができる場所 ⑤: JREポイントからチャージなら外出先でもチャージできる

Suicaを利用するともらえる「JREポイント」を貯めると、そのポイントをSuicaにチャージすることができます。

JREポイントはお買い物をしたショップにより100円または200円で1ポイント貯まり、1ポイント=1円でSuicaにチャージができるんです。

駅構内などでのお買い物の時に、現金ではなくSuicaで支払うだけで簡単にポイントが貯まりますので、JREポイントが貯められる機会があったらたくさん貯めましょう。

Suicaのチャージができる場所 ⑥: 空港でSuicaのチャージができるのはこちら

空港内にはSuicaにチャージできる場所はありません。

ですが、空港に直結した電車の駅があれば券売機でチャージができます。羽田空港を例に挙げると、以下の2つの場所にある券売機でチャージが可能です。

Suicaのチャージができる羽田空港に直結した駅
  1. モノレール 羽田空港第1ターミナル駅・羽田空港第2ターミナル駅
  2. 京浜急行 羽田空港国内線ターミナル駅

羽田空港でSuicaがチャージできる場所②:モノレール 羽田空港第1ターミナル駅・羽田空港第2ターミナル駅

※上図は、モノレール 羽田空港第1ターミナル駅と羽田空港第2ターミナル駅の羽田空港への接続を示す図です。どちらの駅も空港ターミナルと駅は空港の2階と3階で接続しています。

両駅とも改札横の券売機(上図の赤いマークの場所)でSuicaへのチャージが可能です。

モノレールの駅は「羽田空港第1ターミナル駅」と「羽田空港第2ターミナル駅」の2つがあるんです。

両駅とも空港ターミナルの2階と3階に連絡通路で直結しています。空港ターミナルは2階は国内線の出発ロビー、3階からは国際線の到着ロビーに近い場所に連絡通路があります。

羽田空港でSuicaがチャージできる場所②:京浜急行 京浜急行 羽田空港国内線ターミナル駅

※上図は羽田空港の構内図です。羽田空港の第1ターミナルも第2ターミナルも地下2階で「羽田空港国内線ターミナル駅」に接続しています。

どちらのターミナルからも改札横の券売機(上図の赤いマークの場所)があり、こちらでSuicaへのチャージが可能です。

羽田空港国内線ターミナル駅は、羽田空港のターミナルビルの地下2階にありますので第1ターミナルからも第2ターミナルからも地下2階に降りればそこに改札があります。

VIEWカードでオートチャージ設定するとSuicaの残高不足が防げます!更にポイント還元もあってかなりお得♪

クレジットカード名 年会費 Suicaポイント クレジットカードポイント
一般的なクレジットカード カードにより異なります
JRE CARD 447円(JRE CARD優待店で年間約15,000円を利用すれば無料)

還元率0.5%(Suicaオートチャージで3倍)

ルミネカード 953円(初年度無料:年間2万円以上のお買い物をした場合-1,000円)

還元率0.5%(Suicaオートチャージで3倍)

ビックカメラSuicaカード 447円(年に1回でも買い物をした場合無料)

還元率0.5%(Suicaオートチャージで3倍)

※名称は異なりますが、全てVIEWカードです。

Suicaの残額が設定金額以下になると、自動的に設定金額が入金(チャージ)される仕組みがオートチャージです。

SuicaにオートチャージができるのはVIEWカードからのみとなります。

VIEWカードからSuicaにオートチャージするとクレジットカードポイントの他にJREポイントも通常チャージの3倍も付くので、より賢くポイントを貯めることができます。

オートチャージの設定は、JR東日本の駅に設置されているATM「VIEW ALETTE(ビューアルッテ)」で設定ができます。

VIEW ALETTE(ビューアルッテ)で、オートチャージの設定をする際には、Suicaと決済用VIEWカードを持って以下の手順で設定を行ってください。

VIEW ALETTE(ビューアルッテ)でオートチャージを設定する方法
  1. VIEW ALETTE(ビューアルッテ)に行きます。
  2. 「オートチャージ設定」を選択します。
  3. 「Suicaのリンク」を選択します。
  4. 「リンク設定/変更」を選択します。
  5. ビューカードとリンクさせるSuicaを挿入します。
  6. Suicaとリンクさせるビューカードを挿入します。
  7. ビューカードの暗証番号を入力します。
  8. 内容を確認し、よろしければ「確認」をタッチします。
  9. 規約を確認し、よろしければ「同意する」を選択します。
  10. 引き続きオートチャージを設定できるので、「オートチャージ設定する」を選択します。
  11. 「お申し込み」ボタンをタッチします。
  12. 規約を確認し、よければ「同意する」を選択します。
  13. 内容を確認し、よければ「確認」をタッチします。
    設定金額を変更する場合は「変更」を選択し、以降画面の案内に従います。
  14. ビューカードを受け取ります。
  15. Suicaと利用明細票を受け取ったら完了です!

Suicaをチャージできる場所のまとめ

Suicaをチャージできる場所のまとめ
  • Suicaには駅やコンビニ・空港などでチャージ可能
  • ビューカードな自宅ででもSuicaにチャージできる上にポイントも貯まってお得

Suicaは駅の券売機だけでなく、色々なところでチャージすることができるようになっています。

Suicaの上限チャージ額2万円は、電車賃だけなら十分ですが、お買い物に使うことが増えると残高不足になることもあります。

こまめにチャージするのでは、せっかくの電子マネーの手軽さも失われてしまいますよね。

せっかくの電子マネーの手軽さを楽しむためには、オートチャージが便利です。

是非、VIEWカードとSuicaを連携させてチャージの煩わしさから解放されましょう♪

この記事のURLをコピーする